01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

隠れ家的なコテージ風宿泊施設でいただく豪華なカニ料理で大満足 ~ファームハウス のの花 豊岡市気比 

 但馬に帰ってきました!

 私が東京から帰ってきたと聞きつけた先輩から、うまい蟹を食べようとお誘いがありました。お邪魔したのが海水浴や漁港がある気比地区。東の浜の近くの料理旅館だと思ったら、さらに車は走り続け、むしろ山の方に向かっていきます。
 周りが田んぼだらけになったところで車が停車しました。そこにあったのが
ファームハウス のの花さんです。 

のの花 外観

 ご覧の通り、周りがまっくらなので看板だけがぼ~~っと見えるだけです。車は6台ほど停められます。

のの花 食堂

 小さなイングリッシュガーデン風の庭を通り、建物の間を気をつけて歩いていくと食堂があります。

 結構な広さです。実はいくつかの宿泊棟があって、食事はここに集まっていただくという施設です。空きがあれば食事だけでもOKのようです。ただし>完全要予約なのでご注意を。宿泊棟は後で紹介します。

のの花 鍋と七輪

 テーブルの上には鍋と七輪があります。蟹のゴールデンコースですね。このお店ではお野菜は自家製で、海鮮類はその日に揚がったものを利用するという農園食堂のようなコンセプトで営業されています。こんかいは15,000円のおまかせコースをお願いしています。

のの花 刺し身盛 

 先ず登場したのが刺し身の盛り合わせです。

 これは凄ぉ~~~~~~~~~い! 

 最高にぜいたくな材料が新鮮なので光り輝いていますね!

のの花 刺し身盛 カニの刺身

 カニの刺身です! 最高ですね。ぷりぷりで甘くてたまらない旨さでした!

のの花 刺し身盛 イカ

 これはイカですね。ピカピカですよ。これも最高に甘くてうまかったです。

のの花 刺し身盛 鰆

 こちらはサワラの炙りです。岡山で最高にうまいものを食べたのですが、こちらのさわらのあぶりも最高です。
 昨日、気比漁港で生き締めされて揚がったもので、140センチもあったそうです。昨日は半身を刺し身にして、今日は刺し身では味が落ちるかもしれないので炙りにしたようです。
 レモンと一緒に頂きましたが、脂がのって最高でしたよ。

のの花 セコガニ 

 こちらは松葉ガニのメスであるセコガニです。

 地元の人はオスよりこちらの方が好きです。

のの花 セコガニ 外子

 カニをばらしていくのですが、何と温かいです。生の物を茹でてくれたようです。これは抜群にうまいです

 まずはプチプチの外子(卵)をいただきます。茹でたてなので生臭さも全くなくてふわふわで旨いです。

のの花 セコガニ 内子とカニ味噌

 そして胴体を抜いて、カニみそと、卵にこれからなる赤い内子をいただきます。これがまた最高なのです。


 さあ、メインの松葉ガニに向かいますよ!

のの花 カニ

のの花 カニ アップ

 高級なタグ付きの蟹です。 今朝揚がったばかりの生きたものです。

のの花 焼きガニ 

 さあ、次は焼きガニです。鍋よりも蟹の味が濃くなっていいのです。新鮮なので肉から湯気が上がるくらいでいただきます。焼き過ぎたらだめですよ。

のの花 焼きガニ 

 堪らない旨さです。

のの花 焼きガニ カニ味噌

 そしてオスの頭の部分を焼いて香ばしくカニみそをいただきます。たまりませんね~。


 さあ鍋ですね。

のの花 カニスキ 

 カニの棟の部分を入れて、自家製野菜を鍋に投入して、ぐつぐつとわいてきましたよ。カニ鍋ですね。出汁にみりんやしょうゆなどで薄く味をつけるとカニスキといいますよ。出汁にも味があるのです。

のの花 カニスキ しゃぶしゃぶ

 まずはかにしゃぶです。これまた茹ですぎ厳禁ですよ。

のの花 カニスキ しゃぶしゃぶいただきます

 ぷりぷり、ふわふわの蟹は最高ですね!

