01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

とてもでっかいサンドウィッチを丸かじり ~FUDABA kichen 朝来市和田山町 

 當勝神社にお参りする前に、和田山のカフェが話題になっていたので早速行ってきました。場所はビジネスインアサゴさんです。

ビジネスインアサゴ 

  車はこちらの駐車場に停めて向かいます。

FUDABA 外観

 そのお店はホテルの1階にあります。名前はFUDABA kichenさんです。

FUDABA 三角サイン

 メニューボードも表にありますよ。早速中に入ります。

FUDABA 店内

FUDABA 座敷

 店内は狭くもなく、広すぎることもなくいい雰囲気ですよ。早速テーブルに座ってメニューを拝見します。

FUDABA メニューボード

FUDABA メニュー
(クリックして拡大してご覧ください)

 いろいろとありますね。

 夫婦でお願いしてしばし待ちます。

 しばらくして登場したのがこれです。

FUDABA ホットコーヒー

 惣兵衛がお願いしたホットコーヒー(200円)です。これは安いですね。しかもかなり美味しいです。

FUDABA キウイヨーグルト 

 そして奥方がお願いしたキウイヨーグルト(500円)です。これも甘さ抑え気味で美味しいシェイクでした。


 それからまたしばらく待ちます。奥方とゆったりお話してドリンクが無くなったころにメインの登場です。

FUDABA フィリチーズステーキ 

 フィリチーズステーキ・ビックサンド(1,000円)です。

 その大きさにびっくりです。

FUDABA フィリチーズステーキ 大きさ

 奥のiPhone 6sと比べるとその大きさがわかるでしょうか。惣兵衛はあまり口が大きくないのでかぶりつけるか心配です。

FUDABA フィリチーズステーキ いただきます

 さっそくいただきましたが、必死に口を開けないと食べられませんね(笑)。

 でも、想像以上においしかったです。ドレッシングを軽く纏ったキャベツの千切と、チーズとステーキソースで濃厚に味つけされた牛肉とは、ちょうどいいバランスです。
 こちらで使っておられる野菜は基本的に家庭菜園で栽培されたもののようです。とても新鮮でいい感じです。

 食べにくいかいと思ったら紙できっちり包まれているので全く問題ないです。モスバーガーの方が食べにくいかな(笑)。


 奥方はこちらです。

FUDABA アメリカンクラブハウスサンド 

 アメリカンクラブハウスサンド(700円)です。

 値段のバランスから見るとこちらはお得ですね。

FUDABA アメリカンクラブハウスサンド アップ

 焼かれた薄いトーストの間にたくさんの具材が重なっていておいしそうです。

FUDABA アメリカンクラブハウスサンド つけ添え

 サラダ以外のつけ添えも充実していますね。

FUDABA アメリカンクラブハウスサンド トマトソース煮

 野菜のトマトソース煮込みはイタリアン的な感じでした。

FUDABA アメリカンクラブハウスサンド キッシュ

 キッシュもいい感じの仕上がりでしたよ。

FUDABA アメリカンクラブハウスサンド いただきます

 主役のサンドウィッチはベーコンとレタス、目玉焼きがいい感じでした。挟むトーストが表面がサクッて感じなのはいいのですが、中はもう少しふんわりできれば最高です。


 次はビジュアルを求めてアボガドのビックサンドウィッチを試してみたいです。

FUDABA アメリカンクラブハウスサンド テイクアウトメニュー
(クリックして拡大してご覧ください)

 テイクアウトのメニューもあります。ゆっくりとした時間を求めて、美味しコーヒーやびっくりサンドをいただきに行ってみてはいかがですか?


ごちそう様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←家庭菜園で作ったこだわりメニューのカフェに、応援ポチッ! お願いします。励みになります!

