03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

餅まきの準備でご近所さんと楽しく作業 

 但馬の春祭りはいろいろな方のお話を聞くと2月末から4月後半まで、時期がバラバラなようです。惣兵衛の地元では今日が春祭りである秋葉大祭が行われます。

 秋葉神社というと名古屋に本宮がある火伏せの神様です。この地域に連続して火災が発生した時に、地域の方々が火伏せの神様を奉じて火災を止めようと祀ったことが始まりです。

 今日は奉納子ども相撲と餅まきがあり、昨日は隣保当番(地区内をいくつかに分けた隣保での当番の作業)が餅つきだったので早速公民館に向かいました。

餅つき 2017 公民館

 朝の8時半に隣保の人たちが集まって作業開始です。

餅つき 2017 米を蒸す

 前日にもち米はみんなで洗って準備されています。さすがに金曜日は休めなかったので奥方が頑張ってくれました。それを朝から蒸します。一部の御婦人方が早めに来て火を入れてくれていたようです。

餅つき 2017 餅つき機

 20分ほどでもち米がつぶれるほど蒸し終えたら、餅つき機に入れて餅つきです。

餅つき 2017 白餅完成

 杓子で押し込み、打ち水をしながら約10分ほどできれいに餅が完成します。

餅つき 2017 鏡餅

 はじめは鏡餅にしました。

餅つき 2017 白餅を丸める

 続いて餅切り機で切りながら、綺麗に丸めていきますよ。

餅つき 2017 赤い餅

 次は赤い餅です。完成間際に食紅をティースプーン2杯と少々加えるときれいなピンクに染まります。

餅つき 2017 赤い餅 丸める

 これもみんなできれいに丸めていきます。

餅つき 2017 完成

 約半日かかってようやく2,000個のお餅がつき終わりました。結構へとへとです。

餅つき 2017 きな粉餅

 後片付けが終わったらみんなできな粉餅を囲みます。餅きり機をきれいにした時にでるお餅をきな粉をまぶしていただきました。こうしてみんなで作業が終わった安ど感で会話が大いに弾みます。


 さあ、明日はいよいよ祭りです。まだまだ作業は終わっていません。明日の朝にはこれを一つずつ袋に入れて、奉納するまでが作業です。但馬地方では餅まきは盛り上がります。子どもはもちろんですが、腰の曲がったお年寄りもこの一瞬だけは元気になって楽しんでもらえます。

 明日のみんなの笑顔が楽しみです。



みんなで集まっての共同作業は楽しいですね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←仲良く田舎暮らしを楽しむ地域の人たちに、応援クリックお願いします!

[edit]