FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

ラーメン店で但馬の旨いもの満載の鍋に舌鼓! ~かっちゃんラーメンSP 日高町 

 友人に「鍋で一杯飲まない?」って幹事をお願いしたら、設定された会場はなんといつもお世話になっている
かっちゃんラーメンSPさんでした。

かっちゃんラーメンSP 外観

 暖簾をくぐってびっくりです。

かっちゃんラーメンSP 席

 カウンターの裏側にある2つの座敷席を1つにして席を用意してくれていました。

かっちゃんラーメンSP 店内

  この状況はとても面白いですね。豪華な鍋の向こうで、カウンターの向こうで大将がラーメンを作っておられます。なかなかほかのお店ではこういった景色は見られませんね。

かっちゃんラーメンSP 具材

 このをご覧ください。大きな皿にこれでもかってくらい具材がのっております。これで3人前で、1人4,000円くらいというから驚きです。要予約のメニューだと思います。

かっちゃんラーメンSP 具材アップ左

 皿の左側にはハタハタ、鰯のつみれ、鶏のつみれ、牡蠣、原木椎茸、なめこなどです。

かっちゃんラーメンSP 具材アップ右

 右側にはセコガニ(松葉ガニのメス)、自然薯の団子、カレイです。

 但馬の冬の味覚が満載ですね~。

かっちゃんラーメンSP 鍋 よそってくれました

 特製のおいしい出汁をはって、大将が鍋に具材をどんどん盛り付けてくれました。

かっちゃんラーメンSP 鍋 セコガニ

 生のセコガニは火を通しすぎると旨くないので後で入れるそうです。うまそうですね~。

かっちゃんラーメンSP 鍋 ビール

 まずはビールをいただきながら鍋の完成を待ちます。

かっちゃんラーメンSP 鍋 鍋の完成

 しばらくして鍋が完成しました! さっそくいただきましょう!

かっちゃんラーメンSP 鍋 鶏肉とつみれ

 鶏肉はさすがに丸鶏を骨ごとぶつ切りにしたものです。骨付きの肉は美味しいです。鰯のつみれはニラや生姜のにおいが抜群です。自然薯の団子はモッチモチで最高です。さすが、かっちゃんとうなります。

かっちゃんラーメンSP 鍋 ハタハタとカレイ

 冬の地魚の代名詞である山ガレイハタハタですよ。これがうまい。地魚万歳です!

かっちゃんラーメンSP 鍋 牡蠣

 こちらがぷりぷりの牡蠣です。今年もおいしい時期が来ましたね~。

かっちゃんラーメンSP 鍋 ハタハタ

 先にハタハタを器に入れたら、箸で行ったので身が崩れてしまいました。大将が別のをゆでて、そっとよそってくださいました。なんと白子入りのハタハタでした。鍋に抜群に合いますね。

かっちゃんラーメンSP 鍋 セコガニ完成

 そのころにはセコガニが完成していました。

かっちゃんラーメンSP 鍋 セコガニいただきます

 但馬人は大きなマツバカニよりも、こちらのほうが好きですね。

かっちゃんラーメンSP 鍋 セコガニの内子

 この内子が最高ですね。このセコガニは大将の目利きがいいのでしょう、とても身が詰まったものでした。

かっちゃんラーメンSP 鍋 カレイの一夜干し

 最後に、焼き魚が食べたいと、大きなカレイの一夜干し(500円)を追加しました。これまた旨い!!

 全部を完食することができず、迎えに来た奥方にも手伝ってもらいました。大満足の一言です。


 またも大将に驚かされた一夜となりました。次は何が出てくるのか楽しみです。




ごちそうさまでした!またお邪魔します!



にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←新しい味を提案してくれて、常に最上を目指すラーメン屋さんに、応援のポチッ!お願いします!

かっちゃんラーメンSP




関連ランキング:ラーメン | 江原駅


タグ: 豊岡市日高 

[edit]

つるつるになる素敵な温泉とボタン鍋をいただく ~シルク温泉やまびこ 但東町 

 但馬で人気のある温泉の一つ但東シルク温泉に行ってまいりました。

シルク温泉

 こちらの温泉はとにかく泉質がよく、ぬるぬるした感じの重曹泉で肌がつるつるになって気持ちがいいのです。こちらでゆっくり温泉に浸かった後、宿泊施設であるシルク温泉やまびこさんに移り食事をいただくことになりました。


