fc2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

若くてクリエイティブな人たちが集まるエリアにある素敵なイタリアンレストラン ~Wine and Kirchen S 豊岡市 

 妻と一緒に鞄ストリートにお邪魔してきました。長らくお世話になっていた洋服店が閉店になったからです。残念で仕方がありません。
 ご挨拶にお邪魔する前に、ランチを頂くことにしました。

とど兵

 古い老舗料亭を若者が購入したことがきっかけで、楽しい人たちが集まってきているとど兵です。アーティストのペインティングもかっこいいですね。

Wine and Kichen S 外観

 門前の建物の左側が仕掛け人の経営しているコーヒースタンド todo bien coffeeですが、その反対側にあるのが今回の目的のお店 Wine and Kichen S です。

 開店してすぐにお邪魔したかったのですが、予約で入れなくてずっとお預け状態でした。妻はママ友とディナーにお邪魔したことがあるようですが、惣兵衛は今回ようやく初めてお邪魔できました。

Wine and Kichen S テーブル

 店内はイタリアンレストランというより、小さなカフェ的な雰囲気です。若い人たちにはすごくなじみやすいと思います。そして、マスターの軽妙な会話が面白い。笑顔で店は溢れます。

Wine and Kichen S テーブルセット

 テーブルセットをしていただきます。

Wine and Kichen S お水

 冷たく冷やされたおいしいお水をボトルでご提供いただきました。暑い日だったのでありがたかったです。

Wine and Kichen S メニュー

 ランチメニューです。シンプルな前妻とスープを頂くのか、パスタをそれに加えるのか、さらにメインとデザートも加えるのかで3つのコースに分かれます。

Wine and Kichen S お品書き

 その日のパスタやメイン料理が詳しくカウンターの上に示されていてとても分かりやすいです。

 今回は夫婦でランチコース(2,900円)をAとBの両方のパスタをシェアすることにしてお願いしました。

Wine and Kichen S ランチコース 前菜 

 まずは前菜のミストです。黒い岩をカットしたような素敵な器においしいそうなお料理がきれいに並んでいます。

 左からライスコロッケ、フリッタータ。奥は左から野菜のマリネ、豆の煮もの、鶏ハムです。

Wine and Kichen S ランチコース 前菜 豆

 こちらは大豆とハムと小松菜和えです。無農薬野菜を栽培されているナカツカサファームさんの大豆を煮込んで、つぶしたウィーンナーと小松菜をすりつぶしたものを和えてたものです。

Wine and Kichen S ランチコース 前菜 鶏ハム

 こちらは鶏ハムです。ルッコラの花を添えていただきます。ルッコラの花の香りっていい感じですね。初めていただきました。

Wine and Kichen S ランチコース 前菜 ライスコロッケ

 こちらはライスコロッケです。なんとご飯には香住ガニ甘エビを練ったものが入っています。頂くと海の香りが最高でした。

Wine and Kichen S ランチコース フォカッチャ 

 こちらは自家製フォカッチャです。小麦は先ほどご紹介したナカツカサファームの小麦と北海道小麦のブレンドになっています。安心安全で地元の食材にこだわっておられるのが素晴らしいです。

Wine and Kichen S ランチコース フォカッチャ いただきます

 フォカッチャにはローズマリーが差し込んであり面白いです。エキストラバージンオリーブオイルロゼのワインビネガーのソースでいただきました。表面はカリカリで中身はもっちり。香りがよくていいですね。こうしていただくときには、時折オイルに塩が入れられていることがありますが、これで十分です。

 ここでパスタの登場です。

 パスタは2種類設定があります。夫婦で両方お願いして、シェアすることにしました。マスターもちゃんと取り皿を提供してくださいました。

Wine and Kichen S ランチコース オイルパスタ 

 こちらが友人の釣った鯵と有機水菜のオイルパスタです。

 ネーミングもキュートです。

Wine and Kichen S ランチコース オイルパスタ いただきます

 早速いただきました。

 麺は豊岡市有名な中華そばを製造されている劉製麺所の生パスタです。断面が楕円形のリングイーネですね。

 面白いのは鯵をフレーク的にシンプルに使うのではなく、炒めながらそぼろ状にされています。ですので、カリカリの食感が振りかけられた 、同じくカリカリにされたパン粉と合わせて面白かったです。その真逆の食感の水菜のシャキシャキもいいですね。
 ベースの味は鯛の頭とアラからとったスープ。さりげないうまみがいいと思います。

