03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

地元の人でにぎわうという紀ノ川沿いの大衆中華料理店 ~二軒目飯店 和歌山県かつらぎ町 

 粉河寺を後にしてご飯を頂くことにしました。実はこの時すでに2時過ぎ。お腹ペコペコです。国道24号線を東に走ればいくらでもあるだろうと高をくくっていましたが、これがなかなか・・・・・・(汗)。

 ようやく見つけたのが二軒目飯店さんです。

二軒目飯店 外観

 通りに面した広大な駐車場の真中にドンとたっています。

二軒目飯店 店内

 店内は昭和の雰囲気が満載です。お昼の営業時間終了間際になったので私たち以外はだれもおられません。お店の方にお聞きすると笑顔でどうぞと案内してくれました。

 広い店内のど真ん中のテーブルに座ります。そこにはメニューはなく、カウンターの上の御品書きを見るしかなさそうです。

二軒目飯店 カウンターとお品書き
(クリックして拡大してご覧ください)

 陵のダブルとかがあるためににぎやかですが、メニューは凄くシンプルです。ラーメン系と焼きそば、ヤキメシ、もやし炒め、ニラ炒め、野菜炒め、餃子という感じですね。

 店員さんはお年を召したシェフ一人と、女性が8名です。厨房におられたおばさんの額は汗でびっしょりでした。後で調べてみたのですが、このお店は地域でとても人気だそうです。行列もできるとか。これは楽しみですね。

 まず始めに登場したのはこれです。

二軒目飯店 タンメン 

 タンメン(700円)です。奥方が頼みました。

 とてもシンプルですが具材も多くておいしそうです。

二軒目飯店 タンメン スープ

 先ずはスープですね。

 これは美味しいです。あっさりスープにさっと炒めた野菜や豚肉の旨みがしみだして、とても深い味になっています。とんがったものが無いので祖の旨みの邪魔をしないので最高ですね。

二軒目飯店 タンメン 具材

 具材もたくさんです。白菜、もやし、人参、タケノコ、きくらげ、そして5ミリくらいの分厚い豚肉です。

二軒目飯店 タンメン いただきます

 は太めのストレート麺。断面は丸いのでのど越しはつるりとしています。中華料理店のパターンであるふにゃ麺ではなく、しっかりとコシもありました。このタンメンにはぴったりです。


 惣兵衛のお願いしたものも登場です。

二軒目飯店 ニラ炒め 

 ニラ炒め(630円)です。これは山盛りですね。大量のニラに、タンメンにも載っていた分厚い豚肉がゴロゴロ入っています。

二軒目飯店 ニラ炒め いただきます

 これもおいしいです。 皿の底にはラードと思われる脂が5㎜ぐらいあって、すごく油ギッシュです。でも、見た目よりもくどくなく美味しくいただけました。


二軒目飯店 焼きメシ 

 もう一つは焼きメシ(530円)です。フワッパラッ系ですね。

二軒目飯店 焼きメシ スープ

 スープをいただきましたが、醤油の強めの中華そばの味に近いです。豊岡でもよくある味なので惣兵衛的にOKですね。こちらの普通のラーメンはこういった味なのかもしれません。

二軒目飯店 焼きメシ いただきます

 さっそくいただきました。懐かしい素朴な味なのはいいですが、ちょっと優しすぎるくらいの塩梅かな。そこで・・・・・

二軒目飯店 焼きメシ ニラ炒め投入

 先ほどのニラ炒めを乗っけていただきました。

 これが大正解!  新しいメニューにならないかしら(笑)。



 偶然入ったお店ですが美味しくって楽しかったです。



ご馳走様でした。またお邪魔します。




にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←紀ノ川界隈で地域に支持されている中華料理店に応援クリックお願いします。


二軒目飯店



関連ランキング:中華料理 | 笠田駅大谷駅


[edit]

