FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

海のカニもいいですが、川のモズクガニも絶品です ~とある日の頂き物の夕食 

もうすぐカニ漁が解禁ですね。秋の味覚から冬の味覚へのバトンタッチが始まる但馬です。

でも但馬のカニは海で採れるものばかりではありません。今年も川の蟹のモズクガニをお世話になっている散髪屋さんの大将からいただきました。

モズクガニ

 最近ちょっと小ぶりのものが多いですが味噌が美味しいかにです。この散髪屋の大将は実に上手に処理してくれます。獲ってすぐに煮込むだけだと泥臭いので、しっかり奇麗な水で泥を吐かせた後に、湯掻いてくれます。

モズクガニ 割りました

 足の根元を外すと奇麗な黄土色の味噌が見えます。

モズクガニ みそ

 雌にはこんな内子もあって美味しいですよ。海のカニよりも濃厚でちょっと甘みを感じるかにです。

 この時には親しくしていただいているおばさんからも頂き物がありました。まずは牛筋コロッケです。
牛筋コロッケ

 となりは鰯のフライです。どこかで食べたものが美味しかったので自分なりに工夫して作られたもののようです。とても美味しく頂きました。料理好きな人は美味しいものをすぐまねて作りたくなるですね。素晴らしいです。

次が ばら寿司
お寿司

 具材は少ないのですがとても美味しいものでした。きっと酢飯自体が美味しいんでしょうね~。

これだけ頂き物がたくさんあったのに忙しそうにしている奥方も美味しく頂いたようです・・・・・。


皆さん本当にありがとうございました。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←田舎の暖かいふれあいに応援ポチッ! お願いします。

[edit]

但馬香住名産 ニギスの串焼き ~煮物でどうぞ 

但馬の魚屋さんではよく見かけるニギスの串焼きを購入しました。

焼きキス

 調べてみるとこのニギスですが、島根県から丹後半島の山陰で底引き漁で獲れる魚で、天ぷらなどに使う白ギスと形が似ていることとからニギスとか沖ギスとか呼ばれるそうですが、違う種類のもののようですね。

 但馬ではあまりに一般的な食材で、この串に刺された状態でどこにでも売られていると思ったのですが、これは但馬の香住漁港あたり独特の物のようですね。NHKの番組で紹介されていて驚きました。
 一昔前までは、この焼きギスを作る工場がたくさんあったようなんですが、今では数少なくなったとか・・・。これは食べて応援しないといけません。

焼きキスの煮物

 大体はこのように薄味に炊いてご飯の友や、お酒のつまみとしていただきます。内蔵もそのままに白子とか美味しいですし、なんともいえない苦味が最高ですね。

焼きキスいただきます

 あとは、実だけを外してほぐし、醤油としょうが等で焼き鯖ご飯の要領で、炊き込みご飯にすると最高です。

 但馬の名物を食べて応援してくださいね。



にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←食べ道楽への応援クリックお願いします。励みになります!

[edit]

但馬のハタハタの一夜干しは絶品です! ~山形産との比較考 

以前は但馬の名物「カレイの一夜干し」を紹介しましたが、今度は知る人ぞ知る

ハタハタの一夜干し です。

 ハタハタは山形のものという方がいらっしゃると思いますが間違いです。但馬でも多く水揚げされ、食されているのです。

 実はハタハタは能登半島を境に北部群と南部群に分かれています。山形はこの北部群で近年乱獲のために漁獲高が減って、2万トンあった水揚げが2千トンを割る状態になっています。逆に南部群を水揚げする但馬は2千トンを常に維持していて、ハタハタの漁獲高で日本一に何度もなっています。
 ただ、地元では食べるものの京阪神で余り消費されていないので知られておらず、但馬のハタハタは地元以外では本場とされる山形や北陸に出荷されているようですね。

こんなもったいないことはない!

