09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

金沢県民に愛されているラーメンチェーン店 ~8番ラーメン 駅西本町店 石川県金沢市 

 石川県をぐるぐる回っていると、独特のチェーン店があります。一つは金沢カレーのチェーン店。もうひとつがこの8番らーめんさんです。

 宴会の締めに、市街地からすると駅の反対側にある、
8番らーめん 駅西本町店にお邪魔してきました。

8番らーめん 駅西本町店 外観

 惣兵衛がいくらチェーン店を避けるとはいっても、こういった地域密着のチェーン店は興味津々です。

8番らーめん 駅西本町店 店内 

 店内に入りましたが、ラーメン店というよりはファミレス的な明るい雰囲気ですね。さっそくメニューを拝見します。

8番らーめん 駅西本町店 メニュー1 8番らーめん 駅西本町店 メニュー2
8番らーめん 駅西本町店 メニュー3 8番らーめん 駅西本町店 メニュー4
8番らーめん 駅西本町店 メニュー5 8番らーめん 駅西本町店 メニュー6
(クリックして拡大してご覧ください)

 メインは野菜ラーメンで、スープが塩、味噌、醤油、とんこつ、バター風味と選べるようですね。他にも担々麺とか、油麺てきな辛麺などもあるようです。

8番らーめん 駅西本町店 生ビール

 連れがまだ飲み足りないというのでキリン生ビール 中ジョッキ(572円)で乾杯です。

8番らーめん 駅西本町店 餃子 

 つまみも頼みました。餃子 ダブル(12個 496円)です。

 12個でこの値段はありがたいですね。大きさも少し大きめです。モチモチの皮がからりと焼かれていて、具も肉汁が出てボリューミーです。

8番らーめん 駅西本町店 餃子 いただきます

 美味しい餃子でしたね。おなかにたまるので食事にもいいと思いますよ。

 さて、ラーメンをいただきますか。やはり定番から攻めたいので 野菜ラーメン 塩味(604円)をお願いしました。

8番らーめん 駅西本町店 野菜ラーメン 塩味 

 出てきたビジュアルを見て、ナルトの8の時以外はごく平凡な感じで、逆に驚きました。

8番らーめん 駅西本町店 野菜ラーメン 塩味 スープ

 スープはこの通り褐色にほんの少し濁った感じです。一口いただきましたが、野菜の味がしみだしたとても角の無い味です。表現が難しいですが、最近流行の和風のあっさりとした感じではなく、インスタントラーメンでいうと、エースコックのワンタンメン的なマイルドな感じです。

8番らーめん 駅西本町店 野菜ラーメン 塩味 ナルト

 個性を引き出す「8」の字が書かれたナルトですね。惣兵衛が大好きなどん兵衛の蒲鉾的な味です。

8番らーめん 駅西本町店 野菜ラーメン 塩味 野菜

 野菜はキャベツとニンジンともやしです。量が多くておいしいですね。インスタントの袋めんを作るときにはこんな感じですから安心感があります。

8番らーめん 駅西本町店 野菜ラーメン 塩味 チャーシュー

 チャーシューは1枚ですが、野菜も多いので十分ですね。ラーメンに合わせてあっさり味です。

8番らーめん 駅西本町店 野菜ラーメン 塩味 いただきます

 麺は少し縮れの中太麺です。ぷりぷりしていてスープとの相性はいいですね。加水は少し多めでしょうか。


 しばらく食べすすんで、何でこれが金沢県民のソウルフードなのかという疑問がわきました。それほどインパクトがあるわけではないからです。でも、そのうちに後味にニンニクなどの薬味の味と香り等の独特のものを感じ、これがその理由であるとわかりました。
 

 ソウルフードって、凄く個性的なものとそうでもないものがありますよね。金沢の場合は、前者がハントンライスや金沢カレーなどかな。そうでもないものは、一見なんてことないのですが、奥に少しだけきらりと光る個性を感じるものがある場合があり、このラーメンがそれなのでしょうね。

 なんてことないのだけど、しばらくすると食べたくなる。そんなラーメンですね。



ご馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←金沢県民に愛されるラーメンチェーン店に、応援クリックお願いします。励みになります!

