fc2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

長男と親子で江戸前のおいしい焼き鳥を頂きながら語り合う ~鳥やき 鳥好 東京都中央区新富 

 長男の職場の訪問を終え、モンベルでの買い物も終えたら、長男と合流して夕ご飯でも食べようということになりました。そこでお邪魔したのが、一度お邪魔してとても気に入った鳥やき 鳥好です。

鳥好 外観

 地下鉄八丁堀駅の少し南の通りを銀座方面に向かう途中にあります。

鳥好 入口

 この辺りはマンションも多いのですが、昔から住んでいる人も多く、下町風情もあっていい感じです。暖簾をくぐって店内に入ります。

鳥好 カウンター

 相変わらずですね。無口で高齢な職人気質の大将がモクモクと焼き鳥を焼いていて、高齢な女性二人がにぎやかに江戸弁で話しながら接客しておられます(笑)。

鳥好 座敷 

 このお店は人気があるので予約しておいた座敷に案内いただきました。早速メニューを拝見します。

鳥好 メニュー1

鳥好 メニュー2

 相変わらずのメニュー。そして相変わらず値段が書いてありません(笑)。

鳥好 サッポロ黒ラベル

 まずは長男とサッポロ黒ラベル 中瓶(700円)で乾杯です。妻は梅酒とかが欲しかったようですが、そういったこじゃれたものは全くないので、焼酎の炭酸割(700円)四苦八苦しながらいただいておりました(笑)。

鳥好 付け出し

 まずは付け出し(価格不明)です。いつも通り漬物の盛り合わせ大根おろしです。これがうまいのです。

鳥好 瓜の漬物

 この漬物がおいしいのです。季節の野菜を女将さんが漬けてくださっています。この日は白菜、きゅうり、蕪、ミョウガ、そしてこちらのです。長男も妻も大変気に入ったようです。

鳥好 大根おろしと卵

 そして大根おろしには二人ともびっくりしていました。そうですね。このように大根おろしにうずらの玉子を入れて醤油を垂らしただけの先付けなんて、但馬はもちろん、関西でもあまり見ないですからね。
 でも、新橋の焼き鳥屋さんなど、東京では結構あります。

鳥好 合鴨

 まず初めに登場したのが合鴨(価格不明)です。こちらの焼き鳥はとにかく一切れが大きいのです。大人の親指ほどあります。焼かれて旨い脂がしみだしたものに、醤油ダレがかけられています。この店の自慢の品らしく、めちゃおいしいです。

鳥好 レバー

 続いて登場したのがレバー(価格不明)です。とても新鮮で臭みがなく、しっとりとして最高ですね。甘辛いタレもいい感じです。

鳥好 ししとうまと砂ぎも

 塩焼きで登場したのが鶏肉としし唐を刺したししとうま(価格不明)です。もう一つはコリコリした食感がおいしい砂ぎも(価格不明)です。

鳥好 しいたけ

 野菜焼きも日替りです。この日のお勧めは原木シイタケ(価格不明)です。1個がゴルフボール大の大きさです。焼いてありますが、かじってみると中からシイタケのおいしいエキスがジュワッと流れ出てきます。これは素晴らしいです。醤油でおいしくいただきました。

鳥好 つくね

 最後の1本はつくね(価格不明)です。これがおいしいのです。

鳥好 つくねいただきます

 鳥のひき肉はちょっと荒めで、軟骨も入っているので柔らかいのですが、つぶつぶ感を楽しめます。おそらくタレをかけただけでなく、ひき肉にも味をつけてあるので、味が染みていて最高です。

 大喰いの惣兵衛でもこれでおなかが結構いっぱいになりました。一つ一つが大きくて、1本で普通の焼き鳥の2本以上のボリュームになると思います。

鳥好 鳥のスープ

 最後は鶏のスープ(価格不明)で楽しい時間を終えました。


 長男は仕事がとてもきつくて忙しいらしく、こうしたものをゆっくり食べることができていないようでした。とても喜んでくれました。

 しかし息子は大きくなったものです。もうすっかり一人の大人として惣兵衛も会話をしています。すこし、いや、ずいぶん先輩なので(笑)、小さな失敗など気にせず、大きな目標を先に持って頑張るようにアドバイスしました。
 惣兵衛なんて失敗ばかりですからね(笑)。



ご馳走様でした。またお邪魔します





にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←八丁堀にある下町情緒豊かで、上質な江戸前の焼き鳥を頂けるお店に、応援クリックお願いします!