但馬の南部群のハタハタは北部群にくらべて小さいけれど脂が乗っていておいしいのです。一夜干しには最も適しているといえます

 先月、蟹の漁や荒れてハタハタが水揚げされず、魚屋さんから山形産のハタハタで作った一夜干しを頂き、食しましたが、今月は地物でできたものを魚屋さんが持ってきてくれたので記憶をたどって比較して見ました。

まずは焼く前です。

但馬のハタハタ 北国のハタハタ
(左が但馬で、右が山形で水揚げされたハタハタを使った一夜干し)

写真のフレームワークが悪く正確な比較はできませんが、トレイは同じ大きさです。明らかに但馬が小さく、山形は大きいことがわかります。また、山形産のほうが濃い茶色をしていますね。

焼いた後です。
但馬のハタハタ 焼き 北国のハタハタ 焼き
 
 焼くとさらに大きさの違いがわかりますね~。それだけではないのです。山形産のものにはちょっと独特のにおいがあります。ハタハタの内臓はとても臭いのですが、その匂いが少しします。但馬産のものはとても香ばしい香りです。ちょっと焼きすぎたにもかかわらず、透き通った脂が染み出してきますね。

 山形産のものは身も大きいので鍋で食べるのがいいのでしょう。但馬のものは脂が乗っているので一夜干しにもっとも適していると思います。
 ただ、山形産のものは大粒のブリコという卵巣が美味しいので優劣をつけるべきではないのでしょうね。
 
 ハタハタは他にも、生のものは薄めのダシで甘辛く煮たり、塩焼き、天ぷらが美味しいです。ただ、内臓がとても臭いので、苦手な方は頭と内臓を取ったものを購入するといいでしょう。

 私が買ったハタハタの一夜干しは10匹で500円です。

但馬土産にハタハタの一夜干しを買ってみてくださいね


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←食べ道楽への応援クリックお願いします。励みになります!

[edit]

淋しいけれど、また来年! ~最後の勢子蟹 

昨日は魚屋さんから「最後だよ~」と言われて

勢子蟹を家族で食べました。
そうです。松葉蟹のメス、勢子蟹は一昨日で禁漁。一般的にはもう手に入らなくなります。
勢子蟹

苦手な長男は食べられないのと、小さな次男には卵はあくが強いので4匹だけ購入したみたいです。本当にこの勢子蟹の味噌と内子は美味しい~

勢子蟹頂きます

卵も美味しいですが、内子に蟹味噌を乗せて日本酒で一杯頂くともうたまりませんね~

今年は大きなかにが獲れないで、その上、この毎日の悪天候で漁も出れないようで、蟹は高騰しています。脱皮する水蟹になるまでにたくさん獲れて、安く食べられるようになればいいですね。

勢子蟹を頂くのは、今年の11月まで待たねばなりませんが、これも個体数の確保のためです。

また来年の豊漁を願っていますよ



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←応援ポチッ! 励みになります。よろしくお願いします。

[edit]

但馬の海の幸! ~紅ズワイガニを頂きました 

高原の散歩の玉手箱に入っていたものです。
それは但馬の海の幸の一つ

紅ズワイガニです。
紅ズワイガニ

これは松葉ガニ(他のところでは「越前ガニ」「ズワイガニ」と呼ぶ)とは違い、外殻が柔らかく、赤い蟹です。

紅ズワイガニ 食べる


このように塩湯でして、砂糖やら酢等で作った「蟹酢」をつけていただくのが絶品です。
松葉蟹などと比べるとしっとりした身が美味しいのです。

奥方が裁いてくれました
紅ズワイガニ 料理後

濃厚な蟹味噌が旨そうです!!
紅ズワイガニ 身

どうですこの身のしっとり感!

時折、都会の方に塩茹での紅ズワイガニを送って聞く感想

「カニスキにしたら旨かったで~」

・・・・・けっしてカニスキにしないでください。松葉もそうですが塩湯でものをさらに湯掻くと身がぽそぽそに・・・・。そのまま食べてくださいね。

紅ズワイガニが生きたものを余り見ない理由ご存知ですか?紅ズワイガニはズワイガニに比べてさらに深い場所に住んでいて、居住深度の海水温と船上との温度が激しすぎてすぐに死んでしまうために、即刻ゆでてしまうようです。
 最近になって特殊な水槽を持つ船が出てきて生の物を食べられるようになってきたようですね。でもまだまだ少ないのできっと高くて手に入らないでしょう。刺身で食べてみたいですね~。

さあ次は松葉蟹だ!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←応援ポチッ! 励みになります。よろしくお願いします。

[edit]