FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

奈良時代に築かれた養父市の山中にある但馬高野で緑を楽しむ ~満福寺 養父市養父町 

 惣兵衛は食べてばっかりとお思いの方も多いと思いますが、神社仏閣巡りも大好きな惣兵衛。以前から気になっていた山中のお寺にお邪魔することにしました。
 名前は新宮山 本浄院 満福寺です。真言宗のお寺です。

満福寺 石碑

 養父市にある、やぶYタウンとはバイパスを挟んで反対側の十二所といわれる集落にあります。十二所という地名から熊野信仰の12の神様の事をさし、熊野権現が置かれ、その拠点だった地区と言われています。

 この地区の道路はとても狭く、生活道路ですので、車で訪問するときは気を付けて道を選び、走行しましょう。この辺りで有名な料理屋さんであるたけうちあたりの進入路から入るのがよいと思われます。

満福寺 参道

 石碑のある参道入り口からは車が一台やっと通れる程度の細い急坂を上っていきます。

満福寺 お地蔵さん
 
 道路わきのお地蔵さんがかわいらしいです。前掛けをつけて、風車をお持ちです。地元の方々の信仰の深さがよくわかります。

満福寺 山門

 この先は車で行けるのかなと不安になる道が続きますが、突然広い芝生の広場が現れ、立派な門が現れます。ここで車を停止します。

 この山門のわきには小さな石段があり、庭園に続きます。

満福寺 山門わきの庭園

 山門の両側には仁王像がにらみをきかせています。右側に赤色の阿形像

満福寺 山門 阿像

そして左に青色の吽形像です。

満福寺 山門 吽像

 とても立派な金剛力士です。

満福寺 小さな社

 門をくぐると小さな水たまりに小さな社が置かれています。これは弁財天さまでしょうか。

満福寺 石段

 苔むせる参道の石の階段を上っていきます。滑りやすいので気を付けてください。

満福寺 瓦

 石段の踊り場のわきに鬼瓦が地面に並べらえていました。お寺の修繕前に使っていたのものを置かれたのでしょうね。立派なものです。

満福寺 石像とモミジ

 途中で仏像と多宝塔があり、もみじの緑がとてもきれいです。

満福寺 もみじ

 見回してみると周りはもみじでいっぱいです。秋には燃えるような紅に染められるのではないかと思います。

満福寺 境内

 さらに石段を上ると、想像していたよりも広い境内に出ました。

満福寺 鐘楼

 右手には鐘撞がありります。

満福寺 経堂?

 その隣には蔵のような建物があります。納経堂かな?ご存じの方はお教えいただければ幸いです。

満福寺 説明

 ここにこのお寺の説明があります。

 奈良時代の最盛期である天平年間に行基が訪れて開山されたそうです。古い歴史を持つお寺ですね。のちに弘法大師(空海)も訪れ、真言密教の道場を創るなどして隆盛を極め、17坊も抱える大寺であったそうです。それにより「但馬高野」と呼ばれています

 ところが豊臣秀吉の但馬攻めの時に焼き討ちにあい、消失し、現在の建物は再建されたもの。あとでみていただければわかるのですが、石垣もありますので、山城のような機能も持たせることはできたでしょうから、何らかの形で戦に巻き込まれたのでしょう。
 幕末には但馬聖人といわれた池田草庵がここで修業したお寺としても有名です。

満福寺 本堂

満福寺 本堂 看板

 すばらしく立派な本堂です。

満福寺 本堂 彫り物

満福寺 本堂 彫刻2

 そこに施された、まるで生きているような龍や鳳凰の彫り物に暫く見とれてしまいます。

満福寺 庫裡

 その奥には庫裡もあります。

満福寺 つくばい

 その前にはカエルが置かれたつくばいがあります。

満福寺 弘法大師像

 それと、このお寺を訪れ、真言密教の道場を作ったといわれる弘法大師の像もありました。

満福寺 飛び石

 その奥には飛び石がきれいに並べてあり、きれいに手入れされた芝生の庭園があります。おそらくこの辺りにもいくつかの僧房が建っていたと思われます。

満福寺 奥の神社

 奥にはお墓が並ぶ霊園があり、神社がありました。鬼門を守るための社かな?

