09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

兵庫県クラブユース新人戦大会 ~アスパ五色 

昨日は長男が出場している

兵庫県クラブユース新人戦大会の応援に行ってまいりました。

予選リーグを3勝1敗で首位通過した但馬SCリベルテは2日日程でアスパ五色の大会に訪れていました。

平成24年12月8日
二次リーグ1回戦 vs 尼崎ミュートス 3-1 〇


これにより、ベスト16の決勝トーナメント出場は決まりました。あとは首位通過すれば次の対戦が各グループの2位となる権利をかけての戦いとなります。

 さあ、みんな頑張っているかな~っと駐車場に到着。山に何か動くものが・・・・

ユース選手権五色 山の猿?

 特殊なアップなのでしょうか・・・。


 メインスタジアムでは神戸FCさんと川西さんが試合をされていました。

ユース選手権五色 神戸FC vs 川西

 さすが伝統と実績を積み重ねてきた神戸FCさん。素晴らしいサッカーをされています。伝統に臆することなく現代のポゼションサッカーを上手に取り入れられていて、多彩な攻めをされるだけでなく、時にはダイナミックで激しいプレーには感心させられるばかりです。
 こんなプレーをリベルテにもできるように精進してほしいですね。

 さて、リベルテの試合が始まります。


2回戦 vs 伊丹FC 0-1 ×

ユース選手権五色 集合

 対戦相手は伊丹FCさん。北摂の強豪チームです。フットサル大会でも個々の技術の高さを見せてくれていました。大変難しい戦いですが、こういう素晴らしいチームとの対戦は力を試したり、今後の課題を見つけられるんでロングパスで逃げることなく、つなぐサッカーで正面から戦ってほしいとおもってみていました。

ユース選手権五色 スタート

 みんな気合いのこもった様子です。ただ、このチームはチーム事情によりコーチが一人なのでアップが自主的な取り組みに任されています。様子を見ているといつもアップが足らない様子でいつも立ち上がりが悪い。ちょっと心配。

ユース選手権五色 失点

 試合が始まりますが、中盤でお互いに激しくプレスをかけあいます。でもチーム全体で統一感のあるプレスはさすが伊丹さんは見事で、リベルテの自由を奪い、逆にすきを見つけてじりじりと攻め立ててこられます。サイドのギャップから崩されて、センター付近からグランダーの正確なミドルがディフェンスラインの間を抜けて、GKの指先をかすめて先制されてしまいました。

 それからも、中盤ではつぶしあいが続き激しい攻防が続きます。しかしながらちょっとした判断の遅れとかコントロールミスを逃さず、インターセプトして空いたスペースを上手に見つけてこられる伊丹さんが攻勢を強めてきます。ミドルの精度が風のせいか高くなかったこともありましたが、リベルテもGKを中心になんとかゴールマウスを守ります。

ユース選手権五色 

 伊丹さんが選手交代をし、リベルテが配置を変える中でいい形で攻撃のチャンスを得ることが後半からでき始めましたが、崩しのパターンが少なく、しっかりマークされ、なおかつ焦りもある中で個人技に頼るシーンが増えて逆にチャンスをつぶしてしまっている気がしてきます。

ユース選手権五色 

 結局このままホイッスル。

 でも、妥当な結果ですね。リベルテの選手にくらべると伊丹FCさんは少しずつプレスも早いし、判断も速く、ミスも少ないです。そして組織としてのプレーも多彩でした。もっとファーストタッチの正確さ、多彩さを磨いて、相手のプレスを遅らせて、先に考え、先にボールを動かして、予測させないプレーを磨く必要があるのではないでしょうか。それと組織としてのプレスのかけ方や、攻撃のパターンを増やしてほしいですね。

 彼らにとって非常にいい試合でした。伊丹さんとは今後もできれば再戦させていただければうれしいですね。


 そして、決勝トーナメントの相手が決定!!


ヴィッセル神戸ジュニアユースさんです!


って思ったら、なんとヴィッセルさんはイルソーレ小野FCさんに負けたようです。よって対戦相手は

イルソーレ小野FCさん!

 こちらのチームもドリブルを中心にテクニカルで、素晴らしいサッカーをされる超強豪クラブです。長男の友達もいるので楽しみですね。

 最高の相手です。対戦したくてもできないチームなので思いっきり正面からぶつかってほしいですね!



 そうそう、次男は山東で雪の中遅くまで練習試合をしてました。

ダイレクトパスがつながっていい崩しができたようですがなかなか点が入らなかったようですね。様子は見ていないのですが心配です。

 次男もコーチの指導が腑に落ちないようで悩んでいるようです。悩むことと壁にぶつかるとの違いは大きい。次男も今が踏ん張りどきですね。でも、自分のサッカー観を守ることも大事です。

すばらしいサッカーを見せてくれるすべてのサッカー少年に頑張れ!


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村   ←すばらしいサッカーを見せてくれた素晴らしいクラブの子供たちに、応援のポチッ! お願いします

[edit]

« 雪の寿楽庵さんの12月限定メニューは「丸岡産丸抜き蕎麦」 ~寿楽庵 日高町十戸  |  雪のプレゼント・・・・・ »

コメント

すごい!

まずもって神戸とできるのは素晴らしいですね!それと次男くん、腑に落ちないくらい理解、考えがあるのは素晴らしいですね!だってその頃って吸収することがいっぱいいっぱいのはずなんですが。壁を乗り越えるか、ぶち壊すか、さぁここだぞ、次男くんV(^-^)V

栄治 #- | URL | 2012/12/10 21:29 * edit *

栄治さんへ

 そうなんですね。

 サッカーはチームやコーチのサッカー観や戦略によって個人に対する要求が変わります。そしてそれぞれの子の身体的な特性や好きなプレースタイルによって個人のサッカー観や目指すべき道も違って当然です。

 次男にはそのギャップをもっと柔軟に両立させる頭脳とスキルを伸ばしてほしいですね。

 指導者ってどのスポーツもそうですが、そこのところを理解して子供にも納得させて、相互理解を得たうえで子供たちのリーダーとして認めさせる難しさがありますね。でも、これができないと指導ってできないので難しいです。でもそれができれば楽しいですね。

 それと一人一人は違うんだという観点から、それぞれの子の良いところを伸ばし、もっといろんなポジションをさせてあげて、みんなが納得してプレーするところを見たいです。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2012/12/11 09:15 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1772-91a64a91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)