 ここからは夢中で食べて、先輩と大いに語ったので写真が撮れていません。すいません。

 さあ、〆ですよ。

のの花 カニスキ 雑炊

 カニ雑炊ですね。

のの花 カニスキ 雑炊いただきます

 最高で~~~~~~す!


 この値段で、この量、このクオリティーは極めて素晴らしいと思います。誰かお客さんが来たらここでご招待したいですね~。


 さあ、宿泊棟を見学しましょう。

のの花 宿泊棟 リビング

 こちらは1階のリビングです。宿泊棟は4棟あって、3つが2~4人、1つが4~8名泊まれるリビングとトイレもついたロッジのような感じになっています。

のの花 宿泊棟 ベッドルーム

 ベッドルームも快適そうですね。


 次は家族でお泊りにしようかな?




 ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←に、応援クリックお願いします!


ファームハウス のの花



関連ランキング:オーベルジュ | 城崎温泉駅

タグ: 豊岡市 

[edit]

豊岡市街地にある寿司屋さんでお昼ごはん ~割烹・寿司 豊寿司 豊岡市 

 豊岡市街地でお昼に歩いていると暖簾がかかったりかかっていなかったりするお店がいくつかあり、気になっていました。その中の一つである割烹・寿司 豊寿司さんに暖簾がかかっていたのでお邪魔することにしました。

豊寿司 外観 

 豊岡市役所から東側に2本隔てた道路沿いにあります。

豊寿司 表のお品書き

 寿司屋さんというと値段が気になるところですが、表にちゃんと明示されているので安心ですね。勇気を振り絞って暖簾をくぐります。

豊寿司 店内

 ご覧の通りの典型的な寿司やさんのレイアウト。縦に伸びるカウンターの後ろに4人テーブルが並んでいますね。

豊寿司 テーブル

 ちょっと早めのお昼タイムだったので、他にお客さんはいらっしゃらないのでテーブルに座ってメニューを拝見します。

豊寿司 メニュー1

豊寿司 メニュー2

 わかりやすいメニューです。

豊寿司 お品書き

 カウンターの向こうにもその日のおすすめのお品書きがあります。

豊寿司 お茶

 大きな湯飲みに入ったおいしいお茶をいただきながらメニューを拝見し、ちょっと悩みましたが、財布の関係からお願いしたのがこれです。

豊寿司 握り寿司 

 にぎり(税別 1,000円)です。

 手前は左からタコ、ハマチ、蒸えび、鯖。奥は左からイカ、マグロ、鯛、サヨリだったと思います。

豊寿司 アジ

 こちらは味かと思いましたが、うろこの無い腹の感じから鯖だとおもいますが、しめ鯖のような酢の香りは少ないです。

 シャリはちょっと柔らかめです。ほんのり温かかったので、私が早めに訪れたからかもしれませんね。

豊寿司 ハマチ

 シャリの分量はちょっと多めです。

豊寿司 サヨリ

 サヨリのネタが嬉しいですね。


 仕出し料理もされて折られるようです。一度頼んでみようかなと思いましたよ。


ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←豊岡市と一緒に歩んでこられた寿司屋さんに、応援クリックお願いします。励みになります!