鳥好



関連ランキング:焼き鳥 | 新富町駅八丁堀駅宝町駅



[edit]

大ぶりでおいしい江戸前の焼き鳥をいただける居心地の良いお店 ~鳥やき 鳥好 東京都中央区 

 アパホテルでピザはさみしいので、街に繰り出します。この辺りは銀座と豊洲の間なので、街中でもありますが、お店はそんなに多くありません。むしろ、地元の人たちが楽しむ店もたくさん残っています。
 その中の一軒にお邪魔してきました。

鳥好 外観

 鳥やき 鳥好というお店です。

鳥好 カウンター

鳥好 座敷

 店内はこの通り、白木のカウンターと小さな座敷で、小さなお店です。でも、たくさんのお客さんでにぎわっていました。満席だと思ったのですが、予約の2名が時間が過ぎても来ないからどうぞと、カウンターの片隅に座ることができました。

鳥好 メニュー

 こちらがメニューです。とてもシンプルです。しかも値段が書いていない・・・。まあ、焼き鳥ですからとんでもない値段になることはないでしょう(笑)。

 お勧めを聞いていくつかお願いいたしました。

鳥好 大将

 お年を召した大将が江戸っ子らしく「あいよ。」とだけ返して、炭火に向かわれます。かっこいいです。

鳥好 ビール

 まずは、サッポロビール(600円)です。このお店では生ビールはないですが、その代わりサッポロ、アサヒ、キリン、サントリーと4種類の瓶ビールがそろっているので、ありがたいですね。
 一敗目は女将さんが笑顔で注いでくださいました。ありがたいです。

鳥好 付け出し

 すぐに付け出し(価格不明)も出していただきました。一つは漬物盛り合わせ、もう一つは大根おろしです。

鳥好 大根おろし

 大根おろしにはうずらの玉子も入っています。東京では焼き鳥店などで付け出しに大根おろしが出るのは定番です。なんでなんだろうと思われる方も多いと思います。私の行きつけの新橋の鳥藤さんもそうでした。
 通の方はこの大根おろしをやきとりにつけて食べるそうですが、せっかくのおいしい焼き鳥をもったいないと思います。鳥藤さんがおっしゃられる通り、単独でちびちびいただいて、焼き鳥の口直しでいいのではないかと思います。

鳥好 漬物 ミョウガ

 漬物盛り合わせミョウガを頂きました。めちゃおいしいです。

鳥好 漬物 白菜

 白菜の切り漬けも最高でした。女将さんと話しているとやはり自家製漬物のようです。お店の方は生まれも育ちもこの辺りの方だそうです。時折、千葉とかに出かけて野菜を買うなりして、ここでつけものにされているそうです。素晴らしいです。

l鳥好 焼き鳥登場

 おいしい漬物をネタに女将さんと仲良く話をしていたら、第一弾の焼き鳥が登場しました。どれも1本ずつなのですね。しかも、一つ一つがでかいです。

鳥好 合鴨

 こちらがこの店の名物の合鴨(価格不明)です。わざわざ京都から取り寄せておられるようです。味付けは塩やたれではなく生醤油でいただくのがこの店流だそうです。

鳥好 合鴨 いただきます

 早速いただきましたが、これは最高です。鴨独特の風味が濃く、甘くておいしいです。脂も上質で、生醤油と合わさることで香ばしくともあっさりといただけます。さすが名物といわれるだけありますね。

