09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

今回買った三重県の関宿の土産もたのしいです 

 三重県土産といえば赤福餅や伊勢うどん、たくさんの魚介がありますが、関宿などの北部で購入したお土産を紹介します。

先ずは第5位 「志ら玉」 志ら玉屋

志ら玉

 こちらはお店の写真がなくて申し訳ないです。関宿の銘菓のひとつだそうです。カラフルな箱ですね。早速開けてみましょう。

志ら玉

 「志ら玉に旅はるかなる宿場まち」と詩にも詠まれた関宿の歴史あるお菓子なんですね。カラフルな3色の粒は三種の神器の一つである勾玉をイメージして作られたと言われています。

志ら玉

上質な米粉の生地の団子の中に北海道十勝産小豆のこし餡が詰められていてシンプルな美味しさでした。

志ら玉屋



関連ランキング:和菓子 | 関駅




第4位 「芳醇 黒胡麻油」 九鬼

九鬼 芳醇 黒胡麻油

 けっこう地物の胡麻油やさんがありますので、試してみてはいかがでしょうか。

芳醇 黒胡麻油 フランスパンでいただきます

 惣兵衛はフランスパンにオリーブオイルの様につけていただきましたが、これが相性がいいですね。おいしいです。



第3位 シェルレーヌ 株式会社ブランカ

シェル・レーヌ

 こちらは関宿には関係なくて、鳥羽の会社のようです。小麦も卵も三重県産の素材を使った無添加の焼菓子です。真珠の養殖の盛んな鳥羽らしく、アコヤガイの形で、実際にアコヤガイの粉末を入れているそうです。
 とても市のプルですが美味しいお菓子でしたよ。


第2位 「煎茶 天下一」 かねき伊藤彦市商店

かねき伊藤彦市商店 天下一

 これは凄いでしょう。1,080円ですよ。

かねき伊藤彦市商店 天下一

かねき伊藤彦市商店 天下一

 香りが素晴らしくておいしい煎茶でした。三重県はお茶の生産量が日本で3位だそうです。150年にもわたって守ってきた味なのですね。こちらは実店舗の写真もあります。

かねき伊藤彦市商店

かねき伊藤彦市商店

かねき伊藤彦市商店

かねき伊藤彦市商店

 ステキなお店ですし、いろいろなお茶が用意されています。是非とも寄ってみてくださいね。

かねき伊藤彦市商店



関連ランキング:日本茶専門店 | 関駅




第1位 「関の戸」 深川屋 陸奥大掾

深川屋 陸奥大掾  関の戸

 この和菓子はなんと350年以上も作られている三重を代表する和菓子のひとつです。

深川屋 陸奥大掾  関の戸

 赤あずきの濃厚なこしあんを求肥皮で包み、その上を阿波特産の和三盆でまぶしてあります。これが味わったことの無い濃厚な甘さと上品な味わいでいっぺんに気に入りました。三重といえばシンプルな和菓子が多い中で、これは一線を画していますね。

深川屋 陸奥大掾

 お店も本当に素晴らしいですよ。

深川屋 陸奥大掾



関連ランキング:和菓子 | 関駅







ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←お土産大好き惣兵衛に、応援クリックお願いします!

[edit]

倉敷の銘菓「むらすずめ」の本店でお買い物 ~橘香堂 本店 岡山県倉敷市 

 岡山県の倉敷にお邪魔してきたときのことです。倉敷の土産を探します。いろいろと白壁の街並みのならぶ美観地区にはたくさんのお土産屋さんがあるのですが、惣兵衛としては懐かしいお土産をチョイスしたくなります。そこでお邪魔したのが倉敷駅に向かう大通りにある橘香堂 本店さんです。

