04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

東北独自の文化を開いた奥州藤原氏の至宝 中尊寺を訪ねる ~中尊寺 岩手県平泉町 

みちのく弾丸ツアーは秋田新幹線 こまち に乗って岩手県へ。新幹線とはいえ、単線なので山の中で反対側の新幹線を待ったり微妙です。

こまち 

こまち 

ただ、盛岡駅で東北新幹線 はやぶさと連結するシーンはかっこいいです。

 岩手県ではついに念願かなって奥州藤原氏の至宝である、平泉にある中尊寺を生まれて初めて訪問することができました。

中尊寺 桜とモモ

 ここで奥州藤原家のことを簡単に復習しましょう。

 初代の藤原清衡は、前九年の役で父が負け方について子どものころに失いますが、母が勝利した清原家にめとられたために養子として処刑を逃れます。
 その後、後三年の役では、清原家の長男に対し謀反を起すも敗走。ところが長男が病死し、守護職の仲介で他の義理の兄弟と所領を分割所領するものの、一方の兄に攻められ敗走。守護職が清衡に同調し、これを排除し藤原三代の礎を築きます。ここで平泉を中心として街を整備し、中尊寺を建立しました。

 二代目の藤原基衡は世継ぎの長男に反乱を起こして藤原家を引き継ぎます。奥州守護と争い事を起す中で、都と守護との距離を縮め安定をもたらします。
 
 三代 藤原秀衡の代に藤原家は全盛期を迎えます。都は平家が全盛を迎えますが、都とのパイプを強くしながらも独自の発展を遂げます。このころ平家から逃れた源義経を迎えています。源頼朝が平家に反旗を翻した時に、気に入った義経を引き留めようとしますが、かなわず義経は頼朝に合流します。平家を滅ぼした頼朝は奥州藤原氏を狙い始めますが、なんとかこれを回避します。しかしながら謀反の疑いを受けた義経を保護することを決断し、その後に死去します。

 四代 藤原泰衡は頼朝の圧力に屈して、秀衡の遺言を守れず義経を攻め殺し、頼朝に異心ないことを示しますが、結局は頼朝の策にはまり奥州合戦により、鎌倉勢に攻められ、平泉が陥落、泰衡は裏切りにあい命を落とし、奥州藤原氏の権勢はここに潰えます。

中尊寺 中尊寺ハス

 花が咲き競うなかで、足元にはきれいな池があります。夏には蓮の花が咲き中尊寺ハスといわれています。

 これは四代 藤原泰衡の首桶の中にあったハスの種を現代になって発芽をこころみたところ成功し、800年の時間をこえて美しい花を咲かしているのです。仏の心を感じますね。

中尊寺 庫裡

 藤原氏の栄枯盛衰と、度重なる流血の歴史をいやすような、何とも美しい風景が心をいやしてくれています。

中尊寺 案内看板

 この場所からタクシーを離れて坂を上がり境内に向かいます。

中尊寺 境内

 ここからは境内の中心にいきなり入ります。しかしかなり広いですよ。

中尊寺 讃衡堂

 上がってすぐ左手に讃衡堂があります。中には各寺院に所蔵されていた国宝級の仏像や仏具、藤原3代それぞれの棺桶や副葬品、泰衡の首桶などの本物が展示されています。
 火事や劣化を防ぐためにこのようにされているようです。写真は禁止ですのでご紹介できませんが、圧倒的な美しさと迫力、時空を超えた緊張感を当地で感じてほしいと思います。

中尊寺 金色堂

 これが金色堂です。まわりは覆堂という建物で囲まれていますが、この中に金をふんだんに使った藤原氏の仏教世界観が表現されています。これには圧倒されました。
 ここももちろん写真撮影は禁止ですのであしからず。パンフレットの写真をご覧ください。

中尊寺 金色堂


 しばらく立ち尽くしてしまいました。

中尊寺 経堂

 金色堂に圧倒されながらも歩みを進めると経堂がありました。経堂といえども立派な建物です。

中尊寺 開山天満宮

 中尊寺の中には沢山の神社がありますが、その一つである開山天満宮です。根が形作る階段の参道が面白いです。

中尊寺 松尾芭蕉の銅像

 また歩みを進めると松尾芭蕉の歌碑がありました。松尾芭蕉がこの寺を訪れた時に、金色堂に立ち寄り、 「五月雨の降のこしてや光堂」という句を詠んだそうです。

中尊寺 旧覆堂

中尊寺 旧覆堂 内部

 こちらは旧覆堂です。現在の金色堂にかぶさっている覆堂の前に鎌倉幕府によって作られ、昭和40年に現在の場所に移設されるまでは500年も金色堂を守ってきたとのことです。

