FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

養蚕農家をリノベーションした素敵なギャラリー ~分散ギャラリー 養蚕農家 養父市大屋町 

 さあ、昨日カフェを紹介した分散ギャラリー 養蚕農家さんです。

分散ギャラリー 養蚕農家 

 こんどは入ってすぐ左にあるギャラリーをご紹介しますよ。

分散ギャラリー 養蚕農家 ギャラリー

 実はこちらが元々あった建物でカフェは増築された建物のようです。まったく違和感なくつながっているので説明を受けないと全く気が付かないと思います。設計士と建築会社の匠の技を感じますね。

 ギャラリーは母屋の3階すべてを使っておられます。

養蚕農家 分散ギャラリー 

 足元の囲炉裏の跡と思われる場所には何ともユニークな表情をしたお魚の作品が展示されていました。

 先日ご紹介した木彫フォークアートですね。

養蚕農家 分散ギャラリー 

 とても楽しい作品群に心がほっとします。しかも、このギャラリーは一部の作品を購入することもできるのがまた楽しいです。

養蚕農家 分散ギャラリー 

 急な階段を上って2階に上がります。

養蚕農家 分散ギャラリー 

 ここにも何とも不思議な作品が展示されていました。

養蚕農家 分散ギャラリー 

 こちらは3階の様子です。


 内容も変わるそうなのでぜひともカフェと一緒に楽しんでいただきたいと思います。


 帰ろうと思ったらまたまた気になる施設が・・・・・

ふるさと交流の家いろり

 ふるさと交流の家いろり というそうです。

ふるさと交流の家いろり

地域の方がここに集っていろいろな活動をされているのでしょうね。

ふるさと交流の家いろり トイレ

 その庭にあるトイレ「しあわせのトイレ」 。気になる・・・・・。


 この地域では日本全国にある風流踊りである祭りが「大杉ざんざこ踊り」として残っています。毎年お盆に開催されているようですので、またゆっくりとお邪魔したいと思いました。



楽しかったです。またお邪魔します


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←古い養蚕農家を改造した素敵なギャラリーと、素敵な大杉地区に、応援クリックお願いします!


リコ カフェ


関連ランキング:カフェ | 八鹿


タグ: 養父市大屋 

[edit]

大屋の養蚕古民家を使ったギャラリーのカフェで大満足 ~Rico Cafe(リコ・カフェ) 養父市大屋町 

 大屋のアートで心が満たされたら胃を満たしたくなりました。そこでお邪魔したのが同じ大杉という地区の中にあるカフェです。

大杉地区

 これが大杉地区の様子です。ご覧のとおり養蚕農家の特徴である3階建ての木造家屋が集中している素敵な地区です。しかも面白いのが黒い瓦に焼き杉と褐色の土壁といったトーンが同じ建物が多いのがいいいですね。

 この中にカフェがありますよ。

NIPPONIA

 こちらのステキな古民家は「NIPPONIA」という宿泊施設です。これは篠山を中心に古民家を活用した事業で国の表彰も受けているノオトさんが運営されている施設だそうです。

 但馬にも竹田のENとか豊岡の1925とかやっておられますが、この時には人気がありません。様子をうかがうとシェフがやめて開店休業状態とか・・・・・(汗)。
 いい建物なのに残念です(涙)。


  さて、目的はこの建物です。

分散ギャラリー 養蚕農家 

 分散ギャラリー 養蚕農家ですね。

 こちらは先ほどの養父市の事業の宿泊所とは違って、民間の発想から生まれた施設だそうです。

分散ギャラリー 養蚕農家 壁の像

 古い養蚕農家を解体しようと思われていたそうですが、設計士のかたがぜひとも残すべきだとリノベーションをしてギャラリーとして復活させたそうです。素晴らしいですね!!

分散ギャラリー 養蚕農家 入り口

 さっそく入りますよ。

分散ギャラリー 養蚕農家 玄関

 中もまた素敵な空間で思わず声が出ました。目の前には売店のような展示販売コーナーがあります。右手の部屋は洋服の手直しをしてくれるお店があります。めっちゃ可愛い女の子が頑張っておりますので応援してくださいね。

分散ギャラリー 養蚕農家 ギャラリー

 右手はギャラリーです。これは後で紹介しますね。

リコカフェ 入り口

 目的のお店はこの入ってすぐ左のお店です。

リコカフェ 看板

 Rico CAFE(リコ カフェ)さんです。

リコカフェ 店内

 店内がまた素敵なのです。

リコカフェ 店内

 窓の外の光がやさしく差し込みいい雰囲気でしょう?