フダバ キッチン



関連ランキング:サンドイッチ | 和田山駅


タグ: 朝来市和田山 

[edit]

但馬を代表する老舗うどん屋さんの暖簾はしっかり引き継がれます ~ 一心 朝来市和田山町 

 子どものころから大好きなうどんやさんである一心さんに久しぶりにお邪魔してきました。

一心 外観

 久しぶりです。大将が若大将にかわってから初めての訪問です。

一心 店内

 店内には演歌が流れ、比較的ご高齢なお客様が多いですが、若い子連れの夫婦や、働く若者も訪問されていて、幅広い年齢層に今でも支持されていることが解りました。

一心 テーブル

 テーブルに座ってメニューを拝見します。

一心 メニュー1 一心 メニュー2

一心 メニュー3 一心 メニュー4

一心 メニュー5
(クリックして拡大してご覧ください)

 基本的なメニューは変わらないようですね。記憶はたしかではないですが・・・・・。

 どれもおいしいことはよくわかっているので悩みまくりますが、むかしから大好きだったメニューをお願いしました。

一心 山かけうどん定食 

 山かけうどん定食(1,100円)です。 若大将もしっかりと引き継いでおられて、変わらないビジュアルにほっとしました。

一心 山かけうどん定食 ご飯

 ご飯もなかなかの炊きあがりです。うれしいです。香の物もおいしいのでご飯が進みます。

一心 山かけうどん定食 小鉢

 小鉢は2つもあります。

一心 山かけうどん定食 冷奴

 小鉢の一つは冷奴です。木綿豆腐でお豆の味をしっかりと楽しめるものでした。

一心 山かけうどん定食 里芋

 もう一つの小鉢は里芋の柚子味噌和えです。これが本当においしかったです。主役ではない小鉢にもちゃんとした心遣いを感じます。

 さあ、メインのうどんに向かいましょう。

一心 山かけうどん定食 アップ

 この山かけうどんが本当においしいのです。

一心 山かけうどん定食 つゆ

 先ずはつゆをいただきます。

 やっぱりうまいです。むかしからの一心さんのおいしいつゆです。若大将はいい仕事しておられます。 写真はないですが、とろろ芋とつゆを一緒に頂くと最高なのです。

一心 山かけうどん定食 いただきます

 うどんは讃岐のうどんではないですが、優しいコシでつゆと絡んでいいですね。旨いです。

 久しぶりでしたが、一心の味はこれからも引き継いでいってもらえそうで嬉しくなりました。


御馳走様でした! またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←若大将がしっかりと引き継いでくれている但馬のうどんの名店に応援のポチッ! おねがいします。励みになります。

手打ちうどん 一心 うどん / 養父駅

手打ちうどん 一心




関連ランキング:うどん | 養父駅


タグ: 朝来市和田山 

[edit]

シェフの素晴らしい腕前を楽しみながらおいしい但馬牛のステーキをいただきました ~グランドシェフ 朝来市和田山 

 今週末は惣兵衛の誕生日でした。家族も珍しくそろっていたので家族で久しぶりにゴージャスなランチをいただくことにしました。そこで奥方が選んだお店がステーキハウス グランドシェフさんです。

グランドシェフ 外観

 コンテナハウスに見えますが、コンテナハウスを模した建物です。以前は和田山の郊外でコンテナハウスで開店されていたのですが、手狭なのでここに移られた際にも、コンテナハウスの雰囲気を残したいということでデザインされたものだそうです。素敵ですね。

グランドシェフ 店内

 外の雰囲気とは違って店内は素晴らしい雰囲気です。初めての子どもたちは外見とのギャップに驚いていました。

グランドシェフ テーブル

 5つある鉄板のある席のうちのひとつに座ってメニューを拝見します。

グランドシェフ メニュー1 グランドシェフ メニュー2

グランドシェフ メニュー3 グランドシェフ メニュー4

グランドシェフ メニュー5

グランドシェフ 御品書き1

グランドシェフ 御品書き2
(クリックして拡大してご覧ください)

 お誕生日だからお父さんだけ御馳走にしようという提案がなされましたが、家族で一緒のものをいただこうということでお願いしました。
 二人が貝柱付きステーキコース(4,550円)で、残りの二人がエビ付きステーキコース(4,550円)を選びました。

