07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

春限定メニューは驚きの組み合わせ! クレソン蕎麦のうまさにびっくり! ~寿楽庵 日高町十戸 

3月初めから寿楽庵さんでは冬限定メニューの一つ「大きな、きつね蕎麦」が終了し、新たに

春限定メニューが登場したというのでさっそくお邪魔してきました。

 今回は娘さんのひな人形が飾ってある座敷にお邪魔します。



 元気にすくすく育って欲しいですね。一人の客としても祈りたい気持ちになります。



 さて、今回のお目当てはこれです。



 春限定メニュー 「クレソン蕎麦」(800円)です。
 クレソンと蕎麦と相性はいいのは以前いただいた「十戸清水の天ぷらそば」「清流 春の鴨そば」で感じていたつもりですが、今回はクレソンがかなりの量であり、その上のトッピングがポテトチップスというから驚きです。かなり冒険されましたね。一抹の不安を覚えながらも若女将さんにお願いしました。


 しばし待つと登場です。



 当たり前ですがメニューの写真のままです。大量のクレソンの上にはポテトチップス。そして脇には黒こしょうですね。

 まずはそばからいただきます。



 いつも通りの美味しいそばです。そして肝心のクレソンに箸を進めます。



 こちらのクレソンはご近所にある有名な北村わさびさんの作品です。
 私がお邪魔した時にちょうどわさび田の一部でクレソンを植えられていたのですが、今ではかなりの大量に増えているようです。このクレソンがとても好評で各地のレストランから引き合いがすごいそうです。
 確かに好評なわけが頂くとわかります。ほのかな苦みにピリッとしたわさびのような辛さ、そしてかみしめるとほんの少し甘くさえ感じます。かなり太い茎まで入っていますが、この時期のクレソンは新芽で柔らかくごわごわとした食感は全くなく、蕎麦の邪魔をしません。

 つゆを適量かけて、黒こしょうもかけ、よく混ぜていただきました。



 これは美味しいです。オリーブオイルを使っていらっしゃるのですが、かなり抑え気味なのでつゆの邪魔を全くしません。むしろ蕎麦とクレソン、つゆの味をうまく融合させる作用をしているように感じます。黒コショウとクレソンの刺激が全体の蕎麦と青菜の素朴な味を引き締め、また問題のポテトチップスがしょっぱさとコクを与える調味料のようになっていました。
 このポテトチップスを入れることを発案したのが若女将。ご主人がぼやっとした味に何かが足らないと悩んでいたところ、愛のアシストがあったようですね。

 これは本当においしいそばでした。見た目は奇をてらったように見えますが、この地の恵みであるクレソンを日本の蕎麦としてちゃんと料理して見せてくれました。ありがとうございました。



是非皆さんも試してみていただきたいそばです。


御馳走様でした!またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←寿楽庵さんのお子さんのおやつはしばらくポテトチップスが続くのだろうなと思われた方、応援クリックお願いします!

手打ちそば 寿楽庵




関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊岡市その他

タグ: 豊岡市日高 

[edit]

« 丸石がお祀りされているかわいい祠   |  冬の味覚「グベ」を初めて料理していただいてみた・・・ »

コメント

うまかったでしょ

うまかったでしょ\(^ー^)/
ほんとそばやさんの創作そばには感心しきりですね。しかし食べ方、食べ順僕のパクり…。というか僕の食べ方もそれなり食通になってきたというところですかね。

アニキの一番弟子に(^O^)

栄治 #- | URL | 2013/03/09 07:59 * edit *

ポテトチップスを提案された若女将さん、さすが若い感性ですね!

おばちゃん #- | URL | 2013/03/09 10:36 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

これは、どう表現すればいいのか・・
それよりも、クレソンとポテトチップスが・・・
うーん、なんと、凄い発想力なのですか?
オリーブオイル、黒胡椒・・・
うむむ。
これらの、異色素材を美味くまとめ上げましたね。
そして、愛の力も調味料でしたね(^^)。
でも、これは凄い。

ひびき #0tR8pBJg | URL | 2013/03/09 11:25 * edit *

ありがとうございました!!
さすが惣兵衛さん、分析力が違いますね(^^)
今回は気に入っていただいて良かったです。
冒険ですが、冒険しないと新たな発見も出来ない
ですからね。
普通のそば屋ならこんな事、考え無いでしょうが、
私は…
でも、基本は皿蕎麦ですから(^^;

それと、惣兵衛さんこそ、最後から2枚目の写真
愛のアシストじゃないですか?(笑)

そば屋 #- | URL | 2013/03/09 19:22 * edit *

栄治さんへ

これこれ。私はずっとこういう順番で頂いております。
ラーメンならスープをいただき、麺をいただき、チャーシューをいただき、それから胡椒やトッピングを試すという順番ですね。

しかし、美味しかったです。
意表を突かれた感じですが、洋風そばというのではなく、クレソンとそばを食べるためにこうなったというのがよく伝わりました。

次がまた楽しみですね~。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/03/11 09:09 * edit *

おばちゃんさんへ

そうですね。私のようなものには絶対にないですね。
おばちゃんさんなら何をのせたでしょうか?
わたしなら・・・思いつきません・・・。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/03/11 09:11 * edit *

ひびきさんへ

私もこれには驚きましたよ。
異色の素材のように見えるのですが、すべてが合わさるとこうでなければならない組み合わせという感じがあります。そこがすごいですね。

また、このクレソンがおいしいのです。すぐ近くにあるわさび田から採り立ての若芽のクレソン。こんな贅沢はないですね。

まねできない味。まさに十戸という大地の恵みでした。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/03/11 09:15 * edit *

そば屋さんへ

こちらこそ御馳走様でした。
大変おいしゅうございました。

「今回は」ではなくて「今回も」ですよ。気に入りました。

確かにこういうチャレンジがないと「まるで引退したみたいな・・・・」とおっしゃられる気持ちわかりますね。同じものを作り続けるのは安定的のようで、精神的にはそうではないのかもしれません。これからもよろしくお願いします。

今回はカメラを忘れたので、iPadしかなく、片手で写真が取れなかったのであのカットのみ奥方にお願いしました。見破られましたね(苦笑)。

お互いに夫婦仲良く頑張りましょう(笑)

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/03/11 09:20 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1886-65805065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)