FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

淡路島の金太郎は地魚が廻る寿司でした ~「廻る寿司 金太郎 シーパ店」 淡路島五色町 

長男のサッカーの応援で淡路島の五色町へお邪魔してきました。サッカーの応援に行くと楽しみなのが地元のおいしいものですね。

 五色町はなかなかお店がないのですがシーパというショッピングセンターの一角にある

廻る寿司 金太郎 シーパー店にお邪魔してきました。

廻る寿司 金太郎 シーパー店 外観

 このお店は、今よくある105円均一というわけではないのですが、地元の淡路島の由良、福良、鳴門の地魚をネタに使っているというので興味があったのです。

廻る寿司 金太郎 シーパー店 店内

 お店はそれほど大きくありません。6人テーブルが4つほどと4人テーブルが1つ。あとはカウンターのみで、コンベアーは一つですね。

 奥方とテーブルに座ってさっそくメニューを拝見。

廻る寿司 金太郎 シーパー店 メニュー 廻る寿司 金太郎 シーパー店 メニュー
(クリックして拡大してご覧ください)

 メニュー的には特筆するものはないですが、コンベアーを流れる寿司のネタは光っていて新鮮そうですね。

 寒かったのでまずは暖かいものをいただきました。私があさりの赤だし(180円)です。

廻る寿司 金太郎 シーパー店 アサリの赤だし

 大きなあさりがたくさん入っていてお得感ありました。わかめもおいしかったです。

 奥方は茶わん蒸し(220円)です。

廻る寿司 金太郎 シーパー店 茶わん蒸し

 だしも聞いてよかったようです。体がほっこりしたところでお寿司に向かいました。せっかくなので基本的に淡路島の漁港で採れたとされるものを中心にいただきます。

 まずは白キス(2貫300円)からです。

廻る寿司 金太郎 シーパー店 白キス

 白キスの歯ごたえもよく、ネタも大振りでよかったですね。そして間髪を入れずガシラ(2貫300円)

廻る寿司 金太郎 シーパー店 ガシラ

 先ほどの白キスもそうでしたが、皿の上に直接ではなく、木製のすのこの上に載っているのもいいですね。それとちょっと添えられた海草もいい雰囲気を出してくれています。

 つづいて、大生エビ(2貫300円)

廻る寿司 金太郎 シーパー店 生エビ

 これがすごく肉厚で、新鮮、ぷりぷりとして甘くておいしいものでした。これで300円は安いでしょう。

 まだまだ行きますよ~。生だこ(2貫250円)

廻る寿司 金太郎 シーパー店 生だこ

 地元の真だこもあったのですが、湯がいてあるものでしたのでこちらを選択しました。ちょっと梅肉が乗せられているのがいい感じでした。

 さらにあおりいか(2貫300円)

廻る寿司 金太郎 シーパー店 アオリイカ

 モチモチのイカでした。そしてさわら(2貫300円)

廻る寿司 金太郎 シーパー店 サワラ

 回転すしでサワラは珍しいですね。さらにさらに、剣先イカ(2貫300円)

廻る寿司 金太郎 シーパー店 剣先イカ

 ぷりぷりとした歯ごたえと甘みがおいしかったですね。

 ちなみに奥方と仲良く一貫ずついただいていることをご報告させていただきます。ここは単独で、奥方が上卵(1貫120円)

廻る寿司 金太郎 シーパー店 上卵

私が上ウナギ(1貫380円)

廻る寿司 金太郎 シーパー店 上ウナギ

 肉厚でおいしかったですよ。

 そろそろ〆にかかります。真鯛(2貫380円)

廻る寿司 金太郎 シーパー店 真鯛

 新鮮でコリコリしてよかったです。最後は普通にマグロの赤身でさっぱりとして終わりました。マグロの山かけ軍艦(2貫200円)

廻る寿司 金太郎 シーパー店 マグロの山かけ

これでお昼ご飯は終わりました。実はすいていたので6人がけのテーブルに通されたのですが、あとで家族連れがどんどん入ってきたので、席を譲らせていただいたところ、会計でちょっとサービスしていただけました。そのあともずっとお礼を言ってもらって照れるくらいでしたね。二人で3,500円くらいでしたから良かったと思いませんか?

 全体には地魚をお寿司で手軽にいただけてよかったですね。回転すしなのでどうしても仕方がないのですが、やはりシャリの握り具合がもう少し上がればさらに満足度アップするのですが、大手のチェーン店でも思っていることなので・・・・。

 兵庫県の北の但馬の金太郎は持ち帰りで人気を集め、兵庫の最南端の金太郎は回転しているっていいじゃないですか。両方とも頑張ってほしいです。


ご馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←地元のものを提供してくれる回転すし店に応援クリックお願いします。励みになります!