豊寿司



関連ランキング:寿司 | 豊岡駅


[edit]

城崎で有名な魚屋さんの海鮮丼を食す ~おけしょう鮮魚の海中苑 城崎温泉 

 城崎温泉でお昼ごはんをいただくことにしました。お邪魔したのがテレビでも何度も紹介されている鮮魚料理のお店、
おけしょう鮮魚の海中苑さんです。

海中苑 外観

  駅前通りにあります。おけしょう鮮魚さんは城崎温泉や豊岡市街地に手広く鮮魚を販売されている鮮魚卸のお店で、その直営の販売店とお食事処です。

海中苑 販売所

 1階は鮮魚と加工品の販売所です。ここで買った魚介類を2階で調理していただくこともできますよ

海中苑 看板 海中苑 看板

 販売所の左側に看板があり、2階にある食事処の入り口があります。

海中苑 階段

 階段を上ったところがレストランですよ。

海中苑 店内

 店内はテーブルの席になっています。天井には小さな漁船がぶら下げてあって雰囲気づくりがばっちりですね。

 一つのテーブルに座ってさっそくメニューを拝見します。

おけしょう鮮魚の海中苑 メニュー1

おけしょう鮮魚の海中苑 メニュー2 おけしょう鮮魚の海中苑 メニュー3

おけしょう鮮魚の海中苑 メニュー4 おけしょう鮮魚の海中苑 5
(クリックして拡大してご覧ください)

 車でなければ単品物を頼んでお酒を飲みたくなりますね。ここはぐっと我慢です。

 お願いしたのがこれです。

おけしょう鮮魚の海中苑 海鮮丼 海 

 海鮮丼 海(1,940円)です。なかなか豪勢ですね~。海鮮丼にはミニタイプの舟もありますが、ちょっと物足らない感じのようでした。

おけしょう鮮魚の海中苑 海鮮丼 海 味噌汁

 味噌汁は蒲鉾と魚の赤だしでした。おいしかったです。

おけしょう鮮魚の海中苑 海鮮丼 海 アップ

 この海鮮丼には11種類の具材がのっているようです。え~~っと、サーモン、ハマチ、タイ、ウニ、カニ、甘エビ、ホタテ、イカ、タコ、イクラ、とびこですね。季節によって少し変更はあると思います。

 これはおいしそうです。ちょっと白い具材がめだっているので、盛り付ける順番は考えてもいいかもしれないですね。

おけしょう鮮魚の海中苑 海鮮丼 海 たれ

 こちらの醤油ダレにわさびを解いて、どんぶりからぶっ掛けていただきます。

おけしょう鮮魚の海中苑 海鮮丼 海 タイ

 まずはタイにイクラを載せていただきます。ご飯は寿司めしではなくて白ごはんですね。さすがに魚の卸商さんだけあって、新鮮で美味しいです。

おけしょう鮮魚の海中苑 海鮮丼 海 カニ

 もうすぐ漁期がおわるベニズワイガニもいただきます。

おけしょう鮮魚の海中苑 海鮮丼 海 甘海老

 甘海老も新鮮で、ぷりぷりで臭みがなく、甘みが抜群でしたね。

おけしょう鮮魚の海中苑 海鮮丼 海 イカとウニ

 そしてこちらがイカとウニです。イカに細かな飾り膨張が施してあって、軽く炙ってあります。おいしいものでしたね。


 ご飯の量的にも観光地の海鮮丼と思えないくらいでした。

 なかなかランチとしては豪勢ですので度々はいただけないですが、ちょっと贅沢をお許しください。


 次はゆっくり単品でビールが飲みたいものです。



ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←お魚を美味しくいただけるお店に、応援クリックお願いします。励みになります!


おけしょう鮮魚の海中苑


関連ランキング:かに | 城崎温泉駅


タグ: 豊岡市城崎 

[edit]

地元の人にはソウルフードといえるかにちらし寿司をいただく ~かに寿司 大黒屋 城崎町 

 城崎にお昼一番で用事があってお昼をいただくことにしました。駅前の市営駐車場に車を停めて移動します。城崎の豊岡市営駐車場は一時間は無料ですから便利です。

大黒屋 外観

 御邪魔したのは駅前にある かに寿司 大黒屋さんです。

 このお店は看板からもお分かりいただける通り、昔からある老舗のお店のひとつです。もともと、城崎温泉は宿泊がメインですから、むかしはスマートボールや射的、お土産やさんなどはあるものの、外食のお店はそれほどなかったのですが、このお店は惣兵衛の小さいころからあります。なんと創業以来70年以上の歴史を持つとか。今ではたくさんの飲食店が軒を重ねる城崎駅前ですが、このお店の貢献度は計り知れないと思います。