 ぐるりと回る道から境内に戻ってくるとお堂があります。

中尊寺 釈迦堂

 釈迦堂ですね。

中尊寺 白山神社参道

  そこから中尊寺の最深部に向かって長い道が続きます。

中尊寺 白山神社 

 そこにあるのが白山神社です。

中尊寺 白山神社 能舞台

 神社に向かう前には立派な能舞台がありました。周りは傾斜になっていて観客席になっています。昭和天皇がご覧になった場所には記念の植樹がありました。

中尊寺 白山神社

 奥の白山神社でお参りを済ませます。ここから平泉一帯を見渡せます。

中尊寺 白山神社 弁財天堂

 参道を戻って境内に帰ってくると池の中に浮かぶように立つ弁財天堂があります。

中尊寺 鐘堂

 そこから金色堂の前に帰ってきますが、そこから寺の出口に向かって下っていくと面白い形の鐘堂があります。

中尊寺 大日堂

 ずんずん下っていくとある大日堂

中尊寺 峯薬師堂

 こちらが峯薬師堂です。

中尊寺 不動堂

 そして不動堂

中尊寺 本堂

 そしてこちらが本堂です。実はこちらの本堂は明治時代に焼け落ちてしまったのですが、中に安置してあった本尊の仏像は京都に修復に出していて無事だったようです。本尊は国宝で先に紹介した讃衝堂に保存されていて、別の立派な仏像が本堂にはいらっしゃいました。

 このほかにも弁慶由来の場所などの建物があるのですが、時間の都合上ここでバスに戻りました。

 詳しくは中尊寺の公式HPをご覧ください。


 じつはこの平泉は中尊寺を中心とした沢山の歴史的遺構が点在していて、研究と復元が進みつつあります。また時をおいてゆっくりと廻ってみたいと思いました。



奥州の素晴らしい歴史をご覧ください!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←素晴らしい文化を育んだ奥州藤原氏と平泉に、応援クリックお願いします。励みになります!

[edit]

歴史薫る武家屋敷の街並みと枝垂桜、穏やかな流れと古木の桜が美しい秋田の名所 ~秋田県仙北市角館町 

ゴールデンウィークですね。みちのく旅行です。但馬は桜が散りましたが、東北は今がピーク。

 桜の時期に秋田に行ったらここに行きなさいといわれたので、いわれるがままに仙北市の角館町(かくのだてちょう)にお邪魔してきました。

角館の桜

 初めて角館に訪れたのですが、枝垂桜が歴史ある武家屋敷胃の並ぶ中で、花のナイアガラの滝のように咲き誇っている風景は感動的でした。

 久保田藩(秋田藩)は戦国時代に秋田氏から何度も支配者が変わります。猪苗代あたりの有力大名である蘆名氏(芦名氏)では後継者問題やお家騒動や内紛が重なり、常陸の国(今の茨城)の佐竹氏から養子を迎え領主とし、北の伊達氏と対峙していました。ところが関ヶ原の戦いにおいて、西軍の上杉軍と積極的な戦いを避けたために、徳川幕府により佐竹氏はこの地に転封されました。血縁の深い蘆名氏も1万余りの減封となって角館に移されたようです。

角館の桜

 蘆名氏が移り住んだ角館城の城下町は白の北側にあったのですが、狭いうえに水害や大規模な火災に見舞われ、現在の南に街を移し、街の真ん中に火除け地として東西に土塁を築き、北を武士の住む内町、南を町民が済む外町として整備したそうです。
 蘆名氏は結局世継ぎが産まれずお家断絶となり、佐武氏の分家がこの角館を治めたようですね。

角館の桜

 車が2台がすれ違っても歩行者もゆったり歩けるに十分な広さの道ですが、昔からこの通りであったかどうかは疑問です。しかし、広い道ですが両側から見事な枝垂桜が枝を垂れていて、空は広く感じないのがまたすごいですね。

角館の桜
(町の全体の概略図です。クリックして拡大してご覧ください)

角館の桜

 こちらは角館樺細工史料館です。この辺りでは樺の木の皮を用いた民芸用品が特産のようで、その資料が並んでいるようです。すでに5時を過ぎていたので見ることはできませんでしたが、門前の枝垂桜が見事です。

