07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

地元の食材を生かした料理店で特別な宴席 ~「神鍋山荘 和楽」 神鍋高原 

 とある会合で神鍋山荘 和楽さんにお邪魔してきました。

和楽 入口


 今回は和楽さん主催の宴席でいつものメニューとは全く違う物が頂けるというので楽しみでした。 

和楽 宴席

 今回は季節外れのように感じますが神鍋の夜は寒いので鍋ということです。

 まずは前菜ですね。

和楽 前菜

 ちょっとピンボケで残念ですが、この時期の山菜を上手に使われた3品でした。鴨肉も上手に使われて、あっさりしたものから肉のうまみを楽しめるもの、酸味の楽しいものまでそれぞれ個性的でおいしいものでした。


 これはなんだと思われますか?

和楽 虹鱒の刺身

 これは虹鱒の刺身です。

 しかも、そんじょそこらの鱒ではありません。以前の記事でご紹介した十戸で鱒を養殖している田村養鱒場さんが丹精込めて完成させた新しい上質の鱒なのです。
 その鱒のデビュー戦ということで楽しみにしていたのです。さっそくいただいてみます。

和楽 虹鱒の刺身 頂きます

 これはすごい!

 鱒でありながらブリの様な脂ののり方。しかも、ぶにょぶにょではなくしっかり身が締まっていて食感も抜群です。十戸の鱒ということで臭みも全くなく、新しくすぐれた食材として鱒を昇華された感じです。これから量産されるそうなので楽しみですね。


 それで鍋の方は鶏鍋です。

和楽 鶏鍋 

 これは鶏肉を一羽丸ごと大胆に骨ごと切ったもので、丁寧に時間をかけてとられた鶏の白湯スープで頂くものです。

和楽 鶏鍋 

 鶏肉を入れてとにかくゆっくりと骨から肉がほろほろとれるまで煮込みました。

和楽 鶏鍋 頂きます

 これを辛子を添えた生醤油で頂きます。これはうまいです。鶏を最もおいしくいただける食べ方でしょうね。骨の周りのうまみの詰まった部分や軟骨もいただけてたまりません。


 散々いただいたらこんどは唐辛子雑炊にします。

和楽 鶏鍋 真っ赤な雑炊

 若旦那が見た目に美しいトウガラシを加えて美味しく調理してくれました。

和楽 鶏鍋 真っ赤な雑炊 いただきます

 神鍋のきりりとしまった冷たい風を感じながらいただくこの雑炊はうまいですね~。隣の鍋では普通に塩雑炊をしてくれていました。

和楽 鶏鍋 塩雑炊

 鶏のうまみをじっくり感じたいならこれかな。鶏ばかりではなく地元の季節の食材を合わせてとても素晴らしい鍋料理でしたよ。


地元食材を美味しい料理にしてしまうお店と、実直で研究熱心な食材の生産者のタッグは最強ですね。



ご馳走様でした。またお邪魔します!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←素晴らしい生産者とすばらしいお店に、応援クリックお願いします。

神鍋山荘 和楽



関連ランキング:旅館 | 豊岡市その他


タグ: 豊岡市日高 

[edit]

« 異国情緒と古の日本の歴史を感じる小旅行 ~その1~南京町をぶらり歩き~ 神戸市  |  神鍋高原で焼肉屋さんのボリュームたっぷりのワンコインランチ ~「お食事処 末広」 神鍋高原 »

コメント

そういえば

ずいぶんとお邪魔していません。
相変わらず素晴らしい料理ですね。
マスの刺身ですか。
またいただいてみたいと思います。
鍋は鶏ですか。
博多の水炊きをほうふつさせるような。
美味しそうです。
暑い日に熱いもの、ありですね。

栄治 #- | URL | 2013/05/28 07:22 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

まだ、鍋が行けるのですね(^^)。
こうして見れば兵庫県は広いですね。

鶏鍋、生醤油と辛子で食べるなんて、これは、美味そうだ。
考えてもいませんでしたよ。
本来の鶏の味を楽しみには、一番かも知れませんね~

ブリのような脂の虹鱒なんて、想像できませんよ(ヨダレ・・・)。
もう、朝から辛いな~

ひびき #0tR8pBJg | URL | 2013/05/28 08:17 * edit *

栄治さんへ

是非行ってくださいね。
彼らの頑張りは本当にすごいです。
料理もですが、その頑張りを見るのもいい勉強になります。

博多の水炊き、そうですね美味しいです。
私もいただきましたがつみれが素晴らしく美味しかったですね。

こちらでは全鶏を使われていたので骨の周りの美味しい部分もしっかり味わえたのがよかったです。


但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/05/28 08:20 * edit *

但馬屋惣兵衛さんへ

鱒の刺身、とっても美味しそうでうね(^^)
 
そんなに脂が乗ってるなら、しゃぶしゃぶ風にしてみてもイケるかもしれませんね。
今回のお鍋の白湯スープにシャブシャブして食べてみたいです。
 
鶏鍋も良いですね~(^^)
家でやると、妙な黄色い脂が浮いてくるので…(汗)
 
神鍋って夜はまだ寒いんですね。
まだ昼間もそんなに暑くないでしょうし、いまのうちに行くとしますか。
ただ、歩いて登ると汗だくになりそうなので、今回はバスで…(^_^;)
 
 
これからの季節、僕もブログの方針変更をしないと…(;´Д`)

中村主水 #- | URL | 2013/05/28 08:52 * edit *

鱒の刺身に感動しました!
新鮮じゃなければできない技、そして自信もないとできないでしょうしね・・・・・・。

驚きました。
この一言です。

おばちゃん #- | URL | 2013/05/28 10:44 * edit *

あれだけ道の駅近辺に通いながら・・・
和楽さんには行ったことがないのです。

但馬スペシャル丼みたいなのもありましたよね?

さめ #/W7q9YNI | URL | 2013/05/28 17:35 * edit *

ひびきさんへ

そうですね。
神鍋高原は夏でも2週間くらいしか夜にクーラーが要らないといわれるくらい夜は涼しいです。ふもとの地区でもまだ夜はBBQはつらいですしね。
 兵庫県は淡路から但馬まで気候も風土も全く違いますよね。素晴らしいことです。

 すごいでしょう? まさに鶏肉のうまさを味わうならこれが一番です。

 ニジマスは若い養殖経営者がすさまじい研究熱心さと情熱を傾けて凄いことになっています。神戸や大阪の数店にこれから出されるとお思います。そのうち有名になると思いますよ。

 ひびきさんも機会があれば是非!

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/05/29 08:12 * edit *

おばちゃんさんへ

「次凄いのが完成するから期待していてね。」って言われていて、期待たっぷりでいただきましたが、その期待すら上回っていました。

おっしゃる通り、素晴らしいの一言です。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/05/29 08:14 * edit *

中村主水さんへ

実は別の日にこの鱒をしゃぶしゃぶしてみました。

絶品でした。

醤油を絡んで、食感もふんわりした感じになり最高ですね。

まだまだ神鍋の夜はひんやりです。ちょうどキャンプにはいいのですが梅雨に入ってしまいました・・・。

ブログの方針を変えるですって!

タイトルは「お散歩日記」なのですからどんなに暑くても、どんなに寒くても、嵐が来ようと散歩してくださいね!

期待しています!

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/05/29 08:42 * edit *

さめさんへ

それは是非とも行ってみてください。

但馬スペシャル丼って「和楽丼」のことですね。
これは冬限定なのです。

松葉ガニが漁期で生の上質な蟹がないですし、このお店のするめの糀漬けが冬限定だからですね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/05/29 08:44 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/1993-4e97f19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)