Wine and Kichen S ランチコース クリームパスタ 

 もう一方はサルシッチャとスティックセニョールのクリームパスタです。

 サルシッチャとは、調べてみると腸を皮として使わないウィンナー。ミンチをつぶし、固めた感じに見えます。そして、スティックセニョールとは茎ブロッコリー。見た目は菜の花みたいです。

Wine and Kichen S ランチコース クリームパスタ 

 クリームパスタですが、とてもさっぱりといただけました。いいですね~。

Wine and Kichen S ランチコース メイン

 パスタを頂いたら本日のメインです。但馬鶏のグリル 朝倉山椒です。

 但馬産の鶏もも肉朝倉山椒とオリーブオイルでマリネしたものを、グリルで焼いたそうです。焼いたときに出た肉汁と脂でキャベツをソテーしたものを添えたようです。

Wine and Kichen S ランチコース メイン チキンソテー

 鶏もも肉の皮はパリパリで、お肉はしっとりです。朝倉山椒の風味がふわっとかおります。

Wine and Kichen S ランチコース メイン いただきます

 キャベツは焦げ目が付けられていて香ばしいだけでなく、鶏肉の脂を含んでうまみとしっとりさがあって最高です。

Wine and Kichen S ランチコース デザートとドリンク

 デザートは苺のパンナコッタと、イタリア料理であれば飲みたいエスプレッソですね。

Wine and Kichen S ランチコース パンナコッタ いただきます

 パンナコッタはクリームチーズのようなもっちりした食感です。それもそのはず、最近のパンナコッタはゼラチンを使ってゼリーのようなプリンプリンなかんじなのですが、シェフは12世紀のパンナコッタの基本を再現されて、卵白で作られたそうなのです。
 これ美味しいです。最近のパンナコッタは杏仁豆腐みたいですから、こんな濃厚なパンナコッタを頂いたの初めてですが、めちゃ気に入りましたよ。


 次は夜のディナーでワインを頂きたいですね。



ご馳走様でした。またお邪魔します




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡市情報へ
にほんブログ村   ←豊岡の地元の食材や無農薬の食材を素敵な料理にしていただき、おいしいイタリアンレストランに応援ポチッ!お願いします!


Wine and Kichen S



関連ランキング:イタリアン | 豊岡駅


タグ: 豊岡市 

[edit]

豊岡市街地の素敵なイタリアンレストランでパーティーを楽しみました ~シュー・ド・パラディ 豊岡市 

 とある仲間とのパーティーを行うことになりました。会場は豊岡市街地のど真ん中にあるイタリアンレストラン シュー・ド・パラディです。

シュー・ド・パラディ 外観

 正面の通路を入って左側に入り口の扉があります。

シュー・ド・パラディ 店内

 ちょっと薄暗くていい雰囲気のレストランです。

シュー・ド・パラディ テーブル

 食器とグラスのセットがなされていました。どんなお料理が出てくるのか楽しみです。

シュー・ド・パラディ 食べ放題メニュー

 詳しいメニューは前回ランチを頂いたときの記事をご覧ください。今回は幹事から教えてもらった会費は食べ物だけで5,000円でしたので、おそらくお任せコースだったのだと思います。

 イカの写真は基本的に3人前の盛り付けですので参考まで。

シュー・ド・パラディ 前菜

 まずは前菜からです。とてもキレイですね~。ハム、マカロニサラダ、赤かぶら、カマンベールチーズ、シェルのバジルと人参のパテ包み、鴨のロースト、エシャロットのスライス、そして真ん中にはトマトとスライスチーズのサラダになっています。

