fc2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

美味しい温かいそばが勢ぞろい。家族みんなでほっこりしました ~寿楽庵 日高町 

 前回は次男と夫婦でお邪魔した寿楽庵。今回は次男が下宿先に戻り、長男が帰省してきたので、再びお邪魔することにしました。家族みんなが大好きなお店なのです。

寿楽庵 外観

 しっとりと降る雨の日でした。ちょっと肌寒い日でしたよ。

寿楽庵 店内

 店内に入ると優しい笑顔のご夫婦が迎えてくださいます。コロナ対策もしっかりと整備されていますよ。入って左側の座敷に座ってメニューを拝見します。

寿楽庵 メニュー1

寿楽庵 メニュー2

寿楽庵 メニュー3

 メニューは多くはないのですが、どれもおいしいのでいつも悩んでしまいます。それぞれ悩んだ末にオーダーしました。

 こちらです。

寿楽庵 温かいそば勢ぞろい

 なんと、珍しいことに寿楽庵の誇る、3つの温かいそばが勢ぞろいしました。ちょっと寒い感じでしたからね~。

寿楽庵 鴨南蛮

 妻は鴨南ばん(1,350円)です。美味しいですからね~。

寿楽庵 にしんそば

 長男はなんと、渋くにしんそば(1,000円)です。

 にしんそばのおいしさがわかるかなと思ったら、「うまい、うまい。」と頂いておりました。大人になりましたね~。

寿楽庵 雪割りそば 

 惣兵衛は優しい味の雪割りそば(900円)をいただくことにしました。胃がつかれているときには最高なのです。とろろと熱いそばつゆを一緒にいただくのが好きなのです。

寿楽庵 雪割りそば つゆ

 つゆをそっといただきました。カツオと昆布の香りが楽しいやさしいそばつゆです。ずっと飲んでいられます。水筒に入れて持ち歩きたいくらいです。

寿楽庵 雪割りそば 山菜

 「雪割り」の名にふさわしい春の訪れを告げる山菜たち。適度な歯ごたえを残していていい感じです。

寿楽庵 雪割りそば そば

 そして、そばつゆに浸っているそばをすすります。こちらのお店の蕎麦は太さもある程度あるので温かいそばでも美味しいのです。

寿楽庵 雪割りそば とろろとそば

 そばをとろろ芋に絡めていただきます。これが最高においしいのです。

寿楽庵 雪割りそば とろろとつゆ

 そして、このお店のそばつゆにとろろ芋を泳がせていただきます。たまりませんね~。とろろ芋を温かいつゆに浮かべた人は天才です。


 家族それぞれ、それぞれの温かいそばを満喫して大満足でした。

寿楽庵 蕎麦湯

 最後は蕎麦湯をいただいて余韻に浸りました。


 冷たいそばもおいしいけれど、温かいそばもそれぞれ美味しいです。家族のだんらんも温かいものになりました。



ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←温かいそばもおいしい手打ちの美味しいそば屋さんに、応援クリックお願いします!

手打ちそば 寿楽庵




関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊岡市その他





タグ: 豊岡市日高 

[edit]

安くてボリュームがすごい台湾料理店で飲み放題食い放題! ~中華料理 一品香 日高町 

 これは昨年末のお話です。コロナが落ち着いていたころで宴席は8名以下という基準でした。お邪魔したのが日高町の中華料理 一品香です。

一品香 外観

 バイパス沿いにぽつんと立つ建物ですが、お客さんでにぎわう人気店です。

一品香 店内

 店内はこの通り、奥に座敷もありますが、コロナ対策もされた4人掛けテーブルや座敷、半個室があります。

一品香 メニュー15

一品香 メニュー16

 今回お願いしたのがこちらです。食べ放題+飲み放題 120分(3,580円)です。めちゃくちゃ安くてすごいですね。メニューはレギュラーメニューから選べます。

一品香 メニュー9

一品香 メニュー10

一品香 メニュー11

一品香 メニュー12

一品香 メニュー13

一品香 メニュー14
(クリックして拡大してご覧ください)