 こちらでは懐石料理も素晴らしく、かにすきや但馬牛のすき焼きやしゃぶしゃぶもいただけるのですが今回はぼたん鍋(冬季の平日限定、要予約)をいただくことにしました。

シルク温泉 ぼたん鍋

 すでに鍋がセットされていました。お風呂もいただいたのでおなかも空いています。

シルク温泉 ぼたん鍋 獅子肉

 きれいに名前の通り牡丹の花のように盛り付けられたおいしそうな獅子肉です。肉の色もよくておいしそうです。

シルク温泉 ぼたん鍋 野菜

 味噌ベースの鍋ですからおいしい大根とにんじんがあるのはうれしいですね。そして何よりもありがたいのが大量の牛蒡です。ぼたん鍋の牛蒡は美味しいです。


シルク温泉 白和え

 鍋に火をつけて具材を入れて待っている間に数の子の粕和えをいたえだきます。美味しいですね。日本酒が欲しくなってしまいます。

シルク温泉 刺身盛り

 こちらが刺身盛りです。但東は山間の地域なのですが美味しい刺身を用意してくれました。ありがとうございます。

 そんなおいしいつまみと御酒をちびちびやっている間に鍋が煮立ってきていましたよ。

シルク温泉 ぼたん鍋 完成

 おなかが空いていたのできれいに盛り付けられることなくこんな雑多な感じですが美味しい香りが漂っています。

シルク温泉 ぼたん鍋 いただきます

 これは美味しいですね。臭みもなく程よい柔らかさでこれは箸が進みます。お店の方から出された山椒に驚きます。

シルク温泉 朝倉山椒

 これは養父市八鹿町の朝倉という戦国大名の朝倉氏の発祥の地といわれる地区で誕生した朝倉山椒です。とげのない大粒で香りが強いものでぼたん鍋にはぴったりですね。

 これは美味しいですね。みんなで一気にいただいてしまいました。

シルク温泉 デザート

 最後はデザートで締めました。


 気持ちのいい温泉をいただき、地元の美味しい獅子肉をいただく。幸せですね。つぎは赤花そばもいただきたいですし、評判の懐石料理もいただきたいですね。


御馳走様でした!またお邪魔します!



にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←素晴らしい温泉と美味しい牡丹鍋、蕎麦をいただける但東町に応援ポチッ!お願いします!

シルク温泉やまびこ



関連ランキング:旅館 | 豊岡市その他


[edit]

これこそ地産地消だ! 究極の虹鱒とすっぽん鍋・・・・・。神鍋の名店で大満足なプライベート宴会 ~神鍋山荘 わらく  

 懇意にしていただいている神鍋山荘 わらくさん。少し前から和楽さんが特別に作られるすっぽん鍋がおいしいといううわさがあったので、いつか食べたいといっていたら、いいすっぽんが釣れたのでどうですかとお誘いいただきました。

和楽 外観

 休日を利用して気の合う仲間でプライベートな宴会です。通常メニューではないのでいつもはいただけないですのであしからずご了承くださいませ。


 まず出されたのが虹鱒とブリの刺身盛り

和楽 虹鱒とぶりの刺身

 虹鱒の育ての親でもある田村君も来ていたのでみんなの反応が気になる様子です。さっそくみんなはしを伸ばしていました。

和楽 虹鱒とぶりの刺身

 どうです?この鮮やかさ。素晴らしいでしょう? 上にちりばめられている魚卵はもちろんニジマスの卵です。ルビーのようですね。

和楽 虹鱒とぶりの刺身

 ブリとニジマスの戦いは、ニジマスの圧勝でした。ブリは確かに時期ではないのですがニジマスの脂の乗りと深い味わいはすごいの一言です。このあと少ししゃぶしゃぶにしましたがこれまた絶品! 神鍋の名物になると思います。

 他には鴨肉のローストホタルイカの糀漬けも出していただきました。

和楽 カモとホタルイカ

 鴨肉は甘辛のチャーシューのように味つけされていて、お野菜と一緒に頂くと絶品のおつまみになります。

和楽 鴨

 ホタルイカはもうご飯が欲しくなるうまさ! 焼酎のロックがあいますね~~。

和楽 ホタルイカ


 いきなり豪勢で地産地消の珍味により幕を開けた宴席ですが、本日の主役、すっぽん鍋が登場します。

和楽 すっぽん鍋

 これは何かわかりますか? これがすっぽんです。実は惣兵衛、すっぽんはすでに鍋で湯がかれているものしか見たことがなく、こうして生で大量のものは初めです。
 褐色の身には独特で、地鶏のような香りが漂います。若旦那が釣ってきたものを鱒の養殖場に桶を置いて十戸の清水できれいに泥を吐かしたものです。

