FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

「ヤマガレイ」はお好きですか? 

みなさんはヤマガレイを食べられますか?

ヤマガレイ 図鑑より

 名前は但馬地方では「ヤマガレイ」や「ベタ」とも呼ばれますが、一般的には「ヒレグロ」と呼ばれるそうです。日本海の浜ではとても人気のある魚です。生のものはぬめりがすごくて、独特の臭さがあります(たとえて言えばカメムシのような・・・)。この香りが浜の人は良いということです。

 私は勧められるまま購入して調理したらこの匂いにやられて食べない人もいたのでそれから購入するのをためらっていた素材です。
 
 実は生のものは湯をかけてぬめりを取るといいようですね。知らなくてがっかりです。

 その後白木屋早田さんでまたまたヤマガレイを勧められていただいたら、びっくりするくらい美味しかったので聞いてみると、軽く一夜干しにしたら香ばしさも増しておいしいよとのことでした。ヤマガレイは水分が多いのでこの方法はうまみも増すようですね。

 とある日のことです。近くのスーパーに行ってみたらそのヤマガレイの干物を発見しました。

ヤマガレイ

 しかも頭としっぽをとって調理されたものが12枚で399円はお得です。こういう地元で消費される魚は安くていいのです。

ヤマガレイ 干物 アップ

 干物と思えないつやつやした感じがいいですね。

 これに塩を振って、片栗粉をまぶし、カリッと揚げるだけでヤマガレイのから揚げの完成です。

ヤマガレイ から揚げ

 あとは大根おろしと刻みネギ、ポン酢で頂きます。

ヤマガレイ から揚げ いただきます

 お酒にもご飯にも最適なから揚げです。うまみがあって、香ばしく、身はしっとりしていて美味しい。そしてこれがメインのおかずなので家計にも優しいです。

 このような地元のお得でおいしい食材はまだまだありそうですね。




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←他にもおいしい食材を紹介していただける方、メッセージとともに応援ポチッ! よろしくお願いします。

[edit]

« まだ桜が楽しめる神鍋高原です!  |  和田山にある素敵な日本料理店 ~和香葉 朝来市和田山 »

コメント

やはり

やはりカレイの干物といえば焼きでしょうか。フライものも嫌いではありませんが、シンプルに焼きが一番好きですね♪なんにせよカレイの干物大好きです。

栄治 #- | URL | 2012/04/28 06:08 * edit *

ヤナギガレイは好きでお盆の帰省時には必ず買って帰るのですが・・・・・・ヤマガレイは初めてです。
そんな臭いんですかww

おばちゃん #- | URL | 2012/04/28 09:54 * edit *

これは、おいしそうですね。
初めて、名前を聞きました。
隠れた、地元の食材を、これからも、ご紹介してください。

ひびき #0tR8pBJg | URL | 2012/04/28 15:44 * edit *

栄治さんへ

カレイの干物は最高ですね。
朝食に出てくるとうれしくなりますね。
お酒のつまみとしてもいいと思いますね。

このヤマガレイは水分が多いので一夜干しをしてから焼いたり、煮たり、このように揚げるなどするようです。

美味しいですが、くれぐれも生で下処理せずに食べないように(笑)

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2012/05/01 07:53 * edit *

おばちゃんさんへ

ヤナギカレイはどちらかというと高い価格で取引されているものですね。

このヤマガレイはヌルミがあって、独特の臭みがあるのであまり見ないでしょうが、地元の魚屋さんでは結構進められるおいしいカレイです。

扱いやすいのは一夜干しがいいと思います。一度試してくださいね。
生のにおいは一度体験してください(笑)

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2012/05/01 08:13 * edit *

ひびきさんへ

了解しました。

ぐべとかも美味しいですし、また紹介したいです。

旅行されて居酒屋や魚屋で珍しい魚を見かけたら、調理法など聞いてみてぜひ試してほしいです。

高級魚などは築地や大阪の市場に運ばれてしまいますが、だからこそこういう地魚を大事にしたいですね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2012/05/01 08:16 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1416-9be48512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)