 どれもとてもおいしいものでした。

シュー・ド・パラディ ワイン

 もちろんお酒は赤ワインです。

シュー・ド・パラディ ハマチのカルパッチョ

 続いて出されたのがハマチのカルパッチョです。カルパッチョは大好きです。できればハマチをもう少し薄く切ってくださればもっと最高になったと思います。

シュー・ド・パラディ 砂肝のニンニクソテー

 そして今回、意外だったのがこちら。砂肝のガーリックソテーです。調べてみると砂肝もイタリアンでこうしてソテーされて出されるみたいですね。勉強不足でした。

シュー・ド・パラディ 生ビール

 このラインナップだったらとお願いしたのが生ビールです。砂肝ならこちらかな(笑)。

シュー・ド・パラディ ホットサンド

 続いて変化球です。イタリアンポテトのホットサンドです。中身はしっとり、パンはカリッと焼かれていい感じでした。なんとなく、まだ前菜が続いている感じですね。

シュー・ド・パラディ 白身魚ときのこのソテー

 白身魚のポワレ きのこのソテーとクリームソース添えです。カリカリに揚げられたれんこんの食感も楽しかったです。

シュー・ド・パラディ 海老のアヒージョ

 これは小海老のアヒージョです。アヒージョも大好きです。私の得意なのは貝やイカ、タコなどが入った魚介のアヒージョです。久しぶりに作ってみようかな。

シュー・ド・パラディ 牛肉のステーキ

 メイン料理が登場です。牛肉のステーキですね。蕪、ピーマン、カリッコリーが上に載せられ、ごぼうの揚げたものがトッピングされています。野菜もたくさん採れてうれしい限りです。

シュー・ド・パラディ 鶏レバーペースト

 ここで登場したのがレバーペーストですね。バケットにのせていただくとおいしいやつです。

シュー・ド・パラディ チキンレッグ

 そしてもう一つのメインを飾るのがチキンレッグです。塩コショウなどでシンプルに焼かれていて、ジャガイモと一緒にいただきます。どちらかというとイタリア料理というよりイギリス料理的な一品ですね。

シュー・ド・パラディ オムライス

 そして最後を飾ったのはシューパラ自慢のふわトロオムライスです。ナイフをすっと入れるとオムレツが割れて、トロトロの中身が表面に出てチキンライスに覆いかぶさります。


 お酒もたくさんいただきましたが、たくさんの種類の料理を頂き大満足でした。次は、ゆったりと夫婦でお邪魔したいと思います。



御馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←落ち着いていただける人気のイタリア料理店に応援クリックお願いします。励みになります!

Choux de Paradies




関連ランキング:イタリアン | 豊岡駅


タグ: 豊岡市 

[edit]

若い夫婦で頑張る霞漁港近くのイタリアン系グリルレストラン ~Grilikitchen TEEDA 香美町香住 

 なんとなく香住でうまい海鮮料理を頂きたくなり、夫婦でドライブがてら出かけました。ところが、目当てのお店やいつもお世話になっているお店は大行列か、ネタがもう切れる感じになっていて断念しました。

 そこでお邪魔したのがGrilikitchen TEEDA(グリルキッチン ティーダ)です。

ティーダ 外観

 香住海岸からも香住駅前からもすぐ近くの交差点の角地にあるお店です。車は店先に3台ほど駐車できます。

ティーダ ランチの案内

 店先にはランチ営業のメニューがあります。実はコロナが初期に感染拡大したころに香住に来た時、どの店も営業してなくて、このお店のテイクアウトのパスタとピザを頂いたことがあります。
 とてもおいしかったので、いつかお邪魔したいと思っていました。

ティーダ 店内

 店内はこんな感じです。バー的な感じですね。足元はコンクリートの打ちっぱなしです。

 テーブルに案内いただき、早速メニューを拝見します。

ティーダ メニュー1

 ランチをお願いしたら、持ってきていただいたメニューは上のメニューです。以下は夜のメニューかな。

ティーダ メニュー2

ティーダ メニュー3

ティーダ メニュー4 ティーダ メニュー5
(クリックして拡大してご覧ください)

 ランチはどれも1,000円を超えてくるのですね。でも、メイン料理しか書いていないのでわかりづらいかな。スープやライスがついているかどうかなどの説明が欲しいですね。

 夜は地元の若者が集まる居酒屋的になっている感じですね。楽しいメニューです。

 そんな中、お願いしたのがこちらです。

ティーダ 日替りお魚ランチ 

 日替りお魚ランチ(1,500円)です。すごいお料理の数々です。びっくりしました。

ティーダ 日替りお魚ランチ ご飯

 ご飯は大きめの器に軽く盛られていますが、普通のお茶碗一杯分くらいはあります。でも、明らかにご飯とおかずの量のバランスはとれていませんね。まあ、その分ご飯を多くされると食べられない方も出てくるでしょう。おいしいご飯でしたし、量はこれでいいと思います。

