02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

但馬最大の塔にたどり着けず、日本最小の〇〇に ~名草神社と但馬妙見 日光院 養父市八鹿町 

 休日にふと思い立ってお邪魔したいと思った場所。それは、但馬でも随一の大きさと美しさを誇る三重塔がある名草神社さんです。

 冬季は除雪ができていないのでたぶん無理かなと思いながらもチャレンジしてみました。

 八鹿市街地にある八鹿高校の正門方面から谷に向かって走っていきます。だんだん寂れてきますが、途中で分岐点。そこからまっすぐ行けば林道で名草神社に行けるのですが間違いなく冬季閉鎖。右が妙見神社 登山道に向かう道なのでそちらを選びます。

 実はこの道こそ名草神社への道として昔からつかわれていた古道。現在でもこちらのほうが県道になっています。

名草神社への道 

 細い道で両脇に雪で覆われた道です。

名草神社への道 雪崩跡

 雪崩の跡もあってちょっとビビります。

 10分後くらいに開けた場所に出て、数件の小さな集落に到着します。

名草神社への道 雪に閉ざされた登山道

 名草神社 登山道入り口に到着しました。川沿いの道のようですがすっかり雪に覆われています。まあ、無理ですよね。夏になったら登ってみようかな。
 上れるわけもないので引き返して、林道を登って名草神社への道を進みます。

妙見地区

 石原という地区に到着します。ここの最上部に高野山真言宗 但馬妙見 日光院さんがあります。その門前町なのでしょうか。かなり大きな地区ですね。

日光院 遠景

 日光院さんが見えてきましたよ。ここから名草神社への道は閉ざされていると思われるので、今回は但馬一の三重塔の出会いはあきらめて春を待つことにしました。

日光院 外観

 とても立派な歴史あるお寺です。 車を停めて見上げるとえらいことになっていることに気が付きます。

日光院 塀が壊れてる

 年始の大雪によって境内の杉の木が倒れて塀を壊してしまっていました。

日光院 門

 両側に雪が迫る中、山門に向かいます。

日光院 動物用の柵

 動物対策で木製の柵がありました。

日光院 境内

 境内はさらにすさまじい雪に覆われていました。そして凛とした静寂の時間を味わうことができます。

日光院 境内左側

 境内の左側には但馬七福神毘沙門天さまがおわしますが、雪に阻まれてお参りできませんでした。

日光院 境内右側

 境内の右側には鐘楼があります。

日光院 庫裡

 その奥には立派な庫裡がありました。

日光院 拝殿

 両側の雪の壁の間を抜けながら拝殿に向かいました。
 
 ここでお寺なのになぜ本堂ではなくて拝殿? と思われると思います。境内の説明文を読むと妙見信仰の歴史にその理由があるようです。
 このお寺は日本三大妙見とされています。そもそも妙見信仰とはインドの仏教の菩薩信仰と中国の道教が習合して妙見菩薩となり、日本で神道とも習合して、人の生死に関わるもの、地鎮・鎮守としての功徳、五穀豊穣の神様とされたそうです。
 関東武士に武運を祈って支持されて、但馬でもこの妙見山は山名氏の戦勝祈願のために信仰され大事にされたそうです。

 ところが明治時代になって神仏分離令が出て明確にお寺とされたのでしょうか。実は惣兵衛の近くの地区も元々は妙見神社だったのですが、別の神様を祀っていることにして別の名前の神社として今の時代まで引き継がれています。

日光院 由来 日光院 由来2
(詳しくはこちらの由来の説明看板をご覧ください)

