FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

あっさりとした不思議なトンカツの入った蕎麦をいただきました ~そば一 但東町 

 但東町に夜に用事でお邪魔しました。どこか夜ご飯をいただけるところはないかと車で走っていると明るく看板が輝いているお店を発見。手打ち一道 そば一さんです。

そば一 外観

 以前はチラシ寿司とうどんの定食をいただきましたね。

そば一 店内2

 夜7時と夕食時ですが、広い店内にいるのは惣兵衛だけです。

そば一 店内1

 テーブルにゆっくり座ってメニューを拝見します。

そば一 メニュー1

そば一 メニュー2 そば一 メニュー3

そば一 メニュー4 そば一 メニュー5

そば一 メニュー6 そば一 メニュー7


 相変らずのメニューですね。しかも面白いものがちらほらあります。その中で惣兵衛が選んだのがこれです。

そば一 とんかつそば 

 とんかつそば(830円)です

 以前から気になっていたメニューを要約いただくことができます。予想はしていどうましたが、中央に堂々ととんかつが浮かんでいます。
 でも、かまぼこと刻みネギがいい色合いを出してくれていますね。

そば一 とんかつそば アップ

 ビックリなのはとんかつが浮いているのに油が浮いていないことです。

そば一 とんかつそば つゆ

 とても澄んだつゆを維持しています。実際に一口頂きましたが、油のにおいも、味もあまりしないので驚きました。

そば一 とんかつそば かつ

 トンカツをいただきましたが、衣もしっかりついていてまさにトンカツです。いただきましたが変わった肉のある油揚げ? なんとも表現のしようがないですね。
 油の存在感がないのは、あらかじめ揚げられていて、つゆで油抜きをしたのか、油で揚げずに別の方法で衣を焼いたのかでしょうか。おそらく前者かな。

そば一 とんかつそば いただきます

 そばをいただきましたがかなり細めに切られた二八そばだとおもいます。すごく優しい蕎麦で食べやすかったですよ。


 次はバターそばが気になるところですが、家族でファミリーうどんなどもいただいてみたいと思います。






御馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←但東町で人気のある手打ちのうどんと蕎麦のお店に応援クリックお願いします。励みになります!

そば一



関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊岡市その他


タグ: 豊岡市但東 

[edit]

チューリップが満開でカールおじさんも大喜び ~2017たんとうチューリップまつり 但東町 

 桜が散って八重桜が満開ですが、但馬の春の花のイベントといえばこれですね。

2017たんとうチューリップ祭り ポスター

 2017たんとうチューリップまつりです。

 満開だというので早速行ってまいりました。

2017たんとうチューリップ祭り 会場

 駐車場から川の向こうの広い会場が見えます。チューリップがいっぱいですね。

2017たんとうチューリップ祭り ゲート

 こちらが入り口のゲートです。近くにあるモンゴル記念館のかたがPRのチラシを配っておられました。

2017たんとうチューリップ祭り 真っ赤

 受付で700円を払ってに友情しましたが、いきなり真っ赤なチューリップ迎えらえて気分が盛り上がります。

2017たんとうチューリップ祭り 販売コーナー

 こちらがチューリップの販売コーナーです。プランターの寄せ植えや、一本ずつ球根ごと掘り起こして購入したり、目当ての球根を予約することもできます。

2017たんとうチューリップ祭り 展望台

 さらに奥に進むと展望台が見えてきます。当然登りますよ~。

2017たんとうチューリップ祭り フラワーアート

 展望台で上る途中の写真です。

 何かわかりますか?

