07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

三重県に江戸時代の姿を残す東海道47番目の宿場町 ~関宿 三重県亀山市 

 名古屋から帰る前に少しだけ観光をと思い、シャープで有名な亀山市でおりて関宿にお邪魔することにしました。

関宿 説明看板

 街並みの中央部の外れに駐車場があり、そこに施設の案内看板があります。住宅街を50mほど歩き関宿の街並みに到着します。

関宿 西の追分方向

 こちらが少し上り坂になっている西方向、京都方面です。西の追分まで街並みが続いているそうです。

関宿 東の追分方向

 こちらは平たんな道になっている江戸方面です。東の追分まで続いており、西の追分から東の追分まで、なんと全長1.8キロメートルも街並みが続いております。

 関宿には、美濃の「不破関」、越前の「愛発関」とならび古代三関の一つとして数えられる「鈴鹿関」があり、古くから交通の要衝で、伊勢詣での人々や、参勤交代の武将などで大いににぎわっていたそうです。今でも町屋が200件以上残っているというから驚きです。

関宿 歴史的建造物のプレート

 昔から残る建物にはこのようなプレートが張られていて、街並みの保存が行われています。

関宿 地蔵院と鐘楼

 ここに小規模なお寺があります。関地蔵院といって、奈良の東大寺の行基菩薩が全国で流行していた天然痘を収めるために、関宿に築いた地蔵堂で、日本で最も古い地蔵菩薩だそうです。

関宿 地蔵院 弘法大師像

 老朽化の激しい弘法大師像がちょっとかわいそう・・・・。

関宿 地蔵院 

 すばらしい書の看板が掲げられています。

関宿 地蔵院 鐘楼

 関地蔵堂とこの鐘楼、愛染堂は国の重要文化財とされているようです。

関宿 地蔵院 土塀

 土塀にはお地蔵さんがおられました。


関宿 

 その先にもずっと町屋が続きます。

関宿 白壁

 こちらが関宿の典型的な町屋のようです。一階は木目を生かした格子戸で、二階部分は漆喰の虫籠窓、うだつは上げずに飾り壁を用いるようです。なるほど。

関宿 靴やさん

 こちらは昔の足袋屋さん。今でも靴などを販売されているのが面白いですね。看板を見ると昔の電話番号は二ケタなのですね。

関宿 田中屋

 こちらの屋号は田中屋さん。二階に細工瓦がありますのでご覧ください。

関宿 田中屋 大黒様 関宿 田中屋 布袋様

 大黒様と布袋様です。商売繁盛を願ったものですね。このほかにも漆喰彫刻を含めてたくさんのこうした縁起物などの飾りがありますので、探して歩くのもたのしいと思いますよ。

関宿 高札所

 こちらは高札所。江戸幕府の命令を伝える札が昔の儘掲げられています。なかにはキリシタンを見つけたら報告することなども書かれていました。

関宿旅籠玉屋歴史資料館

 外観は撮り忘れましたが関宿旅籠玉屋歴史資料館です。関のまつりに街を練り歩く山車の模型がすごいでしょう?

関宿旅籠玉屋歴史資料館

 ここは江戸時代の旅籠の様子をそのまま残して展示されている施設です。

関宿旅籠玉屋歴史資料館

関宿旅籠玉屋歴史資料館

 関宿に行ったら是非とも寄っていただきたい施設です。


関宿 町屋ゲストハウス 石垣屋

 その隣には町屋を生かした石垣屋というゲストハウスです。相部屋であれば素泊まりで2,500円宿泊できる面白い宿ですね。若者がごろりとしながらくつろいでおられました。詳しくは公式HPをご覧ください。

関宿 妻入りの町屋

 さらにその近くにはこの宿場町のほとんどが平入りといって屋根に沿った麺が出入り口になる方式ですが、妻入りの町屋がありました。屋根の三角形の部分から出入りする形式です。屋根も丸みを帯びている「むくり」というとてもお金のかかる技法を使っておられます。
 このお店は江戸に支店を出すほど繁栄していたそうです。

関宿 旧伊藤本陣跡

関宿 河北本陣跡

 関宿には2つの本陣跡があり、たくさんの参勤交代の大名を受け入れていたことが解りますね。

 今回はざっとした観光になってしまいましたが、次は1.8キロメートルすべてを歩いてみたいと思いました。


こうした街並みを残したいですね!

 この後少しお土産を買いました。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←200件以上も大切に町屋を残してこられた関宿の人々に、応援クリックお願いします!