ティーダ 日替りお魚ランチ 味噌汁

 こちらが味噌汁です。あっさりとした味噌汁で、具材はネギかな。

ティーダ 日替りお魚ランチ 添え物

 長方形のお皿に盛られたのが前菜的な添え物です。左からたくあん、鶏皮とピーマンの炒め煮、ワサビの粕漬です。

ティーダ 日替りお魚ランチ 鶏皮肉とピーマンの炒め煮

 この鶏皮ですが、柔らかくておいしいものでした。酒のつまみになりますね。

ティーダ 日替りお魚ランチ ワサビの粕漬

 ワサビの粕漬もおいしいのでご飯がいくらでも進みます。

ティーダ 日替りお魚ランチ アジフライと出汁巻き

 この定食には2つのメインがありますが、一つがこちらです。アジフライポテトフライ、アジフライの下に隠れているのがでっかい出汁巻きです。

 出汁巻きの上にフライ物が載せられているのは初めて見ました。

ティーダ 日替りお魚ランチ 出汁巻き いただきます

 まずは大好物の出汁巻きを頂きます。これは素晴らしい出汁巻きでした。卵の中にしっかりと上品なだし汁がタプタプに含まれています。しかも、しっかりと1本あったので、出汁巻き大好き成人の惣兵衛は大満足です。

ティーダ 日替りお魚ランチ アジフライ いただきます

 アジフライに小さな器に盛られたウスターソースをかけていただきます。なんと驚いたことにチーズと一緒にあげられていました。おいしいフライでした。

ティーダ 日替りお魚ランチ ポテト いただきます

 こちらはフライドポテトだと思います。でも、なんか違う気がするのですが何でしょう。チーズの味がするようなしないような・・・。

 このお皿での問題はやはり出汁巻き卵とフライの共存ですね。ウスターソースをフライにかけたら、どうしても出汁巻きにもウスターがかかってしまいます。これは分けるべきだと思います。

ティーダ 日替りお魚ランチ 干物
 
 もう一つのメインが干物です。

ティーダ 日替りお魚ランチ ハタハタ

 ハタハタの一夜干しが2つでした。脂がのっていておいしかったです。

ティーダ 日替りお魚ランチ カレイ

 カレイの一夜干しもいい感じでしたね。裏側が少ししっとりしていたので、下からのグリルもお願いしたいかな。


 妻は期間限定のこちらをお願いしていました。

ティーダ 香住カニボナーラ  

 香住カニボナーラ(1,950円)です。これは、インスタ映えしますし、観光客にもうけると思います。
 地元のベニズワイガニである香住カニを使ったパスタですね。

 ただ、写真の上に映っている添え物は要らないですね。パスタにたくあんや鶏皮やワサビの粕漬は合わないです。サラダが良いと思います。できれば海鮮サラダですね。

ティーダ 香住カニボナーラ  スープ

 スープはあっさりとした味なのですが、入れられている香草はバジルだとおもうのですが、よい香りでいい感じです。

ティーダ 香住カニボナーラ  パン

 パンもおいしかったですよ。

ティーダ 香住カニボナーラ  アップ

 さあ、メインを頂きましょう。

ティーダ 香住カニボナーラ  焼きガニ

 香住カニの焼きガニ3本載せられています。おいしかったですが、ちょっと焼きが強かった感じです。バーナーであぶるくらいにして、しっとりとしていたらよりよいかと思います。

ティーダ 香住カニボナーラ  オープン

 カニの甲羅がかっこいいのですが、パスタを頂くのには邪魔なのでどけました。すると下にはどっさりとカニ身が詰められていて、カニの山もり状態になりました。
 これはすごいです。飾りにおいてあると思ったのでびっくりしました。これはカニ1杯分くらいありそうですね。

ティーダ 香住カニボナーラ  いただきます

 早速いただきましたが、これはめちゃくちゃおいしいです。パスタは生パスタ。もちもちしていて気に入りました。ソースも生クリームとチーズとカニ身が最高の競演をしてくれています。

 これは正解でしたね。納得の一皿でした。


 このお店のメニューを見て感じたことは、メニューを見て料理の内容がわかりづらいのと、観光客向けなのか地元客向けなのかよくわからないところです。高い値段設定だと地元の人の普段使いにはどうかとおもいますし、干物などもまあ、普通に食べていますから地元の人には受けないだろうし。
 ただ、観光客狙いだと、今回の香住カニのパスタのようなインパクトが欲しいですね。

 できれば地元客狙いの、おいしい乾燥パスタでもいいのでおいしい単品のスパゲティやピザ、それにミニコースみたいなものがあり、今回のカニの生パスタ的なインパクトのある品ぞろえも、ちょっと贅沢な時や観光客用の料理としていくつか準備するみたいな感じがいいと思います。

 生パスタがすごく気に入ったので、またほかのメニューも試してみたいですね。グリル系のメニューも気になるところです。




ご馳走様でした。またお邪魔します




にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←香住という漁業の街でイタリアンに取り組む素敵な若いご夫婦への応援クリックお願いします。励みになります!

