06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

神鍋高原は『アウトドア・パーク』に変身だ! ~その3~フォレストアドベンチャー・奥神鍋 

 さて、神鍋山を離れて少し離れた奥神鍋に移動します!

フォレストアドベンチャー 

 ここにあるのがフォレストアドベンチャー・奥神鍋さんです。

 フォレストアドベンチャーとは森林の高い場所にワイヤーが縦横無尽に張り巡らしてあり、最大の高さが14mに達します。木に作られた足場から足場へワイヤーを伝って歩いたり、ロープの網を伝って登ったり、ジップスライドという滑車を使ってワイヤーを滑り降りたりする、スリリングなスポーツです。

フォレストアドベンチャー 安全ベルト

 それぞれの安全は自分で守るのが基本ルールで、ヘルメットや手袋はもちろん、安全ベルトを装着します。スタート前にはしっかりとした指導もなされますので指示に従って楽しんでください。

フォレストアドベンチャー 滑車

 ジップスライドのつけ方もきちんと学べます。

フォレストアドベンチャー スタート地点

 さあ、スタート地点です。

フォレストアドベンチャー 上から見る

 少し上から見たコースの様子です。ブリーフィングコースが1つと、アドベンチャーコースが5つもありますよ。

フォレストアドベンチャー 樹上の人

 みんなとても気持ちよさそうです。森の中をスリルを楽しむ声が響いてみている方もたのしくなります。


 詳しくはフォレストアドベンチャー・奥神鍋さんのページをご覧ください。

 ちなみにここを経営しているのはスキーロッジの奥雪さんです。そちらが受付になり、会場には少し歩きます。カフェ利用もできますし、石窯焼ピザも楽しめますよ。


神鍋のアウトドアを満喫してください!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←奥神鍋でアウトドアスポーツにチャレンジする若者たちに、応援クリックお願いします!

スポンサーサイト
タグ: 豊岡市日高 

[edit]

神鍋高原は『アウトドア・パーク』に変身だ! ~その2~アウトドアスポーツ山盛りのUPかんなべ 


 キャンプ場の活気に元気づけられてさらにぶらり歩きます。

 先ず目の前に見えたのはグラウンドゴルフですね。お年寄りから小さなお子さん連れの家族も利用していてのどかでいいですね。

8ホール×4コース 計32ホール
プレイ料金:大人500円/1日、子供300円/1日(用具代別)
クラブ・ボール貸出料:大人300円/1日 子供200円/1日


 こんどは神鍋山の裏側に当たるうえ野平ゲレンデに移動します。

UPかんなべ うえ野平ゲレンデ

 いろいろなアクティビティーでめちゃめちゃ盛り上がっていますよ!

UPかんなべ パターゴルフ

 こちらはパターゴルフ(1,000円)です。遊び放題でこの値段はうれしいですね。

UPかんなべ トランポリン

 小さなお子さんが楽しそうなトランポリン(500円)ですよ!

UPかんなべ パラグライダー

 スカイスポーツのパラグライダー(入山料 500円、パイロット 1,000円)もあります。ここで腕を磨けば、名色スキー場などで大空にはばたけ!

UPかんなべ 乗り物たち

 ここにはいろいろな乗り物があります!

UPかんなべ 

 こちらは日本最長となる全長150mのムービングベルト「うえ野平・スーパーウェイ」です。

UPかんなべ 

 ここではグラススキー、マウンテンボード、バギークロス、グリーンドライブの4つののりもので遊べます。

UPかんなべ 

 芝生の上だから安全だし、アーチをくぐったり、ジャンプ台に乗ったりと楽しそうですよ。

UPかんなべ 

 しかも、この料金設定が安い!!

 パラグライダー以外のパターゴルフや4つのアイテムとスーパーウェイののり放題で大人3,000円、子ども2,000円はお得ですね。譲り合いながら仲良く楽しんでくださいね!

