07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

豊岡にできたオシャレでおいしくて安心なおにぎり専門店 ~58N MUSUBU 豊岡市 

 豊岡市街地に素敵なおにぎり専門店ができたという噂を聞いていて、早くいきたかったのですが、ようやくお邪魔することができました。

 お店の名前は58N MUSUBU(58エヌ ムスブ)さんです。

58N MUSUBU 外観

 場所はわかりにくいところにあります。総合高校の校舎とグラウンドを隔てる川沿いの道を、総合高校に入る方とは南の逆の方向に数件歩いた右手にあります。車は2台停められますが、大きな車は難しいかもしれません。

58N MUSUBU 看板

 看板もすごくいい感じで、デザイナーさんがいい演出をされていますね。女性の方がやさし気な笑顔で迎えてくれました。

58N MUSUBU 店内

 店内もすごくいい感じです。とてもおにぎり屋さんとは思えません。

58N MUSUBU 販売

 都会のおにぎりやさんのよう狭くないので、注文したら握ってくれたり、所狭しとおにぎりが並んでいるようなことはなく、アパレル関係の雑貨屋さんのような雰囲気ですね。

58N MUSUBU トレイ

 パン屋さんのようなトレイとトングではなく、こちらの木のボウルか鉄製の網に気に入ったものを入れていくシステムです。

58N MUSUBU お米の販売

 お米の販売もされていますね。これはいいですね。普通のコウノトリ米ではなく、おいしいお米がとれる神鍋高原のコウノトリ育む農法で育てた無農薬米です。

58N MUSUBU カウンター

 カウンターにも美味しそうなおにぎりがありました。

58N MUSUBU お茶

 ペットボトルのお茶の販売もされていますが、一押しはこちらの懐かしいポリ茶ビンのお茶ですね。懐かしいな~。汽車に乗ったらいつもこれを駅弁と一緒に買っていましたよね。

 いくつか購入して、奥方と家でいただくことにしました。

58N MUSUBU 購入

 袋もシンプルで素がいい感じですね。

58N MUSUBU 買ったおにぎり

 購入したおにぎりがこの5個です。全部で10種類くらいあったかな。袋を外したらこんな感じです。

58N MUSUBU 袋を開けてみました

 食べるのがもったいないくらいにおしゃれなおにぎりたちです。さっそくいただいてみましょう。

58N MUSUBU えび塩 58N MUSUBU えび塩

 こちらが海老塩(税別 140円)です。

 小さな桜えびがかわいいですね。三角おにぎりの周りに海老塩が付いているだけのシンプルなものですが、風味がいいですね。なんといってもお米が美味しいです。


58N MUSUBU たらこ 58N MUSUBU たらこ

 こちらがたらこちゃん(税別 135円)。ネーミングも可愛らしいですね。たらこが真中にちょこんと載せてあって、てっぺんに黒ごまが載せてあります。目玉おやじのようですね(笑)。

58N MUSUBU たらこ

 たらこがこれで足りるかなと思ったら、中にもたらこが入っていました。


58N MUSUBU さけ 58N MUSUBU さけ

 こちらはシャケ(税別 160円)です。表面に入りごまがびっしりで、中には鮭のそぼろが入っていました。私もこの組み合わせが大好きで、息子たちのお弁当にも握ってあげることがありますよ。


58N MUSUBU サバ大葉 58N MUSUBU サバ大葉

 ものすごく面白いおにぎりですが、塩サバ大葉(170円)です。俵握りに大葉と塩サバを載せて、お寿司のように細い海苔でくるりと巻いたものです。見た目だけでなくとてもおいしかったです。塩サバだけだと脂が強くなりすぎますが、大葉のさわやかさが調和をもたらしてくれていました。素晴らしい!