高野山の麓にある大伽藍をもつ名刹 ~西国三番札所 粉河寺 和歌山県紀の川市 

 施福寺を後にして、車で新しくできたトンネルを使って和泉山地を越えて和歌山県紀の川市に入りました。目的地は西国三番札所 粉河寺さんです。

粉河寺 大門

 いきなり朱色の美しい巨大な大門が迎えてくれます。

 ここから駅まで800メートルの門前町が連なっています。ちょっと食事をと思いましたが、道路を車が通りやすくするために拡張し、通りを人々が来るまで素通りしてしまうのですっかりすたれたそうです。街づくりの難しさですね。おなかがすいたのですがお好み焼屋さんくらいしか見つからなかったので我慢して参拝いたします。

粉河寺 大門 見上げる

 大門をくぐりますが、両脇を固める金剛力士像や門そのものの巨大さも相まって圧倒されますね。

粉河寺 不動堂

 門をくぐると不動堂があり、ここから参道は川に沿って右に弓状になっています。

粉河寺 案内看板

 ここに案内看板がありますが、参道の左側に堂塔が並びます。
 
粉河寺 本坊

 こちらは本坊。住職の住む僧房ですね。

粉河寺 童男堂

 その隣は白壁と朱塗りの柱が鮮やかな童男堂です。千手千眼観世音が姿を変えたといわれる童男大士が本尊として祀られています。

粉河寺 出現池

 童男堂から右手に白壁が連なっていますが、門が開いていて、覗くときれいな日本庭園と池が見えます。写真は撮りはぐれましたが穏やかな表情の童男大士の像があります。
 童男大士はこの池から出現したといわれていて、病を治す霊験あらたかな仏とされていて、願いがかなったものが鯉をこの池に放すということです。

粉河寺 仏足跡

 参道の脇に東屋があり、石塔が立っていました。よく見ると

粉河寺 仏足跡

 石には足形が刻まれていました。これは仏足跡と呼ばれています。釈迦の足跡を石に刻んだものですね。インドでは仏像を作る習慣がなく、足跡を信仰の対象としたものだそうです。後に日本に伝わり、各地にあるそうです。

粉河寺 念仏堂

 つづいて念仏堂があります。

粉河寺 太子堂

 そして太子堂です。

粉河寺 参道

 ここからはすこし建物が切れて、参道がまっすぐと伸びています。その先にこのお寺の本堂が見えますね。

粉河寺 中門が見えてきた

 さあ、お参りしましょう。

粉河寺 手水場

  まずは手水場で身を清めます。なんと手水は蓮の花からあふれ出る演出ですね。

粉河寺 身代わり地蔵尊

 その隣には身代わり地蔵尊様ですね。

粉河寺 身代わり地蔵尊

 足元には参拝者がお供えしたかわいらしい身代わり地蔵さんが並んでいます。

粉河寺 中門

 さあ、これが中門です。これはまたすごい立派な門です。

粉河寺 境内

 中門をくぐると丈六堂地蔵堂が迎えてくれました。

粉河寺 粉河寺庭園

 そこから本堂は一段上にあり、その段差を利用して複雑かつ美しい国の指定文化財である石庭 粉河寺庭園があります。

粉河寺 本堂

 さあ、いよいよ本堂です。立派ですね~。

 粉河寺は天台宗のお寺です。豊臣秀吉がこの地に攻め入った時に焼かれ、現在の建物は再建された江戸時代以降のもののようです。

粉河寺 本堂でお参り

 お参りをいたしました。

粉河寺 御朱印

 御朱印を書いていただきました。こちらでは西国三十三カ所の1300年事業として薬師如来の御開帳をしていると案内してもらいました。

粉河寺 鐘楼

 本堂の右奥に向かいます。こちらは鐘楼ですね。

粉河寺 本堂側面

 本堂を振り返ってみますが、こちらからもなかなかの迫力と美しさですね。

粉河寺 六角堂

 六角堂もあります。

粉河寺 薬師堂

 この先に御開帳をしていただいている薬師堂があります。お参りをいたしましたが、建物の前の扉を大きく開けて開帳されていました。内部が映りこむと申し訳ないので撮影はやめましたが、薬師如来さまの手から紐が伸びていて、それをつかむことができました。なんだか心が落ち着く瞬間でしたね。