アップかんなべ 熱気球

 それと今年デビューの熱気球 「神鍋そらんど」もご期待ください。朝と夕方の時間限定で飛びます。要予約ですのでお気を付けくださいね。


 全てのアクティビティーの詳細はUPかんなべ公式HPをご覧ください!



神鍋のアウトドアを満喫してください!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←神鍋で楽しめる各種野外イベントに、応援クリックお願いします!

タグ: 豊岡市日高 

[edit]

久しぶりの但馬で今シーズン最初で最後のスキーを楽しむ ~奥神鍋スキー場&万場スキー場 日高町 


 久しぶりに帰省することができました。折角ですのでスキーにお邪魔することにしましたよ。

 車でお邪魔したのが奥神鍋スキー場です。

奥神鍋スキー場 駐車場

 なかなかの賑わいで結構遠くに駐車することになりました。久しぶりにブーツを履いてスキー場に向かいます。

 ここで情報ですが、大阪、神戸、姫路からチケット付きのバス運営されているそうです。その額はなんと往復のバス代と一日券がついて、最大7,600円! 次のシーズンは利用してみたいですね。



 さてさて、一日券(4,500円)のチケットを買っていよいよリフトに乗りますよ。

奥神鍋スキー場 ファミリーコース

 これは登山リフトです。この下はとてもなだらかなファミリーコースです。小さなお子さんでも安心です。

奥神鍋スキー場 ファミリーゲレンデ

 登山リフトを登ると奥神鍋スキー場のメインゲレンデが見えてきます。手前がファミリーゲレンデで、初心者でも楽しめるキッズウェイもあり、ビギナー&キッズパークがありますよ。

奥神鍋スキー場 スーパーゲレンデ

 惣兵衛は第2ペアリフトを利用して第1ペアリフトの近くのスーパーゲレンデに向かいます。

 モーグル用のコブも用意されている中・上級バーンです。

奥神鍋スキー場 太田地区から神鍋を見下ろす

 このスーパーコース上から見る神鍋の景色が素晴らしいのです。

奥神鍋スキー場 スーパーゲレンデ

 久しぶりですが気持ちよく滑れました。この時期としては雪質もまずまずです。

奥神鍋スキー場 ロマンスコース

 どんどん登っていきますよ。スーパーゲレンデの上には気持ちがよいロマンスコースがあります。中級者のパラダイス的なゲレンデですが、初心者の方も楽しめますよ。

奥神鍋スキー場 山頂を見る

 ここからは奥神鍋の山頂と、隣の万場スキー場の山頂も見えます。両スキー場は山頂からふもとまでの長いロングコースが楽しめます。

奥神鍋スキー場 山頂から

 山頂からの景色です。ここからのコースはかなりの急斜面があり、細く曲がりくねった回廊のようなコースが続きます。かなりのテクニックと体力を要する弾丸コースです。

奥神鍋スキー場 弾丸コース

 奥神鍋のコースを散々楽しんだ後で、第5ペアリフトを使って隣の万場スキー場に向かいました。

万場スキー場 山頂

 ちょっとガスが出てきて見晴らしがいまいちですが、いつもはとても素晴らしい展望が開けます。

万場スキー場 トライアングルコース

 山頂から下ははトライアングルコース。名前の通り3つのコースがあります。初級者は林間コース、上・中級車はZ字に折れ曲がった爽快なコース。最上級者は圧雪のされていない急峻なコースがあります。

万場スキー場 ユートピアゲレンデ

 その下はユートピアゲレンデです。名前の通り中級車にとってパラダイスです。広さもあるので楽しいですよ。

万場スキー場 センターホールゲレンデ

 さらに下ると広大な厳しめのバーンが続くセンターホールゲレンデです。初級者の方は林間コースを選んでくださいね。ここは惣兵衛、久しぶりですがガンガン攻めさせていただきました。