リコカフェ 壁の焼き物などの作品

 壁には素敵な陶器や様々な作品が展示されています。テーブルの一つに座ってメニューを拝見します。

リコカフェ メニュー2 リコカフェ メニュー3

リコカフェ メニュー1
(クリックして拡大してご覧ください)

 これはとてもいい感じですね。お店の方にお聞きするとランチは土日のみ。しかも、三味線の演奏者だそうで、演奏会があるときはお店が休みになることもあるそうです。公式FBで確認してくださいませ


 おなかがすいたのでもちろんこれです。

リコカフェ なごみ定食 

 土日限定の和み定食(1,200円)ですよ~。これは素晴らしいです!

リコカフェ なごみ定食 味噌汁

 こちらは味噌汁ですね。出汁がとてもおいしい、豆腐と揚げ、なめこの味噌汁でした。めちゃ家庭的で美味しいですよ。

リコカフェ なごみ定食 ちらし寿司

 メインのご飯はなんとちらし寿司です。

リコカフェ なごみ定食 寿司 いただきます

 ちょっと甘めながら、あっさり目の味付けが美味しいちらし寿司でしたよ。これはいいですね。

リコカフェ なごみ定食 春雨

 こちらが春巻きです。

リコカフェ なごみ定食 春巻き いただきます

 中身は海老とはんぺんと卵らしいのですが、はんぺんにうまみがしっかりとしみ込んで最高ですね。

リコカフェ なごみ定食 そば

 こちらが小鉢に入ったとろろそばです。

リコカフェ なごみ定食 そば いただきます

 続いていただいたのが、煮物の小鉢です。

リコカフェ なごみ定食 煮物

 切り干し大根と季節の野菜が美味しく煮込まれていました。ご飯が進みますね。

リコカフェ なごみ定食 グラタン

 こちらがグラタンです。

リコカフェ なごみ定食 漬物など

 ご飯の友は沢庵蕗の伽羅煮です。どちらもおいしかったですよ。

 ご飯を美味しくいただきました。満足したらサービスでついてくるドリンクです。ソフトドリンクならばどれもサービスでついてきますよ。

リコカフェ なごみ定食 ウィンナーコーヒー

 ならば、いつもあまり飲まないぜいたくなメニューからウィンナーコーヒーをいただきました。めちゃ旨いです。

リコカフェ なごみ定食 イチジクソーダ

 奥方はイチジクソーダですよ。見た目よりも甘さが控えめで飽きないうまさです。これは気に入りましたよ。


 女性の店員さんとも仲良くなりました。またゆっくりとお邪魔したいと思いましたよ。別の日にこの施設の本来の顔であるギャラリーの様子を紹介したいと思います。



ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←素敵な家を街づくりに活用されている関係者の皆さんに、応援クリックお願いします。励みになります!


リコ カフェ


関連ランキング:カフェ | 八鹿


タグ: 養父市大屋 

[edit]

こころを和ましてくれる木彫りのアートに出会う ~木彫展示館 養父市大屋町 

 大屋のアートの拠点はもう一つあります。おおやビック ラボから少し移動して大杉地区に向かいます。その片隅にその施設はありました。

木彫展示館 外観

 木彫展示館です。

木彫展示館 本館

 立派な建物ですが、元々はお医者さんの家だったようです。裏には立派な庭の名残もありました。せっかくだから整備したらいいのにね。もったいない。

木彫展示館 創作棟

 隣りは創作棟があります。もとは診療所だったそうです。今もここで作品が作られているのでしょうね。生きた施設です。

木彫展示館 内部

 早速中に入ります。古民家はきれいに整備されていて素晴らしいです。

木彫展示館 受付

 受付で入館料200円を払いますが、何とチョコバーが無料でサービスしてもらえました。ほとんど無料ですね(笑)。

 さっそく、靴を脱いで表の間の展示を拝見します。

木彫展示館 表の間の展示

 いきなりかわいらしい展示に目を奪われました。

木彫展示館 こたつ

 炬燵でのんびりくつろぐ大屋の老夫婦の様子が何とも楽しく、観ていてほっとする作品に仕上げられています。こたつの上の地方広報誌や区の資料や新聞などもなんとも精緻に作られていました。

