FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

生野に行ったらお土産にどうぞ! ~「生野ハヤシライス」  

お土産で頂きました生野ハヤシライス(500円)のレトルトパックのお土産版です。

こちらは『昭和30年代 旨味』です。

生野ハヤシライス 昭和40年代 深味

「味と香りが懐かしい昭和30年代の味」とされています。じつはこれとは別に『昭和40年代 深味』があって「コクある味わい昭和40年代の社宅の味」とされています。

 生野銀山を皇室から三菱合資会社が払い下げを受けたのが明治29年で、社宅は大正時代からあったようですので、社宅で都会から来た奥さんが地元の素材を使ってハヤシライスを作っていたのはいつのころからなのでしょうか。
 その中で昭和30年代を採り上げられたのはこのプロジェクトの方々の懐かしい年代なのでしょうか。

 その後昭和40年代になり戦後からの高度成長の中で素材の制約が少なくなりコクの深みを感じるのようになったのでしょうか・・・。なんてことを考えているとレトルトがしっかり温まってきました。

生野ハヤシライス 昭和40年代 深味 完成

 皿にご飯をもって調理完了です! ちょうどいいくらいの粘度です。具材はそんなに多くないですが美味しそうな香りが漂ってきます。

生野ハヤシライス 昭和40年代 深味 いただきます

 玉ねぎはトロトロで溶け込んでいてお肉とマッシュルームがちょうどいい歯ごたえを演出してくれています。酸味も適度で確かに味の旨味もすばらしくすでに深みさえ感じる美味しいハヤシライスですね。かなりこだわって作られた感じです。

 値段設定もご当地ハヤシライスとしては問題ないです。パッケージのデザインもかわいいし、なんといっても生野の街をハヤシライスで盛り上げようというプロジェクトがいいです。

 それに、結構むりやりなストーリーででっち上げたグルメで町おこしというのではなく、しっかりとしたストーリーもあっていいですね。生野ハヤシライス部会のHPは⇒こちら

 次は『昭和40年代 深味』を頂いてみたいです。


生野のお土産にぜひどうぞ!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←生野のハヤシライスの町おこしに応援クリックお願いします!
タグ: 朝来市生野 

[edit]

« さっぱりした天理ラーメンをいただきました ~CAPTOR&クローバー 朝来市山東町  |  バスの教習車に遭遇 ~生野黒川温泉から銀山湖 »

コメント

うちの母は鉱山職員でした。
そこに豊岡から出張で来た父と知り合ったらしいです。
が、ハヤシライスがこんなに古くから生野にあったとは知りませんでした!ホームページの鉱山の食堂の写真なんか母に見せたら大喜びするでしょうね。

おばちゃん #- | URL | 2012/06/09 06:30 * edit *

うまそう!!!

そんなに種類があるんですか!
レトルトがあるのは知ってましたが。
美味しそうですね!
朝からきゅるるる…。
話は変わりますが昨日はお疲れ様でした。

栄治 #- | URL | 2012/06/09 07:07 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1522-bcf08666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【生野に行ったらお土産にどうぞ! ~「生野ハヤシライス」 】

お土産で頂きました生野ハヤシライス(500円)のレトルトパックのお土産版です。こちらは『昭和30年代 旨味』です。「

まとめwoネタ速neo | 2012/06/10 06:28