 さて、薬師堂の左奥に緩やかな石段があってかわいらしい門が見えたので登ってみることにしました。

十禅律院 山門

 漆喰と曲線美が美しい築地門です。

十禅律院 境内

 門をくぐると素晴らしい庭園と本堂、庫裡が見えます。

 こちらは十禅律院といいます。天台宗安楽律院派の仏教寺院で粉河寺の塔頭の一つです。塔頭とは禅宗のお寺において、住職が隠居した際に隠居所として建てたものや、偉大な住職の死後に弟子たちがその偉業をたたえるために立てたものです。

 このお寺を管理されておられる女性の方に案内されて庫裡に入りました。

十禅律院 将軍の間

 こちらは紀州徳川家のお殿様専用の部屋だったそうです。別荘と加休憩所として使われたみたいですね。

 お話によるとこのお寺は塔頭として建立されてのち、紀州徳川家により庇護されていて天台宗のお寺とされたそうです。そのため檀家が無いとのことです。ですので、明治維新後は庇護もなくなり厳しい状況にあるみたいで、建物のあらゆるところで傷みが目立っていました。

十禅律院 庭園

 裏の山を借景とした庭園があります。洗心庭といいます。

粉河寺 茶店

 参道を戻って大門の脇にある茶店でお土産を買いましたよ。ミカン農家みたいで柑橘類が美味しそうです。


今年初の和歌山の郊外に素敵なお寺がありました!


御詠歌 : 父母の 恵みも深き 粉河寺 ほとけの誓ひ たのもしの身や

粉河寺 御朱印




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←西国三十三か所巡りを楽しむ惣兵衛夫婦に、応援クリックお願いします!


粉河寺 マップ

[edit]

大阪南部の山上にある仏の世界に浸る ~西国四番札所 施福寺 大阪府和泉市 

 大阪駅前を出発したら阪神高速道路湾岸線を和歌山方面に南下していきます。助松出口で降りて、初めて和泉市に降り立ちました。そこからは一般道路を数回右左折しながら南にある山に向かいます。国道170号線を横断すると府道228号線を進みますが、狭い集落を抜けたかと思うと、車がすれ違うのが厳しいくらいの狭い道になり、我慢しながらずんずん進むと駐車場に到着しました。

施福寺 駐車場

 40台くらい停められる駐車場です。周りは山登りをするような格好の高齢者がメイン。惣兵衛夫婦はなぜかスーツ・・・・。やっちゃった感があります。着替えるものもないのでそのままお寺に向かうことにしました。

施福寺 万願寺不動尊

 駐車場の前にあるのは万願寺不動尊さんです。お参りして出発です。

施福寺 槇尾山観光センター

 入り口にあるのが槇尾山観光センターです。地元の産物やお土産、ジュースやうどんなどの軽食がいただけます。この先には一切販売所が無いので、水分を持っていないならばここで買ってください。