2017たんとうチューリップ祭り カールおじさん

 今年のフラワーアートカールおじさんです。素晴らしい出来栄えですね。思わずにっこり笑ってしまいます。


 展望台からはチューリップ畑を一望できます。

2017たんとうチューリップ祭り 左

こちらが右側の様子。

2017たんとうチューリップ祭り 右

 こちらが左側ですね。めちゃきれいです。

2017たんとうチューリップ祭り 地面の絵

 展望台を降りると道路に絵が描かれています。

2017たんとうチューリップ祭り 水で絵を書くおじさん

 おじさんがかわいらしい絵を水で次々と書いておられるのです。これは楽しいですね。

2017たんとうチューリップ祭り かかし

 こちらには何とも可愛らしい案山子がたくさん。この地域でこういったかかしをつくる活動をされている方がおられるのです。いいですね。

2017たんとうチューリップ祭り 一番奥から

 こちらが会場の一番奥からの眺めです。見事ですね~。

2017たんとうチューリップ祭り 飲食テント

 一番奥には飲食ブースがあります。さっそく入ってみました。

2017たんとうチューリップ祭り うど

 入ってすぐにウドを販売されておられました。揚げたて濃度の天ぷらが試食できます。とってもおいしかったのでウド2本(300円)を購入しましたよ。

2017たんとうチューリップ祭り バザー

 バザーも大賑わいです。但馬牛や担当の白い茄子を使ったカレーやどんぶりまでありました。惣兵衛はおこわを購入しましたよ。

2017たんとうチューリップ祭り 森のエリア

 畑ばかりではなく、森の会場もあります。

2017たんとうチューリップ祭り カールおじさん

 よく見るとかわいらしいカールおじさんの人形があります。「カールおじさんを探せ」というイベントもされていたようですね。

2017たんとうチューリップ祭り 森のカフェ

 森の中にはカフェもあります。とってもおいしいコーヒーやフレンチトーストなどもいただけますよ。

2017たんとうチューリップ祭り カールおじさん 反対から

 こちらがカールおじさんを反対から見たところです。やっぱり反対側からはよくわかりませんね(笑)。



 今年も大変楽しかったです。このイベントは花の開花状況によりますが、4月30日(日)までの予定だそうです。今が満開です。ぜひともはやめにお越しくださいね。


チューリップも綺麗ですね!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←地域の人たちが丹精込めて作ったちゅーりぷと、それぞれの得意技で盛り上げてくれる地元手づくりのイベントに、応援クリックお願いします!


2017たんとうチューリップ祭り 地図
タグ: 豊岡市但東 

[edit]

但東町にある手打ちそばとうどんのお店でランチ ~そば一 但東町 

 丹後から但馬に帰る道中になる但東町でランチタイムです。以前から気になってはいたものの、お邪魔したことの無いお店、そば一さん初体験です。

そば一 外観

 国道426号線沿いにある目立つお店です。

そば一 ショーケース

 玄関前には大きなショーケースにきれいなサンプルが並んでいます。いろいろな種類があって悩みそうです。

そば一 店内

 お店に入るとお店の方が元気に迎えてくれます。気持ちがいいですね。そして、店内はとても広くて快適です。

そば一 座敷

 バタバタして疲れていたので、奥の座敷に座ってメニューを拝見します。

そば一 メニュー1

そば一 メニュー2

そば一 メニュー3
(クリックして拡大してご覧ください)

 ショーケースを見た時以上に迷わされるくらいのメニューの豊富さです。

 バターそば? ベーコンうどん?? あげ定食???

 と、目移りしてしまいました。地元の方からそばもいいけど、うどんがいいよという情報を得ていたので、何とか決定してお願いしたのがこれです。

そば一 ちらし定食 
 
 ちらし定食(800円)です。

 かけうどんちらし寿司に、メニューではさんまかなにかと思ったらブリの煮付けのセットでした。これは豪華ですね。

そば一 ちらし定食 うどん

 うどんのトッピングは刻み葱と天かす、そして蒲鉾というシンプルなものです。さっそくいただきます。

そば一 ちらし定食 うどん いただきます

 うどんのつゆは結構甘目で、サッパリとしている感じです。うどんはたしかに手打ちで、讃岐の強いコシというよりも、柔らかめのほっとするうどんです。この相性はいいと思います。

そば一 ちらし定食 ちらし

 ちらし寿司はとてもきれいな感じです。トッピングは錦糸卵と紅ショウガに刻み海苔の色合いがいいですね。

そば一 ちらし定食 ちらし いただきます

 いただきましたが、寿司めしには高野豆腐とかではなく、山菜が混ぜられていましたね。これはこれでおいしいです。

そば一 ちらし定食 ブリのてりやき 

 ブリの煮付けはとても大きいです。さあ、頂きましょう。

そば一 ちらし定食 照り焼き いただきます

 おふくろの味ですね~~~。


 これで800円はありがたいですね。とても大満足で帰路に就くことができました。

 次はざるうどんをシンプルにいただきたいですし、そばも楽しんでみたいと思います。




御馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←但東町で人気のある手打ちのうどんと蕎麦のお店に応援クリックお願いします。励みになります!

そば一



関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊岡市その他


タグ: 豊岡市但東 

[edit]

但東町にある民家を改造した隠れ家カフェ ~カフェ 野の花 但東町 

 宮津市から但馬に帰るのに、但東町越えの道を選択しました。途中で休憩したくて、お邪魔したのが
カフェ 野の花さんです。

カフェ野の花 外観

 道路に面したところには車庫があり、小さな看板しかないのでわからずに一度通りすぎました。見つけづらいので気をつけてくださいね。

カフェ野の花 看板

 とはいえ、駐車場に入ってもこの木の看板がなければカフェとは気が付かないくらいです。

カフェ野の花 店内

カフェ野の花 店内

 お店の中はカフェというよりもやはり喫茶店の雰囲気ですね。でもとても快適ですよ。

カフェ野の花 メニュー

 メニューはとてもシンプルです。ランチもありますし、場合によっては地域の方々が夜に飲みにあつまってガヤガヤされているということです。地域密着のお店ですね。
 ケーキセットをお願いしましたが、すでにケーキは売り切れとのことでした。そこでコーヒー(350円)をいただくことにしましたよ。

カフェ野の花 コーヒー

 シンプルなコーヒーですが、注文してからコーヒー豆をミルして、立ててくれたので、とても薫り高くて美味しいコーヒーでした。

カフェ野の花 手作りジャムのクラッカー

 奥様がケーキがない代わりにと、手作りジャムをクラッカーでサンドしたお菓子を作って出してくれました。素朴な甘さでおいしかったです。

 とても家庭的なお店でゆっくりできました。次はランチタイムに食事もいいかもしれませんね。


ごちそうさまでした!またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←外観も中身も家庭的ですが、コーヒーのおいしいカフェに、応援のポチッ!お願いします!

