01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

はやくも2か所目のお参りです  ~西国三十三か所巡り 第十八番札所 六角堂 京都市中央区 

 さてさて、東福寺で京都の膳時の雰囲気を満喫したら、そのあとは京阪電鉄に乗って四条に界隈で子どもたちは洋服を買いにお買い物、惣兵衛夫婦とお義父さんとお義母さんとは錦市場で楽しみました。
 子どもたちの買い物が長いので、その時間を使って西国三十三か所巡りをすることにしました。

 お寺の通称は六角堂。本当の名称は紫雲山頂法寺さんです。

六角堂 山門

 場所は錦市場の最西端からあるいて10分くらいの場所にあります。ビルに囲まれていてびっくりですが、創建は聖徳太子といわれていますが、10世紀の建立ともいわれています。当時は周りには何もなかったのでしょうね。時の流れとともにビルに囲まれてしまった感じです。

六角堂 本堂

 でも、お寺の雰囲気はなかなかのものです。熱心な参拝者がたくさんおられました。

六角堂 本堂お参り

 頭を垂れて、両手を合わせて心から祈ります。


六角堂 十六羅漢

 本堂の隣には十六羅漢があります。
 
 新しい池と仏像軍ですが、これがこのお寺の特徴なのでしょうか。このお寺はもともと別のお寺の境内寺で、小野妹子が花をささげたことから華道の由来とされています。よって華道発祥の地とされているのです。

六角堂 側面

 本堂の側面に立つと、このお寺の建造物としての特徴が分かります。

 裏は完全なる六角形の建物で、その前におまえりの為に唐様の形状を持った平入の建造物が並び立っている感じです。

 完全なる六角形の建物は奈良時代にはいくつかあったので、実際は10世紀の建物だったのですが、それ以前のものとされたのかもしれませんね。

六角堂 裏から

 裏に回ると素晴らしく均整の取れた六角形の建物をめでることができます。」

六角堂 朱印

 さっそく御朱印をいただきました。

 「わが思う心のうちは六の角 ただ円かれと祈るなりけり」



今年2か所目の西国三十三か所巡りです!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←西国三十三か所巡りを楽しむ惣兵衛夫婦に、応援クリックお願いします!


六角堂 マップ

[edit]

京都五山の第四位の素晴らしいお寺に参る ~東福寺 京都市東山区 

 伏見から電車で戻ろうと思いましたが、参拝客で駅が混雑してるので少し北上して歩き始めます。せっかくなのでおじゃましたのが東福寺さんです。

 南方にある六波羅門をくぐると・・・・・・

東福寺 三門

 いきなり目の前に現れた巨大な寺院の建物に感嘆の声を上げてしまいました。

 東福寺は京都5山の第4位の寺院です。京都五山とは

南禅寺 - 別格
天龍寺 - 第一位
相国寺 - 第二位
建仁寺 - 第三位
東福寺 - 第四位
万寿寺 - 第五位


 と素晴らしいお寺が並びます。

 東福寺は室町時代の1236年創建の臨済宗東福寺派の本山です。今でも25の塔棟(山内寺院)を要する巨大な大寺院です。素晴らしいお寺にもかかわらず観光客の少なさにびっくりするやら、安堵するやらです。ゆっくり寺院内を見学することにします。

東福寺 三門

 こちらの強大な建物が三門です。なんと「門」なのです。国宝に指定されていて、日本に存在する禅寺の三門としては日本最古。様式は東大寺の大仏殿と同じ大仏様です。
 東福寺の名前の由来は奈良の最大の寺院である東大寺と、繁栄を極めた興福寺の一文字ずつをとってつけられたそうなのでこうした建築様式をとったのもうなづけます。

東福寺 本殿

 その向こうに見えるのが本堂です。

 明治時代に焼失して再建された昭和期の最大規模の木造建築です。本尊は本尊釈迦三尊像で、再建後に万寿寺から移されたものです。

東福寺 本堂側面

 天井に描かれた竜がどの角度から見てもこちらをにらみつけているように見えます。正面からは写真撮影できないので側面に廻ります。

東福寺 本堂内部

 この絵は堂本印象筆で教科書でもよく取り上げられていますね。

東福寺 東司

 本堂の前にもたくさんの巨大な建物が整然と並んでいます。 こちらが東司(とうす)。いわゆるトイレです。日本最大最古のものです。禅寺でしたのでトイレの時間も決められていて、一斉に行われたため(百雪隠)に巨大なトイレが必要だったようです。

