FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

素晴らしい円山応挙一門の襖絵に彩られた香住の古刹 ~大乗寺 香美町香住区 

 香住でおいしい海鮮料理をいただいたら、折角なので香住のいいところをぶらり歩いてみることにしました。さすがに暖冬とはいえ、海に行っても仕方がないので、香住の代表的なお寺、大乗寺にお邪魔することにしました。

大乗寺 遠景

 お寺の前の駐車場に停めると見上げる様な石垣が目の前に迫ります。

大乗寺 石段

 その石垣に向けて石段を登り始めます。

大乗寺 山門

 見上げると立派な山門が私たちを迎えてくれます。

大乗寺 山門の彫刻

 彫刻も立派で、しばらく見上げて観賞させていただきました。今年の干支である猿のかわいらしい姿に思わずにっこりしてしまいますね。

大乗寺 客殿

 山門をくぐるとすぐに目の前に広がるのが客殿です。本来の入り口には板が周りを囲んで保護されています。

大乗寺 円山応挙像

 そこには円山応挙像があり、これを守るためなのでしょうね。

 このお寺は745年に行基によって開山しましたが、相次ぐ戦乱に寄り衰退していました。江戸時代後期に住職 密蔵によって再建されます。密蔵は京都にあった際に、絵の勉強の為に苦学を続けていた円山応挙に出合い、これを銀三貫でもって支援したのです。
 応挙はその恩に報いるべく、自身と弟子たちの絵をこの寺に送り、応挙寺といわれるようになったということです。

大乗寺 客殿入り口

 客殿の入り口はこちらになります。ここから内部の撮影は禁止ですのであしからず。

大乗寺 襖絵 パンフレット

 こちらがパンフレットの金の襖絵の写真です。詳細は大乗寺公式HP大乗寺 円山派デジタルミュージアムをご覧ください。

 中に入るとボランティアの方が懇切丁寧に説明してくれます。円山応挙の金時の屏風絵である孔雀の間や色鮮やかな芭蕉の間、煮ずの流れを空間を超えて表現された山水の間は見事ですね。
 劣化や損傷を逃れるために、金地のふすまは精巧なデジタルプリントにされて居ることは知っていたのですが、ご住職の好意により4枚だけはいつも原画が展示されていますのでありがたいです。

 同じ墨でも材料を変えることで黒だけでなく緑や青に見える工夫と、精緻な描画、圧倒的な構図、そして八方睨みといわれる3D的な技法もたのしいです。

 その他の弟子たちの水墨画もどれも個性的で、仏間を中心とした物語があって楽しめます。

大乗寺 大くす

 見学が終わり、ビデオも見せていただいたら境内に戻ります。長い間、このお寺の時の流れを見続けていたであろう大くすの木を見上げます。

大乗寺 大くすを見上げる

 すばらしいですね。

大乗寺 大くすと地蔵さん

 境内を奥に進むと一段高い場所に様々な建物が見えます。

大乗寺 薬師堂と観音堂

 薬師堂観音堂です。

 これにて参拝は終了しました。

大乗寺 円山菓寮とうどんやさん

 客殿の中は光などから絵を守るために完全に締め切っておられるので、そとよりも冷え込んだ感じさえあります。温かくして参拝されるほうがよいと思います。それから、ゴールデンウィークには秘蔵されている全ての原画を特別展示されるそうです。ぜひともこの機会に行ってみられることをお勧めします。


 さてさて、帰路に就く前にちょっとお土産を買って帰りましょうか~。


こうして歴史と美術に触れるのもたのしいですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←素晴らしい襖絵に彩られたすばらしい古刹に、応援クリックお願いします!

大乗寺 地図
タグ: 香美町香住 

[edit]

香住の地魚の定食とカニ料理がいただける料理屋さん ~味処 喜いち 香美町香住区 

 奥方と休日ドライブで、香住までお邪魔しました。おいしい魚料理や海鮮丼を食べたくて、お気に入りの笑らさん にお邪魔しようとしましたが、定休日でお休みでした(涙)。

 そこで、以前から気になっていた 味処 喜いちさんにお邪魔することにしました。

喜いち 外観

 場所は海辺や駅からみると南の山側近くにある、スーパーマーケットやインターチェンジの近くの交差点あたりです。駐車場もあるので車でも安心です。

喜いち ランチボード

 入ってすぐにランチの案内看板があります。そこから2階に上がる階段も見えますので、宴会もできるみたいですね。ランチや個人客は一階の座敷のスペースに入ります。

喜いち 店内

 4人の座敷が2つと6~8人の座敷が2つ、カウンターが4席ほどありますね。店内はカニのにおいが漂っています。食欲を抑えながら、さっそくメニューを拝見します。

喜いち メニュー1

喜いち メニュー2

喜いち メニュー3

喜いち メニュー4

 シンプルなメニュー構成がいいですね。かにもありますね~。私たちの前に団体客が入りましたが、オーダーはそれより早くできてよかったです。ご主人1人と奥様の二人で切り盛りされていますからね。

