06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

多目的に復活した豊岡劇場で久しぶりに映画鑑賞 ~豊岡劇場 豊岡市 

少し前に訪問した事です。

 田舎からはどんどん映画館がなくなってしまいました。私たちの但馬地方にも豊岡市内に2カ所、養父市に1カ所ありましたが、数年前にすべてのスクリーンから光が消えました。

 しかしながら素晴らしい方々により、私たちの子どものころの思い出の映画館 豊岡劇場が2014年12月に復活したのです。1927年(昭和2年)に開業して2012年3月31日に閉館して2年半のブランクを経て復活させた皆さんに感謝です。

豊岡劇場 外観

 外見は昔のままです。

 この施設はとある設計会社さんがこの映画館をただ単に復活させるだけでなく、音楽をやったりダンスをしたりするレンタルスペースとしても活用し、バーも併設して、映画館を中心としたコミュニティを作ろうと考え、リノベーションの費用をクラウドファンディングで集めて、この様に立派に生きた施設として再生されたものです。

豊岡劇場 内部

 内部はこの通り。昔のままの階段もありますが、写真の奥にあるのが
COMMUNITY SPACE + BAR AJITOです。
 
 その奥にはレストランのビアドリット 豊劇店さんの入り口もあります。

豊岡劇場 ソファー席

 ここまではフリーでは入れて休むこともできますし、カフェバーとしてのみ利用してもOKなのです。さっそく惣兵衛もドリンクをお願いしました。

豊岡劇場 メニュー

 チケットもここで売っていますよ。

 
 スクリーンは2つあり。大ホールは186席の傾斜がついたホールです。今回の作品は2階の小ホールです。

豊岡劇場 小ホール 

 ご覧のとおりフラットな配席ですが、昔あった沢山の席を大幅に減らしてゆったりとできるようになっています。

豊岡劇場 沈黙

 今回観たのは沈黙(サイレント)という作品です。遠藤周作の小説が原作です。私もお気に入りの映画「タクシードライバー」の監督である巨匠マーティン・スコセッシがどうしても映画化したくて今回取り組んだ意欲作です。
 江戸時代にポルトガルから師の消息を訪ねて渡ってきた若い宣教師が、目の前で拷問を受けながら死んでいく日本人キリシタンの姿をみて苦しみ、主はなぜ沈黙するのかということをテーマにしたヒューマンドラマです。いい作品ですよ。

豊岡劇場 小ホール チケット

 チケットもなかなかレトロでかっこいいです。

豊岡劇場 小ホール ソーダ水

豊岡劇場 小ホール こたつ席

 前のほうはこんなユニークなこたつ席があります。但馬らしいですね。

豊岡劇場 小ホール ソファー席

 逆に最後尾の席はこのようなゴージャスなソファー席です。これは最高ですが寝てしまいそう・・・・。

 AJITOで買ったソーダ水(300円)を飲みながら映画の開始を待ちます。

<<映画鑑賞>>

 いい映画でしたね。この様な作品を近くで見られるのは本当にありがたいです。ただ、隣が「モアナと伝説の海」だったと思うのですが、シリアスなシーンの時に楽し気なミュージックが漏れ聞こえてくるとちょっと映画の中に入りこめなくなるときがあったのが残念かな。
 こういうしんみりとした作品の時には、同時上映の作品のセレクションに配慮があっていいかなと思います。


豊岡劇場 小ホール 前へ

 「この世界の片隅に」がアンコール上映されていますし、ゴールデンウイークには「ラ・ラ・ランド」も上映されるそうです。ちょくちょく利用したいと思います。

 詳細は豊岡劇場公式HPをご覧ください。


映画館で多目的に楽しめるなんて素敵ですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←映画館を復活させた人たちに、応援クリックお願いします!


ajito


関連ランキング:カフェ | 豊岡駅


[edit]

