01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

豪雪に見舞われている真冬の但馬で春の息吹を感じる懐石料理 ~川口屋リバーサイドホテル 城崎温泉 

 とある団体での宴会が城崎温泉で開催されました。お邪魔したのが
川口屋リバーサイドホテルさんです。

川口屋リバーサイドホテル 看板

 城崎温泉街の入り口にあたる円山川沿いにあるホテルです。さっそく宴席に招かれました。

川口屋リバーサイドホテル 宴席

 すばらしい宴席ですね。全体を写真に撮りたかったところですがたくさんの方が写るのであきらめました。

川口屋リバーサイドホテル お膳

 お膳が用意されています。さすが城崎でも老舗のひとつに数えられるホテルの懐石料理ですね。期待に胸が高まります。

川口屋リバーサイドホテル 食前酒

 まずは食前酒 城崎ビネガーのベリーのビネガーで乾杯です。なかには本物のベリーが入っていました。オシャレでとてもおいしいです。

川口屋リバーサイドホテル お通し

 つづいてお通しです。初春の但馬の畑や港をにぎわす菜の花とホタルイカの辛子酢味噌かけですね。

 ここで気が付いたのですが、今回の懐石料理のテーマは初春の但馬ですね。掛け軸も少し季節を先取りしたものを掛けるのが定石ですが、このホテルもそれに倣っておられて”風流”ですね。さすがです。

川口屋リバーサイドホテル 先付け

 美しいガラスの器とパンジーの花びらに彩られた先付です。

川口屋リバーサイドホテル 白魚 いただきます

 なんと、白魚の黄身酢掛けですね。今の但馬で生の白魚がいただけるとは嬉しい限りです。

川口屋リバーサイドホテル 八寸

 八寸は紙製の風呂敷に包まれています。開いてみましょう。

川口屋リバーサイドホテル 八寸 花籠盛り

 これは素晴らしい。四季の物 花籠盛りです。正確には”季節の物”ですかね。

 まだ但馬ではほとんど見ることのできない春の食材が美しく籠の中に収められています。手前は紫わらびのお浸し、鰆の西京焼き、筍の木の芽和え、桜餅、つくしでした。季節を先取りした品々に感激してしまいました。
 今の時期の城崎温泉は松葉ガニ一色ですが、こうしたお料理を地元の人には出してくれる、その粋な心遣いに感激ですね。

 感謝を込めて日本酒をいただきます(笑)。

川口屋リバーサイドホテル 造里

 日本酒に変えたところで造里ですね。

 鯛、鮪、赤烏賊、赤海老、鰹のたたきです。

川口屋リバーサイドホテル 鍋物

 こちらは鍋物です。火を入れてもらってしばらくして完成です。

川口屋リバーサイドホテル 鍋物完成

 ハマチと豚ロース、えび、アサリ、白菜などの鍋ですね。

川口屋リバーサイドホテル 蒸物

 蒸し物牛蒡団子の茶碗蒸し仕立てです。牛蒡の団子は自然薯の団子みたいな個性を発揮していながらも、茶わん蒸しのやさしさにうまく調和していました。なかなかの一品です。

川口屋リバーサイドホテル 壷

 。これはパイ生地で覆われていますね。中身は何かな?

川口屋リバーサイドホテル 壷 いただきます

 お品書きには「ビーフ パイ焼き ポテト」となっていましたが、中身はビーフシチューみたいな感じです。パイ生地を壊してシチューに浸していただくと、とてもおいしいです。

川口屋リバーサイドホテル 温物 

 竹のような器の中は温物です。なかには石灰が入っていて、おちょこの温泉を入れると蒸気が発生して蒸し物が出来上がります。

川口屋リバーサイドホテル 温物 いただきます

 春鱸の奉書温泉蒸しですね。おいしくいただきました。

川口屋リバーサイドホテル 飯物 止椀 香物

 そろそろ宴会も終盤です・

 飯物浅利飯 刻み木の芽。これが香りがよくてあっさりして本当においしかったです。止椀海雲と蜆の赤味噌仕立て香物です。

川口屋リバーサイドホテル 水物

 最後のデザートの水物オリジナル杏仁豆腐でした。


 いや~。久しぶりに本格的な懐石料理で満足でしたね。こころより楽しい宴席になりました。次は城崎温泉で一泊して楽しみたいものです。



ご馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←円山川に面した立地で素晴らしいお料理を提供してくれる川口屋城崎リバーサイドホテルさんに、応援のポチッ! お願いします!