喜いち お茶

 注文を聞いてから調理開始のようです。天ぷらを揚げる音などを楽しみながらしばらく待ちました。

喜いち 天ぷら定食 

 そして惣兵衛の天ぷら定食(1,300円)の登場です。これは豪勢ですね。天麩羅の盛り合わせに小鉢とサラダ、ご飯に味噌汁と漬物という構成です。

喜いち 天ぷら定食 味噌汁

 味噌汁は油揚げの味噌汁でした。いい出汁が取れていましたよ。油揚げも大きめに切られていて面白かったです。

喜いち 天ぷら定食 だし巻き

 惣兵衛の大好きなだしまきがありましたね。これはうれしいです。

喜いち 天ぷら定食 サラダ

 サラダはキャベツの千切りとレタスとプチトマトというシンプルなものです。これはこれでよかったですが、和食なのでほうれんそうのお浸しなどの方が相性はいいかなと思います。

喜いち 天ぷら定食 カレイの煮物

 そして照り照りのカレイの煮付けです。おいしそうですね~~。

喜いち 天ぷら定食 

 お待たせしました。メインの天ぷらの盛り合わせです。長細いお皿に綺麗に盛り付けられていますね。

喜いち 天ぷら定食 

 さっそくいただきます。

喜いち 天ぷら定食 カニ

 先ずはカニですね。それほど大きくなかったので香住ガニというベニズワイガニかな。とても甘くておいしいものでした。揚げ方も上手です。

喜いち 天ぷら定食 えび

 そしてこちらが白エビです。越前では白エビは小さな海老ですが、山陰ではこのように甘えびより少し大きめのもので、別名はモサエビです。こちらは塩でいただきましたが、甘い~~~~。

喜いち 天ぷら定食 かにとしそ

 大葉が巻かれているものは何かなと思いながらいただきました。こちらは松葉ガニの大葉巻きです。香りがよくておいしいですね。

 他にもフグ、イカ、ししとう、長いもなどがありました。とてもおいしいものでした。

喜いち 天ぷら定食 カレイの煮ものをいただきます

 カレイの煮つけもいただきます。家庭的な甘辛なものだと思ったら、見た目よりも味が控えめです。この濃い色はたまりを使ったからかな。ぷりぷり感を残しながら、味がしみしみでした。でも、とてもあっさりした後味。なぜかと思ったら山椒が使われていましたね。これはこだわりがありますね。すばらしい。


 奥方は刺身定食(1,300円)です。

喜いち 刺し身定食 

 こちらも豪勢ですね。

喜いち 刺し身定食 

 ツマなどの飾りもなく、整然とおいしそうに並べられています。左から上が白ツブガイ、下が赤ツブガイ、さわら、イカ、フグ、白エビ(モサエビ)です。

喜いち 刺し身定食 

 マグロやサーモンなどの豪勢さというよりも、旬の地魚を使った刺身たちに感激ですね。

喜いち 刺し身定食 

 カニの刺身が甘くて最高です。

喜いち 刺し身定食 

 こちらがフグの刺身です。歯ごたえがあっておいしかった~。

喜いち 刺し身定食 

 ツブガイがコリコリとして本当にうまい~~~。


 どちらもとてもおいしい定食でした。こちらのお店は海辺によくある漁師料理的な感じではなく、ちゃんと料理をされている小料理屋といった感じですね。とてもいいと思いました。
 値段的にも満足できます。ご飯が足らないくらいなので、できれば無料でご飯が大盛りになればありがたいのですが、どうかな?

 香住でいいお店に出合えましたよ。



ご馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←香住で実直な海鮮料理を提供してくれるお店に、応援クリックお願いします。

味処 喜いち


関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 香住駅


タグ: 香美町香住 

[edit]

やはりここの海鮮丼が最強かな・・・・・ ~旨いもんや 笑ら 香美町香住区 

 香住漁港に行ってまいりました。そこで奥方とランチタイムです。そこでおじゃましたのが
旨いもんや 笑らさんです。

笑ら 外観

 香住に来ると足が向いてしまうお気に入りのお店の一つです。

笑ら 店内

 お店に入ってすぐのカウンターの角に案内されました。さっそくメニューを拝見します。

笑ら メニュー1

笑ら メニュー2

笑ら メニュー3 笑ら メニュー4
(クリックして拡大してご覧ください)

 値段は変わっていないようですね。毎回次こそ変わったものをと思いながら、やはり頼んでしまうのはこれです。

笑ら 豪華海鮮丼 

 豪華海鮮丼(1,450円)です。相変わらずすごいビジュアルですね。

笑ら 豪華海鮮丼 アップ

 ネタはほとんどが2つずつになります。

笑ら 豪華海鮮丼 後ろから

 マグロ、鯛、カツオのたたき、イカ、ハマチ、サーモン、タコ、甘海老、イクラ、トビコの10種類です。すごいでしょう?