東福寺 禅堂

 こちらが禅堂。 こちらも日本最大最古のものだそうです。

東福寺 経堂

 この建物が経堂ですね。

東福寺 方丈

 こちらが方丈です。明治時代に明治天皇の太后より下賜されたものだそうです。菊の御紋が輝いています。こちらの庭園が素晴らしいので庫裡に向かって見学します。

東福寺 庫裡

 庫裡の廊下を歩いていくと渡り廊下があって方丈の立派な書院です。

東福寺 庫裡の裏庭

 渡り廊下の右側に見えるのが東庭。東司の柱石の余材を利用して北斗七星を構成し、雲文様の地割に配しているそうです。

東福寺 書院の庭

 左側に見えるのが南庭です。これも有名な庭ですね。方丈の正面に移動してみましょう。

東福寺 書院から見た庭

 荒海の砂紋の中に蓬莱、方丈、瀛洲、壺梁の四仙島を表現した配石で、右方には五山が築山として表現されているそうです。とても素晴らしいですね。

東福寺 書院西の庭

 こちらが西庭。さつきの刈込みと砂地が大きく市松模様に入り、くず石を方形に組んで井田を意図しているそうです。

東福寺 書院 裏庭

 こちらが北庭です。こちらが最も有名な庭ですね。近代美術の要素も大胆に取り入れた庭です。

東福寺 書院 裏庭

 すばらしいの一言です。

 北には皿に素晴らしい場所があります。

東福寺 通天橋

 方丈の北は深い谷になっていて、そこを渡る屋根付きの端のような建物があります。これが通天橋といいます。その向こうには開山堂など、東福寺にとって重要な建物があります。

東福寺 紅葉と開山堂

 しかもここの谷は一面がイロハモミジで埋め尽くされています。春には新緑の海、秋には紅葉のクレイ内の海になっているのでしょうね。これは素晴らしいと思います。


 このあと、通天橋を渡って開山堂に向かいたかったのですが、お義父さんとお義母さん、息子たちもおなかがすいてきたようなので食事に向かいました。

 次は紅葉の時期に行きたいものです。



やっぱり京都は凄いや!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←長い時間をかけて禅の道を歩む名刹に、応援クリックお願いします!

[edit]

正月の京都の有名神社はただごとではなかったです ~伏見稲荷大社 京都市伏見区 

 京都での2日目です。奥方の母上様がテレビでは見たことがあるけど今まで一度も行ったことがないので行きたいとおっしゃられた伏見稲荷大社さんにお邪魔することにしました。

伏見稲荷大社 参道

 駅を降りたらすごい人手でした。いつもはどのルートから出もお詣りできるのですが、今からお参りする人は正面からの参道を、帰りの人はお店の並ぶ参道へ案内され、一方通行になっていました。
 参道についたら伏見稲荷大社の大鳥居が見えますが、両サイドにたくさんの露天商さんが店を開いておられ、すさまじい人が参道を登っていました。

伏見稲荷大社 参道

 本当に圧倒されますね。ここだけで但馬の観光客すべてくらいではないでしょうか。

伏見稲荷大社 楼門

 美しい楼門をようやくくぐることができました。青空に朱色が映えますね。


伏見稲荷大社 舞殿

 舞殿には凄い数の奉納されたお神酒が並んでいました。商売繁盛を願う人たちの守り神ですからね。

伏見稲荷大社 本殿へ

 ここから拝殿に向かうのですが凄い人手なかなか前に進めなくなります。

伏見稲荷大社 本殿でお参り

 なんとか本殿でお参りすることができました。

 但馬の我が家の商売繁盛を願いましたよ!

伏見稲荷大社 祭場へ

 さらに千本鳥居に向かうために祭場に向かいます。またしてもここで列が止まります。

伏見稲荷大社 鳥居へ

 記念撮影をしている外国人の方が多いようですね。この神社は外国人からすごい人気ですからね。

伏見稲荷大社 千本鳥居内部

 ようやく鳥居に入りました。お義母さんも大喜びですよ。

伏見稲荷大社 千本鳥居内部

 千本鳥居もこの通りの大混雑。この時に災害があったらどうするのでしょうか?

伏見稲荷大社 奥社

 建物をとり忘れましたがこちらが奥社の神の石です。小さな鳥居がかわいらしいです。

伏見稲荷大社 絵馬

 伏見稲荷大社の絵馬はきつねの形です。それぞれ工夫を凝らして目を変えたりしてとてもかわいらしいですが・・・・

伏見稲荷大社 ガンダム絵馬

 目の付け所がナイスです!


 さあ、伏見稲荷大社さんの名所だけは何とか見ることができました。人当たりしないうちに後にします。



伏見稲荷大社さんは凄いです!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←すさまじい外国人に愛される伏見稲荷大社に、応援クリックお願いします!