万場スキー場 センターホールゲレンデから下界を見る

 ここまで降りると神鍋高原の展望が綺麗に見えました。

万場スキー場 ナイアガラからファミリーゲレンデ

 この下は初心者コースのファミリーゲレンデになるのですが、名物の急峻なナイアガラと呼ばれる一枚バーンがあります。

万場スキー場 ファミリーゲレンデ

 この下には沢山のご家族でにぎわっていましたよ。

奥神鍋スキー場 四季の森ゲレンデ

 散々、万場を楽しんだら四季森コースを滑って奥神鍋に戻って、再び奥神鍋を楽しみつくしました。

 滑り始めからなんと5時間すべることができました。ちょっと筋肉疲労が激しくなったので、けがをする前に引き上げることにしました。今日はおかげで筋肉痛です。


奥神鍋&万場スキー場 ゲレンデマップ


但馬のスキー場を来年もよろしくお願いします!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←但馬のす的なスキー場に、応援クリックお願いします!

[edit]

多目的に復活した豊岡劇場で久しぶりに映画鑑賞 ~豊岡劇場 豊岡市 

少し前に訪問した事です。

 田舎からはどんどん映画館がなくなってしまいました。私たちの但馬地方にも豊岡市内に2カ所、養父市に1カ所ありましたが、数年前にすべてのスクリーンから光が消えました。

 しかしながら素晴らしい方々により、私たちの子どものころの思い出の映画館 豊岡劇場が2014年12月に復活したのです。1927年(昭和2年)に開業して2012年3月31日に閉館して2年半のブランクを経て復活させた皆さんに感謝です。

豊岡劇場 外観

 外見は昔のままです。

 この施設はとある設計会社さんがこの映画館をただ単に復活させるだけでなく、音楽をやったりダンスをしたりするレンタルスペースとしても活用し、バーも併設して、映画館を中心としたコミュニティを作ろうと考え、リノベーションの費用をクラウドファンディングで集めて、この様に立派に生きた施設として再生されたものです。

豊岡劇場 内部

 内部はこの通り。昔のままの階段もありますが、写真の奥にあるのが
COMMUNITY SPACE + BAR AJITOです。
 
 その奥にはレストランのビアドリット 豊劇店さんの入り口もあります。

豊岡劇場 ソファー席

 ここまではフリーでは入れて休むこともできますし、カフェバーとしてのみ利用してもOKなのです。さっそく惣兵衛もドリンクをお願いしました。

豊岡劇場 メニュー

 チケットもここで売っていますよ。

 
 スクリーンは2つあり。大ホールは186席の傾斜がついたホールです。今回の作品は2階の小ホールです。

豊岡劇場 小ホール 

 ご覧のとおりフラットな配席ですが、昔あった沢山の席を大幅に減らしてゆったりとできるようになっています。

豊岡劇場 沈黙

 今回観たのは沈黙(サイレント)という作品です。遠藤周作の小説が原作です。私もお気に入りの映画「タクシードライバー」の監督である巨匠マーティン・スコセッシがどうしても映画化したくて今回取り組んだ意欲作です。
 江戸時代にポルトガルから師の消息を訪ねて渡ってきた若い宣教師が、目の前で拷問を受けながら死んでいく日本人キリシタンの姿をみて苦しみ、主はなぜ沈黙するのかということをテーマにしたヒューマンドラマです。いい作品ですよ。

豊岡劇場 小ホール チケット

 チケットもなかなかレトロでかっこいいです。

豊岡劇場 小ホール ソーダ水

豊岡劇場 小ホール こたつ席

 前のほうはこんなユニークなこたつ席があります。但馬らしいですね。

豊岡劇場 小ホール ソファー席

 逆に最後尾の席はこのようなゴージャスなソファー席です。これは最高ですが寝てしまいそう・・・・。

 AJITOで買ったソーダ水(300円)を飲みながら映画の開始を待ちます。

<<映画鑑賞>>

 いい映画でしたね。この様な作品を近くで見られるのは本当にありがたいです。ただ、隣が「モアナと伝説の海」だったと思うのですが、シリアスなシーンの時に楽し気なミュージックが漏れ聞こえてくるとちょっと映画の中に入りこめなくなるときがあったのが残念かな。
 こういうしんみりとした作品の時には、同時上映の作品のセレクションに配慮があっていいかなと思います。