笑ら 豪華海鮮丼 味噌汁

 味噌汁にも魚のあらが入っています。赤味噌ならばさらに惣兵衛好みです。

笑ら 豪華海鮮丼 マグロ

 まずはマグロからいただきます。なかなかのマグロですね。旨いです。

笑ら 豪華海鮮丼 鯛

 つづいてです。これはもう絶品ですね。

笑ら 豪華海鮮丼 甘海老

 つづいて日本海のデカい甘海老です。これはたまりません。

笑ら 豪華海鮮丼 鮭とイクラ

 イクラサーモンを親子丼的にいただきます。

 この後は写真を撮らずに集中していただいてしまいました。


 新鮮なネタなので臭みがなく最高の海鮮丼でしたよ。今回も大満足です。

 次こそ焼き魚定食を・・・。無理かな・・・・(笑)。



御馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←地元の人でにぎわう居酒屋さんに応援クリックお願いします。励みになります!

旨いもんや 笑ら



関連ランキング:居酒屋 | 香住駅


171230
タグ: 香美町香住 

[edit]

最高の海鮮丼と刺し身定食に感激! ~笑ら 香美町香住区 

 私の大好きな海鮮丼がある香美町香住区の笑らさん。

笑ら 外観

 奥方が久しぶりに行きたいというのと、話を聞きつけた長男がどうしても連れていけというのでお邪魔することにしました。

笑ら 店内

 正午になると満席になるので、開店の11時半に合わせてお邪魔しましたが、10分くらい遅れただけですでにほぼ満席でした。奥の席ではホタルイカのしゃぶしゃぶをお昼から楽しむ予約客までいらっしゃいました。
 私たちは入り口すぐのカウンターにようやく座れた状態です。入り口では写真が撮りにくいのでブロガーとしては残念ですが、この人気ですから座れただけでもありがたいですね。

 さっそくメニューを拝見します。

笑ら メニュー1
笑ら メニュー2
笑ら 御品書き
(クリックして拡大してご覧ください)

 以前にお邪魔した時(海鮮丼香住丼)よりも少し価格の見直しがなされたみたいですね。でも、元々安すぎるくらいの値段ですからあまり抵抗はありませんよ。

 わたしは刺し身定食(1,450円)を初めて頼むことにしました。

笑ら 刺し身定食 

 お店の方が持ってこられて目の前にしてびっくりです。これはなんですか・・・・。凄すぎます。値段的に行ったら数品がかっこよく盛られている程度だと思いましたが、種類も量もすごいですね。

笑ら 刺し身定食 刺し身盛

 左から、サザエ、サバ、ホタテの貝柱、ハマチ、サーモン、カツオ、鯛、水ダコ、イカ、海老に本わさびですよ。全部で10種類です。これは凄いですね。これだけでもかなりの値段とられても仕方がないレベルです。

笑ら 刺し身定食 するめの糀漬け

 ついていた小鉢がするめの糀漬けです。ちょっと醤油が強い味ですが、これはこれでいけます。日本酒がほしくなるタイプですね。

笑ら 刺し身定食 横からアップ

 この刺し身盛は見とれますね。どれもこれも最高に新鮮で、包丁もいいですね。日替わりになっていて、その時の水揚げによって変わるのだと思います。これが一番いいですね。観光地価格ではまったくないです。

笑ら 刺し身定食 たこ

 タコをいただきました。写真を撮るのに夢中で箸から落ちて醤油まみれですいません。醤油は半漬けで行きましょうね。

笑ら 刺し身定食 海老

 また海老もうまいですよ。ぷりぷりでとても甘いえびでした。

笑ら 刺し身定食 サザエ

 そして春から今の初夏にかけて旬であるサザエの刺身です。とてもきれいな刺身ですね。ワサビ醤油をすこしつけてご飯に載せていただきます。磯の香りがたまりません。

笑ら 刺し身定食 ご飯お替り

 これは刺し身の量が多すぎて、決して少なくはないご飯が足りません。こちらでは地元の香美町のお米を使っていらっしゃいますが、この御飯も堪らなくおいしいです。お替りしちゃいました。

笑ら 刺し身定食 サザエのしっぽ

 そしてこれがサザエの肝です。

 見てのとおり黒いものが多いのですが、きれいな白い肝は久しぶりに見ました。いただいてみましたが感動の美味しさです。今の若い昆布をたくさん食べたのか、とろりとしていてざらりとしたものはなく、昆布の濃い味が口の中に広がりました。これは凄いですね。