角館の桜

 空の青さと枝垂桜の美しさがとても素晴らしいコントラストを見せてくれました。

角館の桜

 こちらは周りの風景に溶け込んだような土産物屋さんです。こちらでも樺細工が売っていました。このほかにもカフェや物産売り場や当地の銘菓である秋田諸越の御店もたくさんありましたよ。

角館の桜

 武家屋敷のひとつを覗いてみます。こちらは青柳家です。

角館の桜

 茅葺の質素な建物ながら蘆名家の名門であった青柳家の屋敷の敷地は3千坪と広大です。

角館の桜

 もうすでに入館時間を過ぎていたので中には入れませんが、少しだけ見せてもらった内部の様子です。武具が表にあるのも武士の家らしいですね。

角館の桜

 角館にはたくさんのしだれ桜がありますが、そのうちの162本が国の天然記念物だそうです。とりたてこの北の橋にあるしだれ桜は見事ですね。

 もう一度南に歩いて武家屋敷を訪ねます。

角館の桜

 こちらは石黒家です。こちらは蘆名氏の後に入った佐竹氏の分家である佐竹北家の財務関係の有力武家で、現存する武家屋敷の中で最も家格の高い家のようです。

角館の桜

 簡素な造りがいいですね。しかもこの日は開館時間を延長しておられて、仲を見ることができました。

角館の桜

 玄関を入ると広めの土間があり、各部屋の中が見通せます。

角館の桜

 仏間の手前にある表の間には端午の節句を祝う、立派な節句の飾りが展示されていました。

角館の桜

 その右手には囲炉裏のある居間があります。家族でゆっくりと食事を楽しんだのでしょうか。

角館の桜

 その奥には書斎があります。当主が様々な業務をここで行ったに違いありません。歴史を振り返って当時をしのびます。

角館の桜

 もう一度土間に下りて、奥の建物につづく短い渡り通路を歩きます。そこには乳母車ならぬ乳母そり
 もしかしたら荷物を運んだかもしれませんが、車輪ではなくそりになっているのが当地の雪の深さを物語っていますね。子連れ狼も秋田ならそりだったのかな?

角館の桜

 隣りにはがありました。とても立派な装飾もされています。

角館の桜

 こちらは野菜を保管する地下収納庫です。このようなものは初めて見ました。

角館の桜

 その奥には石黒家の武具などを集めた資料館があります。

角館の桜

 刀のつばや当時の町割りの図面などもあり、見ごたえのある展示でした。

 石黒家を出て、さらに南に行くと小さな武家屋敷に出合えます。

角館の桜

 こちらは松本家です。番組、鉄砲組などの組の構成員である組下に属する武士の家だそうですが、とても

角館の桜

 夕暮れが近づいてきたので桜並木がきれいだといわれた桧木内川に向かいます。

角館の桜

 これは素晴らしい!!!

角館の桜

 約2キロの桜並木です。しかも昭和天皇がご誕生された時に記念に植えた桜を大事に育てて、ここまでに仕上げたそうです。見事としか言いようがないですね。何度か伐採の危機を迎えたそうですが、住民の皆さんの協力によりここまで残され、国の天然記念物にまでなったようです。

角館の桜

 この桜のトンネルもまた素晴らしい。市では桜を管理する部署を作って秋田の各地の桜を管理されているとか。驚くべきことですが、この角館だけでも年間80万人が訪れるといいますから、わかる気もします。

角館の桜

 角館を離れる前に川の対岸からも写真を撮りました。


 本当に素晴らしい場所ですね。しだれ桜と武家屋敷の風景。美しい川と両岸を埋め尽くすさくら。但馬にもこんな風景があればいいなと思いました。

 私が今回歩けたのは角館の半分くらいでしょうか。下町の町民街やのちに入ってきた佐竹氏の武士が入った田町を今度来た時にはお邪魔したいと思います。



秋田の皆さん、すばらしい桜の花をありがとうございました!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←桜を愛し、ここまで育まれてきた角館の皆さんに、応援クリックお願いします!