大黒屋 ショーケース

 ショーケースには松葉ガニを使った料理の数々が並んでいます。持ち帰りのメニューもあるようです。帰りの電車に乗る前にここのお料理を買って持ち込むのもいいですね。

大黒屋 店内

 暖簾をくぐりますが、中にはちょっと高齢の観光客の皆さんでいっぱいです。

大黒屋 テーブル

 テーブルに座りますが、一輪挿しに小さくて可憐な花が迎えてくれます。さっそくメニューを拝見します。

大黒屋 メニュー

大黒屋 かにメニュー

大黒屋 セットメニュー

 メニューを拝見しましたが、セットメニューとか松葉ガニのメニューなど少し進化しているようです。さすがです。

 スッと注文できると思いましたが、うどん・そばのセットメニューもブロガー的には注文したくなりますし、地元城崎の方々の間で評価の高いかにの巻き寿司も捨てがたい・・・。

 う~~~~~ん。

 ようやくお願いしたのがこれです。

大黒屋 かに寿司 

 かに寿司 ちらし (1,300円)です。

 城崎は観光客目当てでカニを使ったメニューが多いですが、このかにちらし寿司は但馬の人のソウルフードです。子どものころは豊岡の業者さんが駅弁でかにを形どったプラスチックの器にかにのちらし寿司を作ってくれて、これを食べるのがとても楽しみでした。

大黒屋 かに寿司 カニ身

 かに身はとてもしっとりとしていて、上質ですね。これにはあまり酢をつけていないのでカニのうまみを存分に楽しめますよ。

大黒屋 かに寿司 いただきます

 シャリの上に錦糸卵が盛られていて、かに身がびっしり敷きつめられています。その上にグリーンピースと焼きのりがトッピングされていますね。

 シャリがけっこう甘目で美味しいです。蟹はしっとりとしていて、強い味付けがないのでいいと思いまます。私たちの子どものころの「ごっつぉ」がここにありました。

大黒屋 かに寿司 海苔と一緒に
 
 焼きのりともいただきましたが、なんだか懐かしい思い出がふつふつと湧き上がってきました。目頭を熱くしながらいただきます。

大黒屋 かに寿司 かに握り寿司 

 喜びに浸っていたところ、いつも親しくしてもらっているお店の方から試食のお誘いをいただきました。松葉ガニの握り寿司です。

大黒屋 かに握り寿司 いただきます

 これは本当にきれいです。ずいぶん前に以前いただいたのがかにみそ握りでしたが、そのころのネタの蟹はここまで大きくなかった気がします。
 握り寿司はカニの足でもものすごく大きな爪の次とその次の足の身ですね。醤油を少しつけていただきましたが、かにの香りで口の中がいっぱいになります。

大黒屋 かに寿司 かに軍艦巻き 

 3本目以降の少し小さめの足は軍艦巻きになっていました。いいアイデアです。凄くおいしかったですよ。


 久しぶりにお邪魔して、いろいろな思い出を振り返ることができました。味も昔から変わらないですね。こうした昔からある店をどんどん応援していきたいと思います。

 次はこのかにの握り寿司もいただきたいですし、地元の若旦那の絶賛しているカニみそ入りの巻き寿司もいただきたいです。家族でお邪魔して、いろいろつまんで満喫したいと思いますよ。あと、良い蟹を使っているので価格設定が高くなるのは納得しますが、江戸前の寿司屋みたいあまりコストのかからない青さでもいいので赤だしがあればお得感が増す気がしますね。



ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←昔から地元の住民に支持される蟹寿司屋さんに、応援クリックお願いします。励みになります!