川口屋リバーサイドホテル



関連ランキング:旅館 | 城崎温泉駅

タグ: 豊岡市城崎 

[edit]

城崎のかわいらしいお地蔵様の絵で有名な旅館で鍋の宴会を楽しむ ~つばきの旅館 城崎温泉 

 今はカニ料理で盛り上がっている城崎温泉ですが、解禁前に宴会にお邪魔していました。

つばきの旅館 外観

 城崎にある外湯の一つ地蔵湯の奥にあるつばきの旅館さんです。

 実は心温まる文が添えられたお地蔵さんのかわいらしい絵で有名な旅館です。早速宴会場にお邪魔しました。

つばきの旅館 お膳

 すでに会場にはお膳が用意されていました。今回は懐石ではなく、鍋の宴席になっています。寒い日にはありがたいです。

つばきの旅館 前菜 

 先ずは素敵な前菜からですね。

つばきの旅館 前菜 右側

 右側には海鮮物が並びます。魚卵の煮物、カニの手毬寿司、鮭とイクラのあえ物です。

つばきの旅館 前菜 柿

 真中は完熟富有柿を器にした酢の物。これが本当においしかった。

つばきの旅館 前菜 小鉢

 小鉢系は珍味です。おいしかったですよ。

つばきの旅館 ブリ

 こちらは何かわかりますか?

 これはブリの刺身の紫大根添えです。

つばきの旅館 ブリ いただきます

 これが抜群においしかったです。ブリの生臭さを完全に抑えて、サッパリもしていますし、旨い油を消し切っていません。ブリのおいしい季節ですね~~~~。


 さて、です。

つばきの旅館 鍋 野菜

 野菜も丁寧に仕上げられています。

つばきの旅館 鍋 豚肉

 豚肉もボリュームたっぷりで美味しそうです~~。

つばきの旅館 鍋 だし

 鍋のだしは味噌ですが、お店のひと工夫がありました。実は大量に大根おろしが入っていて、生姜も体が温まるように加えられています。醤油だしのおろし鍋はよく食べますが、味噌ベースのおろし鍋は初めてです。これは楽しみです。

つばきの旅館 鍋 完成

 さあ、完成です!

つばきの旅館 鍋 いただきます

 これは本当においしいです。大根おろしが入ることであっさりするかと思いましたが、むしろうまみが増した感じです。しかも生姜が食欲を掻き立て、身体がポカポカしてきます。これは家でもやってみたいですね。

つばきの旅館 鍋 雑炊

 〆は雑炊ですね~。ごっつぉ~~~~~さん。

つばきの旅館 デザート

 最後は完熟柿とラフランスのデザートです。


 とてもおいしくいただけました。

 次はお泊りでゆっくり温泉につかった後でカニ料理をいただきたいと思います。



御馳走様でした!またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←美味しくて工夫にあふれた料理を提供してくれる旅館に、応援のポチッ! おねがいします。励みになります。


つばきの旅館



関連ランキング:旅館 | 城崎温泉駅


タグ: 豊岡市城崎 

[edit]

城崎温泉で素朴な田舎そばにホッコリしました ~但馬生そば ますや 城崎温泉 

 ちょっと用事があって城崎温泉にお邪魔してきましたが、ついでにお昼をいただくことにしました。

ますや 外観

 城崎温泉の代表的な風情を見せる柳の通りの左岸側の真ん中あたりにある
但馬生そば ますやさんです。

 さっそく暖簾をくぐります。

ますや 店内

 店内は古民家風の建物です。城崎から昔からあるウナギの寝床のような町屋ですね。

ますや 古道具

 壁際には沢山の古道具が飾ってあります。

ますや 壁かけ時計

 そして壁かけ時計がたくさん並んでいました。ぐるりと眺めつつ奥の席に座りました。さっそくメニューを拝見します。

ますや 御品書き

 木の板にかかれた味のあるお品書きですね。観光客さんにうけそうなカニを使ったメニューがありますが、地元民としては普通の蕎麦から選ぶことにします。以前いただいておいしかった岩海苔のそばがきになるところですが、ここは別のものをいただくことにします。

ますや 鴨ざる 

 お願いしたのが鴨ざる(1,400円)です。これはおいしそうです。

ますや 鴨ざる 鴨汁

 鴨汁はいつもおせわになっている寿楽庵さんに似た雰囲気ですね。いい香りが漂ってきます。

ますや 鴨ざる そば

 蕎麦は見た通りの田舎蕎麦ですね。十割ですかとお聞きしたら、つなぎは山芋のみを使っている蕎麦だそうです。水のみで打つ蕎麦だけを十割そばといわれる方もいらっしゃいますが、芋などを少量のつなぎにしたものも十割とおっしゃられる場合もあります。

ますや 鴨ざる そばをいただきます

 まずは蕎麦のみなにもつけずにいただきましたが、田舎のそばの香りが大変よかったです。山芋だけのつなぎの蕎麦をかなり細く切られていますので、歯ごたえは柔らかく、少し切れやすい感じの蕎麦です。これはこれでいいですね。