鳥好 レバー

 これもまたこのお店の看板メニュー。レバー(価格不明)です。こちらはタレでいただくのがおすすめだそうです。

鳥好 レバー いただきます

 大きなレバーですが、ミディアムレア程度の焼き具合です。これができるのは新鮮だからですね。高町の小金家の肝焼きも同じです。朝どれの鶏を使っておられるのです。たれはちょっと甘めであっさり。最高の一品です。

鳥好 砂ぎも タレ

 次に登場したのが砂肝(価格不明)です。タレでいただくことにしました。こちらも大きな砂肝です。

鳥好 砂肝 いただきます

 とてもおいしい砂肝でした。でも、やっぱり塩でいただくべきだったかな。

鳥好 ししとうま

 こちらはししとうま(価格不明)。簡単に言えばねぎまのネギの代わりにしし唐を挟んだものです。塩で焼いたものにちょっとだけ醤油を垂らしていただきます。

鳥好 ししとうま いただきます

 あっさりしておいしかったです。しし唐は苦みを演出する感じで、主に鶏もも肉を頂く串ですね。鶏肉自体がおいしいのですが、味が挽き立てられていいと思います。

鳥好 第二弾登場

 前の串を食べ終えて、女将さんと話をしていると次の串が出てくる感じの、とてもいいペースでやきとりが登場します。おかげで瓶ビールも3本目(笑)。

鳥好 野菜焼き 長ネギ

 こちらは野菜焼き 長ねぎ(価格不明)です。このお店の野菜焼きはこの長ねぎとシイタケ、ししとう、ピーマンなどがあります。
 焼くと長ネギは甘いのです。おいしかった。

鳥好 手羽先

 手羽先(価格不明)も串に焼かれています。

鳥好 手羽先 いただきます

 きれいに包丁され、丁寧に焼かれている手羽先です。これもまたうなるほどおいしかったです。

鳥好 第三弾

 最後のオーダー分が登場しました。

鳥好 ねぎま

 基本中の基本のねぎま(価格不明)です。ネギの甘味と香りが、鶏肉と調和しておいしいです。誰がこの組み合わせを考えたのでしょうか。

鳥好 つくね

 そして誰もが大好き、つくね(価格不明)です。味が濃くて山椒と一緒にいただくとたまりません。


 焼き鳥もおいしいけれど、漬物がおいしくて女将さんと会話が弾みました。大根の葉っぱとか食べるとおいしいとお互いに意見があって大盛り上がり。

鳥好 蕪の茎の漬物

 すると、株の茎の漬物をサービスでいただきました。コリコリした歯ごたえと、苦みがお酒にもご飯にもあうのです。

鳥好 鳥のスープ


 最後の〆はこのお店では鳥スープ(無料)です。あっさりしていながら、鶏の脂がいい感じ。またお酒が欲しくなります(笑)。

 
 一つ一つの価格は判りませんが、お会計は5,800円。ビールを3本のんで、付け出しもあったので、焼き鳥だけで2、700円くらい。都合8本の串を頂きましたから、1本350円くらいかな。大きなやきとりでしたから、それほど高くないですね。

 このお店の方はずっとここで生まれてから育ったそうです。東京の変貌ぶりを見てこられたのですが、この辺りにはそういった方がまだ多くおられるそうで、暖かなお話を聞けました。やきとりがおいしいだけでなく、ほっこりするお店でした。



ご馳走様でした。またお邪魔します





にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←八丁堀にある下町情緒豊かで、上質な江戸前の焼き鳥を頂けるお店に、応援クリックお願いします!


