FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

大石りくさんに敬意を表して東京の忠臣蔵の聖地にお参りしました ~泉岳寺 東京都港区泉岳寺 

東京での休日です。久しぶりに泉岳寺に行ってみることにしました。泉岳寺といえば、あの忠臣蔵での重要な舞台になったお寺です。

泉岳寺 通りから

 都営浅草線の泉岳寺駅を降りて、北に向かうとすぐに青銅の屋根が美しい門が見えます。

泉岳寺 中門

 これは泉岳寺の中門になります。

泉岳寺 山門

 中門をくぐって先に進むと立派な山門が目の前に現れました。

泉岳寺 案内看板

 ここにお寺の境内の地図があります。ちゃんと外国語での説明書きもありますね。それもそのはず、さほど多くはないですが、外国人観光客の姿も目に付きます。

泉岳寺 大石倉之助の銅像

 山門の脇には大きな銅像がありました。これは大石内蔵助の銅像です。

泉岳寺 山門を裏から

 山門を横から見たところです。街歩きのお年寄りのグループが楽しそうに見学されていました。

泉岳寺 境内

 山門を先に行くと広い境内に入ります。

泉岳寺 境内全体
(クリックして拡大してご覧ください)

 ごらんのとおり、建物で囲まれています。

泉岳寺 本堂

 こちらが本堂です。立派ですね。

泉岳寺 説明書き

 説明書きがあります。

 このお寺は徳川家康が若き頃に育てられた今川義元の菩提を弔うために桜田門の近くに建立されたお寺だそうです。
 その後、三代将軍家光の命により現在の高輪に移転しましたが、作業を命じられた毛利、浅野、朽木、丹羽、水谷の5家がその縁から檀家になったそうです。
 よって、江戸での浅野家の菩提寺となり、切腹した浅野内匠頭がここに弔われ、四十七技師の墓所となったそうです。

泉岳寺 本殿の彫物

 立派な本殿の彫り物です。

泉岳寺 鐘楼

 左手にある鐘楼の前には美しい桜が咲いていました。

泉岳寺 赤穂浪士墓地 

 さらに境内の西に面した場所に石柱が並んでいる場所があります。赤穂義士墓地です。

泉岳寺 赤穂浪士墓地 血染めの梅と石

 こちらが血染めの梅と血染めの石です。浅野内匠頭の切腹の際に地で赤く染まったといわれる梅と石をこのお寺に移動して安置したそうです。

泉岳寺 赤穂浪士墓地 首洗い井戸

 こちらは首洗い井戸。義士たちが殊勲の墓前に吉良上野介の首を備える前に、この井戸できれいに首を洗い清めたといわれています。

泉岳寺 赤穂浪士墓地 大石家の墓

泉岳寺 赤穂浪士墓地 大石家の墓

 こちらが大石家の墓所です。

泉岳寺 赤穂浪士墓地 線香に火を

 墓所の前には小さな小屋があって、そこで線香(一束 100円)に火をつけてもらえます。

泉岳寺 赤穂浪士墓地 線香

 竹を割った器に線香を載せて墓参りです。

泉岳寺 赤穂浪士墓地 浅野家の墓

 先ずは浅野家の墓地にまいります。

泉岳寺 赤穂浪士墓地 浅野内匠頭の墓

泉岳寺 赤穂浪士墓地 朝の内匠頭の墓

 そしてこちらがその浅野内匠頭の墓です。当時はこの墓前に義士たちが集まって男泣きにくれたのですね。

泉岳寺 赤穂浪士墓地 浅野内匠頭の妻の墓

 そのわきには浅野内匠頭の奥方様のお墓もありました。


泉岳寺 赤穂浪士墓地 

 その先には赤穂浪士墓地です。じつは討ち入りを果たした四十七義士に加えて、討ち入りを志願したものの、周囲の反対で参加できず、無念の切腹をした菅野三平の墓もあるので四十八基の墓があります。