地図
スポンサーサイト

[edit]

自然薯芋の風味を存分に楽しめる鈴鹿山麓のお料理屋さん ~自然薯 茶茶 三重県菰野町 


 名古屋から但馬に帰る際にせっかくだから三重県に行こうってことでお邪魔した際におじゃましたのが
自然薯 茶茶さんです。

自然薯 茶茶 外観

 すでに車で駐車場はいっぱいです。観光客だけでなく、地元の人にも人気のようですね。


自然薯 茶茶 喫煙室

 玄関を入る前にあったのが喫煙室です。ここもなかなか風情がありますね。自然薯の風味を楽しむには近縁でないと困りますからね。喫煙者の方も快適にタバコが吸えそうです。

自然薯 茶茶 御品書き

 玄関には魅力的なお土産もありますが、惣兵衛が注目したのは後ろの看板です。自家製農園産や三重県産の素材をちゃんと使っておられますし、ウナギや鮎も堪らなく魅力的です。これはやばい~~。

 予約しないと入れないということで、この辺りに詳しい友人が予約を入れてくれていたので、すでにお料理が並んでいます。店内はかなり広く、個室対応がうれしいです。個室居酒屋はもう結構ですが(笑)。

自然薯 茶茶 メニュー1 自然薯 茶茶 メニュー2

自然薯 茶茶 メニュー3 自然薯 茶茶 メニュー4


自然薯 茶茶 ご案内
(クリックして拡大してご覧ください)

 いろいろなレパートリーがあるのですね。牛肉もあれば海老フライもあるし、やっぱりウナギにもそそられますね。でも、すでに決まっているので次の楽しみにしておきましょう。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 

 準備されていたのはとろろ御膳 梅(税別 2,300円)です。これは豪勢ですね。自然薯料理というと田舎風のイメージが付きまといますが、ここではそんな感じはなくって、どちらかというと洗練した感じさえ受けます。素晴らしいです。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 とろろ
 
 こちらが主役のとろろです。杓がデカいので少なく見えますがどんぶり鉢にけっこうな量が入っています。自然薯芋はそのままでは食べにくいので出汁で丁寧に緩められていていい感じです。

 自然薯をいただきたい心を抑えて前菜からいただきましょう。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 前菜

 若鮎の南蛮漬けや高野豆腐の卵とじなど山の幸がきれいな料理になっていて素晴らしいですね。


自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 刺し身

 こちらは刺し身盛です。マグロハマチの3種がきれいに盛られています。これを見るだけでも料理人の腕の良さが伝わってくるようです。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 さしみいただきます

 さっそくいただきましたが、新鮮で美味しい刺身でしたね。海から遠い鈴鹿山地の麓ですが、ちゃんとした仕入れをされているようです。感心しました。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 天ぷら

 こちらは天麩羅の盛り合わせ。季節の野菜が美味しく揚げられていました。特にすごくおいしかったのがこれです。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 自然薯の天ぷら

 とろろ揚げです。自然薯芋を擦った硬いままの状態で海苔で巻いてあげたものですね。これは自然薯の香りと海苔の香りが最高の一品でした。ふんわりしたお餅みたいな食感です。
自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 とろろ豆腐

 これは何だと思いますか? 胡麻豆腐と追われるでしょうね。 わたしも一口食べる前にはそう思いました。いただいたら自然薯の香りとわずかながら粘りも感じられたのです。そう、自然薯を使った自然薯豆腐だそうです。これはアイデアですね。おいしいです。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 自然薯せんべい



 ついでに自然薯を使った自然薯せんべいもありましたよ。

 さあ、いよいよあのとろろをいただきましょう。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 蕎麦

 先ずは蕎麦でいただきましょう。乾麺ですがこのままいただいても十分美味しい蕎麦です。海老も入っていますね。


自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 蕎麦

 そこにとろろを投入します。これはうまそうです。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 そばいただきます

 さっそくいただきましたが、そばに負けない自然薯の香りが素晴らしいです。一緒に行っていた蕎麦打ち名人の方も感激しておられました。これほどの風味の高い自然薯はなかなかないですね。本物の自然薯芋を正しく料理されているのがよくわかります。

 あまりにおいしいので一気にそばをいただいたら、次はメインのとろろ飯です。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 御櫃

 ご飯はおひつでいただけます。お替り自由がありがたいですが、たぶん2~3杯は食べられる量になっていると思います。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 麦飯

 ご飯はとろろ飯に合う麦飯ですね。上手にたかれていましたよ。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 薬味

 薬味はこの通り刻み葱刻み海苔がたっぷり用意されています。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 とろろごはん

 さっそくいただきました。

 これはうまい!! 最高です。

 麦飯のさっぱり感と、とろろ芋の粘りと香ばしさ、だしのうまみがちょうどいいハーモニーを奏でてくれます。これは寄る価値ありですね。すっかり御櫃のご飯をすべて平らげてしまいました。

自然薯 茶々 とろろ御膳 梅 自然薯菓子

 デザートがこのお店オリジナルの自然薯菓子 天薯(てんじょ)といいます。蒸し菓子ですが、抹茶の香りと風味が、美味しく炊かれたあずきの味とマッチしてさっぱりした美味しいお菓子でした。

 表の売店で売っているので購入しようと思ったた売り切れでした。公式HPからネット通販で買えるようですのでお願いしたいと思います。


 全体にとても洗練された自然薯料理で感激しました。ここもまた寄りたいお店のひとつになりましたよ。


ごちそうさまでした!またお邪魔します!



にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←自然薯芋を田舎料理の枠を超えて、すばらしいお料理に昇華させてくれたお店に、応援のポチッ!お願いします!

自然薯 茶茶



関連ランキング:麦とろ | 大羽根園駅



[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。