施福寺 槇尾山観光センター

 あとで帰りにジュースやお土産を買いました。次の目的地に向かう道路も教えてくれる優しい店主さんがいらっしゃいますので会話を楽しんでくださいね。

施福寺 満願滝弁財天

 登り始めてすぐに満願滝弁財天があります。残念ながら入り口が閉鎖されていたので中に入れませんでしたが、入ればきれいな滝が見えるそうです。

 先を急ぎましょう。

施福寺 新緑のもみじ

 見上げればもみじの新緑が綺麗です。秋はこの参道から見上げると真っ赤に染まっているのでしょうね。

施福寺 登山道

 アスファルトの道が続きます。スキー場くらいの結構な急坂でお年寄りにはきつそうです。

施福寺 シャガの花

 道脇にはユリ科の野生種であるシャガの花がとてもきれいです。このほかにもヤマブキなど綺麗な山野草などが目を楽しませてくれます。

施福寺 石塔

 アスファルトの上り坂が終わったところに石塔石橋があります。昔は対岸の細道だったのでしょうね。

施福寺 楼門

 その先には立派な楼門がみえました。森の中に見える立派な山門におもわず「お~~~っ!」と声が出てしまいます。

施福寺 金剛力士像  施福寺 金剛力士像 

 両脇には金剛力士像があります。周りには小さな草履がたくさんつるされています。これは巡礼の無事を祈るためにつるされたもののようです。

施福寺 なだらかな石段

 山門をくぐってもお寺の建物は全く見えません。ここから20分ほどの山登りになります。緩やかな道と緑が綺麗ですね。

施福寺 急になる石段

 5分ほど歩くと、石段になり、その傾斜を増していきます。

施福寺 古い建物

 10分ほどすると建物が見えました。これで到着かと思いきや、この辺りが中間点になります。この建物は庫裡として使われているのかな? 資料が無いのでわかりません。

施福寺 石段の向こうの建物

 どんどん急になっていき、つづらおりの石段になります。

施福寺 愛染堂

 森林の中の石段でしたが、少し光が当たる場所に愛染堂がありました。ここは空海が剃髪をした場所ということです。

施福寺 最後の急登

 愛染堂からは、天に向かうような斜度のきつい石段を上ることになります。

施福寺 弘法大師御髪堂

 石段の中間地点に弘法大師御髪堂があります。先ほどの愛染堂で剃髪した髪が収められているそうです。

施福寺 見えてきた本堂

 石段を登り終えると本堂が見えてきます。

施福寺 手水場

 手水場では龍の口から流れる水で清めます。

施福寺 本堂

 こちらが施福寺 本堂です。

 施福寺は本来は真言宗のおてらでしたが、紀州徳川家に庇護を受けてからは天台宗のお寺となったそうです。

 実は何度も焼失の憂き目に遭っているお寺のようです。南北朝時代に南朝方の拠点となって焼かれ、再建されたものの織田信長に反旗を上げて山焼をうけ、豊臣秀吉によって再興されるものの、江戸末期に山門を残してすべてを失ってしまったそうです。

施福寺 本堂前

 しかしながら本堂の中、内陣のお参りができるのですが、大きな大仏もあり、この日は西国三十三カ所の1300年ということで槇尾七福神を拝観することができました。それと珍しい足の裏を前にした馬頭観音様があり、足の病を治すといわれています。ここまでお参りすれば足も鍛えられますからね。それと御利益まであれば健康間違いなしです。

施福寺 楼門のわきのお地蔵さん

 バイオトイレなどを見学したりしながらゆっくりと下山しました。登るときには気が付かなかったかわいらしいお地蔵さんがお見送りしてくださいました。


 とてもいいお寺でした。次に来るときには動きやすい服装でゆっくり訪れたいものです。


山上のお寺も素晴らしいですね!





御詠歌 : 深山路や 檜原松原 わけゆけば 槇の尾寺に 駒ぞいさめる


施福寺 御朱印



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←西国三十三か所巡りを楽しむ惣兵衛夫婦に、応援クリックお願いします!


施福寺 地図

[edit]

新地で見つけた新鮮なネタをうまい料理に変身させる寿司屋さん ~喜太郎寿し 北新地店 大阪市北区 

 新地のレストランでフレンチのフルコースをいただいた惣兵衛夫婦ですが、奥方は新地は初めてというのでぶらりある気をすることにしました。奥方の知っている銀座は高級なお店が並ぶエリアですが、新地は同じく高級でありながら、たこ焼き屋やラーメン屋もならぶ、大阪らしい高級な社交場という感じですね(笑)。

