02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

豊岡郊外にある地産地消の素敵なフレンチレストランで長男のお祝いをしました ~アミタ 豊岡市 

 このブログを長らく読んでいただいた方にはうすうすお分かりかもしれませんが、実は長男が今年大学進学いたします。そして少し前に誕生日だったので、家族そろってお祝いをしようと珍しくぜいたくなディナーに出かけました。

 お邪魔したのが豊岡から竹野方面に向かう郊外にある素敵なフレンチレストラン アミタさんです。

アミタ 外観

 田んぼの中あるステキなお店です。

アミタ のれん

 入り口は和風の暖簾がかかっています。ワクワクしますね。

アミタ 店内

 お店の中はペレットストーブの柔らかな暖房で温められている、居心地のいい空間でした。

アミタ テーブル

 予約していたのでテーブルセットがすでになされていて、素敵な女性の店員さんに席にいざなわれました。

アミタ ワインリスト1 アミタ ワインリスト2
(クリックして拡大してご覧ください)

 コースはもちろん事前予約ですから、まずはワインリストに目を通します。ハーフボトルもあるし、高級ワインから手軽なものもあってありがたいですね。

 今回は6,000円のコース料理です。楽しみですね。

アミタ テーブルセット

 木製のお皿やお箸など素晴らしいテーブルセットですね。

アミタ バター

 大きく切られたバターがありました。ぜいたくだ~~~~。

アミタ 一輪挿し

 かわいらしいお花の一輪挿しもありますね。その隣には小さなボトルがあります。

アミタ エクストラバージンオイル

 これはなんと、バターと同じくこれから出てくるパンにつけていただくエキストラバージンオイルです。かわいらしいボトルですね。

アミタ コウノトリの米粉の自家製パン 

 しばらしくして登場したのがそのパンです。なんとコウノトリの米粉の自家製パンです。お替りもOKで、お願いすると焼きたてが登場してきます。ありがたいサービスです。

 とてもモチモチしていながらも香ばしくておいしいパンですよ。

アミタ 貝のエスカルゴ風

 そして登場してきたのが貝のエスカルゴ風です。小さなスプーン状の器の中にエスカルゴ的にニンニクバターオイルで煮込まれた二枚貝が入っています。

アミタ 貝のエスカルゴ風 いただきます

 さっそくいただきましたがとてもおいしいですね。驚いたのがそれぞれ味が少し違うことです。シンプルなガーリックバターオイルのものと真中はトマトソース、左端がオイルとトマトが入ったものだったと思います。
 貝をいただいて残ったおいしいソースはパンにしみ込ませて美味しくいただきました。

アミタ ホワイトアスパラガスの生ハムチーズ 

 さらに出てきたのがホワイトアスパラガスのチーズと生ハム包みです。

アミタ ホワイトアスパラガスの生ハムチーズ 温泉卵を崩す

 別の器に入れられていた温泉卵をざっくりとつぶします。これをソースにするのです。

アミタ ホワイトアスパラガスの生ハムチーズ たまごをかける

 ざっとかけますが堪らなくうまそうです。

アミタ ホワイトアスパラガスの生ハムチーズ いただきます

 さっそくいただきましたが、ホワイトアスパラガスは水煮ではなく、生の物なのでしっかりとした歯ごたえがあって素晴らしいです。チーズと生ハムのうまみとしょっぱさと、卵の甘みが堪らない旨さです。
 朝食としていただいてもおいしいですが、かなり贅沢ですね。

アミタ ジャガイモのポタージュ 

 次がジャガイモのポタージュスープです。

 どうです? 花やバジルソースなどを飾り付けてとてもきれいな料理ですね。脇に添えられたチーズと一緒に焼かれたバケットを砕いてスープに入れて、クルトン的にいただきます。

アミタ ジャガイモのポタージュ いただきます

 うん。おいしいです。さっぱりしながらもジャガイモの味がしっかりと伝わってきますよ。

アミタ サーモンと牡蠣のソテー 

 メインは魚介とお肉料理ですが、魚料理はサーモンと牡蠣のソテーのホワイトソースです。

アミタ サーモンと牡蠣のソテー 牡蠣をいただきます

 先ずは牡蠣からいただきましょう。この濃い色のソースは赤ワインを煮詰めたものかな? 濃厚な風味で美味しいです。

アミタ サーモンと牡蠣のソテー いただきます

 サーモンの味付けはかなり控えめで、カキと一緒に頂くととても複雑な味になりながらもさっぱりしていていい感じでした。


アミタ デザートメニュー 

 ここで最後に頂くデザートメニューが登場しました。

 選べるうえに、注文を受けてから調理されるのです。作り立てが頂ける幸せに期待が膨らみますね。

アミタ 八鹿豚のポワレ 

 こちらが八鹿豚のステーキ。ポワレかな。盛り付けも素晴らしいし、ステーキ自体もボリュームがあっていい感じですね。

アミタ 八鹿豚のポワレ いただきます

 さっそくいただきましたが、八鹿豚らしく非常にあっさりしたお肉です。このお肉は脂身にも匂いやクセが少なく、とてもおとなしい味なのです。そこで風味を消さないように下味も最小限であるのもこのお店のシェフのセンスがうかがえますね。

 硬くならないように火の通し方も必要最小限。とてもおいしくいただきました。


 メインをいただいて家族みんなで満足していたところでデザートが登場です。

アミタ 神鍋のとちの実と白小豆のミルフィーユ 

 惣兵衛が頂いたのが神鍋のとちの実と白小豆のミルフィーユです。予想と全く違った姿なので驚きました。

アミタ 神鍋のとちの実と白小豆のミルフィーユ 

 こんなミルフィーユは初めてみました。少し食べにいですがとてもパリパリして新食感です。

アミタ トロトロプリントシャーベット

 奥方は豊岡の地卵を使った自家製の「とろとろプリン」 木苺のシャーベット添えです。奥方は二兎を追ったのかな。(笑)

 おなかがいっぱいでプリンは持って帰るといいながら、追加で買っていましたが・・・・・(汗)。

アミタ 紅茶

 紅茶ブルーベリーとストロベリー、カラメル、アッサムとアイスから選べます。面白いのは紅茶は南部鉄器みたいな急須で出されるのですが、葉が開くまでの時間を示す小さくて可愛らしい砂時計がめちゃかわいいです。


アミタ コウノトリの米粉で作ったオレンジ風味の自家製クレープ

 次男はコウノトリの米粉で作ったオレンジ風味の自家製クレープを選択していました。これまたうまそうです。

アミタ アイスコーヒー 

 アイスコーヒーをいただいていましたが、これもおしゃれだな~~~~。


 誕生日の長男にはこれです。

アミタ パフェ

 豊岡イチゴのハイビスカスティーのゼリーと牛乳のシャーベットパフェ仕立てです。

 今日は長男の誕生パーティーだとお話していたら、お皿にチョコレートで素敵なメッセージを書いてくれました。とてもうれしいサービスです。




 お店のシェフとスタッフの皆さんのおかげで思い出に残る長男の誕生会と卒業お祝いができました。感謝申し上げたいと思います。このお店のフレンチは素材を生かした素敵なものです。ポールボキューズみたいですね。
 
 次はランチにお邪魔したいと思います。




ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←豊岡の郊外にある地産地消で素敵なお料理がいただけるおしゃれなフレンチレストランに、応援クリックお願いします。励みになります!


アミタ



関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 玄武洞駅豊岡駅


[edit]