58N MUSUBU 煮卵 58N MUSUBU 煮卵

 こちらが煮たまごおむすびです。めちゃくちゃかわいらしいですね。煮卵にはしっかりと味が染みていて、堪らない美味しさでした。男子は絶対に買いますね~。


 全体に、おにぎりの形を見ていると、少しいびつなのですが、これはおむすび用の型を使っていない証拠ですね。握り具合が弱いとぽろぽろで、御結び特有の粘りがなくておいしくないし、握りが強いと米がつぶれて餅みたいになってしまいます。
 でも、このお店のおにぎりはどれもいい感じの握り方でした。

 
 コンビニのおにぎりと比べて価格的にもそれほど変わりませんし、なんといっても無農薬でおいしい、産地にこだわったお米というのがいいですね。


 あったらいいなと思っていたおにぎり専門店が但馬にもできました。嬉しいニュースです。


ご馳走様でした。またお邪魔します。


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←オシャレでとてもおいしくて、こだわりのあるおにぎり専門店さんに応援ぽちっ! お願いします。

ゴーハチエヌ ムスブ



関連ランキング:その他 | 豊岡駅


タグ: 豊岡市 

[edit]

出石にある心あったまる寿司屋さん ~すし処 大将軍 出石町 

 出石にちょっと乙女の湯で温泉を楽しんで、ついでに夕食を食べようとお邪魔したのが

すし処 大将軍 さんです。

大将軍 外観

 出石市外の東の郊外にある、そば屋さんなどと同じ敷地にあるお店です。車もゆったりと停められるので便利です。さっそく暖簾をくぐります。

大将軍 店内

 お店はさほど広くはなく、8名程度座れるカウンターと5名座れる座敷席が2つです。カウンターの向こうからお店の方の威勢のいい挨拶がいいですね。

 カウンターに家族で座ってさっそくメニューを拝見します。

大将軍 メニュー1
大将軍 メニュー2
(クリックして拡大してご覧ください)

 いろいろありますね。お寿司だけでなくていろいろなおつまみもあるので居酒屋的にも使えてよさそうです。店内にはその日のおすすめのメニューもありますのでそちらもご覧ください。

 先ずは生ビール(中) (600円)をお願いしました。

大将軍 生ビール

 旨いですね。

大将軍 刺し身

 寿司屋に入ったらまずは刺し身ですよね。刺し身盛り合わせ(1,000円)です。ハマチマグロでした。生わさびがいいですね。マグロはまずまずでしたが、ハマチと鯛は脂がのっていてさすが寿司屋さんといった感じです。おいしかったです。

大将軍 カキフライ

 つづいてこの日のおすすめのカキフライです。サラダもたっぷりでいい感じです。

大将軍 たこのから揚げ

 つづいてたこのから揚げです(500円)です。揚げ物2連発ですが、こちらも日本海の蛸で、コリコリした食感がたまりません。こちらはお寿司屋さんですから当然、揚げ物や焼き物などのにおいが出るものはカウンターではなく、別室の厨房で調理されます。ありがたいですね。

大将軍 茶わん蒸し

 このタイミングで奥方が大好物の茶わん蒸し(450円)を頂きます。出汁もおいしいです。いいですね~。

大将軍 牛肉のたたき

 ここで頂いたのが寿司屋さんでは珍しい牛肉のたたき(600円)です。適度な脂が入った赤身のおいしいお肉でした。安いけどいいですね。

大将軍 蕎麦サラダ

 肉系ばかりではまずいのでお願いしたのがサラダです。一見、普通のサラダに見えますが・・・

大将軍 蕎麦サラダ

 そばサラダ(600円)でした。蕎麦はもちろん手打ではないですが、和風ドレッシングの味がいいです。

大将軍 馬刺し

 ここで気になった馬刺し(1,000円)をいただきました。ちょっと小ぶりでしたが美味しいです。松本の蕎麦と馬肉料理の居酒屋を思い出します。蕎麦と馬刺しは最高です。


 大将にここからお寿司をいただきますとお伝えすると、笹のはっぱを出してくれました。この笹の上に寿司を置くのがこの店の流儀のようです。これは楽しい!

大将軍 寿司の笹の葉

 もう閉店までそれほどの時間がなかったのでネタがいくつか切れていましたが、いくつかいただきます。

大将軍 貝柱炙り

 先ずは貝柱のあぶりです。これは値段は忘れましたが美味しいものでした。ちょっと炙った貝柱も甘みが増し酢感じがしていいですね。

大将軍 ハマチ

 つづいてはまち(1個 200円)。ハラミのほうを飾り包丁で食べやすくしてもらっています。脂がすごくのっていて旨い!