豊岡劇場 小ホール 前へ

 「この世界の片隅に」がアンコール上映されていますし、ゴールデンウイークには「ラ・ラ・ランド」も上映されるそうです。ちょくちょく利用したいと思います。

 詳細は豊岡劇場公式HPをご覧ください。


映画館で多目的に楽しめるなんて素敵ですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←映画館を復活させた人たちに、応援クリックお願いします!


ajito


関連ランキング:カフェ | 豊岡駅


[edit]

但馬海岸ドライブ ~最終回~ 竹野の美しい海で海水浴とカヌーで楽しむ! 竹野海岸  

 香住で海鮮丼をいただきましたが、香住は祭りなので海水浴は無理。そこで竹野海岸にお邪魔することにしました。せっかくなのでカヌー遊びをしたいと思い、竹野北前館に電話したら、なんとか2名だけ枠が空いているということでお邪魔することにしました。

竹野海岸 海水浴場

 ビーチはたくさんのお客さんでにぎわっていました。惣兵衛も泳ぎたいところですが、ここは子どもたちのカヌーの受付に急がねばなりません。

竹野海岸 北前館

 カヌーをやっているのはいくつかの施設がありますが、今回は砂浜に隣接した大きな施設である北前館です。以前もランチを紹介したことがありますが、レストラン・お土産屋・温泉・北前船や山陰海岸ジオパークの資料館を含んだ複合施設ですね。

竹野海岸 受付カウンター

 こちらが受付カウンターです、数は少ないですが手ぶらでシュノーケリングなどができるように用具の貸し出しもしてくれます。今回はジオカヌー 90分間コース(6,000円)をお願いしました。

 時間になったらガイドさんが登場して次男たちを案内してくれます。

竹野海岸 ジオカヌー 講習

 海岸線に移動するとカヌーがおいてあり、ハドルの使い方やカヌーののり方などの講習を受けます。

竹野海岸 ジオカヌー 出発

 いよいよ海に出ます。内海でターンの練習やバックの練習をします。それからは外界に出て冒険のスタートです。防波堤からも見えなくなってしまいました。次男の撮影しいた写真をご紹介します。

竹野海岸 ジオカヌー 外海

 めちゃめちゃ気持ちよさそうです。

竹野海岸 ジオカヌー 洞門

 陸上からは見えない洞門や断崖絶壁の奇岩などを巡って楽しかったそうです。

 待っている間、親たちで北前館のジオパークの展示や北前館の展示を見学して、レストランで茶をしばいてくつろぎました。

 子どもたちが帰ってきたら惣兵衛は子どもたちとビーチで海水浴。足先まで見えるきれいで遠浅の海で楽しみましたよ。奥方たちは小型の漁船のクルーズである海キャブで外海を満喫してきたそうです。

 ジオカヌーの近くには たけのちっくLagooon(ラグーン)というふわふわ風船の海上アスレチックの施設もありました。

竹野海岸 たけのちっくラグーン

 このほかにも愛犬と遊べるワンワンビーチワンワンカヌー、ジェット噴水で空を飛ぶ、フライボード、ホバーボード、ジェットパックに、シュノーケリングダイビングも満喫できます。

 竹野海岸はいわゆる単なる海水浴場というのではなくて、総合リゾート的になっていましたよ。

 詳しくは竹野海岸 北前館公式HP竹野観光協会公式HPをご覧ください!


夕方までびっしりよく遊びました!



さあ、週末です。竹野の海など但馬でビーチ遊びはいかがですか?



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←美しくて楽しい竹野浜に、応援クリックお願いします!

タグ: 豊岡市竹野 

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。