07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

但馬の西の歴史ある良港 浜坂を訪ねて その8 ~浜坂の鉄道開発とレンガのかかわり~ 西方寺・浜坂駅・三柱神社 

 浜坂温泉の温泉源のストーリーから一気に土産屋さんの紹介になってしまいましたが、もう一度ロケーションを元に戻します。

 実は温泉源湯呑場のすぐ近くにこのようなレンガの塀が目に飛び込んできます。

西光寺 レンガ塀

 これは先に紹介した湧水のところ、以命亭のすぐ隣にある西光寺さんの裏手にあるレンガ塀です。なぜお寺の塀なのにレンガ造りなのでしょう。

西光寺 山門

 このお寺は浄土真宗のお寺ですが、実はこの地の鉄道開発に深く関わりがあります。余部から久谷の間を抜ける桃観トンネル(1991m)は難所が多かった鉄道の敷設の中でも最も難関といわれたところだそうです。西側からは初めて機械にて掘削が行われましたが、東からは手作業による掘削で殉職者が出るなどしたようです。この区間も含めて難工事のため多くの殉職者や病死者がでたそうです。完成後にこちらのお寺で追弔会を行ったそうですが、当時たくさんの朝鮮半島の方々も参加されておりましたが、分け隔てなく丁寧に弔いが行われ、それを感謝する意味を込めて、作業者がこちらのようなレンガ塀をを築き、寄進したという素晴らしい話が残っています。

西方寺 

 レンガ組の下のほうは大小のレンガを交互に使った手間のかかるフランス組であることからこの感謝の気持ちの深さがわかります。上部は一般的な長手積みというそうです。

西方寺 本堂

 また、中央部にはアーチ形の出入り口がつくくられていて、難工事であったトンネルに思いを寄せていらっしゃったのか、あるいは難しい技術を使い感謝を表したのか。想像を膨らませてみます。


 こちらから移動して浜坂駅にいくとこのようなレンガの建造物が見えます。

浜坂駅 給水塔

 これは浜坂駅 給水塔です。

浜坂駅 給水塔

 この山陰線が開通したのが明治44年ですから当然、列車の機関は蒸気機関車なわけで、それに水を補給するための施設ということです。

 本来はレンガ造りの円柱状の建造物なのですが、緑の蔦に覆われて何ともかわいらしいですね。


 今度は駅を離れて駅裏の国道178号線を西に走ります。海岸線が美しい道路ですね。

森甚商店

 諸寄港では先ほど買ったちくわのお店 森甚商店さんが見えました。一度ゆっくり訪問してみたいですが今回はパスします。詳しくは公式HPをご覧ください。


 更に行くと釜屋という地区があります。そこの交差点を入ってすぐにこの変わった建物が見えます。

釜屋 三柱神社

 これは三柱神社というそうです。確かに3つの社があって地元の方に大事に祀られていますね。

釜屋 三柱神社

 でもやっぱり神社の社がレンガ造りの塀に囲まれているというのは何とも奇異な感じを受けますね。どうやらこちらも鉄道敷設に協力してくれた釜屋地区の人々にお礼で工事で余ったレンガが工事関係者から寄贈されたそうですね。

釜屋 三柱神社

 社自体は小さいながらもとても凝ったつくりで立派なものです。

釜屋 三柱神社
釜屋 三柱神社

 足元の床もレンガですね。

釜屋 三柱神社

 でもよく見るとレンガの組み方に工夫はあるものの、ちょっと歪んでいたりしています。これは盛り土が緩んだためなのか、レンガ職人がいなかったのか。入口あたりも両方の門柱がゆがんでいるように見えます。

釜屋 三柱神社

 浜坂には明治時代の鉄道開発の息吹が今でも残っているようです。


こういった近代遺産を訪ね歩くのも楽しいものですね!


(次回、スイーツ購入番外編につづく)


 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←ブログを書きながら地物と御勉強に励む惣兵衛に、応援ポチッ! お願いします。




より大きな地図で 但馬屋惣兵衛マップ を表示

[edit]

« 浜坂にあるフランス菓子とパンのお店 ~マロニエ 浜坂店  |  但馬の西の歴史ある良港 浜坂を訪ねて その7 ~浜坂を訪れたら寄りたいマーケット~ マルワ プロマート »

コメント

以命亭横の煉瓦塀の由来は知りませんでした。
久谷八幡神社の石碑には、桃観トンネルの工事で事故や病気で亡くなった方の出身地と名前が刻まれています。
その中に7人の名と「朝鮮」の文字がありました。

但馬の近代化遺産に興味があって調べたところ、07年に「但馬の近代化遺産ガイドブック」がマップつきで発行されていました。
夢テーブル委員会の活動がベースになったようで、部署は県民局土木事務所まちづくり課です。

izayamiki #- | URL | 2013/05/20 07:49 * edit *

こうやって見ると

こうやって見るとなかなか面白い町ですね!
煉瓦に給水塔のみどり。
久しぶりに行こうかな。

栄治 #- | URL | 2013/05/20 09:03 * edit *

izayamikiさんへ

そんなガイドブックが発行されていたのですね。
なかなか面白そうです。
今度探していろいろと尋ね歩いてみてみたいです。

こういった明治の足跡が但馬にはまだたくさん残っていますが、これから十数年後残っているやら・・・・

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/05/21 08:18 * edit *

栄治さんへ

今回の浜坂旅行記は結構楽しかったです。
栄治さんもぜひどうぞ。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/05/21 08:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1985-73d97864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)