8番らーめん 本店



関連ランキング:ラーメン | 動橋駅


[edit]

加賀料理をいただきに、金沢の料亭にお邪魔しました ~加賀料理 秋月 石川県金沢市 

 金沢といえば加賀料理ですね。もともと、京風の懐石料理が定着した加賀において、江戸時代に江戸料理の影響も受けて、両方の調理法がつかわれているとのことです。また、お皿も含めた盛り付けの美しさも加賀料理の特徴だそうです。

 そこでお邪魔したのが加賀料理 秋月さんです。

秋月 外観

 金沢市街地の中心地から、ひがし茶屋街を少しさらに東にいったところにある、雰囲気のある料亭です。

秋月 看板

 この電気の看板がいいですね。良き昭和の時代を感じます。

秋月 玄関

 和装の女性のお店の方が迎えてくれます。玄関を入れば豪勢な雰囲気の調度品が高級感を添えてくれますね。

秋月 店内

 L字型の通路の両脇に障子でセパレートされた座敷がいくつも並びます。そのひとつに案内されました。

秋月 お膳

 すでに膳が用意されています。これは楽しみだ~。

秋月 前菜

 膳の端におかれていたのが、盛り付けも美しい前菜の盛り合わせです。秋らしくていいですね。サツマイモやもみじがいい雰囲気です。大好きな川エビもパリッとしてていおいしいものです。

秋月 白身魚のたたき

 見た目に、まさか鶏のたたき?っておもいましたが、さすがに違いますよね(笑)。白身魚のたたきです。フグだと思います。おいしかったですよ。

秋月 椀

 次はいきなり椀です。しかも澄まし汁。珍しいですね。白いはんぺんみたいに見えるのが、卵白のふわふわの団子の中に白身魚が美味しいものでした。

秋月 刺し身

 これは刺し身の盛り合わせです。とにかく盛り付けが素敵ですね。見た目だけでなく、ハマチやタイ、甘海老の刺身そのものもおいしかったですよ。

秋月 きゅうりの飾り切

 きゅうりが蝶々のように例に包丁されて折りこまれています。刺し身の包丁も見事でしたよ。

秋月 治部煮

 これは金沢の郷土料理である治部煮ですね。治部煮は鴨や鶏肉に小麦粉をまぶして、金沢名物の麩や野菜をだし汁、醤油、みりん、酒などで煮込んだものです。肉にまぶした小麦粉がとろみを与えています。薬味はワサビなんですね。わさびのおかけで、重さが軽減されて、おいしいですね。ここで郷土料理をいただけたので感激しました。

秋月 西京焼き

 次が鰆の西京焼きです。惣兵衛の大好物です。

 ここまで見ても、京風と江戸風の料理が混在していますね。そこに地元の料理があってうれしいです。

秋月 天麩羅盛あわせ

 次は天麩羅盛り合わせです。なんて面白いお皿なんでしょうね。見た目でも楽しめます。

秋月 もずく酢

 ここで、ぐっとシンプルなもずく酢です。でも、食用の花もあしらわれていて加賀料理の意地を見せてくれます。

秋月 茶漬け

 ここで、ご飯ものですが、なんと雑炊です。但馬ではご飯が出ますからね。飲んだ人への気遣いですね。

秋月 デザート

 最後はシンプルにオレンジのデザートです。


 金沢にて、加賀料理がいただけてよかったです。なかなかできないですからね。

 でも、まだまだ金沢を食べつくしていないな~。回転すしやおでん、金沢カレー、ハントンライス、白エビ丼・・・・。またこなきゃあ~。




ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←賑やかな繁華街から離れて、しっとりと加賀料理の宴席を楽しめる料亭に、応援のポチッ!お願いします。

秋月



関連ランキング:懐石・会席料理 | 七ツ屋駅北鉄金沢駅金沢駅


[edit]

にし茶屋街散策と、スペイン王室ご用達の高級チョコレート店のソフトクリームを楽しむ~カカオ サンパカ 金沢店 石川県金沢市 

 またまた観光です。ひがし茶屋街をみたんだったら、西も行かないとダメでしょう~ってことでにし茶屋街に行ってまいりました。

にし茶屋街 

 ここも素晴らしい雰囲気ですね。ただしひがし茶屋町にくらべて人通りがほとんどないです。それもそのはず、現存している規模が少なく、約40mくらいの範囲しかないからです。

にし茶屋街 にし茶屋街 

 それでも、半分くらいの茶屋はそのまま残っているみたいです。いつかおかねもちになったら・・・・。そんな日は来ないでしょうね(ため息)。

 せっかくなので、何かいい店内かなと思ったら、ちょっと惣兵衛のアンテナが動き、面白そうなお店を発見。

カカオ サンパカ 金沢店 外観

 カカオ・サンパカ 金沢店 というそうです。

カカオ サンパカ 金沢店 看板

 スイーツを出すカフェでありながら、ワインもあるようですね。さっそく暖簾をくぐって中に入りました。

カカオ サンパカ 金沢店 暖簾

 入ってすぐ右がテイクアウトのショップになっていました。残念ながら撮影禁止でしたので、ここから写真はありません。

 どんな店かというと、8畳くらいの宝石店のようになっています。綺麗なショーケースがあって、そこには貴金属の延べ棒のように加工された、世界各地の有名な高級チョコレートが並んでいるのです。