 ここにある作品は木彫フォークアート大屋展覧会での優秀な作品が展示されているのです。フォークアートとは美を表現するアートとは違い、その地区の農民、商工業者などからうまれたアートなのです。

木彫展示館 猫

 この作品をご覧ください。中をよく見ると・・・・

木彫展示館 猫の様子

 大きくて立派な魚を囲む猫3匹。どうして食べようか? どうして分けようか? それぞれの思いが伝わってくるようで、思わずクスリと笑えますね。

木彫展示館 居間の展示

 奥の仏間に当たる部屋の展示は写真が残っていなくて残念です。隣の居間に当たる部屋の展示です。ここもまたユニークで面白いです。

木彫展示館 土間の展示

 さらに奥に進むために靴を履きなおして土間の展示を拝見します。

木彫展示館 猫と子ども

 猫の展示がいくつかあって楽しいですね。武者の旅にでるのですが、上に乗っている子供の勇ましさに対して、猫のマイペースなのんびりな様子が何ともほほえましいです。

木彫展示館 蔵

 奥の蔵に向かいます。

木彫展示館 竜馬

 笑えますよね。

木彫展示館 蔵内部

 最後がの展示室です。

木彫展示館 天井


 この展示館は是非とも見るべきだと思います。肩ひじ張らずに楽しめるフォークアートの魅力に取り込まれてしまいますね。どの作品もおもわずほほが緩む作品です。心が疲れた時に是非とも見ていただきたいですね。


 次の公募展「木彫フォークアートおおや」は今年の秋にあると思いますので、今年から毎年観に行きたいと思いました。



楽しかったです。またお邪魔します


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←素敵な木彫りのフォークアートに触れられる展示館に、応援クリックお願いします!


木彫展示館 地図
タグ: 養父市大屋 

[edit]

養父市大屋地域局内にある素敵な喫茶店 ~喫茶すずこ 養父市大屋 

 大屋でランチタイムを迎えますが、ただでさえお店が少ないなかで定休日とかでほとんどが開店されていませんでした。そこで、養父市大屋地域局内にある喫茶店でも食事ができるという情報を思い出し、さっそくお邪魔してきました。

 こちらが養父市大屋地域局です。とても素敵な建物で隣にはホールもあっていい雰囲気です。

養父市大屋地域局

 中に入るとロビーがあるのですが、すぐ右にある観光案内所の方に入ってゆくとそこが

すずこ いりぐち

 喫茶すずこ さんです。

すずこ 店内

 実は観光案内所と併設されていて、パンフレットなどが置かれたカウンターもあるのです。

 広い窓ガラスからは明るい光が差し込んできますね。素敵な喫茶店です。「すずこ」という名前の由来ですが、当地方で好んで食される細めのたけのこの名前なんです。

すずこ テーブル席から外を見る

 さっそくテーブルに座ってメニューを拝見します。

すずこ メニュー すずこ ランチとケーキの案内
(クリックして拡大してご覧ください)