泉岳寺 赤穂浪士墓地 

泉岳寺 赤穂浪士墓地 

泉岳寺 赤穂浪士墓地 

泉岳寺 赤穂浪士墓地 配置図

 それぞれにひとつづつ線香をお供えしました。

泉岳寺 赤穂浪士墓地 大石内蔵助の墓

 一番奥にあるのが大石内蔵助のお墓です。


 赤穂浪士の話は但馬にとっても他人事ではありません。大石内蔵助の妻 大石りくさんは豊岡藩の出身だからです。深く頭を下げ、お墓参りをいたしました。

泉岳寺 赤穂浪士記念館 

 最後に赤穂浪士記念館木像の展示を拝見して泉岳寺参りを終了しました。

 記念館のVTRは英語版がないのが残念でした。せっかくの日本の武士の精神の象徴ともいえる赤穂浪士討ち入りのお話を理解されずに帰られています。
 

 良い墓参りができました。



赤穂浪士四十七志と大石りくさんの魂の安らからんことを


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←忠臣たちの魂の眠る泉岳寺に応援クリックお願いします。励みになります!

泉岳寺 マップ

[edit]

初めての靖国参拝で桜の美しさとはかなさを改めて実感 ~靖国神社 東京都千代田区九段下 

 友人を通じて但馬の桜が満開で、美しい状況を聞いています。ゴールデンウィークにはゆっくりできそうですので楽しみにしています。
 
 そこで少し前で、今では散ってしまっていますが東京の桜巡りのお話を少しします。

 今回お邪魔したのは靖国神社です。地下鉄九段下駅を降りてすぐのところにあります。今年は「靖国神社 御創立150年」になるのですね。

靖国神社 遠景

 今回お邪魔したのは靖国神社です。

 平成最後に、これまでの戦争で命を落としたあまたの英霊の御霊に手を合わせることには意義があると思って参拝することにしました。

 地下鉄から地上に出ると道の反対側に日本武道館があり、そこには歴史を感じる高燈籠があります。
昔は品川の沖にある船舶には目印になっていたようです。それだけ当時はこの高台まで見渡せたということですね。

靖国神社 大鳥居

さらに参道にむかう道にでると大きな鳥居が目に入ります。これは第一鳥居(大鳥居)といいます大正10年に日本一の大鳥居として建立されたそうです。現在のものは昭和49年に再建されたものです。

その参道のわきには大きな石碑やモニュメントが並びます。

靖国神社 常陸丸殉難記念碑

こちらが常陸丸殉難記念碑。日露戦争で攻撃を受けて沈没して船と運命を共にした千名余りの被害者の慰霊碑です。

靖国神社 田中支隊忠魂碑

 これは田中支隊忠魂碑

靖国神社 慰霊の泉

こちらが慰霊の泉。地獄のような戦場でのどの渇きを訴えながら亡くなった戦死者のために清らかな水をささげる母をイメージして作られたそうです。

靖国神社 大山益次郎銅像

靖国神社 大山益次郎銅像

参道の中央に立派な銅像が立っています。こちらは大村益次郎銅像です。陸軍の創設者で靖国神社の双肩に尽力したそうです。日本最初の西洋銅像だそうです。

靖国神社 第二鳥居

 さらに進むと道を渡り、先ほどの大鳥居よりも小さいものの、大きな鳥居に出会います。こちらは第二鳥居です。

靖国神社 大手水舎

そのわきにある大手水社で手と口を清め、いよいよ参拝に向かいます。

靖国神社 神門

靖国神社 神門 通過

 ここで初めて本格的な建築物である神門をくぐります。大きく開き放たれた戸には大きな菊の紋章が光り輝いていました。

靖国神社 境内
(クリックして拡大してご覧ください)

 こちらが境内の全景です。想像していたよりも大きくないので帰ってびっくりする惣兵衛です。でも、10本ほどの桜が迎えてくれました。

靖国神社 桜の標本木

 こちらに今回の話題にしたかった桜の木があります。これが「桜の標本木」です。毎回東京の桜の開花を知らせるためにメディアが取材に来る木です。この時も数台のカメラが来ていました。