満福寺 奥の院への道

 ここからさらに車で登ります。結構な急な狭い道路です。

満福寺 奥の院

 するとまたもや大きな建物に出合えました。これは万福寺 奥の院 観音堂です。

 ここには本尊である千手観音が納められているそうです。

満福寺 薬師堂

 こちらも低いものですが石垣で囲まれています。

満福寺 奥の院 参道

 下を見下ろすと急な山道があり、昔の参道のようです。当時はここまで上がるのは大変だったろうと思います。

満福寺 薬師堂 彫刻1

満福寺 薬師堂 彫刻2

 観音堂の彫り物もまた素晴らしいものでした。

満福寺 奥の院 熊野権現

 観音堂のわきには神社がありますが、これが熊野権現です。

 ふもとの村の十二所という名を見ても、もともとは熊野信仰の山だったようで、但馬の一大拠点だったと思われるということです。


 但馬の歴史を振り返るととても興味深い物語があります。これからも、食べ物ばかりではなく、このような但馬の文化と歴史も、もっとご紹介したいと思います。




紅葉の季節に、再びお邪魔しようっと!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←食べてばかりでなく、お寺も好きな惣兵衛に、応援クリックお願いします!

タグ: 養父市養父 

[edit]

またまた養父の道の駅。今度はカフェで久しぶりのクリームソーダ ~道の駅やぶ コイノバ ヴィレッジ 養父市養父 

 道の駅やぶ コイノバ ヴィレッジで油そばを頂いた後、次の用事まで時間があったので、気になっていた和田山のカフェに行くことにしました。しかしながら休業日。

コイノバビレッジ 外観

 そこで、またまた道の駅やぶにもどって、もう一つのお店であるカフェのほうにお邪魔することにしました。

 店内にあるメニューはこちらです。

コイノバビレッジ カフェ メニュー1

コイノバビレッジ カフェ メニュー2

 なかなかいい感じですね。

コイノバビレッジ カフェ  

コイノバビレッジ カフェ 店内

 店内はとてもいい感じ。向かって真ん中が食事をするレストランで、右サイドがカフェになっているようです。
 もう食事は済ませたのでお願いしたのがこれです。

コイノバビレッジ カフェ メロンクリームソーダ 

 夏限定 メロンクリームソーダ(480円)です。かわいらしいですね。

コイノバビレッジ カフェ メロンクリームソーダ アイスクリーム

 まずはアイスクリームを頂きました。見た目はソフトクリームと思いましたが、ねっとりとした感じのメロン風味のアイスクリームでした。これがまた最高においしいのです。

コイノバビレッジ カフェ メロンクリームソーダ メロン

 そしてメロンもいただきました。養父市でブランドにされている無農薬のメロンみたいですね。これまたうまかった。

コイノバビレッジ カフェ メロンクリームソーダ ソーダ

 そしてメロンソーダもいい感じでした。はじめストローでいただいたら甘みを感じないばかりか、かなり濃厚な味??とおもいましたが、シロップが混ざっていなかっただけのようです。
 ぐるりと混ぜていただくととてもおいしくいただけました。お勧めできます。

コイノバビレッジ 物販コーナー

 カフェの前には地元の物産や、運営会社のパンやスイーツが販売されています。

コイノバビレッジ 牛筋カレーパン 売り場

 惣兵衛が気になったのがこの牛筋カレーパン(220円)。

コイノバビレッジ 牛筋カレーパン 

コイノバビレッジ 牛筋カレーパン いただきます

 とてもおいしいカレーパンでした。

コイノバビレッジ スイーツ販売

 奥方はこちらのフレンチトーストを購入。写真はありませんが、これもおいしいスイーツでしたね。

 なかなか面白い店でした。次はレストランにお邪魔したいです。表にお品書きがありました。

コイノバビレッジ レストラン メニュー1

コイノバビレッジ レストラン メニュー2

 先生さんのご紹介されていたお稲荷さんを頂いてみたいと思います。




ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←復活してとてもおしゃれでおいしくなった養父の道の駅に応援クリックお願いします。励みになります!


道の駅やぶ コイノバ ヴィレッジ



関連ランキング:その他 | 養父駅





タグ: 養父市養父 

[edit]

「兵庫初上陸?」の油そばが養父の道の駅でいただけます ~道の駅やぶ コイノバ ヴィレッジ 油そば専門 養父市養父町 

 養父の道の駅が「道の駅やぶ コイノバ ヴィレッジ」にかわって面白そうなので夫婦でいってまいりました。

コイノバビレッジ 外観

 見た目は全く変わりません。

コイノバビレッジ レストラン看板

 お店に近づいてみるとこんな看板が。

コイノバビレッジ 油そば 看板

 大幅に内容が変わっていますね。昔はフードコートと昭和の風情を感じるレストランという感じでしたが、カフェ油そばのお店になっています。
 奥方にどちらに行く?と聞いたら、予想に反して油そば専門でした。