和楽 すっぽん鍋

 野菜もこの通り、和楽さんの自家農園で採ってきたばかりの旬の野菜です。どれもこれもつやつやしていますね。

 さっそくだしの中にすっぽんの身を投入して鍋の開始です。

和楽 すっぽん鍋

 すっぽんの鍋のスープは生姜の香りが高いあっさり醤油味。この通り野菜をしゃぶしゃぶしていただきます。すっぽん鍋はすっぽんの身をいただくというより、こうしてすっぽんのうまみをたっぷり含んだスープで野菜をいただくものだということです。今回初めて知りました。今まで身を食べてといわれていたのはなんだったのか・・・。

和楽 すっぽん鍋

 確かにネギや水菜など野菜がとてもおいしいです。かなりがつがつ頂きました。若旦那が畑に追加でとりに行こうとしたくらいです。

和楽 すっぽん鍋

 せっかくなので身もいただきますよ。

 鶏肉の骨の近くとかアバラの部位に似た感じです。とても香ばしくジワリとした風味がいいですね。

和楽 すっぽん鍋

 そしてこのゼラチンがたっぷりな部位も楽しいですよ。


 今回は若いメンバーが多かったので肉が欲しいと大合唱! すると若旦那が持ってきたものがこれ、

和楽 ホルモン

 ホルモンです。ささっとこういったまかない的に調理してくれるところがさすがです。カセットコンロで焼けるホルモンコンロで焼いていただきますよ。

和楽 ホルモン焼

 太ってしまう…と思いながらもこれは食べちゃいますね。


 宴会も3時間。そろそろ終わりが近づきました。締めは すっぽん鍋の雑炊です。

和楽 すっぽん鍋

和楽 すっぽん鍋

 しょうがのスープにすっぽんのうまみが凝縮された雑炊ですから最高に決まっています。のんだ後にもすっきりさせてくれますから体にもよさそうです。


 大満足で宴会を終えました。


 さて、こちらの御店では1組だけ宿泊できるようになっていることは知っていたのですが、その宿泊棟を休日なので見学できました。

和楽 宿泊室

 掘りごたつの田舎っぽいけれど快適な客室ですね。故郷に帰ってきた感じが素敵です。

和楽 宿泊室

 お風呂は石造りの円形のお風呂。これまた素晴らしいですね。


 一度ゆっくりと泊りで訪れてみたくなりました。


ご馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←素晴らしい料理に素晴らしいお部屋を提供してくれる神鍋山荘 和楽さんに、応援クリックお願いします。

神鍋山荘 和楽



関連ランキング:旅館 | 豊岡市その他


タグ: 豊岡市日高 

[edit]

人気のお店で鍋で宴会 ~楠くす 豊岡市 <移転> 

※この記事は移転前のものです。

12名ほどで宴会に行ってまいりました。

会場は豊岡の人気のお店楠くすさん。

楠くす のれん

 暖簾をくぐるのすぐに階段。いつもは左のテーブルとカウンター席なんですが、右側の大部屋に向かいます。

楠くす 店内

 大体20名くらいは入れます。明るい壁に黒い畳がいい感じです。今回は鍋の宴会ということでテーブルにはすでに鍋が並んでいます。予算は3,500円くらいだったでしょうか。飲み放題が1,000円でしたので財布にも優しいです。