ますや 鴨ざる 鴨肉

 漬け汁には大きめの鴨肉が入っていました。鴨の脂の香りがいい感じの鴨汁に仕上げてありました。

 ずるずると満足しながらいただきましたよ。

ますや 鴨ざる そば湯

 最期は蕎麦湯でホッコリさせていただきました。


 城崎でもおいしい蕎麦がいただけてうれしい限りです。ちなみにお店には私以外は外国の観光客の皆さんでにぎわっていましたね。温泉につかって、日本の蕎麦をいただけるのは魅力的なのでしょうね。


 次は気になる磯あえそばや芋かけそば、蕎麦がきなどをいただいてみたいと思います。意外なところで中華そばも面白いかな?


ごちそうさまでした! またおじゃまします!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←素晴らしい城崎温泉で手打ちの田舎蕎麦をいただけるますやさんに、応援クリックお願いします。励みになります!

ますや



関連ランキング:そば(蕎麦) | 城崎温泉駅


タグ: 豊岡市城崎 

[edit]

省エネの快適なエコハウスがカフェになっていました ~萬茶や 城崎町 

 少し前に行ったのですが、豊岡市の運営する断熱材やペレットストーブなどを活用してつくられた環境に優しいモデルハウスである豊岡エコハウスがカフェになっていたのでお邪魔しました。

 名前は萬茶や(よろずちゃや)といいます。

萬茶や 外観

 場所は城崎温泉の円山川の対岸にある楽々浦にあります。

 カフェの営業がなされていない時は寂しい感じがしましたが、こうして店としてオープンしていると賑わいがあっていいですね。

戸島湿地

 カフェの反対側には豊岡市のシンボルである戸島湿地があります。

但馬焼楽々浦窯

 通りの向かいには但馬焼楽々浦窯があります。かなり昔ですがこのブログでも紹介したことがありますね。
 こうして3つの施設がそろうと、なかなか楽しいエリアになった感じです。

萬茶や 看板

 雰囲気のいい一枚板の看板がいいですね。

萬茶や メニューボード

 表にはランチボードがありますね。これは楽しみだ。

萬茶や 店内

 靴を脱いで店内に入ります。一番奥は畳の部屋ですが、とても落ち着きます。断熱がしっかりしているせいか、涼やかな風だけを感じられてとても気持ちがいいです。

萬茶や テーブル席

 こちらはテーブル席です。光の入れ方もちょうどいいですね。

萬茶や 天井

 天井はこのようにコリヤナギが使われていていい雰囲気です。

萬茶や テーブル

 お隣の但馬焼楽々浦窯さんの一輪挿しの花をめでながらメニューを拝見します。

萬茶や メニュー
萬茶や メニュー

 メニューはシンプルですがいいですね。牛丼も捨てがたくかなり迷いましたが、軽めのものにしました。

萬茶や 漬物

 まずはお漬物がだされます。さっぱりとおいしいですね。

萬茶や そばげってぃ 明太子 

 これがお願いしたそばげってぃ 明太子(880円)です。実は豊岡市内のお客さんは10%値引きをしてくれます。
 どんなものかと思ったら、パスタの代わりに蕎麦を使ったもののようです。どんな味になるのか楽しみです。

萬茶や そばげってぃ 明太子 アップ

 さあ、さっそくいただきます。

萬茶や そばげってぃ 明太子 いただきます

 なるほど、なるほど。思ったより違和感がないというより、相性いいですね。蕎麦は出石の大門さんの蕎麦ということです。なかなかおいしいですね。

萬茶や 飾り

 このお店はとても快適で、リラックスできますよ。次は牛丼もいただきたいですし、飲み物をいただいてゆったりしたりしてみたいです。



ごちそうさまでした、又お邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←快適でエコなカフェに、応援クリックお願いします。励みになります!

萬茶や



関連ランキング:カフェ | 城崎温泉駅


タグ: 豊岡市城崎 

[edit]

城崎ででっかい海老フライで有名なお店 ~海女茶屋 城崎町 

 城崎温泉では特に郷土の名産というわけではないのですが、大きなエビフライが楽しめる御店として地元で愛されているお店
海女茶屋さんにお邪魔してきました。

海女茶屋 外観

 お店は城崎液のMan前にある絶好のポジションです。お店の名前から察すると海鮮料理店のようですが、普通の喫茶店ですね。

海女茶屋 ショーケース

 太陽光が反射して醜いと思いますが、例の有名なでっかい海老フライがあるぞと主張されています。

海女茶屋 お弁当

 隣りには弁当の販売コーナーもあり、持ち帰りできるだけでなく、帰りの電車で楽しむこともできますね。もちろんでっかい海老フライのメニューもありますよ。

海女茶屋 店内

 入ると見た通りです。普通の喫茶店で、4人席がたくさんあってキャパも十分です。

海女茶屋 お水と新聞

 窓際の席に陣取りましたら、お店の方が何も言わないのに新聞とスポーツ紙を持ってきてくれました。

海女茶屋 窓から見る城崎駅

 窓際には楽しい手作りの置き物があったり、駅を行きかう人の様子を見たりして楽しいのですが、逆に店の前を行きかう人からも見られるので、次は窓から離れようと思いました。さっそくメニューを拝見します。