カフェ 野の花



関連ランキング:カフェ | 豊岡市その他


タグ: 豊岡市但東 

[edit]

但東町の自家製そば粉で打った十割そばに舌鼓! ~赤花 そばの郷 但東町 

 2016たんとうチューリップまつりで楽しんだ後は、ランチに向かいました。お邪魔したのがチューリップ祭り会場のすぐ近くにある
赤花 そばの郷 さんです。

赤花そばの郷 外観

 大きな建物です。駐車場も広いので安心です。隣にはそば道場といって、蕎麦打ち体験ができる施設もあります。たぶん、要予約ですね。

赤花そばの郷 こだわり

 玄関わきには蕎麦へのこだわりがつづられていました。これは楽しみですね。

赤花そばの郷 お土産

 広い玄関にはお土産の販売コーナーがありました。干し蕎麦は十割の蕎麦でたしか360円だったと思いますが、安いと思います。そば粉も真空パックで1年の賞味期限があるのもありがたいですね。

赤花そばの郷 蕎麦打ち

  左側の部屋では、御主人が一生懸命蕎麦を打っておられます。丸のしですね。出石蕎麦と同じです。

赤花そばの郷 店内

 店内は民芸調ですね。席に向かう前に必ず店員さんに番号札をもらいましょう。この番号札が大事で、注文をお願いした順番ではなく、お店に入ったこの番号順に蕎麦がだされるからです。もらってなければ注文自体が通りません。

赤花そばの郷 お茶と揚げそば

 しばし待っていると、お茶揚げそばがだしてもらえました。

 こちらのお店は、ご近所のおばちゃんたちが集まって切り盛りされているお店です。ですので、要領を得ないところが多々ありますが、ご愛嬌としてゆったり待ちましょうね。

 この揚げそばをいただいたら、そばの香りが口の中に広がりました。これは期待が持てますね。そんな期待を持ちながらメニューを拝見します。

赤花そばの郷 メニュー

赤花そばの郷 水そばメニュー

 メニューは行ったってシンプルです。普通の盛り蕎麦と、こだわりのそば粉を使って、つゆを使わずに泳がしている水だけでいただく水そばなるものだけです。

 注文をお願いするのもまたまた待ちますが、何とかお願いして出てきたのがこれです。

赤花そばの郷 赤花そば 

 赤花そば(960円)です。

 重箱に盛られたそばと、つゆ刻み葱ワサビというシンプルな構成ですね。

赤花そばの郷 赤花そば 蕎麦アップ

 蕎麦は少し白いですね。これは皮を外した丸抜きの蕎麦粉だからですね。でも、江戸前の真っ白という事でもないのがうれしいです。つやつやして綺麗な蕎麦です。つなぎを全く使わない十割そばですが、丁寧に打たれたそばはぼそぼそに切れることなく、つやつやしています。

赤花そばの郷 赤花そば わさびのみ

 まずはわさびだけつけていただきました。この時期の蕎麦としてはそばの香りがしっかりしていますね。甘みすら感じます。

赤花そばの郷 赤花そば いただきます

 つゆをつけていただきました。これは江戸前のつゆに近いですね。但馬で多い甘みを纏ったものではないので、半漬けでいただきましょう。

 のど越しも、香りもよくおいしくいただきました。

 本当は追加の蕎麦(800円)をお願いしようかと思いましたが、おばちゃんが後から来たお客さんの接待で手いっぱいだったので、やめて仕上げに向かうことにしました(笑)。

赤花そばの郷 赤花そば そば湯コーナー

 こちらではそば湯はセルフサービスです。ホテルにあるスープの保温用の器に70度で保たれています。どうやら、蕎麦を湯がいたそば湯ではなくて、そば粉をお湯で溶いたものだということでした。

赤花そばの郷 赤花そば そば湯

 ですのでかなり濃厚なそば湯になっていました。濃いそばつゆに合わせると相性抜群で、おいしくいただけました。

 もう少し食べたいなと思いましたが、ゆったりと時間が取れる次の機会に取っておきます。



ごちそうさまでした!またお邪魔します!



にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←地域ののんびりとした雰囲気の中でいただく十割の蕎麦に、応援のポチッ!お願いします!

赤花そばの郷



関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊岡市その他


タグ: 豊岡市但東 

[edit]