FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

「かじめし」って「家事めし」? 「まかない」? ~かき船 豊岡市 

 ちょろっと帰ってきました。久しぶりに豊岡市街地の牡蠣のお店 かき船さんに御邪魔してきました。

かき船 外観

 繁華街にある落ち着いた雰囲気のお店です。

かき船 ランチボード

 ランチボードもありますね。

かき船 店内

 相変わらず雰囲気の良いお店です。平日ということもありお客さんは私以外に一人だけ。落ちつける空間です。

かき船 ランチメニュー

 ランチメニューはこの通り。シンプルでいいですね。

かき船 お茶

 女将さんがお茶を汲んでくださいました。それを飲みながら登場を待ちます。

かき船 かじめし 

 日替わりに変わるかじめし(800円)です。この日のメインはトンカツのようです。どうやら普通の定食ではなく、ワンディッシュランチのようですね。

かき船 かじめし メインアップ

 さすがにかき船さん。とんかつもおいしそうです。

かき船 かじめし 味噌汁

 味噌汁はわかめと豆腐の味噌汁です。ご覧の通り、少し白みそが多めで甘目のものですね。おいしいです。

かき船 かじめし 漬物

 漬物は白菜の漬物。なかなかおいしいですよ。

かき船 かじめし 小鉢

 小鉢はシメジと三つ葉のお浸しです。

かき船 かじめし 小鉢いただきます

 粘りもあっておいしいです。

かき船 かじめし トンカツ

 トンカツを単独でいただきます。揚げたてで衣もカリカリで美味しいものです。

かき船 かじめし いただきます

 ご飯にトンカツを載せていただきました。 濃厚なデミグラスソースがご飯にあいますね。


 なかなかおいしかったです。大盛りのびっくりの天麩羅丼は少しスケールは小さくなりましたが、相変わらずの美味しさです。次はそれをいただきたいです。


ご馳走様でした。またお邪魔します!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←但馬で唯一の牡蠣をメインに頑張る老舗のお店への応援クリックお願いします。励みになります!


かき船




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 豊岡駅


タグ: 豊岡市 

[edit]

京都から九州に向かう西国街道の大阪までの6宿場の一つ 芥川宿を歩く ~大阪府高槻市 

 高槻のホテルでゆっくりとすればいいのですが、出張に行くといつもの早朝の散歩をしたくなりました。高槻といえば郊外の都市というイメージですが、歴史的に重要な場所でもあります。
 京都と大阪をつなぐ要衝ですからね。

 本当は信長の上京時に苦しめられた三好三人衆の一人の三好氏や、高山右近が城主になった高槻城跡を見たいと思ったのですが、今回は京都と九州をつないた西国街道にフォーカスしました。その内の、京都と大阪の間を山﨑街道というのですが、そこの中の6宿場のひとつ、芥川宿があるというので散策に行ってまいりました。

 高槻駅

 JR高槻駅の北側に到着です。まだ朝日が昇っている最中ですよ。

芥川町

 そこから芥川町という細い路地の中に足を勧めます。両側に自転車駐車場があり、学生やサラリーマンがたくさん集まってきています。

IMG_5261 (640x480)

 そこで特徴的な建物を発見します。明らかに古そうな妻入りの建物です。

芥川宿 仇討の辻 看板

 看板が立っていましたがここで江戸時代の初期に仇討があったそうです。「芥川仇討ちの辻」というそうです。

芥川宿 古民家

 そこから少し京都側にあたる北東に歩いていくとなかなか渋い古民家がありました。その後はしばらく歩きましたが何もなかったのでもと来た道を引き返します。

  さらに今後は南西の大阪側に歩みを勧めます。

芥川宿 神社

 ここには小さいながらも何やらいわれのありそうな神社があります。これは芥川一里塚三宝大荒神というそうです。

芥川宿 一里塚

芥川宿 一里塚の看板

 名前の通り、ここには一里塚があります。この宿場町の前後にはこういった塚が並んでいたそうです。

芥川宿 酒屋

 この酒店も素敵です。

芥川宿 酒屋の看板

 いつの看板かな?

芥川宿 酒屋の奥行

 この建物の奥行と造りの素晴らしさをご覧ください。
 
芥川宿 古民家

 このおうちは一見はコンクリート造りの家に見えますが、遠ざかってみると古い立派な家です。

芥川宿 古民家2

 この格子戸の家も素敵。

芥川宿 古民家3

 この2階の虫篭窓が小さなおうちも素敵です。

芥川宿 古民家4

芥川宿 お寺

 立派なお寺もありました。高槻という都会のまちで歴史の跡に触れられるなんていいですね。次はやっぱり高月城址ですね。



楽しめました。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←古い時代から多くの人たちの往来を見守ってきた芥川宿に応援クリックお願いします。励みになります!

芥川宿 地図

[edit]

高槻駅前にあるちょっとスタイリッシュな温泉付きビジネスホテル ~ワークホテルアネックス天神の湯 大阪府高槻市 

 おいしいもつ鍋をいただきホテルでゆっくり休みたいと思います。大浴場があるホテルがいいとおもって予約したのがワークホテルアネックス天神の湯さんです。

ワークホテル天神の湯 外観

 高槻駅から歩いてすぐの繁華街の中にあります。

ワークホテル天神の湯 玄関

 入ってびっくりしたのが玄関です。靴を脱いで上がらなければならないシステムでした。実はこのホテル、日帰り温泉としても利用OKですのでこのシステムを取っておられるようです。

ワークホテル天神の湯 下駄箱

ワークホテル天神の湯 エレベーター

 日帰り温泉の方とホテル利用の人とは下駄箱もエレベーターも違います。

ワークホテル天神の湯 廊下

 2Fが温泉の入り口で、客室は3階以上です。エレベーターを降りると白と黒のとてもスタイリッシュな廊下が迎えてくれます。

ワークホテル天神の湯 風呂

 お風呂はガラス張りの大きなものでびっくりです。

 ワークホテル天神の湯 洗面台

 シャンプーなどの消耗品も豊富です。耳栓までありましたよ

ワークホテル天神の湯 ロッカー

 ロッカーも大きいです。北大阪地震の影響かヘルメットまであります。

ワークホテル天神の湯 風呂

ワークホテル天神の湯 風呂
(ホテルの公式HPより)

 写真はもちろん撮影できませんが、めちゃくちゃすごくてびっくりしました。2~3階が温泉で、階段を上がっていくと両サイドに5名くらい入れる電気ぶろや、打たせ湯などの湯船が5つほど並び、屋上にはツボ湯や露天風呂があり、スーパー温泉です。

ワークホテル天神の湯 食堂 

 翌日の朝食はこの通り。

ワークホテル天神の湯 食堂 

 中にレストランもあります。

ワークホテル天神の湯 食堂 

 もちろんバイキング方式です。シティーホテル並みとまではいかないまでも、ビジネスホテルと比較すると十分な種類の食事が楽しめます。

ワークホテル天神の湯 食堂 

 とてもリラックスして楽しめたホテルステイでしたよ。また次も泊りたいですね。


ゆっくりできました。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←スーパー銭湯の機能と素敵なシティーホテルの快適さ、おいしい食事を提供してくれるビジネスホテルに応援クリックお願いします。励みになります!

ワークホテルアネックス天神の湯 公式HP : http://www.workhotel.jp/annex/

[edit]