GrillKitchenTEEDA



関連ランキング:イタリアン | 香住駅




タグ: 香美町香住 

[edit]

情緒豊かな城崎温泉になじんでいるイタリアンレストラン ~城崎町家 地ビールレストラン グビガブ 城崎温泉 

 今日から国の「全国旅行支援」が始まり、観光宿泊者の割引と商品券の配布などが始まります。コロナの感染が少し落ち着いてきましたので、観光地が元気になることを祈っています。
 
 これからの城崎プチ旅行はコロナの第7波のピークのころの話です。父が病院ですこし泊まり込みで検査になったために、コロナで苦しむ城崎温泉に1泊しようと、急遽出かけることにしました。

閑散とした城崎温泉街

 美しい街ですが、週末こそにぎわいますが、平日はまだまだでした。
 決定が午後だったので、ホテルの食事は間に合わず、外でいただくことにしました。

グビガブ 外観

 今は改善されているでしょうが、この時の城崎温泉街は観光客が少なく、食事処は臨時営業か食材を無駄にしないように予約のみの対応でした。はじめは久しぶりの居酒屋さんに行こうと思ったのですが断念。
 そこでお気に入りのイタリアンレストラン 城崎町家 地ビールレストラン グビガブにお邪魔することにしました。

グビガブ カウンター

 お店の方が笑顔で迎えてくださいました。

グビガブ 店内

 この通り、イタリアンレストランでありながら、歴史ある城崎温泉に来たって感じがすごくするいい雰囲気の店内です。快適なテーブルに座ってメニューを拝見します。

グビガブ メニュー1 グビガブ メニュー2

グビガブ メニュー3 グビガブ メニュー4

グビガブ メニュー5 グビガブ メニュー6

グビガブ メニュー7 グビガブ メニュー8
(クリックして拡大してご覧ください)

 見やすいメニューですね。

 まずはこちらですね。

グビガブ 生ビール グラスとジョッキ

 城崎地ビール ピルスナーを私はジョッキ(810円)で、妻がグラスでいただきました。

 そしてつまみが登場です。

グビガブ 海老とホタテのサラダ 

 海老と帆立のサラダ ジェノベーゼ(1,100円)です。きれいなサラダですね。

 湯がいたエビホタテサニーレタス、グリーンリーフ、プチトマト、キュウリ、玉ねぎ、パブリカが色鮮やかに盛り付けられています。

グビガブ 海老とホタテのサラダ いただきます

 バジルの香りが素晴らしいジェノベーゼドレッシングが新鮮な野菜と海の幸を盛り上げてくれました。

グビガブ 但馬牛のたたき風 

 こちらは但馬牛のたたき風(1,320円)です。

グビガブ 但馬牛のたたき風 いただきます

 なるほど、「たたき風」と命名された意味が分かりました。基本は但馬牛のローストビーフなのですが、漬け汁を使うのではなく、ポン酢系のさっぱりしたソースでいただくからですね。

 さすが、但馬牛。香りもよいし、柔らかいです。しかも、お肉の味がしっかりしていますね。おいしかったです。

グビガブ 自家燻製ベーコンステーキ 

 次は自家燻製ベーコンステーキ(700円)です。写真よりちょっとボリューム感はないけれど、分厚いベーコンがおいしそうです。

グビガブ 自家燻製ベーコンステーキ いただきます

 さすが、おいしいです。ベーコンはカリカリに表面は焼かれていますが、中身はジューシー。ビールが進みますね。

グビガブ 日本海産甘えびのから揚げ 

 こちらは日本海産甘えびのから揚げ(610円)です。

グビガブ 日本海産甘えびのから揚げ いただきます

 さすがグビガブさん。ただのから揚げではなく、いろいろなスパイスが入っていていい感じでした。

グビガブ ピルスナーとハーフアンドハーフ

 惣兵衛はピルスナーのグラス(610円)を追加し、妻はかっこよくハーフ&ハーフのグラス(610円)を追加していただきました。

グビガブ 自家燻製ナッツ

 もっといただいてもよかったのですが、お店をはしごしたかったので、軽めに自家燻製ナッツ(440円)を頂きました。

 桜のチップの香りが香ばしいナッツでした。


 大変おいしく快適に過ごさせていただきました。お店の方にはコロナに負けずに頑張ってほしいものです。




ご馳走様でした。またお邪魔します!



にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←城崎の魅力の一つになった町家のイタリアンレストランに、応援クリックお願いします。

gubigabu



関連ランキング:ビアホール・ビアレストラン | 城崎温泉駅


タグ: 豊岡市城崎 

[edit]

神鍋高原による前にぜひとも食べていただきたい本格石窯焼ナポリピザ ~ピッツァリア・オイシーノ 日高町 

 先週末に妻と一緒に村岡方面に向かうことにしました。神鍋高原声で向かったのですが、途中でお昼ご飯を頂くことにしました。そこでお邪魔したのがピッツァリア オイシーノです。

オイシーノ 外観

 久々の訪問です。週末だけの営業ですが、いつもにぎわっているお店です。

オイシーノ メニュー1

 本格的なピザのメニューがずらりとかわいらしく飾ってあります。

オイシーノ メニュー2

 ドリンクなどのサイドメニューは黒板をどうぞ。夏になるとジェラートもおいしいのです。

オイシーノ 日替わりメニュー

 日替わりのピザもあります。これもいいな~。

オイシーノ 石窯

 ピザはこちらのマスター手製の耐熱煉瓦で作った石窯で焼かれます。注文を聞いてからピザ生地を伸ばし、ソースをぬって、具材をトッピング、チーズとオリーブオイルを振りかけると、この石窯で一気に焼かれます。

オイシーノ 店内

 テイクアウトでいただくことが多いのですが、今回は店内でいただきます。屋内には2つのテーブルがあります。開放的で快適です。もう少し暖かくなると外にテラス席が設けられるので、そちらもおすすめです。

オイシーノ テーブル席

 惣兵衛夫婦はこちらの席に座ることにしました。しばらくしてピザが登場します。

オイシーノ エビとアボガドのPizza

 焼きたてアツアツのおいしいナポリピザです。

オイシーノ エビとアボガドのPizza 道具

 こちらのお店ではピザのカットはセルフです。家族構成によって大きなカットをしたり、子どもには小さめに切ったり楽しいですね。

オイシーノ エビとアボガドのPizza ペプシ

 惣兵衛のドリンクはペプシ ゼロ(120円)です。久しぶりに頂きましたが、これもおいしいですね。本当はワインかビールの方がよいのでしょうが、午後からの用事に差し支えますので、こちらで楽しみました。

オイシーノ エビとアボガドのPizza ホットコーヒー

 妻はHOT COFFEE(200円)です。安いですね。でも本格的なすっきりした味わいのコーヒーでした。

 さあ、メインのピザをいただきましょう。

オイシーノ エビとアボガドのPizza アップ

 今回は日替わりのエビとアボガドのPizza (1,800円)です。

 これはおいしそうです。ピザは薄めの生地のナポリピザ。ローマのピザは集めで、周りのどての部分もボリュームがありますね。
 そこに海老とアボガドとプチトマトが色鮮やかにトッピングされています。

オイシーノ エビとアボガドのPizza カット

 そして楽しく8等分にカットします。けんかにならないように正確に(笑)。

オイシーノ エビとアボガドのPizza リフト

 ピザを持ち上げるとたっぷりのチーズが糸を引きます。うまそうです。

オイシーノ エビとアボガドのPizza いただきます

 いただきましたが、たまらない美味しさです。エビの香ばしい香りと、アボガドのコクのあるうまみ、トマトの酸味が、チーズとオリーブオイルにバランスよく楽しめて、本当においしいです。

オイシーノ エビとアボガドのPizza おいしい

 石窯で焼いた生地は香ばしく、そしてもちもちです。


 あまりに美味しくて二人であっという間に頂いてしまいました。今度は息子たちが帰ってきたら、いろんな種類のピザを並べて食べ比べしたいと思います。



 ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←和菓子屋さんでありながら、本格ナポリピザも最高なピザ屋さんに、応援クリックお願いします!


ピッツェリア オイシーノ



関連ランキング:ピザ | 豊岡市その他



タグ: 豊岡市日高 

[edit]