 数年前にお客さんに連れられた寿司屋が忘れられず、探しましたが見つかりません。そこで飛び込みでお邪魔したのがこんな感じのお店です。

喜太郎寿し 北新地店 外観

 喜太郎寿し 北新地店さんです。北新地でも東の御堂筋近くのお店です。

 ちょっと勇気がいりましたが、表の看板、「一皿二貫300円」という文字に後押しされて入店しました。

喜太郎寿し 北新地店 店内

 店内は厨房を囲むL字型のカウンターのみで10名くらいしか座れない小さなお店です。でも、手前にあるガラスケースに並ぶ魚介類の美しさに期待がはらみます。でも、絶対に一皿二貫300円ではないですね・・・・・・(汗)。

喜太郎寿し 北新地店 お品書き

 お品書きを拝見しますが、もちろん値段は書いていないです(涙)。

喜太郎寿し 北新地店 お酒

 まずはお酒は八海山の冷酒(価格不明)をいただきます。結局2合いただきましたよ。

喜太郎寿し 北新地店 前菜

 まずは付け出し(価格不明)が登場しました。これが・・・・・付け出し・・・・・。1,000円はくだらないでしょうね(汗)

 しかし旬のものをきれいに作られていますね。右手前からカンパチの南蛮漬け、鯛の魚卵、バイガイの煮つけ、新ワカメの葛よせ、若筍煮ですね。どれも本当においしかったです。環八を使った南蛮漬けは初体験でしたがこれは面白いですね。

喜太郎寿し 北新地店 刺し身盛り合わせ

 つづいて刺身の盛り合わせ(価格不明)です。

 やっちゃったかな・・・・。これはかなり高いでしょうね・・・・。

 でもとてもきれいでおいしそうです。右手前からイカ、マグロのホホ肉、カンパチ、赤貝、ホタテの貝柱、しめ鯖、ホタテ、海老、金目鯛、鯛の10種類です。

喜太郎寿し 北新地店 刺し身アップ

 アップでご覧ください。とても新鮮だし、包丁さばきが抜群ですね。若い板前さんですがなかなかの腕前です。

喜太郎寿し 北新地店 イカ

 まずは以イカらいただきました。細かい包丁が入っているので、中身の甘い部分がさっと口の中に広がります。最高です。

喜太郎寿し 北新地店 大トロ

 マグロのホホ肉をいただきます。旨いに決まっていますがな~。

喜太郎寿し 北新地店 金目鯛

 めずらしい金目鯛をいただきました。川を軽くあぶってあり、赤さが目に鮮やかです。最高に脂がのっていながらも淡白でおいしいものでしたよ。

喜太郎寿し 北新地店 握り1回目

 ここで握り寿司を注文しました。これまたすごいですね。

 右からウニ、マグロの脳天、しめ鯖です。

喜太郎寿し 北新地店 ホホ肉

 脳天をいただきましたが、これは最高ですね。ウニも生臭さはもちろんなく、とてもクリーミーで甘いものでした。しめさばは昆布は最高に削り上げた芯の部分を使っているのでほぼ透明です。どれもこれも厳選されたものですね。

 しゃりは小さめで江戸前握りです。

 アッという間に食べてしまったので追加します。

喜太郎寿し 北新地店 大将のバーナー

 これが大将です。めっちゃ若いでしょう。奥様は関東育ちということで、私たちと話が合い、めちゃくちゃ盛り上がりました。

喜太郎寿し 北新地店 握り 2回目

 こちらが第2弾です。やっちゃいました~。赤いルビーみたいです(汗)。マグロのカマの炙り、イクラですね。

喜太郎寿し 北新地店 イクラ
 いくらも最高ですね。ぷりぷりでした。マグロのカマの炙りも程よく脂が柔らかくおいしかったですよ。



 とても大満足でしたが、会計が怖い・・・・・。

 いくらですか??


