FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

豊岡市が『演劇のまち』へ!!  『第0回 豊岡演劇祭』 

 豊岡市『演劇のまち』になる!

 そういえば2014年に『日本劇作家大会 2014 豊岡大会』が開催されてこのブログでも紹介していました。
 ⇒こちら

城崎国際アートセンター

 その後も城崎国際アートセンターでは毎年のようにアートインレジデンスというパフォーミングアートのアーティストが滞在してこちらで作品を制作されていて、高く評価されていることはしっていました。

城崎国際アートセンタ―公式HP

 このところ、その豊岡市で驚きのニュースが連発しています。

 まずは豊岡市に世界的な劇作家である平田オリザさんが移住して、しかも劇団青年団の本拠も東京のこまばアゴラ劇場から移転されるとか。

「雛形」という移住に関する情報サイトにそのストーリーが掲載されています。

 とても素敵なお話です。

 さらに豊岡市に兵庫県が4年制の大学を作る予定で、2021年に開学予定というニュース。

 仮称ですが国際観光芸術専門職大学というそうです。
 
国際観光芸術専門職大学 完成予想図

 大学のホームページもできています。こちら
 

 そしてさらにさらに、演劇祭も開催される予定。

第0回豊岡演劇祭

 第0回 豊岡演劇祭です。

 ⇒豊岡演劇祭公式HP




 永楽館の歌舞伎もあるし、豊岡市、そして但馬がこれから楽しみです!




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←豊岡市が『演劇のまち』で元気になれますように、応援クリックお願いします!

タグ: 豊岡市 

[edit]

大切な掛け軸をきれいに直してもらいました ~足立表具店 献穂堂 養父市養父 

 今年のお正月に「正月掛け」の掛け軸を和室にかけようと思ったら、掛け軸の金具がさびて外れてかけられませんでした。そこで、いろいろと調べたところ、良い表具屋さんがあるというのでお邪魔してきました。

 養父市にある足立表具店 献穂堂さんです。

足立表具店 外観 

 なかなかいい感じの店構えです。

 早速引き戸を開いてお店に中に入ります。

足立表具店 店内

 中に入ると一目でそこが作業場と分かりました。


足立表具店 いろいろ

 いろいろなものが所狭しと並んでいます。

足立表具店 障子

 張替えを待つ障子がたくさん立てかけてありました。

足立表具店 呼び鈴

 この呼び鈴を押したらご主人がしばらくすると対応してくれました。

 木を加工するのが建具屋さんの仕事で、表具屋さんは紙を扱う仕事だとか、いろいろと教えてくれました。修理には数日かかるのでお預けしました。

 数日して携帯電話で完成したとのこと。取りに伺いました。

足立表具店 完成

足立表具店 アップ

 素晴らしい仕上がりです。数万円は覚悟していましたが5千円少々とびっくりの値段でした。

 これから大切にしたいですし、ほかの掛け軸もまた持ってこようと思いました。


 但馬の素晴らしい表具屋さんに感謝!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←すばらしい技術をお持ちの表具屋さんに、応援クリックお願いします!


足立表具店

〒669-3157 兵庫県丹波市山南町和田186
0795ー76ー0313

足立表具店 地図





タグ: 養父市養父 

[edit]

懐かしいお老舗で購入したお茶を思い出とともにいただきました ~岡田芳香苑 豊岡市 

  奥方にお茶を買ってくるようにと言われた惣兵衛です。惣兵衛はお茶が大好き。宇治や掛川のお茶のおいしいものをいただいています。今回はふと思いつき、母上様と昔お邪魔したことのあるお店に行くことにしました。
 名前は岡田芳香苑。豊岡のメインの商店街である大開通にあります。

岡田芳香苑 外観

 渋い外観です。豊岡市にはこのほかにも鰹節などを量り売りしていたお店もありましたが、こうした味のある店がなくなりつつあります。

岡田芳香苑 看板

 看板も格好よいでしょう?

岡田芳香苑 看板2

 抹茶も販売されていますよ。さっそく店に中に入ってみます。

岡田芳香苑 店内

 これはかっこいいです。タイムスリップしたみたい。

岡田芳香苑 極上

岡田芳香苑 その他のお茶

 古くて大きなケースに入っているお茶を量り売りしてくれます。

岡田芳香苑 秤

 こちらも歴史を感じさせるです。

岡田芳香苑 茶壷

 しぶい茶壷も並んでいます。

岡田芳香苑 茶器

 茶席で使う茶器も販売されています。

岡田芳香苑 袋入り

 今回は極上(グラム 360円)を1,000円分頂くことにしました。

 かなりの量になります。通常の倍くらいかな。

岡田芳香苑 いただきます

 さっそくお湯を注いでいただきました。

 抹茶を混合したりしていないので、お茶が出るまで少し時間がかかります。すこし葉の緑の味を感じる素朴な美味しいお茶でした。懐かしいです。
 
 次は別のお茶を試してみたいですね。



 ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←懐かしい雰囲気をそのまま残したお茶屋さんに、応援クリックお願いします!