日光院 本殿

 拝殿でお賽銭をして蝋燭と線香をあげてお祈りを済ませた後に、少し後ろを覗いてみました。

 すると本当に素晴らしい本殿を見ることができました。彫刻が素晴らしいです。ここには妙見大菩薩様がおわします。

日光院 薬師堂

 拝殿の脇には渡り廊下でつながれた建物がありますが、こちらがお寺の本堂である薬師堂があります。

 すばらしいお寺ですね。参拝を終えて駐車場に戻ります。

日光院 妙見資料宝物館 

 そこには妙見資料宝物館がありました。看板を見ると・・・

日光院 妙見資料宝物館 

 但馬一の塔を見に来て日本一小さな博物館を見れたのですね。

日光院 妙見資料宝物館 内部

 内部は暗くてビビりましたが、入り口付近の電灯のスイッチを入れると少し明るくなります。

 内部には日光院さんの歴史とか、動物の剥製、発掘された化石などが展示されていました。

日光院 妙見資料宝物館 出雲大社と日光院

 そして、外の説明書を見てもらえばよくわかるのですが、名草神社の大きな三重塔はもともと出雲大社の塔だったというのです。すいません、惣兵衛は初めて知りました。恥ずかしい限りです。

 出雲大社の遷宮により大社の建て替え工事の際に、この妙見山から大きな杉が切り出されて用材として利用された縁から、取り壊す予定だった塔をこの妙見山に移築することになったそうです。
 すさまじい人手と資金がかかったことでしょうが信仰の深さが実現させたのでしょうね。凄いことです。


 このお寺にも三重塔にも雪解けを待ってまたゆっくりお邪魔したいと思います。



春が待ち遠しいですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←山深い山村で人々の信仰を集め、歴史を見守ったお寺に、応援クリックお願いします!


妙見山 地図

[edit]

但馬五社のついでに勝負運のための初詣 ~當勝神社 朝来市山東町 

 粟鹿神社で但馬五社参りをコンプリートした惣兵衛ですが、もう一つだけ参りたい神社があります。それは當勝神社(まさかつじんじゃ)さんです。名前が示す通り、勝負や商売の神様です。

當勝神社 鳥居

 粟鹿神社よりも少しさらに登ったところにある神社です。二つの大きな谷間の間に衝立のように盛り上がっている尾根の森の先端に鳥居が見えていて、それが参道の始まりになっています。

當勝神社 手水舎

 雰囲気のある森の中をジグザグに築かれた参道を登っていくと手水舎があります。ここで心と身を清めましょう。

 そこを少し登るとその先にはさらに神聖な場所があるのではと思わせるような隋身門があります。

當勝神社 隋身門

 この神社の参道は但馬でも有数の素晴らしい雰囲気を持っています。

當勝神社 隋身門の彫刻

 そしてこの神社の素晴らしさのひとつである、意匠を凝らした彫刻です。中井権次橘正次という著名な彫刻家の作品です。

當勝神社 境内と拝殿

 隋身門は絵馬堂、社務所と一体になっていて、その先には土俵が作れるくらいのちょっとした広間の境内があります。

 そして、屋根に守られた狛犬の先には石段があり、その石垣の上には拝殿と本殿などの社が密集して建てられています。

當勝神社 拝殿

 拝殿のつくりがまた素晴らしいのです。建物の個性と彫刻の美しさに息を飲みます。

當勝神社 拝殿の献上の品

 南但馬だけでなく、北但馬各地、さらには丹後や丹波からも商売人の方々からの献上の品々が並んでいます。それだけでなく、隋神門の前で一枚50円で売られていた油揚げも備えられていました。これは粟鹿神社でも見られました。稲荷信仰がこの辺りでは盛んだったのかもしれません。

當勝神社 境内社

 本殿へのお参りがすんだら左手の雰囲気のある境内社のお参りに向かいます。手前が當勝天神で、もともとの本殿で立派な作りになっています。学問の神様とされ、名まえから受験に勝ちそうですので、長男と次男の受験の成功を願って必死のお祈りをいたしました(笑)。

