fc2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

妻が奈良旅行で買ってきてくれた柿の葉寿司がめちゃおいしかったです ~ゐざさ中谷本舗 大和吉野 奈良県 

 少し前の話です。妻が奈良で会議があったのでお土産を買ってきてくれました。

ゐざさ中谷本舗 柿の葉寿司 箱

 初めて見る箱です。柿の葉寿司の箱というより、高級和菓子が入っているような感じ。お店の名前はゐざさ中谷本舗 です。
 調べてみると吉野にある柿の葉寿司の名店で、とある柿の葉寿司ランキングでは№1に選ばれているくらいです。

 詳細はゐざさ中谷本舗 公式HPをご覧ください。

 柿の葉寿司以外にも巻き寿司、棒寿司、桜寿司、山菜巻、ばら寿司、稲荷寿司などとてもおいしそうですし、めちゃくちゃきれいです。

ゐざさ中谷本舗 柿の葉寿司 オープン

 とてもきれいな箱に入っています。何がどこに入っているかもわかりやすくていいですね。

ゐざさ中谷本舗 柿の葉寿司 中身

 とてもきれいな柿の葉寿司です。これはおいしそう。柿の葉寿司 四種八個(1,188円)です。

ゐざさ中谷本舗 柿の葉寿司 さば

 こちらがさばです。早速いただきました。よくある柿の葉寿司はしめ鯖が載せられて、押し寿しになった感じですが。こちらのサバはちょっと発酵が進んでいる感じです。ご飯もしっとりしています。そのために酢もまろやかになっていて、めちゃくちゃおいしいです。

ゐざさ中谷本舗 柿の葉寿司 たい

 たいもいいですね~。鯖とは違ってさっぱりしていて甘い感じです。

ゐざさ中谷本舗 柿の葉寿司 アジ

 あじは香りがちょっと強くていい感じ。脂も感じますね。

ゐざさ中谷本舗 柿の葉寿司 さけ

 さけも独特の香りがよく、甘くていいです。



 ゐざさ中谷本舗 柿の葉寿司は初めて頂きましたが、めちゃおいしかったです。今度奈良に行ったらお邪魔したいとおもいます。





ごちそうさまでした。またお邪魔します!




にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←小さいけれどとてもおいしくてきれいな柿の葉すしを提供して下さるお店に応援クリックお願いします!


柿の葉おすし山の辺 桜井本店



関連ランキング:寿司 | 岡寺駅橿原神宮前駅香久山駅




[edit]

桜に彩られた奈良のお寺を巡り、歴史を体験し、食文化を満喫する旅 ~その28 真の最終回~ 池利 奈良県桜井市 

 吉野葛の八十吉が奈良紀行の最終回だと思っていたら、もう一つネタが眠っていました。今度こそ最終回になると思います。たぶん・・・。

千寿亭 外観
 
 奈良旅行の最初の食事は本場の桜井市三輪にある老舗製麺所の直営店 千寿亭で三輪そうめんをいただきました

千寿亭 お土産売り場

 お店にはこんな素敵な土産物販売コーナーがありました。

千寿亭 お土産売り場

 面白い商品がずらりと並んでいます。野菜などを練りこんだそうめんや、お湯を注いでいろいろな味が楽しめるニューメンまで様々なお土産がありましたよ。

 今回買ったのはこちらです。会社名は三輪そうめん池利です。

池利 三輪そうめん 

 いろいろなものを練りこんだそうめんです。池利さんではこれを売りにされているようです。

 左から梅素麺(486円)、柚子素麺(価格不明)、抹茶素麺(価格不明)、さくら素麺(価格不明)です。色鮮やかでいいですね。もちろん普通の三輪素麺12人前(3,240円)も買いましたよ。

 そのままゆでると色が混ざってよくわからなくなるので、料理人のようにまとめてゆでることにします。惣兵衛初チャレンジです。

ネギを刻む

 まずはつゆを準備したり、薬味を準備しましょう。ネギはできるだけ細く切ってくださいね。

池利 三輪そうめん 端を紐でくくる

 素麺がバラバラにならないように素麺の端をタコ糸でくくりましょう。しっかりくくって端にずらせばOKです。くくった後に紙帯を外します。逆にしたら大変ですので気を付けましょう。