 長男は豪華に香住丼(1,800円)をいただいておりました。

笑ら 香住丼 

 相変わらずすごいです。前回の1,650円から150円ばかり上がっていますが、よくある観光地で同じくらいの価格設定の海鮮丼と比べると圧倒的な具の多さ、具材の豊富さです。しかも地物の魚でほとんどが占められているのがまたすごいですね。

笑ら 香住丼 正面

 15種類の具材が見事に盛り付けられています。刺し身定食同様に海鮮の多さに、ご飯が足りませんからここは大盛りにするようにアドバイスです。大盛でも50円プラスですから問題ないですね。

笑ら 香住丼 側面

 やっぱり食べたくなってきた・・・・。


 奥方はえび天丼(1,050円)をチョイスしていました。

笑ら 天丼

 香住まで来たのだし、このお店であれば海鮮でしょうと、みんなで反対していましたが、目の前に来て納得です。

笑ら 天丼

 これもすごいですね。

笑ら 天丼

 海老天や海鮮の天ぷらもとてもサクサクで美味しいのですが、たれが醤油の濃いタイプのものですごくうれしかったです。但馬地方の天丼の丼つゆは薄くて、けっこう多めにかけて、天麩羅をふんわりさせて食べるタイプが多いのです。これはこれでおいしいのですが、海鮮を美味しく食べる天丼は、この様にカリッと揚げて、醤油と砂糖とみりんなどで照り焼き的なたれを少しかけるほうがあっていると思います。

 そしてこのたれが抜群においしいのです。


 今回も本当に大満足でした。香住にはおいし店がまだまだありますが、この店にどうしても寄ってしまいますね。タジマ内の海鮮丼と刺し身定食ではこの店がお気に入りのひとつです。


御馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←地元の人でにぎわう居酒屋さんに応援クリックお願いします。励みになります!

旨いもんや 笑ら




関連ランキング:居酒屋 | 香住駅


タグ: 香美町香住 

[edit]

念願の断崖絶壁に囲まれた駅と港にたなびくこいのぼりを見ることができました ~香美町香住区鎧港 

 五月といえば端午の節句。端午の節句といえばこいのぼりでが、但馬地方で絶景の場所にこいのぼりがたなびく風景で有名な香美町香住区にある鎧港まで行ってまいりました。

鎧駅 2015

 2年ほど前にもこいのぼりを見にゴールデンウィーク最終日に訪れたのですが、6日には残念ながらこいのぼりは撤去されてしまっていたので、今回は下ろされる心配の無い5日の節句に訪れることにしたのです。

鎧駅 2015

 鎧港の周りを囲む山の山腹には無人駅の鎧駅があります。様々なドラマで使われたこともありますね。

 その無人の改札を入って、地下通路で東側のホームから鎧港を見下ろすとこんな感じでした。

鎧港 こいのぼり2015

 真っ青に晴れ渡った空の下、青く輝く港の上空を、沢山の色とりどりの鯉のぼりが気持ちよさそうにたなびいているではありませんか。

鎧港 こいのぼり2015

 思わず奥方と二人で、丸太を削ったベンチに座って、しばらくほれぼれと見とれてしまいました。水平線が見える広い日本海に向かって泳ぎだしているようにも見えますね。

鎧港 こいのぼり2015

 まさに絶景かな。

鎧駅 列車到着

 飽きることなく見つめていたら駅に汽車が到着しました。隣の天空の橋上の駅である餘部駅からの観光客の方をたくさん載せていらっしゃいました。彼らは、餘部駅からの迎えのバスが車でこちらで楽しまれることでしょうから、惣兵衛たちは邪魔にならないように下界に見える鎧港に車で降りることにしました。

鎧港 こいのぼり 2015

 下から見上げるこいのぼりもまたきれいですね。

鎧港 こいのぼり 2015

 本当に気持ち良さそうに泳いでいます。沢山のお子さんがいらっしゃいましたが、大喜びで見上げていました。

鎧港 こいのぼり 2015

 しかし、このロープは200メートルもあるようですが、どうやってこいのぼりを掲げていかれるのか、凄いですね。

鎧港 こいのぼり 2015

 こいのぼりがたなびく姿は、大会に泳ぎだすように見えて、まさに端午の節句にふさわしいですね。

 鎧区ではこいのぼりの老朽化に伴い、不要になったきれいなこいのぼりの寄贈を募集されておられるようです。香美町役場や観光協会でも一時的に預かっていただけるようですので、ご協力いただける方はいかがでしょうか?


やっぱりこいのぼりはいいですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←すばらしいこいのぼりを上げてくれる鎧区の皆さんに、応援クリックお願いします!

タグ: 香美町香住 

[edit]