橘香堂 本店 外観

こちらに明治時代から続く銘菓があるのです。

橘香堂 本店 店内

 さすが歴史を誇る老舗のお店です。お目当てのお菓子以外にも様々な和菓子がずらりと並んでいました。

橘香堂 本店 ショーケース2

 洋菓子的なお菓子もあるのですね。これも食べてみたいです。でも、お目当てを探しますよ~。

橘香堂 本店 ショーケース1

 ありました。あました。これですよ。

橘香堂 本店 むらすずめ 

 「むらすずめ」といいます。パッケージも昭和の懐かしい雰囲気がいいですね。地元のみやげ物を買ってきたという実感がわきますね。

橘香堂 本店 むらすずめ 

 この通り乾燥を防ぐためにビニールで覆われています。さっそくいただきましょう。

橘香堂 本店 むらすずめ 

 どうです? おいしそうでしょう?

 このお菓子は薄いカステラ的な皮をやいて、その中にこしあんを載せて、編み笠の様に包まれていますね。黄色い皮は気泡による細かな穴が開いていて、黄金の稲穂に群がる雀のようだと、明治10年に当時の倉敷市長が「むらすずめ」と命名したそうです。


 生地はとてもふんわりしていますが、主張は控えめ。なんといってもこのこしあんが最高にうまいのです。そのまま食べても、抹茶でいただいてもいいですね。おすすめです。


 実は倉敷を中心に岡山の和菓子屋さんが、同じようなお菓子をまったく同じ名前の「むらすずめ」と名付けて売っておられます。それぞれ美味しいと思いますが、まずはこのお店のむらすずめをお食べくださいね。

 京阪神や首都圏の百貨店でも売っているのでぜひお試しあれ。



ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←明治から人気を博している和菓子製造の老舗の本店に、応援のポチッ!お願いします。


橘香堂 本店



関連ランキング:和菓子 | 倉敷市駅倉敷駅


[edit]

長野善光寺門前町名物の唐辛子の本店限定缶を購入しました ~八幡屋礒五郎 長野県長野市 

 長野県でのお土産といえばわさびや果物などいろいろとあるのですが、唐辛子も忘れてはいけません。関西に住んでいると京都が近いので七味のおいしい店はいろいろと選べますが、長野の善光寺に行ったらこの店ですね。

八幡屋礒五郎 本店 外観

 善光寺の門前町にある八幡屋礒五郎 本店です。大きな唐辛子が目印です。

八幡屋礒五郎 本店 店内

 お店の中は唐辛子やさんというより化粧品やさんのようにきれいでびっくりです。

八幡屋礒五郎 本店 商品

 でも、やっぱり並んでいるのは唐辛子です(笑)。このほかにも強烈に辛い柿のタネや、珍しい唐辛子のマカロンなどもあります。奥にはカフェもあるようです。

八幡屋礒五郎 本店 「牛に引かれて善光寺」缶

 でも、今回の目当てはこれです。この本店でしか買えない牛に引かれて善光寺参り缶(420円)です。限定というのがやはり引き付けられますね~。

 速攻で購入です。

 でも、この後心残りが・・・・。

八幡屋礒五郎 本店 オリジナルブレンドコーナー

 なんとオリジナルブレンドコーナーがあったのです。京都の七味やさんでもある店があり、山椒とかおおめにいれてもらったりするのですが・・・・。

八幡屋礒五郎 本店 オリジナルブレンド説明

 選べるブレンドも多いので、次に行く機会があればよく考えて利用したいと思います。


八幡屋礒五郎 本店 買ったもの

 左が先ほど紹介した本店限定販売 牛に引かれて善光寺参り缶(14g 420円)で右が一味(14g 473円)です。

八幡屋礒五郎 本店 七味と一味

 他の薬味よりも唐辛子のほうがコストが高いので、一味のほうが高いのですね。どちらも香りもよく、シャープな辛味が最高ですね。唐辛子大好きな惣兵衛はしばらく楽しめそうです。



ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←善光寺にある美味しい唐辛子のお店に、応援クリックお願いします!