岡田芳香苑 地図
タグ: 豊岡市 

[edit]

出石の町で素晴らしい出石焼の作品を鑑賞しながら素敵な器をお買い物 上田陶磁器店 出石町 

 出石蕎麦をいただいたら出石の町を散策しました。奥方が買い物に付き合ってほしいというのでお邪魔したのが上田陶器店さんです。

上田陶磁器店 外観

 出石の町は出石蕎麦が有名ですが、出石焼という素晴らしい伝統工芸品があります。出石皿そばの器もこの出石焼が使われています。4つほど窯元があり、それぞれ素晴らしい作品を購入できますが、今回は日用品を買いたいというので、他の産地の焼き物も購入できるお店であるこのお店をチョイスしました。

上田陶磁器店 店先の陶器

 ごらんのとおり、店先にはかわいらしい茶碗が並んでいます。値段もバリエーションがあり、日用品につかいのもちょうどいいですね。

上田陶磁器店 店内

 ごらんのとおり、色とりどりの、さまざまな形をした商品が並んでいます。どれを見ても素敵で、おかみさんのセンスの良さを感じますね。

上田陶磁器店 陶器

上田陶磁器店 出石焼の展示販売

 こちらが出石焼コーナーです。どれも素敵ですね。


 このお店でぜひ見ていただきたいのがこちらです。

上田陶磁器店 出石焼の極み

 大正時代の古い出石焼の名品が展示されています。非売品ですが、出石焼の素晴らしさと、名工の技術の素晴らしさを感じていただけるはずです。

上田陶磁器店 出石焼の精緻な作品

 つぼに鉢やバッタ、蝶々など、たくさんの昆虫が群がるようについていますが、もちろんこれは陶芸の技術で作られたものです。足や触覚の細さや、今でも動き出しそうな表現力には目を見張るものがあります。

 現在の技術をもってしても再現は不可能だそうです。日本の名工の技術力には頭が下がりますね。


 同じ但馬人として誇らしいです。この技術をぜひとも攻勢につないでいきたいですね。

 東京の青山スクエアにも展示販売されているそうですのでまた見に行きたいと思います。



 但馬の素晴らしい出石焼を応援しましょう!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←素晴らしい出石焼を展示されていて、入手も可能なセンスあふれる陶器屋さんに、応援クリックお願いします!

タグ: 豊岡市出石 

[edit]

JALさんには但馬と大阪・東京を便利でつないでもらっている上、PRまで! ありがとうございます。 

 長男の成人式で但馬に帰った話はいったんお休み、また後で。実は正月に京都に行った話もあります。しばしお待ちを。

 但馬空港のATR42-600

 東京から但馬に移動するにはJRも便利ですが飛行機も便利です。昨年の秋にサーブに変わって就航したATR42-600は快適です。東京を7:30に飛行機に乗れば、伊丹空港で乗りついで9:35分には但馬につけます。詳細はコウノトリ但馬空港の公式HPをご覧ください。

JAL 機内誌 

 飛行機にのると機内誌を観たくなりますよね。JALさんの機内誌「SKYWARD」です。それを開くと・・・・

JAL 機内誌 兵庫特集

 おっと兵庫県特集です。各県の特集を組んでいくようで、今年の1月号は兵庫県の番だったみたいですね。

JAL 機内誌 ファーストクラスのメニュー

 ここになんとJALの国内便のファーストクラスの食事は豊岡のホテル金波楼さんの料理長が企画した但馬の産物を使ったメニューが採用されているようです。

JAL 機内誌 出石蕎麦の記事

 1月限定ですので後僅かの期間ですが、是非ご覧ください。ファーストクラスをご利用の際には(惣兵衛には無理ですが・・・・・)ぜひお楽しみください。

JAL 機内誌 JALSHOP 

 そして機内販売の「JAL SHOP」

JAL 機内誌 JALSHOP 豊岡鞄

 こちらには豊岡鞄が登場しています。これまた嬉しい記事です。


 JALさんには様々な面で但馬をサポートしてもらっていますね。本当にありがとうございます!



但馬はこれを機会に世界の空へ!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村  ←但馬の後押しをしてくれるJALさんに、応援クリックお願いします!
タグ: 豊岡市 

[edit]