グランドシェフ ミシュラン受賞

 おっと、このお店もミシュランガイド兵庫県特別版に掲載されているようですね。素晴らしいお店ですから当然のことだと思います。

グランドシェフ 白ワイン

 まずは誕生日の惣兵衛だけグラスワイン 白(500円)をいただきます。昼から飲ませてくれるなんて誕生日だけのことですね(笑)。

グランドシェフ スープ

 先ずはスープが登場しました。オニオンとニンジンのコンソメスープですね。

グランドシェフ スープ いただきます

 相変わらずの美味しさです。野菜は食ったりと煮込まれていて、上質なスープにはそれらの野菜のうまみも加わっていていいですね。

グランドシェフ サラダ

 次がサラダです。すべての野菜が細かく切られ、花の様に盛り付けられています。

グランドシェフ サラダ いただきます

 どの野菜もとても新鮮で、パルサミコとマスタードソースと一緒に頂くと本当においしいです。

グランドシェフ えびと貝柱

 まずは魚介の海老貝柱の登場です。どちらもぷりぷりしていておいしそうです。

グランドシェフ シェフ登場

 ここでシェフの登場です。お隣では若いシェフが調理を担当されていて、御主人はどうされたのかと思ったら、若いシェフは息子さんだそうで、二人で担当してくれるそうです。素晴らしいことですね。でも、久しぶりにシェフの腕前を見られるのでありがたいです。息子さんの腕前は次の機会の楽しみにとっておきますね。

グランドシェフ 貝柱

 美しく磨かれた鉄板の上にバターが溶かされて、まずはホタテの貝柱から調理開始ですね。

グランドシェフ 貝柱完成

 最後に蒸し焼きにして、鉄板についた焦げ目がうまみなので、こそぎ落としてソースに溶かし込み、綺麗にかけて完成です。素晴らしいです!
 
グランドシェフ えび

 続いて海老のステーキです。

グランドシェフ えび

 ホタテの貝柱と同じ手順で焼かれますが、背ワタに沿って包丁を入れるものと、繊維を垂直に切るようにした2つの切目のいれかたできれいに調理されます。

グランドシェフ えび完成

 こちらも素晴らしいですね。

グランドシェフ えび いただきます

 さっそくいただきましたが、中はしっとりとした焼き具合で、ソースのうまみと貝柱と海老の甘さをしっかりと感じることができました。ワインが進みますね~。


グランドシェフ フォアグラ

 ここで、コースではなく追加したアラカルトの登場です。なんだかわかりますか?

 実はフォアグラステーキ(2,100円)です。

グランドシェフ フォアグラステーキ

 シェフの素晴らしい腕前により、美味しそうに焼かれていきます。

 シェフから説明を受けましたが、フォアグラをそのまま焼くと薄皮とかが口に残り、味をそこなうので、裏ごしして成形しなおしたものをステーキにされているようです。ステーキするだけが技術ではなく、下準備にも細やかに気を使っていただいているのが嬉しいです。

グランドシェフ フォアグラ完成

 完璧な仕上がりですね。おいしそうです。下に敷かれた細かく刻まれた野菜と一緒に頂きます。

グランドシェフ フォアグラいただきます

 久しぶりにいただくフォアグラは、濃厚な味なのですが、繊細さも感じられました。当然ワインは白から赤になりましたよ。

グランドシェフ 但馬牛の登場

 そしてコースのメインの但馬牛の登場です。手前がお尻の近くの希少部位であるイチボで奥が肩ロースです。

グランドシェフ ステーキ

 シェフによってお肉が鉄板に載せられ、音を立て始めます。もちろん塊肉のままです。

グランドシェフ ステーキをカット

 そして手際よくお肉がカットされていきます。

グランドシェフ フランベ

 そして一気にフランベです。ブランデーに火が付いて目の前が真っ白になって、歓声が上がります。

グランドシェフ 肩ロース 

 肩ロースステーキが先に完成しました。

グランドシェフ たれや塩

 お肉や野菜はご覧の調味料でいただきます。右手前から、味噌だれ、ガーリックチップ、アンデスの岩塩、ポン酢です。

グランドシェフ 肩ロース 塩で

 まずはシェフのおすすめ通りアンデスの岩塩だけでいただいます。とても牛肉の甘みを感じられて最高ですね。

グランドシェフ 肩ロース ガーリックチップと

 つぎはガーリックチップと岩塩を少々でいただきました。これもまた美味しい。ワインが進みすぎます・・・・。

グランドシェフ イチボ

 そしてイチボのステーキも焼きあがりました。

グランドシェフ イチボ いただきます

 赤身の部位は、それはそれでおいしいです。できればワサビ醤油でも食べたかったかな。たれもいいのですが、美味しいお肉は塩かわさびがいいです。
 ポン酢は焼き野菜をいただきました。

