07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

大会に向けて調整は急ピッチに ~H10Cと三木スプリングカップ2013 

 いよいよ全日本少年サッカー大会の地区予選に向けての調整試合が本格化してきました。これまでの冬の遠征や試合では好成績を収めてくれていましたが、ちょっとレベルの高い大会への参戦が続いております。
 
 先週は尼崎や伊丹方面のチームで構成される恒例のH10C という大会でした。場所は淡路島の佐野運動公園。結果は


<予選リーグ>
vs コリーニョ 3-1 〇
vs 有瀬 3-0 〇


<順位トーナメント>
vs 加古川神野 2-2(PK6-6) ×
vs 弥生 3-2 〇


 結果は3位。並み居る強豪の中でまずは立派な成績です。素晴らしい個人技をもつ県下でも優勝候補である加古川神野さんにPK戦までもつれ込んだのは素晴らしい成果です。内容はかなり押し込まれていたようですが、最後まで諦めない姿勢が終盤に2点を重ねて同点にできたのが素晴らしいですね。

優勝  加古川神野
準優勝 Mセリオ



 さて、昨日は三木スプリングカップ2013。セレッソ大阪さんをはじめ神戸や大阪から強豪チームが集うレベルの高い大会です。三木防災運動公園にて二日日程で開催されました。昨日は予選リーグ。どんな試合になるのか楽しみです。


vs 修斉SSD 3-1 〇

ジンガ 修斉SSD

 一見したところとてもバランスのとれた修斉SSDさんとの対戦です。リベルテは前半はリーダーをCBに置き、エースを布陣の真ん中に置の司令塔の一に置く3-3-1の昨年のシステムで前半を戦い、後半はリーダーを司令塔に置き、エースを前目に使うシステムを試していたようです。

ジンガ 修斉SSD

 正直なところいい入り方ができなかったリベルテ。パスがきれいにつながりません。それでも半ば強引な突破から得点を重ね、最後はリーダーのセットプレーからのきれいなヘディングシュートが決まったのが見事でした。ただ、点差ほど力の差はなかったような気がします。

ジンガ 修斉SSD

 次男の動きはいまいち。ボールを持ってから完全なフリーなのに簡単にバックパスをしてみたり、アーリークロスを入れてみたり消極的でアイデアに乏しいプレーが続いていました。次の試合に期待します。


vs 山田SSD 1-1 △

ジンガ 山田SSD
 
 体格は小さいながらも数人の選手のドリブルは切れ切れで、みんな元気のよい山田さんとの戦いです。ここでもまた入り方を失敗します。ボールをポゼションして押し込みますが、山田さんが途中から縦に早い攻撃に切り替えてきた瞬間にその対応に失敗した感じです。左サイドから持ち込まれて、すっと右サイドゴール際にドリブルで切りこまれます。次男が交わされ、CBのリーダーがカバーに出た時に真ん中が手薄になりそこにパス。相手選手がボールを見事なインサイドインサイドでGKと一対一になりきれいに流し込まれました。

ジンガ 山田SSD

 旧システムの弱点であるCBがスクランブルしたときにMFのカバリングが遅れてしまう状況が出てしまいました。

 後半になり新システムで臨みチームのバランスがきっちりとれて落ち着きを取り戻します。後半から入った守備範囲の広いGKの動きもその流れに勢いを与えました。いい形で相手を崩すシーンを何度も見せてくれます。ただ、最後のシュートが枠をとらえなかったり、GKの正面を突いたりで勝ち越し弾が生まれません。次男も相変わらずの品疎なプレーが続き途中交代。残念な引き分けとなりました。

