FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

出石 山の手をぶらり歩き その7 ~山間の名刹を訪ねる 宗鏡寺 

資料館を出るとさらに東の坂を上ってきます。目の前には初めに訪れた酒蔵が見えてきますが、手前を左に行くと見上げる小山の上にお寺があるのが見えます。

このお寺は昌念寺といいます。

昌念寺

 このお寺は浄土宗のお寺で詳細はまた調べる必要があります。幕末の禁門の変に敗れて出石に逃走した桂小五郎が潜伏し、五が大好きだった当時の和尚とよく碁を打ったとか。ここもまた歴史の一ページを刻んでいるお寺です。

昌念寺

 お寺の境内はきれいに掃き清められており、裏手にも多くのお墓を抱える立派なお寺であることがわかります。枝垂桜が今にも蕾を開こうとしているのをお寺の方がにこやかに見上げられていたのが印象的でした。


 昌念寺を後にし、酒蔵をすり抜けいよいよ急斜面を上ってゆきます。ここには私の大好きなお寺、宗鏡寺(すきょうじ)があります。

宗鏡寺

 1392年に山名氏の菩提寺として建立された臨済宗のお寺です。山名氏が出石を去ってから荒廃が進みますが藩主小出氏の元、沢庵和尚により1616年に再興されたようです。沢庵和尚は徳川家光のつかえていましたがたびたびこの寺に舞い戻り都合30年をここで過ごしたので、通称を「沢庵寺」と呼ばれています。

宗鏡寺

 いきなり立派な本堂が迎えてくれます。その左わきには見事な苔むせる庭があります。

宗鏡寺

 こちらの見学は案内のテープが流れるので非常に分かりやすくていいです。さらに奥に足を進め、背の低い戸をくぐると裏庭に出ます。

宗鏡寺

 こちらの池は鶴の形をしていて、中に浮かぶ島は亀を模していると言われています。背には急な斜面に様々な花木が植えられており、季節になると美しい姿を見せてくれます。

宗鏡寺

 さらに歩を進め石段を上がると一段高い場所につきます。左手の石段を上ると小さなお墓が一つのお墓に寄り添うように立っている墓地に出会います。

宗鏡寺

 中心にあるのが沢庵和尚のお墓。そしてその周りには歴代の住職のお墓ということです。静かに手を合わせこの世を見守ってくれるようにお祈りしました。

 坂を下りて元の位置に戻ると奥に大きなお墓があります。

宗鏡寺

 これは出石藩主 小出 英安のお墓ですね。

宗鏡寺

 その隣には沢庵和尚の庵を再現した投淵軒です。その隣には心の文字の形を池にしたといわれる心地の池があります。

 この地で沢庵和尚は何を思ったのでしょうか。政治の中枢から離れ、心穏やかに過ごされていたのでしょう。

 山門に向かって真っすぐに降りてゆくと立派な鐘楼があります。

宗鏡寺

 この鐘は「願いの鐘」と呼ばれています。一礼し合唱の上、地域が平和であることを心静かに願いながら鐘を突かせていただきました。ここちよい鐘の音が出石の街に響いてゆきます。


 沢庵寺を離れるとすぐに隣接する願成寺があります。

願成寺

 こちらのお寺も沢庵寺と同じ臨済宗大徳寺派のお寺です。沢庵寺には一般の方のお墓がなかったのですが、こちらのお寺がその役割を果たしていたのでしょうか。詳細が分かりませんのであとで判明したら加筆したいと思っています。

願成寺

 こちらのお寺でまず目を引くのが鐘楼を兼ねた立派な山門ですね。そしてこれ。

願成寺 願成寺
願成寺

 三体の木彫りの達磨像です。それぞれ表情がいいのですが、見る角度、見る人の心によっていろいろな表情に感じるとおもいます。

願成寺

 正面の境内の敷地はそれほど広くはないのですが立派な建築物が周りを囲んでいます。庭が文化財指定を受けているようなのですが、裏手で非公開なのでしょうか。

 達磨さんに別れを言うと出たところに整備された段々の墓地があります。

川崎尚之助の供養塔

 これは今オンエアされている大河ドラマ「八重の桜」の主役である山本八重の最初の夫、川崎尚之助の供養塔です。ちょっととってつけた感がありますが、いずれにせよ不遇な人生を送った川崎尚之助さんの御霊に手を合わせていただければ幸いです。



以上で長い長い出石の散策を終えました。ちょっとそばを食べるだけではもったいない街ですよね。もし時間があれば健康のためにも散策してみると新しい発見があるかもしれません。



(完)



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←沢庵和尚が愛した出石の城下町に応援ポチッ! よろしくお願いします。

[edit]

« 大事な記念日はおいしいケーキで祝いたい ~Sweets & Books キノシタ 日高町  |  出石 山の手をぶらり歩き その6 ~豊岡市立出石資料館 »

コメント

やはり

やはり出石はいいですね~。
本当に歴史ロマンあふれる街並み。
しかしそれとて歩いてみないとわかりません。
今回歩いた気分にさせてくれた惣兵衛アニキに
感謝であります。
またどこか地道に歩いてくださいね!!!

栄治 #- | URL | 2013/03/22 07:27 * edit *

栄治さんへ

本当にいいですよ。
京都でも主な観光地を車でポイントで見るのもいいですが、やはり周りをじっくりと歩いてみたいものです。私の好きな旅のやり方ですね。お勧めです。

私にばかり歩かせないでぜひとも栄治さんも歩いてみてください。痩せますよ??

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/03/24 12:52 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1899-bbd0735e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)