FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

さあ、いよいよ平田オリザさんと豊岡市の冒険の始まりです! ~江原河畔劇場 日高町 

 以前からお伝えしていました豊岡市の新たなチャレンジ『深さを持った演劇のまち』のなかで重要な役割を負う、江原河畔劇場が完成に近づいてきました。

江原河畔劇場 外観

 もともと約100年前に建てられた日高町役場であり、その後、日高町商工会の庁舎として長年地元の方々に愛されてきた建物です。これを豊岡市が譲り受け、日高町に移住してきて来られた日本を代表する劇作家の平田オリザさん率いる、劇団青年団が購入して、劇場として整備されてきました。

江原河畔劇場 搬入口

 昔の面影を残しながら、いい感じに仕上げていただいております。地元の市民の一人として、思い入れのある建物をできるだけ形を変えずに利用していただいたことにもお礼を言いたいと思います。

江原河畔劇場 横断幕

 建物には地元の児童たちが平田オリザさんと劇団青年団を歓迎する横断幕を作ってくれて、それが掲げられていました。オリザさんの気持ちと、地元の方々の気持ちが表現されているようです。うれしいですね。

江原河畔劇場 看板

 めちゃかっこいいロゴ。江原駅前にアートの香りがしました。

 この記事は地元市民への内覧会の時の話です。参加できて光栄でした。

江原河畔劇場 ロビー

 入るといい感じのロビーがありました。椅子とかソファーが並べられていますが、統一感がない。なぜなんだろうと思ったらこれです。

江原河畔劇場 ソファア

 実はこれらの椅子やソファーは過去の平田オリザさんの舞台で使われていたものなのです。このソファは平田オリザさんの代表作である「東京ノート」の初期の舞台で使われたもの。こうした過去の名作で使われたものが配置されているのです。ですので、平田ファン、演劇ファンにとっては垂涎ものなのです。

江原河畔劇場 ステージ

 ステージに案内してくれました。なんとそこには平田オリザさん、ご本人が迎えてくれました。感激です。この劇場に込めた思いを語っていただき、地元の人間としても一緒に頑張らねばと思いましたよ。

江原河畔劇場 2階練習場

 こちらは2階の練習場です。昔は商工会の大会議室でした。以前はいろいろな会合が開かれていましたね。懐かしいです。

江原河畔劇場 円山川の風景

 ここからの円山川の景色が素晴らしいのです。円山川が直角に曲がり、何とも言えない素敵な姿を見せてくれます。ここにはクラウドファンディングが5000万円をこえれば、この景色を一望できる展望デッキができるそうです。これは楽しみです。
 
 クラウドファンディングはこちらをご覧ください ⇒ クラウドファンディング

江原河畔劇場 事務所

 こちらが劇場の事務所。懐かしい部屋です。

江原河畔劇場 デッキ

 いい感じですね~


 さあ、この週末にプレオープンのこけら落とし公演が開催されます。なんと、予約殺到だったそうです。新型コロナウィルスの影響で間隔をあけて席を配置するため、収容人数も減るために、予定の公演数では全く足らなくて、追加公演をされるそうです。

 詳しくはこちら ⇒ 劇団青年団公式HPを

 
 江原河畔劇場の情報はこちら ⇒ 江原河畔劇場公式HP


豊岡市、そして但馬がこれから楽しみです!




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←豊岡市が『演劇のまち』で元気になれますように、応援クリックお願いします!

タグ: 豊岡市日高 

[edit]