 奥は靖霊社です。戦いに散った英霊を祀る社です。心より感謝の祈りを捧げました。

當勝神社 逆杉社

 本殿に向かって右側に移動すると逆杉社が見えます。逆杉といえば鬼伝説もありますが、ここでは木の神様とされています。山深い場所ですので林業の神様だったのかな。

當勝神社 當勝神社稲荷大明神 参道

 さらにその先に行くと、本殿からさらに山の上に向かう鳥居が重なる参道が見えます。さっそく登ってみました。

當勝神社 當勝神社稲荷大明神 

 當勝神社稲荷大明神が鎮座しておわしました。


 ことしもこれで商売繁盛間違いなしです。子どもたちも受験に頑張ってほしいと思います。



商売繁盛、受験成功! 勝負に勝ちましょう!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←商売と学業の神様として広く信仰を集める神社に、応援クリックお願いします!

當勝神社 地図

[edit]

但馬五社参りを振り返る ~その5~ 粟鹿神社 朝来市山東町 

 さあ、但馬五社最後の神社になります。最も南に位置するのは山東町の粟鹿神社さんです。式内社 名神大 但馬國一宮 旧県社です。以前も紹介したことがありましたが、ブログを始めたころですので今回はもう少し詳細に。

粟鹿神社 門

 鳥居をくぐって参道を進むと二つの門が並びます。手前が勅使門で、奥が日の出門です。

 勅使門があるのがこの神社の特徴であり、独特の歴史を示しています。この門は天皇か勅使しかくぐれないのでいつも締まっています。
 これは九州に遠征していた天皇が戦死したのちに、その妻の神功皇后が天皇となり九州を平定、その後朝鮮半島にわたって新羅を征伐(三韓征伐)を行った時に功のあった粟鹿神社に勅使をたてた時に、神社が迎えるために作った門とされています。
 
 粟鹿神社は血気盛んな皇子の表米皇子を迎え、表米皇子が舞鶴に新羅の賊が大挙して押し寄せた際に征伐軍の大将を務めた時に援軍を送って(神話の中では念じたら海から大量のアワビが出てきたとされている)助けたとされるなど、6世紀までに活発に活躍したようです。
 
 また、粟鹿の名前も、泡を咥えた鹿が山から下りてきてこの地域の人たちに農耕をおしえたとされ、それが粟鹿神社の由来であり、この地の名前にもつながるという神話もあります。