 この中で車海老の塩胡椒だけは食べ放題メニューから外されますので、ご注意ください。しかし、どのメニューも何でも食べていいのですね~。すごいです。

 さあ、スタートです。全部2つずつ。取り箸でとりわけながら気を付けて抱きました。

一品香 棒棒鶏 580

 棒棒鶏(580円)です。取りの胸肉を一枚使っておられます。お肉の下に隠れたたっぷりのキュウリの千切りと、胡麻ドレをいただくと最高です。

一品香 エビチリ 980

 エビチリ(980円)。大きめの海老が1ダース入っています。ピリッと辛いながらも甘いチリソースがいいですね~。

一品香 焼き餃子 380

 定番の焼き餃子(380円)。羽根つきでおいしそうです。具材も豚肉と白菜がたっぷりでおいしい餃子です。

一品香 青椒肉絲 780

 青椒肉絲(780円)。惣兵衛の大好物です。豚肉とピーマン、タケノコなどの野菜などもたっぷりで、オイスターソースがたまりません。

一品香 酢豚 880

 酢豚(880円)です。酢豚まで食べ放題でいただけるなんて。幸せです。

一品香 ニラ玉子 680

 ニラ玉子(680円)。ふわふわの仕上がりを予想していたのですが、オムレツ的な仕上がりでした。これはこれでおいしかったですよ。

一品香 鶏肉のから揚げ 700

 鶏肉のから揚げ(700円)。この唐揚の迫力がすごいのです。マウスくらいの大きなピースが5つ。ゴロゴロしています(笑)。

一品香 鶏肉のから揚げ

 このから揚げがでかいだけでなく、ジューシーでおいしいのです。ぜひお召しください。

一品香 春巻き 480

 春巻き(480円)。皮がサクサク、具は野菜とミンチ肉、春雨がたっぷりトロトロ。

一品香 メンマ 380

 メンバーの渋いセレクションはメンマ(380円)です。

 まだまだ続きますよ~(笑)。

一品香 スモークダック 680

 スモークダック(680円)。これも渋いな~。酒のあてに最高です。

一品香 豚角煮 780

豚の角煮(780円)は、和食の角煮とは違って、オイスターソース味のトロトロのとろみがついたもの。肉もトロトロです。ご飯が欲しくなります。

一品香 野菜サラダ 580

 このタイミングでまさかの野菜サラダ(580円)です。本当は宴席の開始に食べたかったです(笑)。

一品香 エビフライ 780

 そして、さらにびっくりのエビフライ(780円)。中華料理店でエビフライって・・・。でもおいしくいただきました。

一品香 手羽先唐揚 680

 手羽先唐揚(680円)。ちょっと甘辛気味で面白い味でした。

一品香 豚の生姜焼き

 豚肉の生姜焼き(780円)。バラ肉を使った面白い生姜焼きでした。

一品香 チーズ春巻き 580

 チーズ春巻き(580円)。おつまみにぴったり。

一品香 鶏肉とカシューナッツ炒め 780

 鶏肉とカシューナッツ炒め(780円)。これは中華料理らしいナイスなセレクトです。これ本当においしいのですよね。

一品香 イカゲソン 680

 笑うくらい山盛りのイカゲソ(680円)。これでお腹がかなり膨れました。

 さあ、締めにかかります。

一品香 台湾味噌ラーメン 680 台湾ラーメン 580

 味噌台湾ラーメン(680円)と台湾ラーメン(580円)です。それぞれ小鉢に取り分けていただきます。旨いわ~。

一品香 炒飯 580

 もうこれで終わりかと思ったら、チャーハン(580円)が登場しました。さすがにこれでお腹いっぱいです。

 後で計算してみたら、単品で頼んで人数で割ったら約5,000円くらいになります。それに惣兵衛は生ビール大を5杯、酎ハイレモンを3杯くらい飲んでいるので、完全に元を取ったって感じです。