八幡屋礒五郎 本店



関連ランキング:その他 | 善光寺下駅権堂駅


[edit]

善光寺前にあるはちみつやさんで絶品ソフトとお土産を買いました ~杉養蜂園 善光寺店 長野県長野市 

 善光寺を巡ったら、ちょっときれいな店が前のお店を発見。さっそく入ってみました。

杉養蜂園 善光寺店 外観

 興味本位だけなので男のお店なのかな?

杉養蜂園 善光寺店 店内

 とてもきれいなパッケージが並ぶステキなお店ですが、お店の方の説明で蜂蜜屋さんと判明。フルーツの果汁を混ぜたはちみつを冷たい水で割ったドリンクを試飲させてもらいましたが、これが抜群の美味しさです。思わずいくつか購入してしまいました。

杉養蜂園 善光寺店 ソフトクリーム

 レジの横にはドリンクとソフトクリーム販売コーナーがあり、思わず購入しましたよ。

杉養蜂園 善光寺店 ソフトクリーム いただきます

 はちみつソフト(コーン 320円)です。ソフトクリームとしてはしっかりとしたクリームで、はちみつのおいしい甘さと香りが最高の一品でした。これはおいしい。

杉養蜂園 善光寺店 パッケージ

 こちらが購入したものです。会員になったので会員価格ですよ。左がゆず蜜(1,048円)、右が巨峰&ハニー(1.048円)ですね。
 
 かわいらしくて使いやすいボトルに入っています。

杉養蜂園 善光寺店 いただきます

 氷水で数倍に薄めていただきましたが、本当においしいです。


 しかし、会員権をいただきましたが、使うことはないかな~と思っていましたが、このお店は全国に50店舗以上あり、何と京阪神はもちろん、城崎温泉にもあるようです。うれしいけど、長野のものと思っていたのでちょっと複雑な思い(笑)。詳しくは公式HPをご覧ください。




ごちそうさまでした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←果物と蜂蜜を上手に使った商品を作られている全国展開されている養蜂所さんに、応援クリックお願いします!

杉養蜂園 善光寺店


関連ランキング:ソフトクリーム | 善光寺下駅権堂駅


[edit]

牛に引かれず善光寺参り ~長野県長野市 

 さあ、七福神めぐりが終わったらいよいよ善光寺にお参りです。

 もちろん牛に引かれてなどおりません。一緒に長野に行った人によると「牛に引かれて善光寺参り」を「牛に轢かれて」と事故にあった悲惨な解釈をしている人がいましたが、実際は布を干していたら、牛がくわえて立ち去っていき、布を奪い返そうと牛を追っていたらいつの間にか善光寺に到着してしまい、そのまま信仰の道に入ったという、「思いがけないきっかけから良い方向に導かれる」ことのたとえです。

 そんなことはさておき、境内にさっそく向かいましょう。

善光寺 仁王門

 参道を歩いていくと、まず最初に目の前に立ちはだかるのが仁王門です。その右手は多数の宿坊がありますが、その左手に見えるのが大本願という善光寺の一部をなす重要な浄土宗の寺院です。

善光寺 大本願 山門

 この寺院は善光寺の創建に当たり、百済の仏像が運ばれる際、大臣蘇我馬子の姫君を天皇御杖代として遣わされて、開基尊光上人として大本願を建造し守護に当たったことが始まりだそうです。
 その後も、代々尼公上人が善光寺上人として伝統を継承され、善光寺の大勧進の貫主(かんす)と共に善光寺住職を兼ねておられるそうです。

善光寺 大本願 本誓殿

 こちらが大本願の大殿である本誓殿です。

善光寺 大本願 表書院

 こちらは善光寺上人の玄関も兼ねた表書院で、沢山の方々が本堂へ朝のお勤めに上がる上人の登場を待って列をなしておられました。

 このほかにも奥書殿・明照殿・光明閣・寿光殿・宝物館の沢山の僧房で成り立っています。

大本願 お数珠頂戴

 上の写真は帰るときの写真ですが、ちょうと上人様の朝のお勤めの道中にあたり、皆さんと一緒に膝魔づいて頭に数珠を当てていただきました。これをお数珠頂戴といいます。いいことがあるかな~。

