07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

出石 山の手をぶらり歩き その4 ~明治館に出石の偉人の姿を顧みる 

 町中に入る前にちらりと見えるペパーメントグリーンの建物を訪れました。

明治館

 こちらは通称 明治館と呼ばれる建物です。明治25年に建てられた旧出石郡役所です。正面入り口のポーチの三角屋根(ベディメント)とコリント式の柱頭の細工が素晴らしいです。地元の方にお聞きしたのですが4本の柱が建つポーチは珍しいということでした。ホワイトハウスを意識したのでしょうか。

 100円の入場料(子供無料)をお支払いして館内に入ると出石出身、あるいはかかわりのある偉人たちの資料が並びます。

明治館

 それと別室には読売ジャイアンツ、近鉄バッファローに所属して活躍した大友工選手の資料が紹介されているコーナーがあります。

明治館

 1950年から60年までの10年間で最多勝2回、最優秀防御率1回、最優秀選手1回、沢村賞1回、ベストナイン1回、日本シリーズ最優秀投手 1回、オールスター4回出場、ノーヒットノーラン1回とまさに当時の別所投手といっしょにエースとして活躍していたようです。

明治館

 すごい投手がいたんですね。阪神の能見投手もまだまだ頑張らねばという感じでしょうか。能見選手をはじめたくさんの人々がこの明治館に展示されるほどの活躍をしてくれればうれしいですね。


 明治館を後に細い路地にある小さなお寺を訪れます。

本覚寺

 こちらは本覚寺です。こちらのお寺は通称「てっせん寺」とよばれ、時期になると白や紫の鉄線が咲き乱れるようです。ここを訪れたのはこちらから見える石垣ですが、地元の人から聞いたお話ではお城の遺構とのことを聞いたからでした。

本覚寺から見た石垣

 詳細はまた調べてみたいですね。

 又川沿いに戻ると小さな神社があります。何とも小さな神社なんですがこれが菅原道真をまつった天満宮というのですから驚きました。

天満宮

 境内社ではなく御祭神としての神社では私の見た中では一番小さい天満宮かもしれません。でも、これには理由があるのです。この地は出石藩校の弘道館の門の跡とされていて、神仏分離の際にここに移したものとされていました。

 はてはて、ようやくお城の前に戻ってきました。ずいぶん歩いたのでそろそろ休憩をしたいところです。



(つづく)



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←但馬も教育にもっと力を入れてくれればと思う人、応援ポチッ! よろしくお願いします。


[edit]

« 出石 山の手をぶらり歩き その5 ~疲れた時には3色ソフトクリーム?  ファーストフード RINDOU(リンドウ) 出石  |  出石 山の手をぶらり歩き その3 ~谷山川奥の神社仏閣 »

コメント

いろいろ

本当にいろいろありますね~。
実際近すぎてありがたみなくふだんは見過ごしてるんでしょうね。
もっと勉強しなくてはいけません。
しかしすごい野球選手がいらっしゃったんですね。
初めて知りました。
勉強になります!

栄治 #- | URL | 2013/03/20 07:56 * edit *

栄治さんへ

いろとあるでしょう?
地元だから逆に気が付かないことがたくさんありますよね。
些細なことでもたくさん集めると楽しいですね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/03/20 15:22 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1896-69e8462e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)