チューリップが満開でカールおじさんも大喜び ~2017たんとうチューリップまつり 但東町 

 桜が散って八重桜が満開ですが、但馬の春の花のイベントといえばこれですね。

2017たんとうチューリップ祭り ポスター

 2017たんとうチューリップまつりです。

 満開だというので早速行ってまいりました。

2017たんとうチューリップ祭り 会場

 駐車場から川の向こうの広い会場が見えます。チューリップがいっぱいですね。

2017たんとうチューリップ祭り ゲート

 こちらが入り口のゲートです。近くにあるモンゴル記念館のかたがPRのチラシを配っておられました。

2017たんとうチューリップ祭り 真っ赤

 受付で700円を払ってに友情しましたが、いきなり真っ赤なチューリップ迎えらえて気分が盛り上がります。

2017たんとうチューリップ祭り 販売コーナー

 こちらがチューリップの販売コーナーです。プランターの寄せ植えや、一本ずつ球根ごと掘り起こして購入したり、目当ての球根を予約することもできます。

2017たんとうチューリップ祭り 展望台

 さらに奥に進むと展望台が見えてきます。当然登りますよ~。

2017たんとうチューリップ祭り フラワーアート

 展望台で上る途中の写真です。

 何かわかりますか?

2017たんとうチューリップ祭り カールおじさん

 今年のフラワーアートカールおじさんです。素晴らしい出来栄えですね。思わずにっこり笑ってしまいます。


 展望台からはチューリップ畑を一望できます。

2017たんとうチューリップ祭り 左

こちらが右側の様子。

2017たんとうチューリップ祭り 右

 こちらが左側ですね。めちゃきれいです。

2017たんとうチューリップ祭り 地面の絵

 展望台を降りると道路に絵が描かれています。

2017たんとうチューリップ祭り 水で絵を書くおじさん

 おじさんがかわいらしい絵を水で次々と書いておられるのです。これは楽しいですね。

2017たんとうチューリップ祭り かかし

 こちらには何とも可愛らしい案山子がたくさん。この地域でこういったかかしをつくる活動をされている方がおられるのです。いいですね。

2017たんとうチューリップ祭り 一番奥から

 こちらが会場の一番奥からの眺めです。見事ですね~。

2017たんとうチューリップ祭り 飲食テント

 一番奥には飲食ブースがあります。さっそく入ってみました。

2017たんとうチューリップ祭り うど

 入ってすぐにウドを販売されておられました。揚げたて濃度の天ぷらが試食できます。とってもおいしかったのでウド2本(300円)を購入しましたよ。

2017たんとうチューリップ祭り バザー

 バザーも大賑わいです。但馬牛や担当の白い茄子を使ったカレーやどんぶりまでありました。惣兵衛はおこわを購入しましたよ。

2017たんとうチューリップ祭り 森のエリア

 畑ばかりではなく、森の会場もあります。

2017たんとうチューリップ祭り カールおじさん

 よく見るとかわいらしいカールおじさんの人形があります。「カールおじさんを探せ」というイベントもされていたようですね。

2017たんとうチューリップ祭り 森のカフェ

 森の中にはカフェもあります。とってもおいしいコーヒーやフレンチトーストなどもいただけますよ。

2017たんとうチューリップ祭り カールおじさん 反対から

 こちらがカールおじさんを反対から見たところです。やっぱり反対側からはよくわかりませんね(笑)。



 今年も大変楽しかったです。このイベントは花の開花状況によりますが、4月30日(日)までの予定だそうです。今が満開です。ぜひともはやめにお越しくださいね。


チューリップも綺麗ですね!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←地域の人たちが丹精込めて作ったちゅーりぷと、それぞれの得意技で盛り上げてくれる地元手づくりのイベントに、応援クリックお願いします!


2017たんとうチューリップ祭り 地図
タグ: 豊岡市但東 

[edit]

但馬の海事と城崎郡を治めた豪族の社を訪ねて ~式内海神社 豊岡市小島地区 

 今年の初詣で但馬五社巡りを行いましたが、そこで紹介した絹巻神社にかかわりが深く、お邪魔したいと思っていた
式内海神社さんにお参りしてきました。

式内海神社 前の通り

 城崎温泉街をさらに北に北上し、左に山が迫り、右は円山川が流れる狭い場所にあり、手前に金属製の大きな水槽があるので神社がそこにあるとはちょっとわかりにくいと思います。