コイノバビレッジ 油そば 店内

 この通り、ショッピングモールにあるちゃんとしたラーメン専門店という感じです。なかなかいい感じですね。

 飲食エリアも明るくていいと思います。

コイノバビレッジ 油そば 厨房

 若いスタッフが元気に働いておられます。素晴らしいです。

コイノバビレッジ 油そば メニュー

コイノバビレッジ 油そば 季節限定メニュー

 メニューはこの通り、普通の油そばと辛い油そば。そして、期間限定の冷たい油そばが2種類でもあり、チャーシュー丼などのご飯ものがあります。あとは、麺の量とトッピングを選ぶことになりますね。面白いです。

コイノバビレッジ 油そば テーブル

 早速食券販売機で食券を購入して、カウンターにお渡しし、テーブルに座ります。ここには「油そばのおいしい食べ方」という説明書きがあります。
 ふむふむ。酢とラー油をぐるっとかけて、混ぜていただくだけですね。あとは好みで調味料にて調整するということです。楽しいです。


 惣兵衛がお願いしたのがこれです。

コイノバビレッジ 油そば 麻辣油そば 

 麻辣油そば 並盛(730円)です。タンタンメンの油そば版ってところでしょうか。油そばの上に、ネギの白い部分の刻み葱が載せられ、さらにその上に辛そうな肉みそが鎮座しています。

コイノバビレッジ 油そば 麻辣油そば 酢

 ここにまずはを2周かけます。

コイノバビレッジ 油そば 麻辣油そば ラー油

 さらに、ラー油をこれまた2周かけます。

コイノバビレッジ 油そば 麻辣油そば 混ぜる

 そしてぐるりと混ぜて・・・・。

コイノバビレッジ 油そば 麻辣油そば 完成

 スタンバイOKです。

コイノバビレッジ 油そば 麻辣油そば いただきます

 早速いただきましたが、予想以上においしかったです。ピリッと辛いトウガラシの辛さの後から、山椒がの辛さがグッときます。濃い油たれがなかなかおいしく、ただ辛いだけではなくうまみも十分でした。

コイノバビレッジ 油そば 油そば 

 奥方は定番の油そば 並盛(680円)を選択していました。こちらはチャーシューの細切れが載せられ、刻み葱と刻みのりがいいビジュアルを演出しています。

コイノバビレッジ 油そば 油そば いただきます

 こちらもラー油と酢をぐるりと回しかけていただきました。これはおいしいです。麻辣油そばよりもこちらのほうが油たれのうまみを感じますね。

コイノバビレッジ 油そば 調味料

 そして、テーブルにある激辛調味料粗びき胡椒で味変を楽しみます。


 とてもおいしくいただきました。ただ、両は女性でも1.5玉の中盛がおすすめだと思います。おそらく、スープがないので、その分満腹感を得にくいのだと思います。

 なかなかいいお店でした。次は定食か、冷たい油そばを頂いてみたいと思います。








ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←復活してとてもおしゃれでおいしくなった養父の道の駅に応援クリックお願いします。励みになります!


道の駅やぶ コイノバ ヴィレッジ



関連ランキング:その他 | 養父駅





タグ: 養父市養父 

[edit]

大切な掛け軸をきれいに直してもらいました ~足立表具店 献穂堂 養父市養父 

 今年のお正月に「正月掛け」の掛け軸を和室にかけようと思ったら、掛け軸の金具がさびて外れてかけられませんでした。そこで、いろいろと調べたところ、良い表具屋さんがあるというのでお邪魔してきました。

 養父市にある足立表具店 献穂堂さんです。

足立表具店 外観 

 なかなかいい感じの店構えです。

 早速引き戸を開いてお店に中に入ります。

足立表具店 店内

 中に入ると一目でそこが作業場と分かりました。


足立表具店 いろいろ

 いろいろなものが所狭しと並んでいます。

足立表具店 障子

 張替えを待つ障子がたくさん立てかけてありました。

足立表具店 呼び鈴

 この呼び鈴を押したらご主人がしばらくすると対応してくれました。

 木を加工するのが建具屋さんの仕事で、表具屋さんは紙を扱う仕事だとか、いろいろと教えてくれました。修理には数日かかるのでお預けしました。

 数日して携帯電話で完成したとのこと。取りに伺いました。

足立表具店 完成

足立表具店 アップ

 素晴らしい仕上がりです。数万円は覚悟していましたが5千円少々とびっくりの値段でした。

 これから大切にしたいですし、ほかの掛け軸もまた持ってこようと思いました。


 但馬の素晴らしい表具屋さんに感謝!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←すばらしい技術をお持ちの表具屋さんに、応援クリックお願いします!