 しかし、このお店の料理と飲み物の出る感覚の早いこと、早いこと。飲み放題でも注文してからビールが出るのが襲いう店が結構ありますが、この店ではびっくりするくらい早いです。料理もどんど出てきて、2時間もかからずおなか一杯にさせてくれます。
 おそらく、センターキッチンである程度調理されていて、調理はそれほど手がかからないと思うのですが、それにしても早い。女性の店員さんもくるくるよく動かれて関心しきりです。仲間内では一卵性双生児の双子で、同じ姿の方が2名いらっしゃるのかという説が出るくらいでした(笑)。


 飲み放題食べ放題で料金は安くてオーバーすることはないし、満足度も高いので、飲み会の漢字にはありがたいお店ですね。またコロナが落ち着いたらお邪魔したいと思います。




御馳走様でした!またお邪魔します!




にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←どれほど食べるのとあきれられる惣兵衛達に応援ポチッ!お願いします!


一品香



関連ランキング:中華料理 | 江原駅



タグ: 豊岡市日高 

[edit]

濃口の醤油ラーメンが旨いお店の村岡の支店で普通の中華そばをいただきました ~麺屋 てんかむてき 村岡店 香美町村岡 

 村岡に営業に行ってまいりました。お昼時になったのでランチをいただきに麺屋 てんかむてき 村岡店に行ってまいりました。

てんかむてき 村岡店 

 道の駅 村岡ファームガーデンの前にある建物の一部がそのお店です。

てんかむてき 村岡店 外観

 2月のことでしたので雪がまだ残っています。まだまだ冬の記事の在庫があるのでお許しください。

てんかむてき 村岡店 案内看板

 店の前に案内看板がありました。これは本店と同じメニューの様ですね。豊岡にできた支店は海老ラーメンを出されていたのでどうかなと思っていました。

てんかむてき 村岡店 店内

 店内はこの通り。コンクリートの土間で、まるで山小屋のようです。

てんかむてき 村岡店 カウンター

 惣兵衛は一人でしたのでカウンターに座りました。店員の女性は外国の方の様でした。てきぱきと頑張っておられましたよ。早速メニューを拝見します。

てんかむてき 村岡店 メニュー2

てんかむてき 村岡店 メニュー3

てんかむてき 村岡店 メニュー4

てんかむてき 村岡店 メニュー5

てんかむてき 村岡店 メニュー6

てんかむてき 村岡店 メニュー7

てんかむてき 村岡店 メニュー8 てんかむてき 村岡店 メニュー9
(クリックして拡大してご覧ください)

 いろいろあって悩みます。以前のようにセットにしようかと思ったのですが・・・

てんかむてき 村岡店 メニュー1

 これがお得なので・・・

てんかむてき 村岡店 中華そば 

 中華そば 大盛り(650円)をお願いしました。

てんかむてき 村岡店 中華そば アップ

 天下無敵酸の特徴である醤油の濃い感じではなく、普通の中華そば的なビジュアルですが、チャーシューが迫力ありますし、バーナーであぶったためにもやしが焦げているのがダイナミックでいいですね。

てんかむてき 村岡店 中華そば スープ

 まずはスープをいただきます。黒ラーメンとは違って醤油は抑え気味ですが、天下無敵酸のスープは何かバターの香りを感じるような個性は一緒です。
 実はスープは「普通味」と「薄味」が選べるのですが今回は普通味にしています。