大将軍 鯛

 さらには(1個 200円)。先ほど刺し身でいただいた脂ののった鯛です。旨いに決まっています。

大将軍 アナゴとたこ

 そしてコリコリの食感が楽しいたこ(1個 150円)とあなご(1個 200円)。あなごはふわふわでたれもおいしいです。

大将軍 ねぎカンパチ巻

 そして最後の一品はねぎカンパチ巻(一本 700円)。カンパチをたたきにして刻み葱と一緒にまいたものですが、これはいいですね。さっぱりとして最後には正解でした。

 長男以外の家族3人でおなかいっぱい食べたので、支払いは覚悟をしていましたが意外な安さでおどろきました。

 大将との会話もたのしいし、とても温かな雰囲気のお店で気に入りましたよ。夜に出石によるときに利用したいお店ができました。



ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←蕎麦で有名な出石で気持ちよく飲めるお寿司屋さんに、応援のポチッ!お願いします。

大将軍



関連ランキング:寿司 | 豊岡市その他


タグ: 豊岡市出石 

[edit]

幕の内弁当での宴席もまたいいですね ~割烹 高砂 日高町 

 久しぶりにお邪魔した割烹 高砂さんです。

高砂 宴席

 今回は予算が厳しいということで幹事さんで食事の予算が1,500円程度お願いしたら幕の内弁当での宴会となったようです。すでに宴席を用意してくれていました。

高砂 幕の内弁当

 だされた弁当を開いたらなかなか豪勢でうれしくなりますね。

高砂 天ぷら

 こちらが天麩羅のコーナーです。えび天も付いていますし、ちゃんと天つゆも出してくれました。ありがたいです。

高砂 しめ鯖

 今回の酢の物コーナーはしめ鯖でした。大好物ですのでうれしくなります。たこも付いていて日本酒がほしくなりますね。

高砂 刺し身

 刺し身コーナーもこの通り。さすがに予算が予算だけにたっぷりというわけにはいきませんが、美味しいマグロと鯛でした。充分だと思います。

高砂 惣菜

 こちらはアラカルト。だしまきと鶏肉のてりやき、さやえんどうに枝豆、かまぼこ、大豆とヒジキの煮物でした。どれもこれも大好物です。私の好みをご存じなのかな??

高砂 ご飯

 ご飯も炊き込みごはん。いいですね。

高砂 茶わん蒸し

 宴席の途中に茶碗蒸しも出してくれました。これは茶碗蒸し星人としてはたまりませんね。

 
 今回も予算に合わせて上手に仕上げてくれました。最近は冷凍食品をたっぷりのせた幕の内が人気のようですが、私はそれはどうかと思います。お酒の席ですからほどほどの量でおもてなしの料理人の心があったほうがいいですね。




ご馳走様でした。またお邪魔します。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←様々なシチュエーションに合わせた宴席を準備してくれる高砂さんに応援クリックお願いします。

寿司割烹 高砂




関連ランキング:懐石・会席料理 | 江原駅

[edit]

但馬牛で埋め尽くされた但馬のうまいもんを集めた弁当 ~quality market wada-ya(和田屋) 城崎温泉 

 城崎温泉で面白くておいしい弁当があるというので予約して購入したのがこれです。

但馬牛三昧

 但馬牛三昧(1,680円)というお弁当です。

 これは駅から地蔵湯に向かう途中の信号の右隅にあるquality market wada-ya「和田屋」さんが日曜限定・数量限定で予約販売されているお弁当です。

 但馬の誇る但馬牛を中心に但馬のうまいものを城崎の若旦那で構成される城崎温泉旅館経営研究会が調理法や攻勢をこだわりにこだわり作り上げた話題のお弁当です。

 また、包装されている手拭いがいい感じですね。これはしっかりしたもので捨てることなく利用できます。

但馬牛三昧

 手ぬぐいをほどくとパンフレットがありました。これにはお弁当の内容について細かな説明とともに、研究会のメンバーのお店と、そこでつかえる1,000円分のクーポンがありました。面白いサービスです。つまりは購入価格は1,680円ですが、クーポンを使えば680円でこの弁当が頂けるということでしょうか。さっそく包みを解きます。