 ただ、創建は不詳で、祭神は彦火々出見尊とも、四道将軍の一人である日子坐王とする説もあるそうです。

粟鹿神社 日の出門

 一般市民である惣兵衛は当然のごとく日の出門から境内に入ります。凄い行列です。

 この日の出門がまた面白いのです。

粟鹿神社 隋神像

 手前には一般的な神門と同じく隋神像がおかれていますが、境内のほうには・・・・

粟鹿神社 狛犬

 狛犬がにらみを利かしています。但馬ではあまり見ない形式ですね。

粟鹿神社 手水舎

 手水舎で身を清めますが、行列はこの先にはありません。参拝者に対して手水舎が小さいのでここで渋滞が発生していたのです。

粟鹿神社 境内

 境内は楕円形に広がり周りを神社が囲む形になっています。参道の正面に拝殿と本殿があるという形式をとっておられないのも興味深いですね。

粟鹿神社 猿田彦神社

 拝殿に向かうと、右手前に猿田彦神社があります。これは先導の神、導きの神とされています。本殿に向かう賛同の脇にあるのはそのためでしょうか。


粟鹿神社 拝殿

 いよいよ拝殿に向かって参拝を行います。勿論ここにも狛犬がいますが、拝殿には沢山のお酒が献上されていて、人々の信仰の篤さがうかがい知れます。

粟鹿神社 床浦神社と本殿

 拝殿の奥にある縁結びの神様である床浦神社から本殿を望みます。なかなか調和のとれた拝殿と本殿のシュルエットが印象的ですね。

粟鹿神社 茗荷神社

 境内の一番奥の少し下がったところにあるのが茗荷神社です。この神社があるために、粟鹿神社の紋の右半分が菊で、左半分が茗荷というデザインになっています。

粟鹿神社 稲荷社参道
 
 茗荷神社の左隣にはこんもりとした山があり、そこには石段が続き、朱色の鳥居が連なっています。さっそく登ってみました。

粟鹿神社 稲荷社

  想像の通り稲荷社がひっそりとたたずんでおわしました。

 さらに手前には池の中にある社があります。

粟鹿神社 厳島神社

 これは養父神社にもありましたが、厳島神社です。海神であり、女神様なのですが、この山間の地まで海運が盛んだったとは思えません。女性の神として信仰されたのでしょうか。

粟鹿神社 天満宮

 さらに手前には天満宮がありました。祀られているのは当然、菅原道真公ですね。学問の神様です。奥方と一緒に長男と次男の受験の成功を一心不乱に祈りました(笑)。がんばれよ~~~。

 手前にある砲弾と思われるものが何なのか気になるところです。


 久しぶりの参拝でしたが、自然の地形を上手く使った境内の様子はまるで庭の様でよかったですね。




もう一つ但馬に一の宮があってもいいですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←但馬の入り口に位置して但馬を守ってきた神社に、応援クリックお願いします!

粟鹿神社 地図

[edit]

但馬五社参りを振り返る ~その4~ 養父神社 養父市 

 出石を離れたら次は養父神社です。

養父神社 境内

 意外なことにここを詳しく紹介するのは初めてのようです。信仰を集める神社ですが、紅葉の名所としても有名です。神社はJRの線路に覆いかぶさるように位置していて、駐車場も狭く、道路も本当に狭いのです。予想はしていましたがかなりの渋滞に巻き込まれてしまいました。

 道路から境内に向かうには石段を登っていく必要があります。

養父神社 土俵と桟敷

 まず目に入るのが奉納相撲を行っていると思われる土俵と段々になった桟敷です。

養父神社 神門内

 境内に入ると神門の前から行列ができていました。

 こちらの神社の神門は面白いですね。表側ではなく、神社側のしかも内側に向き合って隋神像が対座されているのです。

養父神社 隋神像 矢大臣 養父神社 隋神像 右大臣

 左が矢大臣、右が右大臣ですね。

養父神社 狛犬

 狛犬の奥にもう一対の面白いお尻を上げた狛犬がおられます。

養父神社 拝殿から本殿

 20分ほどでお参りができました。

 養父神社は崇徳天皇の創祀とされ、但馬の三宮、式内社の名神大です。

 もともとは山頂に上社、山腹に中社、今の場所に下社がありましたが、ここにまとめられ、倉稲魂命・大己貴命・少彦名命・谿羽道主命・船帆足尼命の5座が祀られています。
 
 出石の天日槍命と養父神社の葦原志許乎命には次のような神話があります。

 二つの神が黒葛を3条ずつ投げて支配地を決めようとそれぞれ投げたところ、天日槍命の投げた黒葛は3つとも出石におちて出石を支配地として出石神社を創建し、葦原志許乎命の一条は豊岡市日高町上郷におちて気多神社が創建され、もう一つが当地に落ち、3つ目が宍粟郡におちて三條目というとこで三方という地名となり、御形(みかた)神社を創建し、それぞれの祀神となったそうです。

養父神社 本殿

 それからこの神社のお祭りに「お走りまつり」というお祭りがあり、当社から斎神社へ神輿が渡るのですが、これにも3つほどの神話があります。

神話1
 斎神社の神様が円山川の水を海に通りやすくするために瀬戸の山を切り開いて美田にしてくれたことに対し、但馬五社の代表として養父神社がお礼に伺うというもの。ただ、出石神社も小田井懸神社もこの事業を行ったという神話があります。

神話2
 神功天皇が朝鮮半島から帰国した時に、無事のお祝いの品を功のあった神社に送ることになりましたが、斎神社が受けることとになり、養父神社が持っていくことになっているという話。

