09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

出石 山の手をぶらり歩き その2 ~諸杉神社・経王寺・学問の歴史 

 出石の有子山稲荷神社を離れたら、出石城の堀の役割も果たした小川沿いを上流に向けて歩いてゆきます。すぐに出会えるのが諸杉神社(もろすぎじんじゃ)です。

諸杉神社 本殿

 祭神は出石神社の主である新羅からの渡来した王子である天日槍命の嫡子・多遲摩母呂須玖神でです。もともとは現在地と出石神社の間にある水上にあったのですが、山名氏が居城を此隅山から今の出石有子山に移すときにこちらに移されたようです。

諸杉神社 社殿

 何度か焼失してしまったせいか拝殿は古い神社の雰囲気から少し違うものの本殿はさすがの遺風を漂わせていました。

諸杉神社 説明

この神社は10月中旬に行われる出石だんじり祭りにおいて、伊福部神社と石部神社とならび祀られる神社のようですね。左手にはだんじりの倉庫なのか、スロープで表通りまでつながる参道となっています。



 さらに川沿いを上ってゆくと出石藩の藩校で、数々の人材を輩出した弘道館の跡があったそうですが気づかずに通り過ぎて経王寺にたどりつきます。

経王寺 山門

 このお寺は室町時代の1558年に開山した日蓮宗のお寺です。仙石氏の菩提寺の一つとして寺格はたかく、4代藩主 仙石久行の墓もあるそうです。

経王寺 

 大きなお寺ですね。境内には枝垂桜がたくさんあって春の出番を待ち続けているようでした。

経王寺 

 山門をでて、川を渡って振り返るとお城のにあるような挟間が切られた高櫓形式の鐘楼があります。この川沿いの道は京都への街道となっていたので、出石場における西の要害としての働きもあったようですね。

経王寺 

 さらにどんどん西に向かいます。すると出石高校のプールの近くにひっそりとたたずむ建物がありました。

加藤弘之 生家

 これは東京大学の初代総長となった加藤弘之の生家です。
 加藤弘之氏は出石藩主の兵学師範の家に生まれ、弘道館で苦学して学び、ドイツ学をきわめて明治天皇へ講義を行い、「政府はまず学校を多く建て、人材を育成して議会をつくるにふさわしい文明国にしなければならない」と日本の大学制度の基礎を作り、設立された帝国大学(東京大学)の初代総長になられた方ですね。

加藤弘之 生家

 但馬から日本の最高学府である東大の初代総長が輩出されたとは誇るべきことですね。しかも大変苦学されたとか。長男にもいい刺激になればいいですね。


 さすがに歴史ある出石の城下町。天気もいいし、歩いていて飽きないですね。



(つづく)



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←素晴らしい人材を輩出し続ける出石の城下町に応援ポチッ! よろしくお願いします。

[edit]

« 買い物のついでにたこ焼きをいただきました ~たこ焼き・お好み焼き 翁 豊岡コープデイズ店  |  新しい住宅地も消防団はすぐに見守ります & 初出式の放水の準備 »

コメント

そういえば

そういえばこんなにもお偉いさんが出石から出られてたんですよね。
大変名誉なことです。
しかしこの寺社仏閣の多さ。
日本の縮図のようなところです。
古来日本の神、渡来してきた仏教相譲らずといったところでしょうか。
神仏習合とはこの町のことかもしれませんね。

栄治 #- | URL | 2013/03/18 07:15 * edit *

栄治さんへ

紹介しきれませんが素晴らしい偉人がたくさん但馬から輩出されています。誇るべき郷土です。あとは私たち後世の人間が後を継いでゆきたいですね。私は無理ですが・・・。

 いずれにせよ城下町を巡るのは楽しいですね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/03/18 08:41 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1893-3f43929f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)