海女茶屋 メニュー1 海女茶屋 メニュー2
海女茶屋 メニュー3 海女茶屋 メニュー4
海女茶屋 メニュー5
海女茶屋 メニュー6 海女茶屋 メニュー7
海女茶屋 メニュー8 海女茶屋 メニュー9
海女茶屋 メニュー10
海女茶屋 メニュー11 海女茶屋 メニュー12
海女茶屋 メニュー13 海女茶屋 メニュー14
(クリックして拡大してご覧ください)

 ご覧のとおり、エビフライなどのフライ定食の他、カレーライス、ハヤシライス、但馬牛、どんぶり、そば、うどん、カキ氷等の他にも通常の喫茶メニューがあったり、かなり豊富です。何の店とジャンル分けできないので、今後いろいろなメニューを喫茶店ベースで紹介して行きたいと思います。
 
海女茶屋 メニューの工夫

 面白かったのはメニューの工夫です。この通りにまるで麦藁細工のように切り絵で表現されて居るなどの工夫があるのです。


 でも心は一つ。海老フライ定食(1,500円)をお願いしました。

海女茶屋 エビフライ定食 

 これはごいですね。でっかい海老フライが3本もあり、皿からそれぞれはみ出しています。大海老フライの定食で有名な箱根の店に行ったことがありますが、3本もあるなんてすごいですね。

海女茶屋 エビフライ定食 アップ

 よく見ると真ん中の一本はさらに大きいものになっていますね。凄い迫力です。

海女茶屋 エビフライ定食 アップ2

 エビフライに目が生きがちですが、周りを固めるサラダポテトサラダケチャップスパゲティーもしっかりいい感じですよ。

海女茶屋 エビフライ定食 ご飯

 ご飯も小どんぶりに入っていて、海老フライとのボリュームのバランスはいいですね。(つまり全体のボリュームがかなり多いということ・・・・) お漬物もおいしいものでした。

海女茶屋 エビフライ定食 味噌汁

 お味噌汁も手作りでおいしかったですね。

海女茶屋 エビフライ定食 エビフライ小

 こちらは海老フライ小のほうです。私のiPhone5Sはカバーもいれて13センチほどですので、全長が約18センチはありますね。

海女茶屋 エビフライ定食 エビフライ大

 こちらは海老フライ大のほうです。全長は20センチを超えていますね。かなりの大きさです。
 
 さっそくいただきます。

海女茶屋 エビフライ定食 いただきます

 あまりに大きいので箸では食べられませんね。ナイフとフォークで切っていただきます。衣が分厚いのではと思いましたがさにあらずです。しっかり先っぽまで海老でした。
 
 タルタルソースをつけて、ガブリといただきますが、口の中が海老でいっぱいです。

海女茶屋 エビフライ定食 ソースで

 さすがに3匹のでっかい海老フライをタルタルソースだけで食べ続けるのはつらいので、テーブルのウスターソースをつけて途中からいただきました。

 綺麗に完食いたしましたよ。

海女茶屋 エビフライ定食 昆布茶

 しばらくすると「お茶をどうぞ。」と熱々のお茶を持ってきてくれましたが、最初にお茶も出してくれていてなぜだろうと思ったら、これは梅こぶ茶でした。口の中をさっぱりさせてくれますね。これはいいいサービスです。


 全体にとてもボリューミーでよかったと思います。海老フライは衣がもう少しふんわりするとさらに良いかと思います。城崎で口の中を海老でいっぱいにしたい時にいいですね。これで1,500円はお得だと思います。観光地価格が多い城崎ではありがたいです。地元の人が利用するのが解ります。

 次は同じ1,500円で、エビフライが2個、海老クリームコロッケ1個、カニ身フライが2つのカニ・エビ定食やでっかいフライが乗っかったカレー、ビフカツサンドなどをいただいてみたいと思います。
 
 観光客の皆さんもガッツリ行きたい時にはお店で食べられなかったら、弁当で楽しんでもいいと思いますよ。


ごちそうさまでした、又お邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←でっかい海老フライが楽しい喫茶店に、応援クリックお願いします。励みになります!

海女茶屋



関連ランキング:喫茶店 | 城崎温泉駅


タグ: 豊岡市  豊岡市城崎 

[edit]