 美しい若い女性が説明してくれます。どうやらスペイン王室ご用達のチョコレート店だそうです。これは驚きですね。

カカオ サンパカ 金沢店 階段

 階段を上がると二階は和室のカフェスペースになっています。

カカオ サンパカ 金沢店 カフェスペース

 ここでは様々なスイーツドリンクだけでなく、ワインもいただけます。メニューをご覧ください。

カカオ サンパカ 金沢店 メニュー1
カカオ サンパカ 金沢店 メニュー2
カカオ サンパカ 金沢店 メニュー3
(クリックして拡大してご覧ください)

 その様なものを食べられるはずもなく、惣兵衛はジャラッツカカオ(500円)をいただくことにしました。

カカオ サンパカ 金沢店 ソフトクリーム

 気品あるか顔の香りと、濃厚なチョコレートの味。それでいて嫌味な甘さもなく、これは美味しいアイスクリームでした。食べてみて500円が高いとは思わなかったですね。

 にし茶屋街に行かれたら是非とも試してくださいね。


 つぎはもう一ひとつの主計町茶屋街にも行ってみたくなりました。



ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←茶屋の風情ある建物を使った、すばらしいチョコレートのカフェに、応援のポチッ!お願いします。

カカオ サンパカ 金沢店



関連ランキング:カフェ | 野町駅


[edit]

近江町市場の裏手にある日本三大銘菓の和菓子を購入 ~森八茶寮 近江 石川県金沢市 

 近江町市場で食事と買い物を終えたら、市場の裏手の駐車場に向かいます。すると見覚えのあるお店の看板がありました。

森八 外観

 有名な金沢森八さんですね。ここはカフェもあるようで森八茶寮 近江町というようです。

森八 店内

 とても広くてきれいなスペースに沢山のお菓子が並んでいましたが、ここからは撮影禁止ということでしたので、ご紹介できません。あしからず。奥にはカフェスペースもあったので時間があったら、抹茶と和菓子などいただきたかったですね。

 今回は購入のみ。当然選んだのはこのお店の代表邸な商品、長生殿(12枚入り 1,080円)です。

森八 長生殿

 この菓子は、越野雪山川あるいは鶏卵素麺とならんで日本三大銘菓といわれています。

 これは、前田利家の4男で、加賀藩の初代藩主となった利長の養子となって、三代藩主となった利常公の直筆の「長生殿」の筆を使った銘菓です。利常公は、大大名がゆえに江戸幕府に難癖をつけられるので、無能な当主を演じ、日々茶会を開いていたそうで、そのおかげで、この金沢に雅な文化が栄えたという人だそうです。その人物の深くかかわりのある、由緒あるお菓子なのです。

森八 長生殿

 いい感じですね。さっそくいただきます。

森八 長生殿

 これは美味しいですね。

 いわゆる落雁なのですが、他の落雁と同様に歯でパキッと折って口の中に入れるところまではいっしょなのですが、そこからはちょっと異なり、少し硬い中にもふわりとした歯ごたえと、すきっとした後味を残して口の中で溶けてしまいます。
 和三盆の甘みも香りも上品で、抹茶がほしくなりますね。

 金沢の落雁のお菓子といえば、あんこと一緒に楽しめる諸江屋さんも大好きです。さすが金沢と思いました。



ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←長い歴史を誇り、惜しい落雁や数々のお菓子を提供してくれる森八さんに、応援のポチッ!お願いします。

森八茶寮 近江町



関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 北鉄金沢駅


[edit]

まさかの1日2度目の訪問! 金沢の台所「近江市場」でランチ?をいただきました ~鮮彩えにし 石川県金沢市 

 ひがし茶屋街で散策して、お土産をたくさん語らお昼ご飯にしようということになりました。惣兵衛としてはこの辺りで・・・と思ったのですが、連れはどうしても近江町市場に行きたいというので、朝食でお邪魔したばかりですが、再度お邪魔することにしました。

