FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

出石 山の手をぶらり歩き その3 ~谷山川奥の神社仏閣 

出石城の前を流れる谷山川を町はずれまでさかのぼったところに吉祥寺(きちじょうじ)があります。

吉祥寺

 このお寺は禅宗の曹洞宗。城主 小出吉政の母親が建立し、弟が開山ということです。出石では唯一の仁王門を有するお寺のようです。

吉祥寺 吉祥寺
 色鮮やかに装飾が施された仁王像が楼脇に鎮座していますが、なぜか親しみやすささえ感じるのは不思議です。

吉祥寺

 観光客もいないので禅宗のお寺らしい静寂さを感じることができました。


 お寺の向かいの山腹には石部神社があります。

石部神社

 なかなか立派な神社です。由緒ある神社ですが建立時期は分かりませんがすくなくとも1,100年を超える歴史を持ち、藩主の信仰を集めていたようです。

石部神社

 鳥居をくぐると巨木が待ち受けます。「健康長寿」「幸福安全」を願って、昔から「幸の大ケヤキ」と呼ばれています。樹齢1000年、幹周囲8メートル、樹高30メートル。長男と比べてその大きさがわかると思います。

石部神社

 欅の木の向こうに急な階段があり拝殿が上から見下ろしています。出石だんじり祭りにかかわる3つの神社の一つであることも知られています。


 さて、神社を後にして町の方に戻り始めます。出石高校の敷地内に赤門が見受けられます。


 出石藩により特別に赤門を建立することを許された建立した磯野氏の子孫が、当時を懐かしく思い、戦前に弘道小学校の校長先生の宅地を建立するに当たり再建して寄贈されたものです。

出石 赤門

 さらに下ってゆくと山に張り付くように建つかわいらしい神社を発見。

岩鼻稲荷神社

 これは岩鼻稲荷神社。先ほどお城の中の稲荷神社に参拝しましたが、一般庶民は年に一回の初午の日にしかお参りができないということで、いつでも参拝できるように藩主がこの地に稲荷神社を築いたものとされています。

岩鼻稲荷神社

岩鼻稲荷神社


(つづく)



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←庶民のための神社にも応援ポチッ! よろしくお願いします。






[edit]

« 出石 山の手をぶらり歩き その4 ~明治館に出石の偉人の姿を顧みる  |  買い物のついでにたこ焼きをいただきました ~たこ焼き・お好み焼き 翁 豊岡コープデイズ店 »

コメント

吉祥寺に赤門

吉祥寺に赤門とは東京を思わせますね♪って僕だけでしょうか( ̄∀ ̄)まだまだありそうですね♪

栄治 #- | URL | 2013/03/19 09:04 * edit *

栄治さんへ

たぶん偶然かな。東京に吉祥寺という地名はあっても寺はなかったようですから・・・。

 赤門は将軍の子女が住む屋敷の表門を朱に塗ったことがはじめとされていて、格式が高いものだったようですね。よってその建築を許された磯野家は大変出石藩に徴用されたということでしょう。
 再建下子孫は財閥系銀行の頭取だったとか。

 他にももう一軒徴用された一族があり、黒門も築かれたようです。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/03/19 09:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1895-fb8484de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)