グランドシェフ もやし

 最後にもやしを焼いてくれます。これが美味しいのです。

グランドシェフ もやし 完成

 ガーリックの香りを纏ったもやしですね。分厚い鉄板で焼いているのでシャキシャキの歯ごたえも残っています。

グランドシェフ もやし いただきます

 もやしは味噌だれでいただくとご飯がいくらでも食べられますよ。

グランドシェフ 漬物

 ご飯には漬物もついていましたが、これまたおいしいお漬物でした。


 コースはこれで終了なので、牡蠣でもいただこうかとおもったら、シェフから魚介はお肉の後だと本当の美味しさを感じられないので、お肉を召しあがった後ではお勧めできないですとのことでした。こういったこだわりも素敵です。素直にお言葉通りにしました。

 ところが、家族の会話の中から惣兵衛が誕生日だということをお知りになり、こんな素敵なものを出してくれました。

グランドシェフ アイスクリーム

 アイスクリームです。これまたベリーソースとレーズンがトッピングされていて食後にぴったりでした。シェフ、ありがとうございます。

グランドシェフ コーヒー

 最後は食後のコーヒー(380円)です。



 惣兵衛夫婦は久しぶりに素敵な時間が持ててうれしかったですし、息子たちもおいしいお料理とシェフの腕前に感激しきりでした。長男も来春は受験ですから、こうした家族そろっての食事会などの機会もあとわずかだと思います。それを素晴らしいものにしてくれてお店の方々に感謝ですね。

 店を後にする時にはお店の方が出てきて見送りまでしてくれまたよ。


 次は夫婦の記念日か何かでお邪魔したいと思います。



 ご馳走様でした。またお邪魔します!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←但馬の誇る但馬牛を実に美味しくいただけるお店に応援クリックお願いします!

グランド シェフ




関連ランキング:鉄板焼き | 和田山駅梁瀬駅


タグ: 朝来市和田山 

[edit]

但馬街道を行く! ~その15 歴史ある厳かな雰囲気を纏った社に感激 赤淵神社 朝来市和田山牧田  

 慧林寺を出たら、近くに神社があるということで、山際の道を数十メートル北に歩きました。

赤淵神社 一の鳥居 

 これは赤渕神社といいう神社の一の鳥居です。

赤淵神社 石段から楼門を見上げる

 一の鳥居をくぐるとうっそうとした林の中を登る石段が続き、立派な門が立ちはだかっていました。

赤淵神社 楼門

 但馬ではめったにみない立派な楼門です。

赤淵神社 楼門の彫刻

赤淵神社 楼門の彫刻

 この楼門に施された彫刻が見事です。

 この赤淵神社は先に竹田でご紹介した表米神社の神様、表米皇子が645年に日下部姓を受けて、丹後に押し寄せた新羅の軍を撃退した時、船が強風で船が損傷しましたが、大海龍王の使いのあわびが大量に浮かび上がり勝利を遂げ、表米皇子があわびを持ち帰り、この神社に祀ったとされることから、大海龍王神と表米皇子自身である表米宿彌神、表米皇子の祖神である赤渕足 尼神を祭神としています。

 このため、牧田の人たちはあわびを食べないとされ、アワビの祭りもあるそうです。
 
 別の説によると、あわびではなく、表米皇子が信仰した粟鹿神社に祈ったところ、敵軍をたちまち破ることができたということから、粟鹿神社の祭神と一緒という説もあるそうです。

赤淵神社 神門

 さらに、一段高い境内へと続く石段の上には神門が待ち構えていました。

赤渕神社 手水社等

 神門をくぐると林の切れ目ができて、広い明るい境内になります。手水社のむこうにはさらに石段があり、さらに立派な門が見えますね。

赤渕神社 土俵

 その広い境内には奉納相撲が行われる土俵があります。それとお堂もありますね。

赤渕神社 三重塔の礎石

 手水社の脇には礎石がありました。これは昔あった三重塔の礎石だそうです。昔はさらにすばらしい神社だったのでしょうね。

赤渕神社 勅使門

 石段の上は、参道の石畳の真ん中にある勅使門です。

 これもまた素晴らしい門です。この神社は表米皇子の一族である日下部氏の氏神様であり、そこから派生した但馬の名門である、朝倉、絲井、奈佐、日下、八木、本山、太田垣、宿南にも関係を持ちます。和田山にある二宮神社は表米皇子の第二子である朝倉氏の氏神であることから、この時期は一宮としての位置づけだったともいわれています。
 