 なんと二人で10、900円でした。納得です。


 どれもこれもすさまじい高級食材でしたからね。夫婦の会話も弾んだし楽しかったです。ただ、近縁でないのはちょっと残念でした。常連さんが吸い始めたので静かに店を出ることにしました。

 でも、常連さんからは10種類の回線をまいた、海鮮巻き上は絶対に食べるべきといわれました。ほかの常連さんもお土産に買っていました。
 つぎはフレンチの後ではなく、最初にお邪魔したいですね。


ご馳走様でした! またおじゃまします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村>   ←フレンチのコースを食べた後の割にはたっぷり食べられた惣兵衛に応援のぽちっ!おねがいします。


喜多郎寿し



関連ランキング:寿司 | 大江橋駅北新地駅東梅田駅


[edit]

梅田駅前の白がまぶしいホテルでゆったりと宿泊 ~ホテルエルセラーン大阪 カフェテラス 「銀木犀」 大阪市北区 

 総持寺におまいりして大阪駅前で宿泊することにしました。お邪魔したのが
ホテルエルセラーン大阪さんです。

ホテルエルセラーン大阪 外観

 梅だのすぐ近く。四橋通りにあるおしゃれなホテルです。新地で食事会があるのでこの立地はありがたいですね。

ホテルエルセラーン大阪 客室

 部屋もとても快適です。北でゆったりする時には定宿にしてもいいかもです。

 ゆっくり眠った翌朝は朝食ですね。

 ロビーは2階なので、その前を通り過ぎ、1階のカフェテラス銀木犀さんに伺います。

カフェテラス 「銀木犀」 

 白一色のさわやかなスペースに真っ赤な花が素敵なカフェテラスです。

カフェテラス 「銀木犀」 モーニングビュッフェ

 和洋食、めちゃくちゃ種類がより取り見取りということはないですが、充分に楽しめます。おいしくいただけましたよ。


ご馳走様でした! 次はもっと食べたいと思います!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村>   ←前日飲みすぎた割にはたっぷり食べられた惣兵衛に応援のぽちっ!おねがいします。


カフェテラス銀木犀



関連ランキング:カフェ | 北新地駅渡辺橋駅西梅田駅


[edit]

大阪北部の住宅地にある真言宗の名刹 ~西国二十二番札所 総持寺 大阪府茨木市 

 西国三十三か所巡りで初の大阪です。西国三十三カ所は近畿全県にあります。まずお邪魔したのは茨木市にある総持寺さんです。

 平安時代の890年に高野山真言宗の寺院として中納言藤原山蔭の手により建立されました。御本尊は千手観世音菩薩で、当時は大規模な寺院でしたが、織田信長の焼きうちに焼失し、現在の規模に再建されたそうです。