[edit]

岩手県のお土産といえばこれかな? ~南部鉄器と面白いお菓子 

  岩手県に行った時に買ったお土産を紹介します。

南部鉄器 香炉

 そうです。南部鉄器(2,052円)です。

 南部鉄器といえば湯を沸かす鉄瓶がお茶席などで使われていますが、かなり重たいし、日用品としてはメインテナンスもむずかしそうなので断念して、香炉を購入しました。

南部鉄器 香炉

 かっこいいでしょう? 焼き物の香炉と比べると割れないので安心ですね。

南部鉄器 香炉

 淡路島で購入した御香をたいて玄関でがんばってもらうことにしました。


 南部鉄器は平安時代に欧州で繁栄した奥州藤原氏の藤原清衡が近江から職人を招いて始まりました。岩手県には鋳物に使う良質の材料がたくさんあったので、栄華を極めた平泉で大いに用いられたようですね。
 その後は衰退しますが、盛岡藩により庇護され4家が受注を独占して再び栄えます。幕末には大砲を作ったりもしたようです。

 近代化が進みアルミなどの新素材に押されて衰退しますが、お茶の流行や、県として地場産として見直され、また注目されているようですね。

南部鉄器 風鈴

 もう一つかったのが仙台空港で発見した風鈴(1,080円)です。

南部鉄器 風鈴

 とても清らかな音がして、とても涼やかなのです。お勧めです。


 それから面白いお菓子もあったので購入しました。

ぶすのこぶ

 銘菓「ぶすのこぶ」 (8個入り 1,263円)です。

 なんという名前なんですかっ! と怒られそうですが、真面目な名前なのです。

 昔、このあたりのある場所の窪地に、ブシとよばれるアイヌ人たちがいたようです。そこに流れる川には小石がゴロゴロあって、そこにたくさんのカニが卵を産んで、まるで黄金のように見えたということです。ブシが「ぶす」になまり、窪地を当地で「コブ」とよぶために、そのあたりを「ぶすのこぶ」と呼んだそうです。
 お菓子の姿をそれに見立てて、商品名をつけたそうです。

ぶすのこぶ

 外側は香ばしく、中の餡はしっとりと甘くておいしいお菓子でした。私の大好きな出石の湖月堂さんの沢庵饅頭に似ていますね。お勧めです。


 もう一つが かもめの玉子 (12個 1,360円)です。

かもめの卵

 このちょっと渋めの包装紙に、動物の名前を冠した和菓子ということで、購入をかなりためらいましたが、買って正解でした。

かもめの卵

 あんこは和の黄身餡で、周りをマーガリンを含ませたカステラで包み、その周りをホワイトチョコレートが包む、和洋折衷のお菓子です。
 このお菓子屋さんは、港町大船渡にあり、湊にちなんだお土産を作りたいということで、この商品が産まれたようですね。


岩手には素晴らしいものがたくさんありますね!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←伝統の技を引き継ぐ南部鉄器と楽しいネーミングのお菓子に、応援クリックお願いします。励みになります!

[edit]

今回購入した仙台土産です 

 仙台名物といえば牛タンに、笹かまぼこ、ずんだ餅ですね。でも、牛タンは気に入ったお店のものは、そこのお店でしか買えないので今回はパス。蒲鉾は但馬の蒲鉾が抜群においしいし、ずんだ餅は正直・・・・。

 そこで購入したのがこちらです。

第3位 味よしラーメン(2色 648円)
仙台土産 味よしラーメン

 仙台にはこのブログでも触れましたが、ご当地ラーメンがありません。いろいろなラーメンがあります。仙台市の繁華街で人気のある「味よし」さんがお土産用のラーメンを販売されていたので購入してみました。
 こういうお店の名前が付いていて、ちゃんと御店が監修されたものがいいと思います。

仙台土産 味よしラーメン

 早速作ってみました。もちろん、チャーシューやメンマ、もやしなどのトッピングは別です。

仙台土産 味よしラーメン

 スープをいただいてみましたが、あっさりの醤油スープでおいしいものでした。意外と仙台のラーメンは全体にアッサリしていると思います。

仙台土産 味よしラーメン

 麺は本当に極細麺です。加水も多めですので、ほんとうに1分以内のゆで時間で充分だと思います。あっさりスープと相性がいいです。


第2位 かりんとう饅頭(10個 1,080円)
仙台土産 かりんとう饅頭

 三金というメーカーさんのお菓子です。かりんとう饅頭は全国にありますが、こちらの黒糖の味がなかなかおいしいですよ。

仙台土産 かりんとう饅頭

 とてもふんわりとした饅頭ですが、できれば表面がカリッとしていたら、もっとかりんとう饅頭って感じが出ていいと思うのですが、いかかでしょうか。


第1位 萩の月(10個入り 1850円)
仙台土産 萩の月

 仙台で最も有名なお菓子のお土産です。こちらも三金さんです。実はこの他にも伊達絵巻などの有名なお菓子もあり、こちらのメーカーが寡占状態です。

仙台土産 萩の月

 何とも言えないオリジナルのカスタードクリームと、ふわふわのスポンジが最高においしいですね。



 次に仙台を訪れるときにはそろそろ、地元の方の愛する老舗のお菓子屋さんを当たってみたいと思います。




次に仙台に行くのはいつかな?