てんかむてき 村岡店 中華そば チャーシュー

 そしてなんといっても存在感のあるチャーシューのでかさに驚かされますね。厚みも結構あって肉を食べている感覚がしっかりあります。

てんかむてき 村岡店 中華そば メンマ

 メンマもかなり大きなものを使っておられます。それぞれが存在感のあるラーメンなのです。

てんかむてき 村岡店 中華そば もやし

 中華そばには欠かせないもやしもおいしいです。

てんかむてき 村岡店 中華そば いたfだきます

 はストレート系で、「太麺」と「細麺」が選べますが、今回は細麺にしました。スープとの相性がいいですね。

 天下無敵酸のイメージ通り、中華そばもどの素材もガツンと来る男っぽいラーメンでした。おいしかったですよ。次は麺は1.5倍ながらチャーシューは5倍、メンマとモヤシとネギは3倍の戦ラーメンをいただいてみようかな。




御馳走様でした!またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←村岡に支店を出して頑張る濃い醤油のラーメンのお店に、応援のポチッ! おねがいします。励みになります。


麺屋 てんかむてき 村岡店



関連ランキング:ラーメン | 香美町その他


タグ: 香美町村岡 

[edit]

桜に彩られた奈良のお寺を巡り、歴史を体験し、食文化を満喫する旅 ~寄り道編3~ 応頂山 勝尾寺 大阪府箕面市 

 葛井寺の参拝が終わり、大阪市内での用事が終わったら、また少し寄り道です。お邪魔したのが箕面市の山の中にある 西国三十三か所 23番札所である 応頂山 勝尾寺です。

勝尾寺 全体

 駐車場から見上げたお寺です。すごいです。

 しかも、境内にはスピーカーで大音響でお経と法話が響き渡っています。初めての経験です。

勝尾寺 山門

 立派な山門が迎えてくれます。

勝尾寺 お清め橋と霧

 山門をくぐると広大な池が広がり、朱塗りの欄干の橋が境内にいざなっているようです。この橋はお清め橋といわれるそうで、橋の下からはが噴出し、お清めされているそうです。

勝尾寺 お清め橋の霧と山門

 時折、噴水が噴出してなんともすごい雰囲気です。

勝尾寺 池の全景

 すごい池ですね。圧倒されます。

 境内は8万坪のすごい広さです。

勝尾寺 灯篭

 境内の奥に導くように、灯篭が並びます。何か赤い小さなものが・・・

勝尾寺 灯篭とだるま

 小さなダルマがたくさん並んでいます。なんでだろう??

勝尾寺 一願不動堂

 正面の石段を灯篭に導かれて登ると一願不動堂があります。一つの願いだけを一心に願うと願いは成就する不動明王様といわれています。

 その左手には階段がありますが、なんと!

勝尾寺 勝ちダルマ奉納堂

 勝ちダルマ奉納堂といって、念願かなったらダルマを参拝者がここに奉納するのだそうです。

 このお寺は勝ちダルマのお寺として有名なんだそうです。

 このお寺の開山は727年にさかのぼります。藤原の一族の兄弟がこの地に庵を築いて、仏教の修行に励んだことから始まりました。40年後に光仁天皇の皇子 開成が二人のもとで修業を積み、弥勒寺を創建。今の勝尾寺のご本尊である十一面千手観音像を制作したといわれています。
 さらに時代が経ち、六代目座主は清和天皇が重篤な病気にかかった際に、病気平癒の祈祷を行い、見事に治癒に成功したそうです。その時、清和天皇は大変お喜びになられ「勝王寺」の名前を授けたそうです。ただ、「王に勝つ」というのはあまりに恐れ多いということで「勝尾寺」に名前を定めたそうです。

 それから多くの武将などたくさんの人々が戦勝の祈願に訪れたことから、勝負事の祈願で有名になり、勝ちダルマの奉納が始まったそうです。

勝尾寺 勝ちダルマ

 ですのですごいダルマの数です。大企業から個人の方まで祈願に訪れておられる様子がわかります。

勝尾寺 厄ばらい三宝荒神社

 ダルマに見送られながら石段を登り終えると厄ばらい三宝荒神社があります。この荒神社は日本最古のものだそうです。荒神社は火やかかまどの神で火伏せの神ですが、三宝荒神社はこれに修験道の三宝荒神社と合わさったものです。