足立表具店

〒669-3157 兵庫県丹波市山南町和田186
0795ー76ー0313

足立表具店 地図





タグ: 養父市養父 

[edit]

養父市の郊外にある京都で腕を磨いたご主人のお店でランチ ~肉と野菜と魚の料理 たけうち 養父市 

 養父市の建屋に向かう途中でランチタイムです。そこでおじゃましたのが
肉と野菜と魚の料理 たけうちさんです。

たけうち 外観

 久しぶりの訪問です。とてもお気に入りのお店の一つなのです。

たけうち カウンター

 こちらが素敵なカウンター席です。写真を見てもらえばわかるのですが、周りは素敵な昔の生活道具や和服や陶器が展示されています。これを眺めていると飽きませんよ。

たけうち テーブル席

 その奥にあるのがテーブル席ですね。その一つに座ります。

たけうち テーブルの上

 さっそくメニューを拝見します。

たけうち メニュー1

たけうち メニュー2

 結構悩みましたが惣兵衛がお願いしたのがこれです。

たけうち シェフの気まぐれランチ 

 シェフの気まぐれランチ(1,100円)です。

 種類も多くておいしそうですね~。

たけうち シェフの気まぐれランチ 前菜

 長細い角皿に3つの料理が盛り付けられています。右手前から鰯の梅煮、胡瓜の酢の物、朝倉山椒味噌です。小さないわしの梅煮は骨ごといただけておいしかったですし、酢の物もさっぱりとしていてよかったです。山椒味噌は山椒がきれいに擦ってあるので、山椒の粒粒を感じなくてとても上質なものでした。お土産に勝って帰られるのでぜひどうぞ。

たけうち シェフの気まぐれランチ おすまし

 汁物はえのきだけの澄まし汁です。シンプルなものですが、とにかく出汁が美味しいので大満足です。

たけうち シェフの気まぐれランチ 天麩羅

 こちらは夏野菜の天ぷらです。茄子とアスパラガス、ジャガイモとパブリカでした。どれもおいしかったです。

たけうち シェフの気まぐれランチ アジ

 焼き物はアジの塩焼きです。

たけうち シェフの気まぐれランチ アジいただきます

 アジは少し干物かなと思うくらいじっくり焼かれたものでした。うまみが凝縮されていておいしいものでした。

たけうち シェフの気まぐれランチ 豚しゃぶサラダ

 もう一つのメインが三元豚の冷しゃぶでした。まるでサラダみたいですね。

たけうち シェフの気まぐれランチ 豚しゃぶいただきます

 野菜が新鮮で、ドレッシングもとてもおいしかったです。メインにふさわしいものでした。

たけうち シェフの気まぐれランチ 胡麻和え

 こちらは大根菜のナムルです。大根菜といってもとても小さなものです。これは間引きした大根菜だと思います。家庭菜園でもされているのでしょうか。


 奥方がお願いしたのがこれです。

たけうち とんかつ定食 

 蔵尾ポークロースカツランチ(1,800円)です。

 蔵尾ポークといえば知る人ぞ知るブランド豚だそうです。シェフはこの豚肉にこだわりを持っておられます。惣兵衛も以前いただいたのですが、脂の上質さと肉質の良さに感心しました。

たけうち とんかつ定食 だし巻き卵

 だし巻き卵をよく見るとかにかまが一緒にまかれていました。面白いですね。


たけうち とんかつ定食 アップ

 さあ、こだわりのトンカツに向かいますよ~。

たけうち とんかつ定食 トンカツアップ

 見てくださいこの美しい断面を。衣はカリカリです。まずは塩でいただきましたが、これで充分な旨さですね。

たけうち とんかつ定食 いただきます

 せっかくですからソースもつけていただきます。手作りソースも香りがよく甘辛で最高ですね。



 夫婦そろってシェフとの会話を交わして大満足でお店を後にしました。次は夜にお酒をいただきに行きたいですね。



ごちそう様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←京都から但馬に帰郷され、素敵なお店と料理に取り組まれるシェフに応援クリックお願いします。励みになります!

肉と野菜と魚の料理 たけうち




関連ランキング:創作料理 | 養父駅




タグ: 養父市養父 

[edit]