総持寺 山門

 JRや阪急の駅に近いので周囲は住宅密集地ですが、立派な山門が小高い丘のようになった場所に立っています。

総持寺 スロープの下馬

 登り口はスロープになっていますが、そこには昔の人が馬を降りる様に示す下馬の碑があります。

総持寺 山門正面

 山門正面です。すばらしいですね。

総持寺 仁王像 左 総持寺 仁王像 右

 山門には立派な仁王像があります。

総持寺 境内全景

 山門をくぐるときれいに整備された境内が目の前に広がります。

総持寺 本堂

 立派な本堂です。こころ静かに手を合わせました。

総持寺 納経堂 

 この近代的な建物が納経堂ですね。

総持寺 納経堂 内部

 納経堂の中はとても清潔です。お土産や仏具などが並んでいます。

総持寺 納経堂 130周年

 西国三十三カ所の130年の記念の御朱印の印鑑の説明がありますが、様々なグッズもありました。

総持寺 納経堂 御朱印

 御朱印を書いていただきましたよ。

総持寺 鐘楼

 御朱印をいただいたので再び境内を散策します。こちらは鐘楼です。なんと周りは住宅街なのに鐘を撞くことが可能です。

総持寺 太子堂

 本堂の東側、納経堂の右隣には太子堂があります。

総持寺 水天社

 このお寺の中には沢山の神社の社がありますが、特にこの水天社は本堂のすぐ右手前にあるのが珍しいですね。

総持寺 東門

 本堂から庫裡につながる通路の下をくぐって境内の裏に向かうと立派な東門が見えました。

総持寺 句碑

 その手前には芝桜の美しい庭があり、宝塔などがありますが、美濃真澄の句碑があり、. 「一山の蝉一山の声となる」の句が刻まれています。

総持寺 ぼけ封じ観音 

 本堂の真後ろには立派なお堂があります。これはぼけ封じ観音さまです。

総持寺 ぼけ封じ観音 

 なかには観音様がおられ、右側に西国三十三カ所の観音様、左には四国八十八か所の観音様が並べられています。ボケを封じるのに御利益があるようです。

総持寺 ぼけ封じ観音 近畿霊場巡り

 近畿には10カ所のお寺を巡るとぼけ封じができるぼけ封じ近畿十楽観音霊場めぐりがあるそうです。もうしばらくしたら廻ろうかな。

総持寺 包丁塚

 その隣には包丁塚があります。

 総持寺の開基、政朝は料理の名人といわれていて、山蔭流庖丁の元祖、日本料理中興の祖とされています。後で登場する山門の脇にある開山堂で包丁式が毎年開催されるそうです。

総持寺 鎮守社

 こちらは鎮守社です。

総持寺 ペット

 こちらの弓形に反った屋根の建物の手前にはペットの供養塔があり、たくさんのお供え物がありました。

総持寺 様々な社

 本堂の西側には沢山の社があります。神仏分離令は影響なかったのでしょうか。

総持寺 不動明王堂

 こちらは不動明王堂ですね。

総持寺 金堂

 本堂の左側にある大きな建物は金堂です。

総持寺 閻魔堂と池

 本堂の左手前にはきれいな池のある美しい庭があります。その真ん中に建つのが閻魔堂です。

総持寺 地蔵尊

 その前に来ると素晴らしいりりしい姿の地蔵尊があります。

総持寺 五社稲荷大明神

 その池の奥には五社稲荷大明神です。本当に神社が多いですね。

総持寺 開山堂 

 先ほどの包丁式などが行われる開山堂がこちらです。

総持寺 開山堂 舞台づくり

 山門を出て開山堂を下から見ると清水寺と同じ舞台様式の立派な基礎が見ることができます。

 これで総持寺の参拝が終わりました。都会にあるお寺で素がなかなか見どころの多いお寺で有難い気持ちになりました。



西国三十三か所巡り頑張ります!

総持寺 御朱印


御詠歌:おしなべて老いも若きも総持寺のほとけの誓い頼まぬはなし


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←西国三十三か所巡りを楽しむ惣兵衛夫婦に、応援クリックお願いします!


総持寺 地図

[edit]

あか~~~ん! 「ご飯大盛りで。」は慎重に ~Cafe Rest BOY 豊岡市港地区 

 仕事で但馬をどんどん北上して城崎温泉街に到着しました。魚介類を食べる気持ちにならなかったので、さらに北上して海沿いのカフェ 
Cafe Rest BOY(カフェレスト ボーイ)さんにお邪魔しました。

ボーイ 外観

 隣りのかまどめしの橋本さんにお邪魔してもいいかなとも思ったのですが、臨時休業でした。

ボーイ 店内

 さっそくお店にお邪魔しました。結構なお客さんが入っておられましたが、店内は結構広いのでゆったり座れますよ。さっそくメニューを拝見します。

ボーイ メニュー1 ボーイ メニュー2

ボーイ メニュー3
(クリックして拡大してご覧ください)

 前回はスリランカカレーをいただきましたので、常連さんおすすめの焼きそばがいいかと思いましたが、日替わりランチのボードに目が行ってしまいました。

ボーイ ランチボードメニュー

 これがいいかな。お願いしましたが、折角なのでご飯を大盛りでお願いしました。しばらくして登場です。

ボーイ 日替わりランチ 

 日替わりランチ(800円)とご飯大盛り(150円)です。

ボーイ 日替わりランチ ご飯大盛り 

 なんじゃこりゃ~~~~~ぁっ!