 まずはピッチャーから注がれたピールで乾杯です。

楠くす ビール


 さっそく刺身盛り(写真は3人前)の登場です。

楠くす 刺身

 マグロ、ハマチ、サーモン、鯛、エビ、ヨコワでしょうか。ミョウガもあって見た目もきれいです。

楠くす 刺身のエビいただきます

 どれも新鮮でおいしいものでした。特に鯛がおいしかったですね。

楠くす 鍋具材

 そして、鍋の具材が運ばれてきます。鶏肉、豚肉、鶏団子、エビ、帆立貝がメインの具材でした。

今回は4つのテーブルにそれぞれ違う鍋を用意してもらいました。

 隣がチゲ

楠くす チゲ

 キムチの入ったチゲを想像していましたが、鶏がらスープに辛い調味料で作られていました。これいいですね。食べている人は汗をかきかきおいしそうに食べていました。

 向こう側がトマト鍋

楠くす トマト鍋

 できれば肉類はオリーブオイルで焼き目をつけたいところですが、トマトのスープがおいしいのでこれまた好評でした。

 その向こうが寄せ鍋

楠くす 寄せ鍋

 和風のしょうゆだしでおいしくいただきました。

 そして私たちの鍋は白湯鍋

楠くす 白湯鍋

 火の通りやすい海老と帆立貝は火が通りやすいので食べる直前にいれました。これまた意外とさっぱりで、うまみもあっておいしかったです。

 途中、1階で焼き物をやっているご主人から串焼き盛り合わせの差し入れがありました。

楠くす 串焼き

 串もおいしいですね。今度は下のお店にもいかねばなりません。

楠くす 焼きおにぎり

 続いて焼きおにぎりも登場。いい感じでした。こちらのご主人とは旧知の仲なのでありがたい厚意に感謝です。

 この後はうどんで締めました。大満足の宴席でしたね。


 次は懐石コースで宴会もいいかもしれませんね。


御馳走様でした! またお邪魔します!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←鍋もおいしい人気のお店に応援クリックお願いします!

楠くす




関連ランキング:居酒屋 | 豊岡駅


タグ: 豊岡市 

[edit]

今年も驚愕のCPを誇る大満足のフグコースをいただきました ~大阪屋 日高町 

毎年恒例になっております大阪屋さんでのフグ三昧の宴会です!

大阪屋 外観

 いつもは食堂として営業されていますが、この時期はフグが出され、団体が入ると貸切にしてもらえます。いつもありがとうございます。

 さて、フグのコース(5,500円)の始まりです!

 お店につくと既にテーブルのセットがされていました。

大阪屋 セット

 初めての人を連れてきたのでみんな期待でわくわくです。先ずは出されている梅酒で乾杯です!

 そして付け出しのフグの横隔膜の酢味噌和えをいただきました。

大阪屋 フグの横隔膜の酢味噌和え

 何とも適度に弾力のある部位で、こういう和え物にはぴったりですね。

 そうして、みんなが驚くてっさ《フグの刺身》が登場しました!

大阪屋 てっさ

 この大きさが写真で伝わるでしょうか。40センチほどの大皿に薄く切られたフグがびっしりと美しく並べられ、皮の部分などもたくさん盛られているんです。

大阪屋 てっさが並ぶと・・・

 テーブルに並べられたらこんな感じ。向かい合ったペアーでお皿一枚ずつですからすごい迫力です。

大阪屋 てっさをいただきます

 もみじおろしとねぎを入れたぽん酢にてっさを箸でずるりとすくっていただくと大満足です。実は、女性陣の中では刺身を食べた段階でかなりおなか一杯の方も出てくるほどでした。

 でも、このコースは当然まだ前座段階ですよ~。続いて出てきたのがフグの白子の茶碗蒸し

大阪屋 白子の茶碗蒸し

 白子がふんわりとして美味しいのです。白子はあらかじめ尾根がしておけば白子ポン酢にしてもらうことも可能と思います。

 いつの間にか ひれ酒(別料金 600円)で盛り上がっていました。

大阪屋 ひれ酒
大阪屋 ひれ酒

 ライターでちょっとアルコールを飛ばして香りを十分に楽しめました。

 
 そうして、真打のてっちり《フグ鍋》の登場です!

大阪屋 てっちり

 すごいでしょう?このボリューム。まずはあらの部分をだしに入れて煮込みます。

大阪屋 アラをたく

 そして野菜を入れたら完成です!

大阪屋 てっちり 完成

 とってもおいしくいただきました。フグのみもたくさん頂けます。鍋を食べ進んでいるとお店の方からこれもどうぞと・・・

大阪屋 餅

 焼き餅ですね。焼いてあるのでさっと火を通してとろりとしたらいただけますよ。

 鍋の合間にフグのから揚げも出してくれました。

大阪屋 フグのから揚げ

 これがとてもおいしいんですよね。真ん中くらいのぶつ切りなので身もふんわりでおいしいし、食べやすいんですよ~。

 そうして鍋と言ったらやはり雑炊で〆です。

大阪屋 雑炊完成

 ぽん酢と出してもらった岩のりをパラ理と降ったらとても風味の高い美味しい雑炊になりましたよ!

大阪屋 雑炊いただきます


 おなかも心も大満足です。

 これで5,500円は安いでしょう~。


なお、持ち帰りもできるようですのでご案内申し上げます。

大阪屋 持ち帰り

大阪屋さん、お世話になりました。





ご馳走様でした。またお邪魔します!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←美味しいフグを安く提供してくれる大阪屋さんに応援クリックお願いします!

 

大阪屋




関連ランキング:定食・食堂 | 江原駅


タグ: 豊岡市日高 

[edit]