神話3
 男女の神様のデートという説。

 面白いものですね。
 
 さて、参拝を終えたら境内の左側にある境内社にもお参りしましょう。

養父神社 御霊神社

 奥から御霊神社さんです。夫婦和合の神様で、この建物は元の本殿で室町時代の建立です。


養父神社 五社神社

 こちらは五社神社。但馬五社と しても、また広く本邦の国の守り 神として祀られています。


養父神社 琴平神社

 一番手前が琴平神社です。四国の金毘羅さんと同じ神様で、円山川では水運が盛んであったことから、海運、水運また水産業繁 栄の守りの神をお祭りしたようですね。


 本殿の奥にさらに境内社が連なっています。

養父神社 迦遅屋神社

 迦遅屋神社です。ここには奧津彦命、奧津姫命、猿田彦命の他に南但馬にゆかりの深い表米親王が祀られています。鼠よけと火よけの神様としてまつられています。


養父神社 厳島神社

 厳島神社です。

 海神であることから池の上に鎮座しておわします。女神であり、女性の神様で、池には鯉が放たれ恋と長寿にご利益があるといわれます。


養父神社 山野口神社 

 最も奥にあるのが山野口神社です。流行病や「つきもの」を落とされる神様です。

養父神社 山野口神社


 彫刻が素晴らしい社です。


養父神社 社務所

 境内中心に戻って、谷を渡る赤い橋の向こうに社務所があります。巫女さんもいらっしゃって賑やかでしたよ。


 商売の神様がおわさないと思っていたら・・・・

養父神社 稲荷神社

 社務所の敷地内に小さな稲荷神社がありました。


 好きな神社のひとつですが、車の渋滞には閉口しました。来年は対策が必要ですね。



紅葉がなくてもいい神社だ!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←養父一帯を見守ってきた神社に、応援クリックお願いします!

養父神社 地図

[edit]

但馬五社参りを振り返る ~その3~ 出石神社 

 すいません。お正月の引っ張り記事です。お許しくださいね。

 但馬五社参りの折り返しになる3社目は但馬一の宮出石神社です。式内社 但馬國出石郡 並名神大 旧國幣中社 但馬國一宮という位置づけです。

 この神社についてはすでに何度も詳細に説明しているので細かいことは省略しますね。

出石神社 鳥居前から行列

 さすがに但馬の一宮ということもあってすさまじい人出でした。駐車場に入るのにも20分でしたが、鳥居の外まで参拝者の行列が続いています。惣兵衛も並びましたが、どんどん行列が伸びていくのが解りました。

出石神社 神門前の行列

 30分かかってようやく手水場まで到着。神門までまだまだです。

出石神社 酉年の絵馬

 今年は酉年ということで、立派な鳥の絵の描かれた絵馬がかかっていましたよ。

出石神社 行列を振り返る

 一段高い神門にたどり着いて振り返ってみると凄い行列が・・・・・。もう少し遅かったらさらに大変でしたね(汗)。

出石神社 もうすぐ拝殿

 拝殿の前にようやくたどり着きました。古いお札を収めましたが、新しいお札をいただくにも、参拝してからさらに社務所まで行列に並ばなければなりません。今回は参拝のみにして、お札は改めてお邪魔することにします。

出石神社 参拝

 ようやく参拝も終えました。しかし、さすが出石神社ですね。拝殿も立派なものですが、本殿も大きなものです。


 これまでの2社と、これから紹介する2社を比べて、最も多い参拝客でした。情報によると年が変わってすぐと、お昼前後が最も混雑している感じですね。来年からは作戦を立て直してみたいと思います。


 やはり、一宮でしっかりと初詣をしたいものです。



にぎやかな初詣もいいものですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←但馬の国を見守ってきた神社に、応援クリックお願いします!

出石神社 地図


[edit]