勝尾寺 鎮守堂

 その先には鎮守堂開山堂があります。開山堂にはこの寺を開いた藤原氏の兄弟 善仲と善算、そして全身の弥勒字を創建した開成の木像が安置されています。

勝尾寺 格子に並べられたダルマ

 その二つの建物の格子にはびっしりと小さな勝ちダルマが並べられています。ここまで来ると笑ってしまいますね。

勝夫寺 大師堂と水かけ観音

 その突き当りには亡くなった方々を供養する水かけ観音がおられ、右手には大師堂があります。
 大師増の中心には弘法大師像があり、周りには西国三十三か所の砂踏みができるようになっていて、「南無大師遍照金剛」と唱えながら回ると西国三十三か所を巡ったのと同じく、大師様のご加護を得られるといわれています。

勝尾寺 本堂

 こちらが本堂です。朱の色が目に鮮やかで立派ですね。中では先ほどのスピーカーで境内中に響き渡る説法をされておられたお坊様のお姿も拝見することができました。

勝尾寺 授与所

 普通のお寺であればお札とかお経などが並ぶ授与所ですが、こちらのお寺ではすさまじい数のダルマです。ダルマは別の場所で願いを書くと、片方の目だけ墨を入れてくださいます。そして念願成就した際に、もう片方の目を入れて、こちらに奉納するということになっています。

勝尾寺 おみくじ

 こちらがおみくじです。木製のダルマでできています。これでようやく境内に並んでいる小さなダルマの正体がわかりました。このおみくじをひいたら、おみくじは設置された紐にかけるのですが、ダルマは境内のどこにでも置いていいようなのです。

勝尾寺 おみくじ

 まあ、これくらいでいいかな。これから運気は上がると信じます(笑)。

勝尾寺 鐘つき堂

 西国三十三か所のお寺としては珍しい鐘楼ではなく、木組みの鐘つき堂です。

勝尾寺 鐘つき堂 ダルマ

 足元にはたくさんのダルマが並んでいます。

勝尾寺 納経所

 御朱印をいただくために納経所を訪れました。

勝尾寺 御朱印

ご詠歌

重くとも罪には法(のり)の勝尾寺(かちおでら) ほとけを頼む身こそやすけれ


 さあ、御朱印を頂いたらおみくじの勝ちダルマをどこかに奉納したいと思います。

勝尾寺 土塀のダルマ

 土塀にもびっしりと勝ちダルマが並びます。あまざらしはかわいそうですし、できるだけ眺めのいいところがいいなと思い、奉納したのがこちらです。

勝尾寺 惣兵衛夫婦のダルマ

 土塀の瓦の下が空いていました。しかも手前の瓦に置かれたダルマはボンドで固定されているので、振動や風で落ちることはありません。ここなら安心です。

勝尾寺 ダルマと展望

 展望もよさそうです。箕面の山々の向こうには大阪市街地と瀬戸内海を見ることができます。

 さあ、下山しますよ。

勝尾寺 改修中の多宝塔

 勝尾寺の見どころの一つである多宝塔は残念ながら修理中で足場の中です。

 降りる道はつづら折りになっていて、左側には広大な霊園があり、無数のお墓があります。檀家の数が相当多いお寺ですね。

勝尾寺 滝

 途中で滝がありましたが、その水の流れの中にある岩の隙間にも小さなダルマが置かれていました。どうやっておいたのだろう???