鳥好



関連ランキング:焼き鳥 | 新富町駅八丁堀駅宝町駅



[edit]

大正10年から続く焼き鳥屋さんの焼き鳥丼 ~京橋 伊勢廣 本店  東京都中央区京橋 

 東京駅近くでビジネスをしてランチタイムを迎えました。八重洲口から少し東の京橋です。この辺りは焼き鳥屋さんが多いですね。その中の一軒、京橋 伊勢廣 本店さんにお邪魔してきました。

京橋 伊勢廣 本店 外観

 このお店は大正10年開業の老舗の焼き鳥屋さん。ビルに囲まれた東京駅周辺ですが歴史の長さを感じさせるいい雰囲気の建物です。ランチタイムの開店前だというのにすでに数名の方が並んでおられました。

 惣兵衛もお店の方に1人できたことを伝えベンチで座って待ちます。店の方からはメニューを渡され注文をあらかじめ聞いてもらえました。
 本数が選べる焼き鳥丼と定食、そしてコースがあるみたいですね。

京橋 伊勢廣 本店 職人

 定時になるとお店に通されます。とても狭い店で、1階はカウンターとテーブルが少し。あとは2階の座敷になります。惣兵衛はカウンターに座りますが、耐熱ガラス越しに調理人がどんどん焼き鳥を焼いているのを見ることができます。

京橋 伊勢廣 本店 山積みされたやきとり

 準備されている焼き鳥の量もすごいですね。

京橋 伊勢廣 本店 メニュー

 改めてメニューを紹介します。焼き鳥は内容も指定や変更ができるみたいです。常連さんはそのようにされていました。

京橋 伊勢廣 本店 カウンター

 どんぶりが4つずつくらい並べられ、ご飯が盛られ、たれがかけられ、刻み海苔を載せられ、焼き鳥が焼きあがるのを待ちます。

京橋 伊勢廣 本店 やきとり丼 

 しばらくしてやきとり丼 4本丼(1,550円)が登場しました! これはうまそうです。

 どんぶりのほかにスープ漬物がついていますね。

京橋 伊勢廣 本店 やきとり丼 アップ

 焼き鳥丼をご覧ください。右からモモ、ネギま、つくね、ささみになります。一つ一つが大きな切り身で江戸前らしいですね。

京橋 伊勢廣 本店 やきとり丼 スープ

 スープはもちろん鶏のスープ。とてもあっさりしています。塩も控えめで薄口ですね。

京橋 伊勢廣 本店 やきとり丼 漬物

 この日の漬物は野沢菜でした。

京橋 伊勢廣 本店 やきとり丼 モモ

 さあ、いただきましょう。まずはモモ肉からです。焼き具合もちょうどよくておいしいですね。

京橋 伊勢廣 本店 やきとり丼 ねぎま

 続いてねぎまです。ネギがトロットしていて、ふわっとした鶏肉との相性がいいです。

京橋 伊勢廣 本店 やきとり丼 つくね

 そしてつくね。江戸前のつくねは軟骨が入っていておいしいのです。

京橋 伊勢廣 本店 やきとり丼 ささみ

 最後がささみ。関西ではあまり見ないわさびが添えられたもの。これがうまいのだ!

京橋 伊勢廣 本店 やきとり丼 いただきます

 ご飯と一緒にいただきましたが、うまいに決まっています。惣兵衛としてはもう少したれが多めにつけられていればさらに最高なのですけど、これは好みです。


 とてもおいしい焼き鳥丼をいただきました。



ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←大正10年から江戸の焼き鳥を伝え、おいしい焼き鳥丼を提供してくれる老舗店に応援クリックお願いします。励みになります!

伊勢廣 京橋本店



関連ランキング:焼き鳥 | 京橋駅宝町駅東京駅


[edit]

東京のサラリーマンの街の名物焼き鳥をいただく ~鳥まつ 浜松町本店 東京都浜松町駅界隈 

 東京で働いていた頃に営業に転属されて移動したのが浜松町でした。浜松町といえば東京タワーもあり、増上寺もあり、羽田空港へのモノレールもあリますし、当時はマハラジャでわけのわからない若者がたくさん集まったこともあります。
 でも、仕事で終われていた私たちには焼き鳥の香りと、寿司のおいしい店がある、サラリーマンの拠点といったイメージです。