大黒屋



関連ランキング:かに | 城崎温泉駅



[edit]

香住の人々に愛される新鮮で美味しい地魚料理がいただけるお店 ~一品地物 ひょうたん 香美町香住 

 香住の友達と久しぶりの飲み会です。香住のメンバーが用意してくれたのが一品地物 ひょうたんさんです。

ひょうたん 外観

 浜沿いの裏路地にある小さなお店で、昼間はお店とは判別できないくらいです。隠れ家的なお店ですね。前回は冬にお邪魔しましたね。冬の魚介も美味しかったけど、今回は夏の地魚です。楽しみですね。

ひょうたん 宴席

 すでに宴席の準備は完了していました。

 付け出しは何だと思います?

 実はこれ、ノドグロの塩煮です。手のひらサイズのノドグロの頭とひれをとって、塩で煮て、一味唐辛子を加えたものです。これがまたとてもおいしいかったです。

ひょうたん 刺し身盛り合わせ

 こちらが刺し身の盛り合わせです。60センチの特大のお皿に漁師町らしくどか~~~んと刺し身が載せられています。ここからすべての料理は7人前ですから驚きです!!!

 手前は白イカ、左はなんと鮮度が求められるイワシ、真中がアジのたたき、右奥が、一番奥がツバスです。どれも新鮮で抜群の美味しさです。日本海で鰯の刺身が食べられるなんて幸せですね~。

ひょうたん 岩牡蠣

 大将が笑顔で運んできてくれたのが、なんと旬の岩牡蠣!!
 
 それもデカい!
 
 甘くて抜群のうまさでした!!

ひょうたん 焼き物

 ここで焼き物盛り合わせ

 なんじゃこれ~~~~~~~~~~~~っ!!!!

 先ほどの刺身で使った白イカの足などを使った白イカのげその塩焼き と、なんと、ノドグロの一夜干しです!!

 ぜいたく過ぎ~~~~~~~~~っ!!!!!

 絶妙な塩梅で、香ばしくてたまらない旨さでした。

ひょうたん モサエビ

 さらに焼き物が続きます。大量に盛られたモサエビの塩焼きです。凄いビジュアルだ~~~っ!

 よく鬼えび(ドロエビ)を塩焼きにしますが、こちらのほうが殻が柔らかいので、そのまま皮をむかずにいただいてもOKです。

ひょうたん だし巻き

 次はどんな凄い海鮮料理が出るのか楽しみにしていたら、だしまきが登場しました。

 逆の意味でおどろきました(笑)。でも出汁がたっぷりで美味しいだしまきでしたよ。やるな大将!!

ひょうたん カメノテ

 次は海鮮に戻って、思い切り漁港料理であるカメノテの塩ゆでです。

 いいポイントがあるのでしょうね。私たちが採る亀の手よりも一回り大きいです。かなり食べ応えのある亀の手でした。

ひょうたん 蕎麦

 ここで、またまたびっくりの手打ちそばです。おそらく十割そばではないかと思います。大将、蕎麦も打てるのね~。素晴らしいです。とてもおいしくいただきました!!

ひょうたん もずく雑炊

 そしてこちらの最後の〆の逸品であるもずく雑炊です。

 もずくのちょっとしたヌメリと、旨い出汁が最高です。これは家でも作りたいですね。飲んだ後に最高ですよ!


 今回も香住の仲間と最高の宴席になりました。

 旨い魚に、旨い酒、そして素敵な仲間がいれば時間があっという間に過ぎていきます。

 ありがとうございます!!


ごちそうさまでした! またおじゃまします!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←香住の漁港近くで美味しい魚を出してくれる隠れ家的なお店に、応援クリックお願いします。励みになります!

ひょうたん


関連ランキング:レストラン(その他) | 香住駅


[edit]