池利 三輪そうめん 茹でる

 沸騰したたっぷりのお湯に、くくったほうをもって、少しずつお湯の中に泳がすように入れていきます。

池利 三輪そうめん くくったところをつつく

 タコ糸でくくった場所は湯がきにくいので、箸でお湯を入れるために何度かつついてください。実はこの工程がとても大切です。

池利 三輪そうめん 湯がきあがり

 箸でお湯から引き揚げて、冷水でしっかりと洗います。束ねたところをもつと、きれいな束になります。この方法だとお湯を捨てる必要がないので、大量に素麺をゆでるときはべんりだとおもいます。

池利 三輪そうめん カット

 結んだところをカットします。

池利 三輪そうめん カットした部分

 カットしたところは糸をほどいて、少しほぐして後日、すまし汁に利用しました。

池利 三輪そうめん 完成

 ていねいにもちあげて、ひねるようにして盛り付けて完成です。

池利 三輪そうめん アップ

 初めてとしてはまずまずうまく言った感じです。お皿のチョイスはちょっと失敗ですね。反省しています。

池利 三輪そうめん 白

 まずは普通の手延べそうめんからいただきます。さすが三輪そうめんです。すごく歯ごたえが良いのです。麺の香りと甘さもいい感じですね。

池利 三輪そうめん 柚子

 次は柚子素麵です。色付けだけなのかと思ったら、結構しっかりと柚子の香りがしてびっくりしました。

池利 三輪そうめん 梅

 梅素麺をいただきましたが、梅の香りがいい感じです。わさびではなく生姜でいただくのがおすすめです。

池利 三輪そうめん 抹茶 いただきます

 抹茶素麺はさすがに苦みはなくしてありました(笑)。


 三輪そうめんもいいですね~。一度、三大素麺の食べ比べをしてみたいと思います。



ごちそうさまでした。またお邪魔します!




にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←長きにわたり三輪の手延べそうめんを引っ張ってきた老舗のお店に応援クリックお願いします!


千寿亭



関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 三輪駅





[edit]

桜に彩られた奈良のお寺を巡り、歴史を体験し、食文化を満喫する旅 ~その27 最終回~ 吉野葛 八十吉 奈良県吉野町  

 長い長い奈良紀行もいよいよ終わりになりました。4月上旬の話題を5月の周淳まで続けることになりました。桜の季節は終わったのに、皆様にはいつまでやっているのといわれているのはわかりながらも、とても充実した3日間でしたので頑張って記事にしてきました。

 最後のお店も魅力的ですのでご覧ください。

八十吉 外観

 吉野葛 八十吉です。中千本に近い古民家風のお店です。

八十吉 店内

 中もとても素敵です。江戸時代に風情にあふれていますね。

八十吉 飲食ブース

 商品販売コーナーの隣にはイートインスペースもあります。実はここでも葛切りをいただくことができます。こちらもおいしいので別のお店で食べられなかった時にはお勧めですね。

八十吉 飲食ブース メニュー

 普通にカフェとしても利用できるので素晴らしいです。

八十吉 店内

八十吉 ショーケース

 葛を使うとこれだけのいろいろな素敵なお菓子ができるのですね。

 今回買ったのはこちらです。

八十吉 静ごのみ 

 吉野葛を使った干菓子 静ごのみ(30個入 税別1,100円)です。

八十吉 静ごのみ オープン

 めちゃくちゃきれいです。干菓子が好きな妻がさっそく抹茶を建ててくれて、一緒にいただくことにしました。

八十吉 静ごのみ いただきます

 これは美味しいですね。京都の干菓子である和三盆とは違って、とても砂糖の量が控えられているので、甘みが抑えられてあっさりしています。

 面白いですね。


 後で気が付いたのですが、葛を使ったラムネもあったようです。きっとおいしいと思います。


 次はCaféとして利用して、葛切りもいただきたいと思います。




 ごちそうさまでした。またお邪魔します!



にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←吉野葛を上手に使った干菓子がおいしお店に、応援ポチッ! お願いします。励みになります!

吉野葛 八十吉



関連ランキング:和菓子 | 吉野駅




[edit]