 非常にシンプルなメニューですね。でもこだわりがそこかしこに伺えて好感が持てます。無理をするより、おすすめの物をどうぞという感じです。

 食事はこれ以外にはカレーライスもできるそうですが、ここはやはり

本日のランチ(800円、ライス小700円)をいただくことにしました。

 しばらく待っているとこの日のメニュー、和風ハンバーグ丼がテーブルに置かれました。

すずこ 日替わりランチ 和風ハンバーグ丼 

 カラフルでおいしそうですね~。

すずこ 日替わりランチ 和風ハンバーグ丼 スープ すずこ 日替わりランチ 和風ハンバーグ丼 キュウイ

 どんぶりの両サイドにはわかめのスープキウイがありました。とてもシンプルなわかめスープでしたが体が温まりましたし、キウイもとても甘くておいしいものでした。


 さて、どんぶりのアップです。

すずこ 日替わりランチ 和風ハンバーグ丼 アップ

 とても鮮やかです。ハンバーグの上には刻み海苔がたくさんかけられていました。

すずこ 日替わりランチ 和風ハンバーグ丼 いただきます

 赤色と黄色のパブリカと緑のズッキーニがカラフルでいいですね。しょうゆとみりんの甘辛いソースがご飯にかけられていて美味しかったですよ。

すずこ 日替わりランチ 和風ハンバーグ丼 いただきます

 もちろんハンバーグと一緒ならさらに美味しいです。ただ、ちょっとご飯がもっちりしていました。新米だからというわけだけではないかな。やけどしそうなくらい熱かったですしね。

 このお店は実はコーヒーがサイホンで入れてくれてとてもおいしいものだそうです。しかもコーヒー豆は有機栽培。本当はいただきたかったのですが、アポイントの時間が迫っていたので・・・・。


 日替わりがスパゲティーの時もあると聞いたことがあります。次は必ずコーヒーも味わいたいです。


ご馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←公共施設の中で素敵な食事とコーヒー、そして雰囲気の良さも併せ持った素敵な喫茶店に応援クリックお願いします。励みになります!

喫茶すずこ




関連ランキング:喫茶店 | 八鹿


タグ: 養父市大屋 

[edit]

本当に”趣味”でのんびり営業されています ~「喫茶お食事 旬」 養父市大屋町 

大屋にお邪魔するときにいつも気になっているお店がありました。

御店の名前は「喫茶お食事 旬」さんです。

旬 外観

 場所は大屋のスーパーマーケットのトヨダを通り過ぎて、中心地の手前にあるカーブの先端に位置しています。

 なぜ気になっていたかというと、写真のように外観は普通の民家的な喫茶店ですが表には「そば処」の幟。そして何回か通るのですがお昼時にかかわらず開店しているのを見たのが2度ほど。きっと手打ちのこだわりのそばを出されているに違いないと想像を膨らませておりました。

 この日はたまたま通ると回転灯がが回っていて開店している様子。さっそくお邪魔することにしました。

旬 店内

 お店はウッディ―な喫茶店といった感じですが片付けの最中のような様子です。12時前だというのにお店は留守のよう。しばらくすると女将さんが帰ってこられました。まずはホッとします。

 店は小さなカウンターと4人掛けテーブルが2つほどに、6人掛けのテーブルもあります。

 テーブルにはメニューがなくカウンター横のお品書きを拝見。

旬 お品書き

 非常にシンプルなものですね。でも全く問題はありません。

 お店の方に「すいません。今日の日替わりは何ですか?」とお聞きすると「豚カツにしようと思ったのだけどまだご飯が炊けていないので盛りそばしかできません。」とのこと。まあ、そばを食べるつもりだったので問題はないですが、お昼時なのに・・・。実にのんびりされていますね。

 さあ、期待に胸躍らせたもりそば(680円)が出てきました。

旬 盛りそば

 そばの上に置かれたもみじの葉がいい感じですね。薬味はネギと長芋とわさび、そして生卵です。生卵は台の上に載っているでゆで卵かと思いましたが、お店の方が割って入れるようにおっしゃられたので生卵と確信を持てました。ありがとうございます。

 写真を見られてもわかると思いますが手打ちではなかったですね。たぶん乾麺。でもしっかり冷やしてくれていました。味噌汁の椀に入れられたつゆは濃いめにされていて、生卵を入れていい感じになるようにされているのでしょう。


 お店の方が、「御飯がないので盛りそばだけでは足らないでしょう。」とサービスでおはぎを持ってきてくれました。

旬 サービスで頂いたおはぎ
 
 ありがとうございます。じつに手作りの素朴なおはぎ。熱いお茶とありがたくいただきました。

 食べ終わった後にもお客さんが来られましたが、ご飯が炊けていないので仲良く盛りそばをいただきます。


 本当にがつがつ商売というよりも趣味でのんびりとやられていますね。カウンターの裏にはお酒もあったのでご近所で集まって飲まれているのでしょうか。


ご馳走様でした!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←のんびりとした田舎の喫茶店に応援クリックお願いします。






関連ランキング:喫茶店 | 八鹿


タグ: 養父市大屋 

[edit]