但馬牛三昧

 あけたら肉・肉・肉ですよ~~~。

 上から但馬牛のローストビーフ・ステーキ・すきやきになっています。

但馬牛三昧

 真ん中にあるのは但東町の地鶏の卵の温玉ですね。野菜は神鍋高原で採れた野菜を利用し、ご飯はコウノトリを育む農法で作られたお米が炊かれています。

但馬牛三昧

 ローストビーフがうまそうです。これはたまりませんね。

但馬牛三昧

 さっそくいただきます。

 少し購入してから時間もたっているので少し冷めていましたが、さめていても美味しくいただけます。美味しいですよ。ボリュームも結構ありますし美味しいものでした。

但馬牛三昧

 但馬牛をこれだけ使った弁当で1,680円は納得できますし、1,000円のクーポンがついていることを考えるとお得ですよね~。

但馬牛三昧 但馬牛三昧
(クリックして拡大してご覧ください)

 季節によって野菜料理も変わるでしょうし、これからも改良がくわえられることでしょうから楽しみですね。なによりも若い人たちがこういうチャレンジをしているってことが素晴らしいです。

 それぞれの調理法の但馬牛に付けるソースに味の違いがはっきりとしたものになればさらに面白いかな。


 このお弁当は毎回すぐに売り切れるそうです。ぜひとも早めの予約を。詳細は和田屋さんの公式HPにて。




御馳走様でした。またお予約します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←若い人たちの思いが詰まった素晴らしいお弁当に、応援クリックお願いします。励みになります!

タグ: 豊岡市城崎 

[edit]

職場の弁当だけでなく、いろいろな場所で活躍する弁当 ~お弁当 こうのとりの里 

 食べ物ネタが多いこのブログですが、それは外回りが多かったり、休日に頂いたりするためで会社でのお弁当をよくいただいておるからであります。
 職場のお弁当は以前もご紹介しましたがお弁当 こうのとりの里さんです。

こうのとりの里弁当 器

 いつも外食ばかりではないのですよ~。

こうのとりの里弁当 中身

 何時も安くご提供いただいております。たしか300円少々だったと聞いたことがあります。

こうのとりの里弁当 おかずいろいろ

 この日のメインは紅鮭すり身の磯部揚げ野菜の巾着煮蟹カマでした。

 副菜もこの日は大好物ばかりでした。

こうのとりの里弁当 ひじき

 ひじきと枝豆、ごぼう、人参、揚げの煮物ですね。こういう煮物は歳のせいか毎年好きになってゆきます。

こうのとりの里弁当 ジャガイモ

 こちらはジャガイモ、人参、こんにゃく、ちくわをぽってりと甘くたいたもの。これは御飯が進みますね~。野菜がたくさん採れます。

こうのとりの里弁当 牛蒡

 そして牛蒡の酢の物ときゅうりのキュウチャンです。夏の暑いときには好意さっぱり系もほしいですね。

こうのとりの里弁当 ご飯

 そしていつも思うのですが此方のご飯がなかなかおいしいです。但馬の御米を使用しているとか。人によって大盛りとか、小盛りとかできればいいですね。



 ところでとある会議でこのお弁当 コウノトリの里の大きな弁当と出会いました。

こうのとりの里弁当 イベント用

 会社のお弁当だけでなく、いろいろなお弁当を予算に合わせて作ってくれるそうです。そういえば、一度イベントで大量のご飯を炊いてもらったこともありました。


 こういう企業にお弁当を宅配されていおられる会社がたくさんありますが、他のお弁当はどんな感じなのでしょうか? 


ご馳走様でした。また配達願います! 


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←地域の企業のためにがんばるたくさんのお弁当屋さんに応援ポチ!お願いします!

[edit]