 羽田空港に到着してランチをいただくことになりましたが、浜松町まで移動して当時よく通ったお店を探しました。しかしその場所には大きなビルが建っていて当時の面影は残っていません。おそらく閉店してしまった一力浜松町別館だったと思います。

 仕方なく、そのあたりの焼鳥屋さんにお邪魔することにしました。

とり松 浜松町本店 外観

 とり松 浜松町本店さんです。

 後でお聞きしたのですが、反対側のブロックでずいぶん前からやっておられるお店だそうで、3年前に引っ越してこられたそうです。

とり松 浜松町本店 ランチサンプル

 ランチのサンプルが店先においてありましたが、東京とは思えない安さですね。この辺りが浜松町の良さです。安心して中にお邪魔します。

とり松 浜松町本店 店内

 さすがに3年前に移転してこられた店だけあって、とてもきれいな店内です。何より驚いたのがお店の方々すべてが外国の方だったことです。

 「ご飯 ○×※△ですよ~。お味噌汁もOKで~~す。」

 おそらく「ご飯大盛りかお替りサービスですよ。お味噌汁もOKです。」の意味です。少し不安を抱えながらランチの到着を待ちます。

とり松 浜松町本店 焼鳥重 

 焼鳥重(750円)です。小鉢もついてうれしいですね。

 しかし、これは丼に入っているのでお重ではないですよね。焼き鳥丼のほうが正確だと思います。まあ、そんなことは気にせずにさっそくいただきましょう。

とり松 浜松町本店 焼鳥重 味噌汁

 まずはお揚げの味噌汁です。白味噌仕立ての優しい味でした。

とり松 浜松町本店 焼鳥重 サラダ

 サラダもあります。シンプルなものですが嬉しいです。

とり松 浜松町本店 焼鳥重 冷奴

 そして冷奴です。暑い日だったのでうれしいですね。

とり松 浜松町本店 焼鳥重 漬物

 漬物もあります。さあ、メインですよね。

とり松 浜松町本店 焼鳥重 アップ

 どんぶりの上の焼き鳥はネギ間2本、鶏皮1本、つくね1個です。ちょっと寂しい気もしましたが東京ですからこれでも多いと思いますよ。

とり松 浜松町本店 焼鳥重 焼鳥

 さっそく焼鳥をいただきましたが、とてもおいしいものでした。さすが東京浜松町の焼き鳥ですね。焼き具合もいいし、たれも本当においしいです。

とり松 浜松町本店 焼鳥重 つくね

 そしてつくねがうまいです。軟骨も入っているのでコリコリ感と旨みが最高です。

とり松 浜松町本店 焼鳥重 いただきます

 ご飯と一緒に頂きます。丼つゆがまた最高にうまかったですね。


 久しぶりに浜松町の焼き鳥を楽しみました。地下鉄駅に向かいます。

浜松町の様子

 ビルの向こうに東京タワーが顔を出してくれています。

秋田屋

 そしてもう一つの浜松町を代表する名物があります。串焼き屋さんの秋田屋さんです。この時間は閉店中ですが、夕方になるとビールケースが並べられて、歩道を占拠して焼き鳥がふるまわれます。店からは煙がもうもうとあがるのです。
 そして浜松町のサラリーマンが疲れをいやす姿が見られます。
 
 次はこの店にも行ってみたいと思います。



ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←頑張るおばちゃんへの応援クリックお願いします。励みになります!