 ただ単に有名なだけでなく、美しい桜の花をたくさんつけています。

靖国神社 能楽堂

 その奥にあるのが能楽堂です。さすがに立派なものですね。

靖国神社 中門鳥居

 この先には中門鳥居拝殿・本殿があります。

靖国神社 拝殿と本殿

 心を込めて英霊の魂の安らからんことと、日本の天下泰平をお祈りします。


靖国神社 遊就館

 参拝が済んだら明治維新の建国からこれまでの歴史についての資料がならぶ遊就館を見学することにしました。

靖国神社 遊就館 玄関ホール 

 入ると玄関ホールです。

靖国神社 遊就館 玄関ホール ゼロ戦 

靖国神社 遊就館 玄関ホール ゼロ戦

靖国神社 遊就館 玄関ホール 大砲

靖国神社 遊就館 玄関ホール 機関車

 零式艦上戦闘機52型C56型31号機関車89式15糎加農砲96式15糎榴弾砲などがありました。

靖国神社 遊就館 玄関ホール ゼロ戦 操縦席

 ゼロ戦の座席をご覧ください。軽量化を図るために穴まで開いていて防弾能力はまるでゼロです。海外の戦闘機には防弾装備があることを考えると考えさせられます。


 このあと、有料展示を拝見します。武士の歴史から明治維新、近代戦争への歴史について様々な資料が並びます。

靖国神社 遊就館 大展示室 

 途中の大展示室には艦上爆撃機「彗星」がありましたが、人間魚雷の「回天」や、ロケット特攻機「桜花」、特攻用に作られた高速艇など、見るのもつらくなる展示です。「九七式中戦車」もありましたが、洗車と呼べる代物ではなく、当時対峙したアメリカ軍のパットン戦車から見るとおもちゃくらいの防御力と戦闘力です。命の大切さをもう一度考えさせられます。

靖国神社 遊就館 大展示室 回天

靖国神社 遊就館 大展示室 彗星

靖国神社 遊就館 大展示室 桜花

靖国神社 遊就館 大展示室 戦車

 この後の展示では戦死者の遺影と遺書が並べられています。母親が結婚すらできず若く命を異国で散らした息子に、せめてあの世で結婚生活をと送った花嫁人形など、ぐっとくるものがあります。


 改めて戦争を起こしてはいけないという気持ちをむねに、そして多くの犠牲の上に立つ今の日本を大切にしたいと思い、美しい桜を愛でながら帰路につきました。




心から世界の平和を祈ります


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←あまたの英霊への鎮魂のクリックお願いします。励みになります!

靖国神社 マップ

[edit]

京都から九州に向かう西国街道の大阪までの6宿場の一つ 芥川宿を歩く ~大阪府高槻市 

 高槻のホテルでゆっくりとすればいいのですが、出張に行くといつもの早朝の散歩をしたくなりました。高槻といえば郊外の都市というイメージですが、歴史的に重要な場所でもあります。
 京都と大阪をつなぐ要衝ですからね。

 本当は信長の上京時に苦しめられた三好三人衆の一人の三好氏や、高山右近が城主になった高槻城跡を見たいと思ったのですが、今回は京都と九州をつないた西国街道にフォーカスしました。その内の、京都と大阪の間を山﨑街道というのですが、そこの中の6宿場のひとつ、芥川宿があるというので散策に行ってまいりました。

 高槻駅

 JR高槻駅の北側に到着です。まだ朝日が昇っている最中ですよ。

芥川町

 そこから芥川町という細い路地の中に足を勧めます。両側に自転車駐車場があり、学生やサラリーマンがたくさん集まってきています。

IMG_5261 (640x480)

 そこで特徴的な建物を発見します。明らかに古そうな妻入りの建物です。

芥川宿 仇討の辻 看板

 看板が立っていましたがここで江戸時代の初期に仇討があったそうです。「芥川仇討ちの辻」というそうです。

芥川宿 古民家

 そこから少し京都側にあたる北東に歩いていくとなかなか渋い古民家がありました。その後はしばらく歩きましたが何もなかったのでもと来た道を引き返します。

  さらに今後は南西の大阪側に歩みを勧めます。

芥川宿 神社

 ここには小さいながらも何やらいわれのありそうな神社があります。これは芥川一里塚三宝大荒神というそうです。

芥川宿 一里塚

芥川宿 一里塚の看板

 名前の通り、ここには一里塚があります。この宿場町の前後にはこういった塚が並んでいたそうです。

芥川宿 酒屋

 この酒店も素敵です。

芥川宿 酒屋の看板

 いつの看板かな?