廻る寿司 金太郎 シーパ店




関連ランキング:回転寿司 | 南あわじ市その他


[edit]

« 雪のプレゼント・・・・・  |  なんちゅ~~~~~~~~寒さ。本格的な雪です。 »

コメント

いいですねぇ

寿司大好きです♪しかしながらパフォーマンスと価格勝負でやってくる大手に対抗するならこんなお店かもしれませんね。まぁ味が大前提ではありますがV(^-^)V

栄治 #- | URL | 2012/12/10 06:05 * edit *

但馬屋惣兵衛さんへ

雪の舞う中、お疲れ様でした。
 
瀬戸内海側はさすがに雪が舞う程度で積もったりしていないですよね。
帰って来られたらビックリされた事でしょうね(^_^;)
  
昨日一日車に積もった雪を放置していたら、車の屋根の上に30㎝程積雪していました。
まだこれから降るとか…
多い所で60㎝…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
 
 
いきなり話が逸れました(笑)
 
廻る寿司屋さんと廻らない寿司屋さん、何が違うのか行く度に疑問に思ってしまいます。
 
ネタが廻っていても、注文したら握ってくれますよね。
注文しなくても廻ってる中から選んで食べても良いんですけど…
価格的には、廻らない方は恐ろしい値段【時価】が存在しますけど、廻る方はハッキリしていますし。
ただし、廻る方は注文して握ってもらって持って来てくれれば良いんですけど、わざわざ廻してくれたり…
 
多分、廻らない方は大将とネタの話や色々と対面で話が楽しめる。
廻る方は、気兼ねせずに自由に食べられる。
 
そんな感じでしょうか?
 
 
ちなみに僕は、廻らない方は連れられて入った事しか記憶は無いですけどね(笑)
廻らない方にも行かれた事が多々ありそうな惣兵衛さんなら、廻る・廻らない寿司屋さんの違いをご存知だろうと思って聞いてみました。
 

中村主水 #- | URL | 2012/12/10 08:41 * edit *

偶然私は昨日は但馬の金太郎さんでした。
奥様と1カンづつ食べられるというのはうちと同じですね!
仲がいいのはもちろんですが、いろんなネタが楽しめるというのもいいですね!

A #- | URL | 2012/12/10 08:44 * edit *

栄治さんへ

そうですね。
安かろう、悪かろうでは困りますしね。
この日も結構なお客さんでにぎわっていました。この店が人気があるのはもちろんネタの良さです。ただ、大手がここに来るとどうなるか・・・

私の様な観光客はこうして土地のものが手軽に頂きたいのでこういう店には頑張ってほしいですね。

そういえば山陰の幸を最近寿司で頂いていないような気がしてきました。但馬の寿司屋さんにも久し振りに行ってみますか~。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2012/12/10 09:40 * edit *

中村主水さんへ

明石大橋で雪が舞っていたのはびっくりでした。途中の三田あたりが素晴らしい天気だったのでなおさらです。等高線がちょっと斜めになっていたのかな。

そうですね。廻る寿司と回らない寿司ですか。

廻る寿司は職人の人件費と配膳係りの少人数化のなかで大人数が対応できることが最大の違いでしょうか。

 まずは、お茶が粉かパックというのも違います。でも決定的な違いは寿司職人がいるのか、アルバイトでも可能かです。

 ここで違うのがシャリの握りです。

 廻る寿司の方は機械でシャリの形を整えますよね。ずいぶん高機能でよくなりましたが、やはり職人の微妙な感覚に勝るものはないです。シャリをたくことだけで何年も費やし、ネタを下準備するのにまた何年もかかり、そして客先で握ることを許されるまでさらにかかる、この差は仕方がないです。

 本格的な寿司屋でガッツリ食べるのをやめれば気軽に行けますよね。ちょっと刺身か何か一品頼んで、ちょっと酒をひっかけて、5品ほど握ってもらってすっと席を立つくらいが粋じゃないですかね。そういう私がそうできないですが・・・・(汗)


但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2012/12/10 09:50 * edit *

Aさんへ

そうなんですよ。
できるだけいろんなネタを楽しみたいですからね。

但馬の金太郎さんにも頑張ってほしいですよね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2012/12/10 09:50 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1770-dfdbc4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)