鳥まつ 浜松町本店



関連ランキング:居酒屋 | 大門駅浜松町駅御成門駅


[edit]

ライブを楽しめる「俺のシリーズ」の焼き鳥店 ~俺のやきとり 銀座9丁目 東京都港区新橋 

 新橋で遅めの夕食をいただくことにしました。ホテルは新橋から北に向かい、銀座の街の南端にでしたので、その近くにある俺のやきとり 銀座9丁目 さんにお邪魔することにしました。

俺のやきとり 銀座9丁目 外観

 ビルの1階にあり、隣には俺の焼肉があります。

俺のやきとり 銀座9丁目 入り口

 入り口には日本らしい暖簾がかかっています。

俺のやきとり 銀座9丁目 店内

 店内は9時半過ぎにもかかわらず、結構広いスペースがほぼ満席でした。

俺のやきとり 銀座9丁目 ステージ

 私たちは入り口の近くの小さなテーブルに座りますが、隣には小さなステージがあり、楽器が並んでいます。どうやらライブが日常的に行われるようです。銀座らしいですね。

俺のやきとり 銀座9丁目 メニュー1

 メニューはこの通り、結構種類が多いです。

俺のやきとり 銀座9丁目 メニュー2

 ドリンクメニューも充実しています。

俺のやきとり 銀座9丁目 ビールとサワー

 まずは飲み物から。惣兵衛はキリン一番搾り(580円)で、奥方はレモンサワー(420円)です。

 まずはさっぱりとサラダから。

俺のやきとり 銀座9丁目 バンバンジーサラダ

 到着してびっくりです。ほとんど肉ですよ。こらはバンバンジーサラダ(680円)です。たっぷりの胸肉のスライスと、下にはみえませんがたくさんの野菜が敷き詰められています。ピリッと辛い唐辛子が降られていて、胡麻ドレッシングでいただきます。とてもおいしいですよ。
 
俺のやきとり 銀座9丁目 ねぎま

 続いてねぎま タレ(3本 360円)です。甘辛の東京の焼き鳥らしいおいしいたれです。これでこの値段は安いでしょう?

俺のやきとり 銀座9丁目 ささみ

 続いてささみ 塩(3本 360円)です。本当に東京の焼き鳥は肉がたっぷりですね。塩加減もちょうどよくおいしかったです。

俺のやきとり 銀座9丁目 砂肝

 次は砂ずり 塩(3本 360円)です。コリコリしてうまいです。

俺のやきとり 銀座9丁目 ライブ

 楽しくいただいていたらライブが始まりました。ステキなジプシー・キングスのカバーバンドでした。ビールが進むじゃないですか~。

俺のやきとり 銀座9丁目 ぼんじり

 ライブが終わったらぼんじり 塩(3本 360円)です。尻尾の部位です。小さく切られていました。脂がのっていておいしかったですよ。でも、もう少し大きめのほうが本来のぼんじりの味を楽しめたかな。


俺のやきとり 銀座9丁目 手羽先

 続いて惣兵衛の大好物の手羽先 塩(2本 360円)。これもおいしかったです。

俺のやきとり 銀座9丁目 新しいドリンク

 ここで飲み物をチェンジして惣兵衛はレモンサワー(420円)と奥方はみかん酒(550円)です。

俺のやきとり 銀座9丁目 俺の巻き寿司メニュー

 翌日も早い出発なので最後の締めです。

俺のやきとり 銀座9丁目 俺の巻き寿司 

 俺の巻き寿し ハーフ(680円)です。


 どうです? すごいでしょう? 

俺のやきとり 銀座9丁目 俺の巻き寿司 アップ

 巻き寿しにネギトロとイクラとトビコが大量にトッピングされています。

俺のやきとり 銀座9丁目 俺の巻き寿司 のけて

 トッピングをどけてみるとちゃんとした巻き寿しです。

俺のやきとり 銀座9丁目 俺の巻き寿司 いただきます

 早速いただきましたが、とてもおいしくていいですね。



 この店はライブもあって面白かったです。またよりたいですね。焼き鳥はどれもおいしかったし、〆のラーメンなどもとても本格的でおいしそうでしたよ。



ごちそうさまでした!またお邪魔します!



にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←焼き鳥がとてもおいしいだけでなく、締めのすしもおいしく、なおかつライブも楽しめる素敵なお店に、応援クリックお願いします!

俺のやきとり 銀座9丁目



関連ランキング:焼き鳥 | 新橋駅内幸町駅汐留駅


[edit]