芥川宿 酒屋の奥行

 この建物の奥行と造りの素晴らしさをご覧ください。
 
芥川宿 古民家

 このおうちは一見はコンクリート造りの家に見えますが、遠ざかってみると古い立派な家です。

芥川宿 古民家2

 この格子戸の家も素敵。

芥川宿 古民家3

 この2階の虫篭窓が小さなおうちも素敵です。

芥川宿 古民家4

芥川宿 お寺

 立派なお寺もありました。高槻という都会のまちで歴史の跡に触れられるなんていいですね。次はやっぱり高月城址ですね。



楽しめました。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←古い時代から多くの人たちの往来を見守ってきた芥川宿に応援クリックお願いします。励みになります!

芥川宿 地図

[edit]

お酒の悩みを解決してくれる大阪のおかくし様 ~かくし寺(法清寺) 大阪市北区曽根崎 

 出張で泊まったホテルで朝に目が覚めたら朝食前に早朝に恒例の朝の散歩を行います。

 今回目的にしたのはおかくし寺とされるお寺 法清寺さんです。

おかくし寺 外観

 繁華街のビルの中にひっそりとお寺を発見できました。

 この辺りは大阪城の北にある船場の北にいとなわれた北新地の遊郭街でした。

おかくし寺 内部

 中はそれほど広くはないですが市外の中にあるお寺としては清楚にされていて感心しました。

おかくし寺 手水場

 手水場は井戸水をくみ上げているようです。

おかくし寺 おかくし様 

 こちらがおかくし様です。

おかくし寺 おかくし様 アップ

 この御簾の向こうに墓石があるそうです。

 周りにはお酒の悩みを直したい人がしゃもじを奉納されています。

おかくし寺 おかくし様 説明書き

 由来はこの通り。

 要は、普段は美しくおとなしい遊女がいましたが、お酒を飲むと前後を忘れてトラブルが絶えなかったようです。それを見かねた兄が意見したそうですが、お酒を飲んでいた彼女は兄を傷つけてしまったそうです。兄殺しの罪で処刑することになりましたが、市中引き回しになる前に、油揚げを所望して、その油で髪をとかしつけて処刑場に行ったそうです。その美しい姿は耳目を集めました。
 彼女は最後の一念で自分と同じ悪癖になやむ世の人のために悪酒を止め酒に乱れぬ神霊たらんと誓願したようで、その後はお墓にお酒のことで悩む人が次々に訪れたそうです。


 なんだかわかる気がします。


 私もお祈りいたしました。


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←お酒のせいで非業の死に肩をしたおかくし様に、応援クリックお願いします!

おかくし寺 おかくし様 地図


[edit]

難波駅すぐ近くで安い駐車場を発見! ~大阪市営塩草駐車場 大阪市浪速区 

 預かった荷物を運ぶために神戸からレンタカーで大阪の難波近くに移動です。できるだけ安い駐車場をと探し当てたのが大阪市営塩草駐車場です。

浪速公園

 それは難波駅から西に歩いて10分くらいの浪速公園の地下にあります。

塩草駐車場 

 入り口前には大量の路上駐車があるので見逃さないように。

塩草駐車場 内部2

 内部は結構広いですがロケーションも良いし、値段も安いので結構いっぱいです。

塩草駐車場 内部

 しかもありえないくらい高級車がずらり。スーパーカーの姿も!

塩草駐車場 料金

 値段がこれです!

 なんと24時間700円!!


 豊岡市より安い・・・・(汗)。

塩草駐車場 営業時間

 ただ、夜間は出庫できないので注意してください。それと、駐車券がないと駐車場に入るためのエレベーターに乗れないので注意くださいね。


 お世話になりました。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←難波駅すぐなのにすごく安い駐車場に、応援クリックお願いします!

塩草駐車場 地図

[edit]