 混雑が予想されたので、お目当てのお店に電話したのですが、予約は無理とのこと。まだ空いているので、すぐに来てくださいということでした。

近江市場 

 到着した時は12時少し前。すさまじい観光客で近江市場がにぎわっていました。朝の様子とは全く違いますよね。

近江市場 

 観光客の皆さんも生牡蠣や生うにに舌鼓を打っていらっしゃいましたね。

 お目当てのお店に行きましたが、すでに40分待ち。ほかのお店も行列ができていました。

近江市場 

 近江町市場には2階に食堂街があるのですが、ここも寿司屋はすでに満席でした。そこで2階に端っこにある

鮮彩えにしさんにお邪魔することにしました。

鮮彩えにし 外観

 ここは目立たない場所にあり、寿司屋でもないということで空き席もあってすぐに入れました。

鮮彩えにし メニュー1
鮮彩えにし メニュー2
鮮彩えにし メニュー3
鮮彩えにし メニュー4
鮮彩えにし メニュー5
(クリックして拡大してご覧ください)

 お寿司もあるし、どんぶりもあるし、いろいろと楽しめそうですね。

鮮彩えにし 生中

 まずは生ビール「(480円)をいただきます。お昼ですからほんの少しと思っていましたが、それですむはずがありませんね(汗)。

鮮彩えにし イカ黒作り

 まずは初体験の富山の名産であるイカの黒作り(430円)です。

 名前からして、刺し身にイカスミをかけただけかと思いましたが、イカスミを使ったイカの塩辛ですね。イカ墨の香ばしさが加わってとてもおいしいものでした。このあと、下の市場で購入してしまいました。

鮮彩えにし ホタルイカ沖漬け

 そして連れの頼んだホタルイカの沖漬け(430円)。おいおい。但馬でも食べれますがな・・・・。

鮮彩えにし 新鮮刺身6点盛り

 そしてやっぱり食べたい新鮮刺身6点盛り(1,600円)です。

 なかなか新鮮で美味しかったですよ。マグロ、ハマチ、キハダ、甘海老などですね。できればもう少し地魚で固めてほしかった気もします。

鮮彩えにし ホタテ醤油焼き

 ホタテの醤油焼き(2個 620円)です。ホタテガイといえば北海道、東北というイメージがありますが、ホタテガイの生息域の南限が能登半島だそうです。それならば名産といえますね。

鮮彩えにし ホタテ醤油焼き

 やきたてのほくほくでとてもおいしかったですよ。もう少し安ければ・・・と思ったりもします。

鮮彩えにし 本日の厳選にぎり

 そろそろ、飲んでばかりいないで食事にしようということで、本日の厳選握り(2,160円)です。
 マグロ、キハダ、ブリ、イカ、サバ、タイ、サーモン、しめ鯖、赤貝、バイガイ、うに、イクラの12貫盛ですね。この量であればまずまずの価格設定でしょうか。3人で仲良くいただくことにしました。

鮮彩えにし 本日の厳選にぎり はまち

 ネタもまずまず、シャリの握りは少し硬めですが充分楽しめました。

鮮彩えにし 能登牛のローストビーフ

 さらに能登牛ローストビーフ(1,080円)です。写真だと少し火が通りすぎているように見えますが、灯りの影響ですね。本当はもっと赤い感じです。
 調味料は醤油がだされていて、手前にからし、岩塩、ワサビが並んでいます。

鮮彩えにし 能登牛のローストビーフ

 一番気に入ったのがわさびです。玉ねぎをまいておいしくいただきました。


 惣兵衛はそろそろよかったのですが、本当は海鮮丼が頂きたかったので、ちょっと残念な思いをしておりました。ところが連れがもう少し食べたいということでミニ丼をシェアすることにしました。

鮮彩えにし ミニイクラ丼

 私たちが選んだのがミニイクラ丼(880円)です。量はそれほどでもないですが、サラダとみそ汁もついてならばいいのではないでしょうか。

鮮彩えにし ミニイクラ丼

 美味しくいただきました。

鮮彩えにし ミニネギトロ丼

 もう一人の友人はミニネギトロ丼(880円)を食べていましたね。1人でガッツリ行っていました。大丈夫かな・・・。


 空いていてありがたかったですね。専門店ではありませんが、いろいろ試せるのがいいと思います。この店の売りである、どんぶりを次はいただいてみたいと思います。

 しかし、近江町市場で食事をするならばお昼時間は外して、11時までか、遅めに行くのがいいと思います。



ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←混雑時にも空いていて、いろいろ試せるお店に、応援のポチッ!お願いします。

鮮彩えにし



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 北鉄金沢駅金沢駅


[edit]