式内海神社 神社遠景

 駐車場らしきものはなく、ちょっとした空き地に車を停めて参道の真正面に来てそこに神社があるとわかるほどです。

式内海神社 石碑

 石碑をみると歴史を感じますね。

 実は歴史だけでなく、式内神社であり、名神社であることからかなりの高い社格であるのです。

式内海神社 鳥居

 石の鳥居をくぐって消して広くはないものの、ひっそりとした境内に入ります。

①清明宮(黄沼前神社)時代
   この小島地域の豪族である海部直命が但馬の海事を治めることになり
   海部氏の始祖を神として清明宮を建立し祀りました

②絹巻神社に合祀
   海部直命は城崎群司も兼務し、絹巻神社を建立し、清明宮を合祀した。
   直命が亡くなり、気比に海神社が立てられ直命を祭神とした。
   海神社を絹巻神社に合祀し、海神社絹巻大明神となる

③海神社として分祀

   時を経て、絹巻神社から分離。元に清明宮のあった場所に海神社を建てる。

 と、なかなか興味深いです。

式内海神社 壊れた鳥居?

 境内の右側には石碑と壊れたと思われる鳥居のようなものがあります。これは何なのでしょうか??

式内海神社 わに岩

 境内の左側には大きな岩があります。これは鰐岩(わにいわ)といわれる奇石があります。名前の由来は境内の外から見たらわかるのですが、大きな割れ目があって、これが鰐(サメ?)の口に似ているということなのでしょうか。

式内海神社 社殿

 石段の上にはさほど大きくない建物があります。これが本殿覆屋ですね。この中に本殿があります。小さな社なので拝殿はありません。

 入るのは遠慮しようかと思いましたが、鍵もかかっていなかったので頭を下げて恐れ入りながら入ります。

式内海神社 本殿

 なかには小さいながらも彫刻が立派な本殿がありました。心安らかにお祈り申し上げました。

式内海神社 金毘羅社

 本殿覆屋の横にはこの神社唯一の小さな境内社がありました。これは金毘羅社のようですね。金毘羅さんは海の神様です。この地を見守ってくれているのですね。

 その隣にはコンクリートの建物がありました。何かと思ったらその近くにある石碑にその由来がかかれていましたよ。

式内海神社 石碑

 ここに真水の水源があり、公共の為にこの地の方から組合に提供され、簡易水道の飲み水として利用されているようです。

式内海神社 石碑の銘文

 但馬には規模こそそれほど大きくはないですが、いろいろな歴史物語が点在していて楽しいですね。




神社と古代の歴史ロマンは楽しいですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←水辺と城崎のを見守ってきた神社に、応援クリックお願いします!


式内海神社 地図

[edit]

城崎温泉街の桜は今週末が見頃ですよ!!  

 昨日は仕事のついでで城崎温泉にお邪魔してきました。お昼抜きで仕事をしていたので午後1時過ぎに30分だけ散策することにしたのです。

城崎温泉の桜 2017 

 城崎温泉も桜がきれいなのです。大谿川(おおたにがわ)の駅に近いほうは有名な柳並木なのですが、その奥のほうには桜が川を覆うように咲いていてとても素敵なのです。

城崎温泉の桜 2017 

 さほど大きな木ではないのですが、川を挟んで狭い路地があり、小さな橋がいくつもかかり、両側に建物が並ぶ木屋町小路の雰囲気はコンパクトでとても素敵ですね。

城崎温泉の桜 2017 

 可憐な桜の花は海外の方々も共感してくれているようです。周りを歩く人たちはほとんどが外国の方です。マナーが悪いといわれる国の方も、ここに来られる方々は旅慣れた方なのでマナーも素晴らしく、みんなで桜の美しさを共有しながらめでられて気持ちがいいです。

城崎温泉の桜 2017 

 川面に散った桜の花びらの様子もまたきれいですね。

城崎温泉の桜 2017 

 よく見ると足元には夫婦のようなお地蔵さんもおられて風情があります。

城崎温泉の桜 2017 

朱色の橋がやはり桜には映えますね。

城崎温泉の桜 2017 

 すこし壁が傷んだ日本家屋と桜が何ともいい感じ。

城崎温泉の桜 2017 

 日本の風景に桜は欠かせませんね。

城崎温泉の桜 2017 

 狭い路地を抜けて表通りに出ます。ここは城崎のロープウェイの近く、温泉街の一番奥になります。ここも桜がきれいですよ。

城崎温泉の桜 2017 

 視界が広がりますが、桜の存在感は圧倒的ですね。

城崎温泉の桜 2017 

 温泉の歴史を見つめてきた温泉寺に向かいます。

城崎温泉の桜 2017 

 日本の神社仏閣と桜の花は最高のコントラストを見せてくれますね。

城崎温泉の桜 2017 アップ



夜にライトアップされた様子も観に行きたいですね!