桜に彩られた奈良のお寺を巡り、歴史を体験し、食文化を満喫する旅 ~その25~ 谷嶋誠心堂 奈良県吉野町 

 吉の名物をご紹介していますが、宿といい吉野葛ばかりと思われてももったいないです。もっといろいろなものがあるので、そのような品々を扱っているお店を紹介します。

谷嶋誠心堂 外観

 谷嶋誠心堂というお土産屋さんです。外観もかっこいいです。

谷嶋誠心堂 懐紙

 このように木とか陶器製の様々な雑貨が販売されていて、とても魅力的なお店です。

谷嶋誠心堂 和紙

 こちらは吉野和紙です。壬申の乱で吉野で兵を挙げた大海人皇子がこの地に和紙をすくことを進めたことから始まったという歴史ある和紙です。

谷嶋誠心堂 小物

 このように木や陶器のかわいらしい小物がたくさんあります。

谷嶋誠心堂 箸

 吉野の木材を使った橋などが魅力的です。

谷嶋誠心堂 吉野杉

 吉野といえば吉野杉です。こんな無垢な箸や小物が作られています。

谷嶋誠心堂 桜皮細工

 そしてこの桜皮細工。有名ですよね。桜の皮がとても渋くてかっこいいです。


 吉野の名物。いろいろなものがあり、それぞれ魅力的です。吉野に行ったら是非とも手に取ってくださいね。





 またお邪魔します!



にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←素晴らしい吉野の産品を扱うお店に、応援ポチッ! お願いします。励みになります!

[edit]

桜に彩られた奈良のお寺を巡り、歴史を体験し、食文化を満喫する旅 ~その24~ 葛屋 中井春風堂 奈良県吉野町 

 吉野紀行の続きで、お土産編を少々。まずはじめに登場するのが葛屋 中井春風堂です。

中井春風堂 外観

 金峯山寺から中千本に向かう途中のお店がずらりと並ぶ場所で、ひときわ観光客を集めているお店です。

中井春風堂 行列

 ひっきりなしにお客さんが寄ってこられるのでショーケースの紹介はほぼ不可能です(笑)。

中井春風堂 羊羹販売

 桜の季節のようかんもあります。

中井春風堂 葛の説明

 お店のご主人が葛についての説明をされていました。実はこのお店のご主人は吉野葛のマイスターのような存在だそうで、これまでも様々な取材を受けるほどの方です。生葛切りは完成から数分が食べごろで、お店でしか味わえないとのこと。

 イートインスペースでいただこうと思ったのですが、すでにお客様、おそらく予約の方でいっぱいで残念ながらいただくことができませんでした。次の訪問時の楽しみにして、いくつかお土産を買って、家でいただきました。

さくら羊羹 2種

 まずはさくら羊羹(800円)です。写真の右側です。左側は別のお店のもの。後日紹介しますね。

中井春風堂 さくら羊羹 

 ピンクに色づけられた葛の中に桜の花がそのまま入っています。かわいらしいですね。抹茶味もありましたが、今回はあずきにしました。

中井春風堂 さくら羊羹 カット

 カットしていただきます。妻が抹茶を建ててくれました。これはありがたい。

中井春風堂 さくら羊羹 いただきます

 もっちりしあずきの羊羹にぷりぷりしたゼリーのような葛が桜の香りをまとってとてもおいしいです。多分季節限定だと思います。桜の時には是非とも買ってみてくださいね。


中井春風堂 静の涙 

 こちらが吉野葛まんじゅう 静の涙 4個入り(520円)です。

中井春風堂 静の涙 オープン

 とてもきれいなお饅頭ですね。一つ一つ手作りなのでたくさんはできないようです。

中井春風堂 静の涙 アップ

 こしあんを葛で包んだように固めた感じです。葛の透明感がとても涼しそうです。

中井春風堂 静の涙 いただきます

 さっそくいただきましたが、これは本当においしいです。あんこは水ようかんのような緩めのこしあんで、とてもさっぱりした甘さ。そして葛はゼリーという感じではなく、とてもプルンプルンとした弾力を感じるものでした。下の中でとろけるようです。吉野のきれいな水を感じる一品でした。


中井春風堂 春の風 

 最後の一品が葛入り求肥餅 春の風 4個入り(460円)です。

中井春風堂 春の風 アップ

 素朴な外観がいい感じです。

中井春風堂 春の風 いただきます

 いただきましたが、これもまた路線は全く違いますがおいしいです。求肥には葛が練りこまれているせいか、なめらかでもちもち感がさらにアップした感じ。バニラの香りが加えられているようです。そして餡は少し強めの甘味で、田舎のお饅頭のようですが、上品さを感じさせる一品でした。


 どれも本当においしかった。つぎはやっぱりお店の生葛切りをいただきたいです。絶対にいただきに伺います。




 ごちそう様でした。またお邪魔します!



にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←葛のマイスターが作る最高の葛のお菓子のお店に、応援ポチッ! お願いします。励みになります!


中井春風堂



関連ランキング:和菓子 | 吉野駅



[edit]