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←もっとマイナーなお土産を紹介しろよと、突っ込みの応援クリックお願いします。励みになります!

[edit]

松島の島々を巡りながら塩釜まで船旅を楽しみました ~松島巡り観光船 宮城県松島町 

 さあ、ここまで来たのですから松島の絶景を海に出て楽しみたいものです!

松島巡り観光船 ふ頭

  これまで惣兵衛は何度か松島には来ていて、これで3度目です。松島を船で観光する松島巡り観光船はいくつかの会社があるのですが、協同組合方式で窓口は一本化されています。これまでの2回は松島一周周遊コースで、300名乗りの大型船と、12名乗りの小型船で巡りました。私のおすすめは12名の小型船です。松島はかなり遠浅で、大型船は竹で目印になったコース外に出ると座礁するので、大まかにしかまわれませんが、小型船はかなり島まで近づけるので楽しいのです。

松島巡り観光船 フェリー

 今回は最終便ということで、松島に帰るよりも仙台に帰る電車が多い塩釜に渡る、塩釜を渡ろうコース(大人1,500円)を利用することにしました。

松島巡り観光船 出発

 早速松島を離れます。このフェリーは松島周回コースよりも空いていて快適です。松島の美しい街が遠く離れて生野はちょっと寂しいですね。

松島巡り観光船 双子島

 松島には本当にたくさんの島が存在しているのですが、その中でも松の木も美しい双子島に先ずは出会えます。
 まるで盆栽のようですね。形が似ていることから左を鯨島、右を亀島と呼ぶようです。

松島巡り観光船 千貫島

 そして、何とも奇妙な島に出合います。これは千貫島というようです。伊達政宗が痛く気に行ったということで、「あの島を余の館に運ぶ者あらば、銭千貫を遣わす」と言ったことから千貫島と呼ばれています。

松島巡り観光船 鎧島

 松島にしては大きいほうに入る端正な島の前に奇妙な島があります。

松島巡り観光船 鎧島

 まるで波がしらのような形をしていますね。だけども、名前は鎧島です。このような奇岩がいくつもあります。

松島巡り観光船 鐘島

 沢山の洞門ができて虫食いになったように見える島が鐘島です。なぜだろうとおもったら、海があれて大きな波がくると洞門に波が当たって鐘のような音がするからだそうです。不思議ですね。

松島巡り観光船 仁王島

 また奇妙な島が現れましたが、これは仁王島だそうです。まるで煙草を加えた仁王様のように見えるからだそうです。わたしにはドナルドダックに見えるのですが・・・・。

松島巡り観光船 かもめ

 塩釜港に近づくとカモメが一羽近寄ってきました。そういえば、昔はたくさんのカモメが寄ってきた記憶があります。話を聞くと餌の販売をやめてからぐっと減ったようです。
 調べてみますと、餌をやることで大漁のカモメが集まり、糞害で沢山の松が枯れ、松島の美しい風景が壊れる恐れがあった空のようです。確かにかなりの松が立ちがれていましたが、ここでは松くい虫ではなくて糞害だったのですね。ふ~ん(汗)。

 いよいよ塩釜港です。宮城県の一大漁港であり、コンテナなど物流の拠点でもあります。美味しい寿司屋がたくさんあることでも有名ですね。

 ここには海の安全を守る海上保安庁の巡視船がたくさん係留していました。

DSC05984 (640x480)
松島巡り観光船 海上保安庁巡視船
松島巡り観光船 海上保安庁巡視船
松島巡り観光船 海上保安庁巡視船

 ヘリコプターが離発着できる大型の巡視船もありましたね。ご苦労様です。


 さて、寿司を食べたいという気持ちを抑えて、電車に乗り込み仙台に戻ります。仙台編はまた後日・・・。


つぎはゆっくり塩釜で握り寿司を食べたい!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←大津波に襲われながらも、美しい姿をとどめる松島に、応援クリックお願いします。励みになります!

[edit]