大本願 仁王門 

 大本願を後にすると目の前に仁王門がそびえたっています。

大本願 仁王門 阿形 大本願 仁王門 吽形

 仁王門の両脇には金剛力士像がおわしますが、通常とは逆で左が阿形、右が吽形(うんぎょう)様がおかれています。

大本願 仲見世通り

 仁王門をくぐると仲見世通りとなり、左手にお店がたくさん並んでいます。

善光寺 六地蔵

 その反対側の右手には大きな六地蔵があります。こんな大きな六自走さんはあまり見たことがないですね。

善光寺 手水場

 次の門に向かう前に手水場があります。ここから先は聖域ということなのでしょう。

善光寺 山門

 山門をくぐります。さすがに大きくて立派な門です。山門の二階に登楼することができます(登楼料 大人500円)。

大本願 仁王門 門の上からの眺め

 山門の2階内部は撮影禁止ですが、四国巡礼八十八か所それぞれのご本尊の仏像が祀ってあり、すべてを巡礼できます。ただ、2014年の長野県北部地震により、いくつかの仏像が破損し、痛々しい姿でした。

 境内の右手に見えるのが大勧進(だいかんじん)という天台宗の仏閣です。

善光寺 大勧進 

 勧進とは、「仏法を説き作善をなすよう勧誘策進することであり、転じて神仏のための寄付を勧める」ことであり、まさに善光寺においてその役割を果たしてきました。

善光寺 大勧進 

 池がありそこにはたくさんの亀がいることから亀の池といわれ親しまれており、その上には張り出すように紫雲閣があります。

 こちらの住職は貫主(かんす)といって、先にご紹介した大本願の善光寺上人とともに善光寺を支えています。男性の僧侶と女性の僧侶で支えておられるのです。

大勧進 萬善堂

 こちらが大勧進の本堂である萬善堂です。

大勧進 位牌堂と護摩堂

 左が信者の位牌を収める位牌堂で右手が様々な祈願を行う護摩堂です。

 このほかにも地蔵堂、事務所、宝物館があり、善光寺での様々な供養や祈願の受付や、結婚式、七五三、自動車の安全祈願などを行っておられます。

 さて、大勧進から離れて境内に戻りましょう。

善光寺 本堂 

 そこには圧倒的な迫力でそびえる本堂があります。

善光寺 本堂 

 見下ろすようでありますが、何やら仏の優しささえ感じられます。

善光寺 本堂 

 心清らかに本堂に入ります。ここから先は撮影禁止ですのでご了承ください。

 蝋燭を灯し、線香を焚き、心静かにお参りしました。そこからさらに内部である内陣に入るために内陣券(500円)を購入します。目の前に仏様を拝むことができますし、様々な仏教美術の品々に圧倒されます。

 また、御本尊の下に通じる真っ暗な通路を巡るお戒壇めぐりを行いました。この行を通じて何かを得られた気になるから不思議です。

 本堂の脇には立派な鐘楼がありました。

善光寺 鐘楼

 さらに、境内の西の奥には塔がそびえています。

善光寺 忠霊殿

 これは忠霊殿という善光寺御本尊の分身が祀られている塔です。


 始めて善光寺に参拝いたしましたが、牛に轢かれずとも是非とも再度行ってみたいと思いました。もう少しゆっくりしたかったのですが、仕事の都合もあるのでホテルに戻って朝食をいただき、仕事を済ませ、長野駅から電車に乗ろうとした・・・・。

長野駅の里程標

長野駅の里程標

 なんと里程標があるではないですか。

 長野駅から是非とも善光寺に参拝してくださいね。


長野の善光寺、ありがたや、ありがたや!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←朝早くからじっとしていない惣兵衛に、応援クリックお願いします!

善光寺 境内図

[edit]