勝尾寺 弁天堂

 また池に戻ってきました。この池には島があって、鳥居と朱塗りの橋で渡ることができます。こちらは弁天堂です。

勝尾寺 池

 日没前の低くなった太陽が池の水面に反射して、なんともすごい風景です。

 さあ、帰路につきます。

勝尾寺 お休み処 花の茶屋 

 帰る参拝客はレストランや土産物を販売しているお休み処 花の茶屋を通るようになっています。まるでテーマパークみたいな仕組みですね。

勝尾寺 お休み処 花の茶屋 仏さんの花

 ここではお墓参り用の生花を買うこともできるのは便利です。

勝尾寺 お休み処 花の茶屋 土産物

 そして、すさまじい数のダルマを模したお土産の数々。面白すぎます。

勝尾寺 お休み処 花の茶屋 ダルマの座布団

 願いを込めた勝ちダルマ専用の座布団も販売されています。

勝尾寺 お休み処 花の茶屋 金福だるま

 金色のダルマも。

勝尾寺 お休み処 花の茶屋 勝ちグミ

 スイーツも豊富です。パイやクッキーも面白いです。でも、惣兵衛は勝ちグミを購入しました。


 とにかく印象的なお寺でした。


 これで奈良から大阪にまたがる紀行は終わりです。後はお土産編を残すだけ。ゆっくりと後日、紹介したいと思います。



西国三十三か所も色々と個性があって面白いですね。!




にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村  ←個性的な勝尾寺に驚いた惣兵衛夫婦に、応援クリックお願いします!


勝尾寺 公式HP

[edit]

桜に彩られた奈良のお寺を巡り、歴史を体験し、食文化を満喫する旅 ~寄り道編2~ うどんそば集 大阪府藤井寺市 

 葛井寺の参拝が終わったら急ぎでお昼ご飯を頂くことにしました。午後2時に大阪の北部に用事があったのです。商店街ですっと頂けそうなお店に入ることにしました。お邪魔したのがうどんそば 集です。

集 外観

 大阪では、急いでいて、情報もなく、おいしいものを忠邦はうどん屋さんは失敗が少ないと思います。本当に何でもないうどん屋さんがとてもおいしかったりするものです。

集 店内

 店内は民芸調でいい感じ。カウンターでは日学的若いマダムが友達同士でお酒を飲んでいらっしゃいました。大阪だな~。

 惣兵衛夫婦もテーブルに座ってメニューを拝見します。

集 メニュー1

集 メニュー2

 いい感じのメニュー構成です。居酒屋メニューもいいですね。ただ、残念なのが日替り定食が売り切れていたこと。そこでお願いしたのがこちらです。

集 豚 中華 

 豚 中華(600円)です。予想は但馬の名店 一心の中華うどん。うどんに中華そばの鶏ガラスープがぶっかけられているものです。

 何か違うような・・・。

集 豚 中華 アップ

 むしろ逆でうどんつゆにラーメンが入っている感じですね。

集 豚 中華 スープ

 スープをいただきましたが、やはりカツオと昆布の出汁がベースです。おそらく八角的な仲夏の候診療が少し使われているので全くのうどんつゆとは言えません。

 写真はありませんが麺は中華麺で、相性が良かったです。むしろ姫路の名物 駅そば的な感じですね。

集 豚 中華 豚肉

 豚肉もおいしかったです。チャーシューでないところがいいですね。

集 豚 中華 ゆで卵

 卵も煮卵ではなくゆで卵。あっさりと頂きました。とてもおいしかったです。


 妻はこちらをチョイス。

集 あんかけ 

 あんかけ(600円)です。これまたとてもおいしそうです。

集 あんかけ つゆ

 つゆは上品なだしに野菜や肉のエキスが融合して、とろみをつけたもの。さすが大阪、うどんの街ですね。

集 あんかけ いただきます

 うどんも優しい柔らかさなのですが、しっかりとしたコシと歯ごたえもあります。旨いです。


 妻も大変喜んでました。葛井寺に来たらまた寄りたいと思いますが、そんな機会があるかどうか・・・。





ご馳走様でした。またお邪魔します。


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←地元の人たちがまさに「集う」うどんやさんに応援クリックお願いします。


うどんそば集



関連ランキング:うどん | 藤井寺駅





[edit]