 城崎温泉や出石などのソメイヨシノの見頃は今週末が最後だと思います。でも、八重桜がその後を引き継いでくれますし、神鍋や氷ノ山の高地はまだまだこれから。

但馬の桜を楽しんでくださいね!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←城崎温泉を彩る桜を、応援クリックお願いします!

城崎の桜 2017 地図

タグ: 豊岡市城崎 

[edit]

八鹿の外れにある八木地区にある素晴らしいしだれ桜の巨木に心打たれる ~西方寺  養父市八鹿町八木 

 但馬の桜がとてもきれいになりました。仕事で国道9号線を仕事で関ノ宮・鳥取方面に向かう途中でいつもしだれ桜が素晴らしいと思っていたお寺がありました。西方寺というお寺です。仕事中だったのでなかなか寄れませんでしたが、ブロ友のひびきさんが但馬の桜の写真を紹介しいてとリクエストをいただきましたので、今回は特別にお邪魔しました。

西方寺  外観

 どうです? すばらしいでしょう?

西方寺  桜を見上げる

 このお寺を含めてこの辺りには国道9号沿いにはたくさんの立派なお寺が連なっています。それはなぜかというと、このお寺を登っていく山の上に八木城というお城があり、この辺りは城下町だったのです。
 よくよく考えると竹田城に近い細い街道沿いに作られた城下町の街割りには興味がそそられます。

西方寺  山門

 こちらの山門も素晴らしい造形美です。

 八木城の城主はだれかというと別所氏です。別所氏というと秀吉の「三木の干し殺し」で滅亡した別所長治が有名ですが、そのおじいさんの就治が別所氏の全盛期を築きました。但馬の盟主である山名家のライバルとして君臨した赤松家が没落し始めると家臣の別所就治は独立し、優れた武勇で尼子氏などを駆逐して大名になったのです。その三男 重宗は滅亡した本家とは別に秀吉の家臣となり、ここ養父市の八木に城を与えられて、城下町を築いたのです。面白い巡り合わせですね。

 ここで別所重宗は楽市楽座を開いて城下町を反映させたそうですね。だから養父の道の駅は但馬楽座と名付けたのでしょうか。

西方寺  境内

 どうです? すばらしい桜でしょう? 茅葺屋根を覆う赤い鉄板の朱色と桜のピンクが素敵ですね。

西方寺  本堂

 こちらが本堂です。この辺りの城下町の名残を感じますね。

西方寺  しだれ桜

 この大しだれ桜をご覧ください。

 この桜はこのお寺の檀家さんたちが昭和天皇の即位を記念して昭和2年に植樹してここまで育ててきた樹齢90年の古木です。本当に素晴らしいですよね。

西方寺  桜アップ

 樹高は約18m。はるか高い場所から降り注ぐように垂れ下がった枝にはたくさんの可憐な桜の花がたわわに咲いていました。

西方寺  桜と国道

 滝の流れの様に降り注ぐ桜の花の下に国道が走っています。

西方寺  桜

 初めて近づいてみましたが、予想以上に素晴らしい美しさです。

西方寺  桜アップ

 近所のおばあちゃんたちと立ち話をしましたが、「どうだ~~~え~~。きれいだら~~が~~。」と声をかけられました。誇りをもってこの桜を愛されている様子がよく伝わりました。

西方寺  見上げる

 桜並木は但馬にもたくさんありますが、一本の木でここまで圧倒してくる桜の木は樽見の桜ほか沢山はないです。

西方寺  全景

 ようやく気になっていた桜とゆっくりと対面できました。

 この桜を保存する為に保存会の方々がお寺や近くの喫茶店で募金活動をされているそうです。観に行って感激されたらご協力お願いいたします。

 今度はどこの桜を観に行こうかな?



夜にライトアップされた様子も観に行きたいですね!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←長くこの地域を見下ろしながら見守ってきたしだれ桜に、応援クリックお願いします!


西方寺  地図
タグ: 養父市八鹿 

[edit]