 久しぶりに見る日本昔話し盛りっ! しかも普通のお茶椀じゃなくて小どんぶりですよ~~~~ぉ!

ボーイ 日替わりランチ ご飯大盛り 携帯電話と

 iPhone 6sを立てた高さと五分五分ですね~。これはなかなかですね。50歳を目の前にしたオッサンにたべられるかな??

ボーイ 日替わりランチ メインの右側

 メインディッシュは長細いお皿の真ん中にこんもり盛って、両サイドにメイン料理が盛られています。左側はトンカツハーフですね。

ボーイ 日替わりランチ メインの左側

 右側は鶏唐揚げマヨタレです。どちらもうまそうです。

ボーイ 日替わりランチ 小鉢

 小鉢は牛すじ煮込みです。フライものばかりでなくこうした煮物があるのが嬉しいですね。

ボーイ 日替わりランチ 味噌汁

 ご飯が大きいので味噌汁が小さく見えますが、通常より少し大きめのお椀です。中身は人参、玉ねぎ、なめたけ、ジャガイモなど沢山です。簡単に言うと豚の入っていない豚汁みたいですね。これもおかず候補ですね(笑)。

ボーイ 日替わりランチ 漬物

 漬物もしっかりしていて、大盛りご飯を食べるために役立ちそうです。たくあんはよくあるタイプですが、白菜は完璧に自家製ですね。この時期ならではの少し酸味が出てきている古漬けですが、めっちゃうまいです。これも日本昔話し盛りのご飯退治に役立ちそうです。

ボーイ 日替わりランチ 大盛りご飯をもって見た

 ご飯を持ってみましたが、けっこうな重さです。持ったイメージはソフトボールよりももう少し大きなボールを載せた感じです。笑っちゃいました。

ボーイ 日替わりランチ ご飯をつまんでみた

 ご飯を箸でつまみあげたらこんなイメージです。

ボーイ 日替わりランチ サラダ

 サラダは新鮮ですし、ドレッシングが酸味が効いたもので美味しかったです。ご飯に負けない味だったのでおかずとしてご飯をつまみながらサラダをいただきました。ポテトサラダもおいしかったです。

ボーイ 日替わりランチ チキン

 チキンはこの通り、マヨネーズの酸味と甘みがよくってご飯が進みますよ。おいしいです。

ボーイ 日替わりランチ カツ

 トンカツもカリッと揚がっていていい感じです。ご飯をたくさん口にほうばりながら美味しくいただきました。

ボーイ 日替わりランチ 牛筋で

 小鉢の牛筋と野菜の煮物もご飯を退治するに最高の戦力でした。

ボーイ 日替わりランチ 途中経過

 約12分ほどでここまでいただきました。ご飯を優先的に食べましたが、ここまできて普通の盛り方くらいの小どんぶりの様子です。

ボーイ 日替わりランチ ふりかけ

 ここでお盆の上に一緒に出されたふりかけの出番です。さらに箸を進めます。

ボーイ 日替わりランチ 完食

 約18分後に完食です!


 どれもとてもおいしかったので、意外と苦戦せずに順調に食べられましたよ。ただ、夕ご飯はあまり食べないほうがいいか・・・(結局カレーライスを少しだけ食べてしまいました(笑)。)。


 まだまだ、大食いも頑張れれるかな??


 でも、年甲斐もなくやるべきではないかな??


 このお店では次は評判の高い焼きそばをいただいてみたいと思います。



ご馳走様でした! またお邪魔します


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村>   ←意外とメガ盛りの カフェレスト ボーイさんに応援のぽちっ!おねがいします。


カフェ レスト ボーイ


関連ランキング:喫茶店 | 城崎温泉駅


タグ: 大盛り店 

[edit]