[edit]

今年の初詣は京都の神社でした ~下御霊神社と木戸孝允邸跡 京都市中京区 

 元旦に西国三十三か所巡りができたところで、初詣に向かいます。お邪魔したのがすぐ近くにある
下御霊神社さんです。

下御靈神社 鳥居 

 行願寺さんのすぐ近くにある神社です。赤い鳥居が素敵です。

下御靈神社 瓦

 小さな神社ですが土塀の瓦には菊の御門があります。老朽化して保存状態は悪いですが、土塀自体も天皇家とのつながりと神社仏閣の地位の高さを示す横線が入っています。

下御靈神社 舞殿

 入って正面にある舞殿(拝殿)には沢山の日本酒が奉納されていました。

下御靈神社 手洗舎

 とりあえず手水舎で身を清めてお参りにまいります。


 この神社は名前の通り凄い由来のある神社です。じつは平安遷都の時に無実に罪を追わせられし命を落とした、吉備真備(神霊の和魂)、崇道天皇、伊予親王、藤原大夫人、藤大夫、橘大夫、文大夫、菅原道真(神社側は六座の神霊の荒魂と解釈)の八柱を祭神としています。

下御靈神社 境内社

下御靈神社 稲荷社

 それほど大きな境内ではないですが、たくさんの境内社があります。

下御靈神社 本殿

 ようやく一番奥にある拝殿にてお参りを済ませました。

下御霊神社 マップ



 さあ、ホテルに帰ろうと思いましたが、グーグルマップに気になる情報が・・・。但馬にも隠れ住んだといわれる木戸孝允(桂小五郎)の木戸孝允邸の跡があるというので歩いて行ってみました。

木戸孝允邸

 いまや何とも言えない結婚式場になっているようでした。さらに鴨川近くに行きます。

木戸孝允 明治天皇

木戸孝允 明治天皇

木戸孝允 明治天皇

 こちらは明治に入って明治天皇から寵愛を受けていた木戸孝允が命を燃やし尽くす前に明治天皇の御行幸を受けた場所のようです。この年は九州で戊辰戦争にて西郷隆盛が自刃した年でもあります。
 一つの歴史の転換期ですね。


木戸孝允 明治天皇マップ




京都は歴史の足跡の宝庫ですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←小さな神社仏閣でも一つ一つに歴史がある京都に、応援クリックお願いします!

[edit]

京都御所のおひざ元にある札所で初参り ~西国十九番札所 革堂 行願寺 京都市中央区 

 京都についたらホテルにチェックインして、義父母に再会しました。すでに夕方までそれほど時間が残っていないのでゆっくりと大きなお寺に参ることは不可能ですので、お邪魔したのが
西国三十三カ寺の一つ 第19番札所革堂 行願寺さんです。

寺町通り

 場所は京都御所の東に面し南北に走る寺町通りを、丸太町通りを渡ってさらに南下してすぐの場所にあります。

行願寺 山門

宗派:天台宗
本尊:千手観世音菩薩
開基:行円上人

 開祖の円行上人は元は猟師だったのですが、射止めた牝鹿のお腹の子どもが生きていたのを見て仏門に入ったとされています。その後もずっとシカの皮を着ていたので『皮堂』という名称がつき、今でもその皮の上着が秘蔵されているそうです。

行願寺 山門から本堂

 山門からすぐに中の建物が見えます。境内はそれほど広くなさそうです。

行願寺 本堂

 手洗舎で清めて本堂に向かいます。

行願寺 本堂

 さあ、お参りしましょう。

行願寺 大提灯

 頭上にはなかなか立派な大提灯があります。寺内におわします千手観音さんの穏やかな姿に心安らかに祈ります。

行願寺 境内

 境内は本堂の右側に回廊のように広がりを見せています。写真のすぐ左にあるのが寿老人神堂です。

行願寺 七福神

 ここの寿老人は桃山時代に豊臣秀吉が祀ったもとのされていて、都七福神巡り(京都七福神巡りともいう)の一つとされています。七福神の石像も並んでいますが、たくさんの方々が七福神巡りの台紙に朱印をもらっておられました。

行願寺 鐘楼

 さらに奥に歩みを進めると立派な鐘楼があります。

行願寺 加茂大明神

 その先には加茂大明神五輪塔があります。このおてらの本尊様は賀茂神社のケヤキがつかわれたという言い伝えがあるそうで、何か意味があるのかもしれません。

行願寺 お地蔵さん

 この辺りのお地蔵さんが集められたのか、たくさんの歴史ありそうなお地蔵さんが並んでいました。


行願寺 朱印

「花を見て いまは望みも 革堂の 庭の千草も 盛りなるらん 」



今年初の西国三十三か所巡りです!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←西国三十三か所巡りを楽しむ惣兵衛夫婦に、応援クリックお願いします!


行願寺 マップ

[edit]