 結果としてはグループ首位通過ですが、次の決勝トーナメントはレベルの高いチームがそろうのでこのままでは・・・・。


<テストマッチ>

 次の日のために別の組を同じく首位通過したとの20分一本勝負の練習試合です。次男はこの試合の前にコーチからボードを使って20分のアドバイスを受けていました。次男がどこまでできるのか、あとは山田SSDさんの試合が勝ちこせなかったんで控えで出場機会のなかった選手がどこまでできるのか楽しみでした。

vs 玉津 0-4 ×

ジンガ 玉津

 結果は大敗でした。旧システムで臨みますが弱点をズタズタにされた感じです。運動量とスピードに優れるリーダーはとにかく積極的にカバーに入るタイプなのでボールサイドによって若干センターを開けてしまう傾向にありますが、これと左SBが同じくボールに寄ってしまいます。左ウィングがずるずると下がる。そして真ん中からゴール前深くまで意識の強いエースのカバーリングも遅れてしまう。体の小さなフォワードも放り込まれても無理なので足元にボールを欲しがってずるずる下がる。そして気が付くと選手全員がゴール前に下がったり、バランスを崩して連続攻撃を受けるかんじです。
 ここにミスが重なります。試合開始直後の集中が欠けた時間帯でFWのプレスが甘くなったところ、ミドルで狙いすましたインフロントのきれいな弧を描くシュートがGKの手の先をすり抜けてネットを揺らしいきなりの失点。さらに、左のマーカーがいないのを見てGKが飛び出してクリアーするもののアウトフロントにかかって相手選手にパスになり、無人のゴールにキック。何とかリーダーがクリアーするもののGKが戻ってボールを拾いに行ったところにぶつかりオウンゴール。さらに右サイドにボールが渡ったのでCBも左サイドバックも右サイドに移って、手薄になった左サイドにパスされて3点目。さらに左サイドをえぐられてGKが左ポスト前に出てしまい。無人のゴール前にパスを出され、なんとかCBがクリアーしようとするものの結局押し込まれて4失点とマークのずれ、チーム全体のポジショニングのずれがすべての失点につながった感じです。

 このレベルになると技術的なミスはもちろん、ポジショニングとか戦術的なミスが結果を大きく左右してしまうということを学べたのではないでしょうか。点差ほど押し込まれてなくて、いいシーンもたくさんあったのですが、そこに付け込めるか付け込めないかの差が大きかった試合でしたね。

 次男はチームの結果とは裏腹に素晴らしい動きをしてくれました。良く頑張りました。そして、じっくり分かりやすく指導してくれたコーチに感謝です。


 さあ、今日は決勝トーナメント。頑張ってセレッソとやれるのか。またはこの日負けた玉津さんにガチの勝負で勝てるのか楽しみですね。

 全体に見て選手の特性から新システムの方が今のところはよいバランスでした。エースは前線でフリーに動いた方が生き生きしていますし、リーダーもセンターにいたほうが、守備も安定するし、攻撃へのつながりもよくなります。
 


さあ、いよいよシーズン本番です!みんな頑張れ!


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村   ←大きな課題をもらい、悩みながらも成長してゆく子供たちに応援のポチッ! お願いします

[edit]

« 春日役を口火に地区も活気を帯びてきます  |  親戚のおばさんの家にお邪魔したのかと錯覚しそうな暖かなお店 ~ »

コメント

今季も

今季もアニキのサッカーネタの長さは変わりありませんね。
今シーズン3本目?4本目?でしたっけ。
朝から新聞より長い長文・・・・・おかげで脳が目覚めたような・・・。

栄治 #- | URL | 2013/03/25 07:21 * edit *

栄治さんへ

私も振り返って読むと長いな~と呆れてしまいました(笑)。
でもサッカーってこういうのが楽しいんですよ~。

とにかく途切れることがない試合の中で、対戦相手も全くタイプが違うのですが、ここに組織としての考え方と、個々の判断の積み重ね、技量、偶然おこることなど複雑に絡み合って、それぞれが意味があるんですよ。

 あっ、また長くなりそう・・・・(汗)

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/03/25 11:56 * edit *

しかし…

僕の野球ネタにアニキのサッカーネタ、
とどまるところを知りませんね♪

読む方は大変でしょうが、書いてる本人は楽しくて( ̄∀ ̄)

栄治 #- | URL | 2013/03/25 13:09 * edit *

栄治さんへ

そうそう。
きっと読んでいただいている皆さんは迷惑なんでしょうね(笑)

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/03/26 16:40 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1907-01cc4d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)