 現在のものは、八鹿の八木城主八木氏が江戸時代中期に再建したもののようですね。


赤渕神社 勅使門 彫刻

 この彫刻もまた素晴らしいものです。

赤渕神社 拝殿

 勅使殿をくぐったその先には拝殿が迎えてくれます。賽銭をして、但馬の安寧を願いました。

赤渕神社 稲荷社


 右に行くと赤い鳥居があります。これは境内社のひとつ稲荷社です。

赤渕神社 右から見た本殿

 境内右から見た本殿の様子です。意外と簡素な感じです。それはそうです。これは本殿を覆う本殿覆屋です。本殿を風雨から守るために建てられた建物です。

赤渕神社 

 拝殿左側に移ると神主さんが本殿と拝殿に向かう玄関口としての建物があり、それが渡り廊下でつながれています。なんと素晴らしい神社でしょう。

赤渕神社 左の境内社

 左にはさらに多くの境内社があります。護国神社から、秋葉神社、三宝荒神、絹巻社、金刀比羅宮などです。

赤渕神社 池の中の境内社
 
 その奥には池の中の社があります。これはたぶん、池の中にあることから弁天社ではないでしょうか。

赤淵神社 本殿覆殿

 境内左からは本殿覆殿に近づけます。

赤淵神社 本殿を覗く 

 格子の向こうに本殿の姿が少しだけ見ることができます。ほんの少しですが、美しい曲線美の茅葺の屋根と彫刻が見えました。素晴らしい本殿であることは想像できますね。

赤淵神社 奥から拝殿を見る

 本殿から拝殿を見るとこんな感じです。素晴らしい神社ですね。

 神社をくまなく歩くとよくわかるのですが、隅から隅まで綺麗に掃き清められていました。そして、お子さんを連れて参拝に来るお父さんの姿も。今も信仰をあつめ、生きている神社なのですね。

赤淵神社 湧き水

 すばらしい神社に出会えた喜びから、途中で参道を外れて脇道に移動します。その脇には小さな屋根の付いた小屋がありました。どうやら湧き水が出る場所なのでしょう。

 とても有意義な時間を過ごせて大満足な惣兵衛でした。
 
  
すばらしい但馬の歴史に乾杯!


(その16につづく) 


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←てくてく歩きの旅に応援のポチッ! お願いします。

但馬か街道 赤淵神社界隈 地図
タグ: 朝来市和田山 

[edit]

竹田に移住して頑張る美味しいパン屋さん ~パン工房 苺一笑 朝来市和田山竹田 

 竹田インキュベーション段々の続きです。

竹田インキュベーション段々 

 かわいらしいたい焼きだけではおなかがすくので、隣にあるパン屋さんにお邪魔しました。

苺一笑 外観

 お店の名前はパン工房 苺一笑(いちごいちえ)です。かわいらしくていい名前ですね。

 べつの記事を見ると、御主人は大阪府高槻市のパン屋さんで腕を磨いておられたようで、和田山出身の奥様の故郷で一念発起してこのお店を開店されたそうです。

苺一笑 売り場

 おいしそうなパンが約60種類。 奥では焼きたての食パンが扇風機で粗熱をとられていました。夕方にこの勢いで焼いておられるということは人気があるのでしょうね。

 それと、どのパンも、粗熱がとれたら、乾燥を防ぐためにビニールが被せられています。細かな気遣いです。

苺一笑 買ったパン

 すいません。商品名と値段を失念してしまいました。

 でも、どちらのパンも香りがよくて食感もよくおいしいパンでした。日本人好みに振りすぎるフランスパンが多い中で、こちらのパンは本来の美味しさを大事にされています。

 かなり気に入りました。エピパンなど、他にもお土産に買ったのですが、惣兵衛のいない間に子どもたちが食べてしまったようです(涙)。

 もう少し食べてみたいので、またお邪魔して皆さんにご紹介したいと思います。



ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←大阪から一念発起して頑張るパン屋さんに、応援のポチッ! お願いします!

苺一笑



関連ランキング:パン | 竹田駅


タグ: 朝来市和田山 

[edit]