09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

バイクと日本酒をこよなく愛する出石の老舗料理店で舌鼓! ~おしまや 出石 

 息子たちがいなくなってふうふうたりでどこかで夕食をゆっくりと頂くか~。ってことで以前から気になっていた出石の老舗料理店

旬魚旬菜おしまやさんにお邪魔してきました。

おしまや 外観

 場所は出石の観光の基地になる鉄砲町の駐車場から表通りに向かう細い路地の近くにあります。駐車場はお店の脇に2台分ありますが、午後7時からは鉄砲町駐車場は無料開放されるのでそちらに停めてお邪魔しました。

 お店の構えは歴史を感じる町屋造りです。噂によると創業350年。明治時代から続く老舗の風格を漂わせております。

 気合を入れながら暖簾をくぐるとなんとミスマッチな素敵なもの発見。

おしやま バイク

 バイクです。真っ赤なボディーの横にはDUCATIの文字が。バイクの知識がほとんどない私でも知っているイタリアの高級バイクメーカーですよね。レースでの成績も素晴らしいです。かっこいいね~。
 これはご主人の趣味のようでバイクがかなりおすきとか。バイク仲間もよく来られるそうです。

おしまや 店内

 お店の中はずいぶんリフォームされてカジュアルな雰囲気にされておられます。6名くらい座れる丸太のテーブルとイスが4つほどあります。お店の方にお聞きすると、奥にも8畳の部屋。二階にもいくつかの部屋があるそうです。

おしまや テーブル

 席に座ってメニューを拝見します。あとでご紹介しますがちょっと単品は刺身が多くて、魅力的なのですがここはお任せコース(3,000円)でお願いしました。コースは2,000円からできるそうですよ。

おしまや 生ビール

 まずは生ビールで乾杯です。

おしまや 煮物小鉢

 ご主人が基本的には調理をされ、女将がお客さんの対応をしてくれます。ですので少し立ち上がりは時間がかかりましたが、さっと野菜の煮物の雲丹添えが出されました。
 ナスがとろりと味わい深い出汁を含み、ウニが目に楽しい美味しい一品でした。これで御店への信頼ができますね。素晴らしい。

 次が今、旬の鮎の塩焼きです。

おしまや 鮎塩焼き

 もう少し皮にパリッとした感じが欲しかったですが、塩加減も良かったですし、つけ添えのたでのつけ汁が爽やかで実に美味しかったです。夏の河川の爽やかさを感じますね。


 そして、海の幸も続きます。

おしまや 刺身盛り

 刺身盛りですね。ハマチ、鯛、赤貝です。本わさびをちょこっとつけていただきます。

おしまや 刺身いただきます

 これは驚きました。絶品ですね。赤貝がこりこりとして最高の味わいでしたし、なにより鯛の脂ののり方は最高でした。鯛の身のうまみがのるちょうどよいタイミングでさばかれているのでしょう。

 これは日本酒で行かねばなりません。

おしまや 日本酒
 
 実はこちらの大将はバイクばかりでなく、日本酒が大好きだそうで、いろいろなお酒を飲み比べて美味しいと思われたものを御店に出してくれているそうです。今回はNHK大河ドラマでがんばる八重の桜から、会津から取り寄せた「八重さん」というお酒です。これがまた、ラベルがちょっとファンシー(公式HPをご覧ください)で大丈夫かなと思いましたが、東北のいい酒らしくのど越し良く、深い味わいのうまい酒でした。

 ここで登場したのが茶碗蒸しです。

おしまや 茶碗蒸し

 鶏肉などベーシックなものでしたが、干し椎茸のうまみが効いていて気に入りました。

おしまや カルパッチョ、鱧

 ここで変化球です。鱧の梅肉添えと帆立の貝柱のカルパッチョのサラダ仕立てとでも銘打ちましょうか。お皿が真っ白なのがちょっと食材を沈ませるのですが、爽やかな一品ですね。

おしまや 赤米の酒

 ここで八重さんは3合頂いたので、変化球に京丹後市の伊根の赤米の御酒をいただきました。レッドビールのような酸味がするお酒ですね。

おしまや 天ぷら盛り合わせ

 次が、天ぷらの盛り合わせです。海老、タコ、ナスも美味しかったですが、アスパラと万願寺が最高でした。


おしまや カボチャの冷製スープ

 もう、宴席も終了近いですね。おなかも満足してきています。ここで出されたのがカボチャの冷製スープです。

おしまや カボチャの冷製スープ

 これがまた味わい深いのです。少ししょっぱめにされているのでお酒の後には抜群ですね。しっかり丁寧に裏ごしされていて、さらりとしたのど越しが楽しめます。小さく切られたカボチャも食感よくいただけました。

おしまや 鰻丼

 最後の締めがうな丼でした。出汁巻きが添えられているのもまたいいですね。夏らしい締めといえそうです。


 最後になりましたがメニューをご覧ください。

おしまや メニュー1 おしまや メニュー2
おしまや メニュー3 おしまや メニュー4
おしまや メニュー5 ランチ おしまや メニュー6
(クリックして拡大してご覧ください)

 単品物は刺身、天ぷら、寿司系が充実していて、他のものもたくさんありますね。できればその日の早くできて美味しい日替わりのメニューを8品くらいあれば最高です。大将が一人で切り盛りされているのでお互いにハッピーではないですし、お任せコースをあらかじめ予約するのが最もいいと思います。今回いただいてみて季節感も満喫できましたし、とてもおいしく、店の方も本当に親切でよかったです。


 お昼は予約はいりませんが、電話を一本入れておいた方がよいそうです。

 次はランチか、冬場に鍋のコースも楽しんでみたいと思います。


おしまや バイク

 バイク仲間のミーティングにも、いかがですか? さめさん


出石の夜の町並み

 そうそう。出石の夜の街を歩いてみましたが、なんとも風情があっていいですね。古き町屋の町並みを再現し、保存してほしいものです。


御馳走様でした!またお邪魔します!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←若いながらも長い歴史ある暖簾を引き継ぎ頑張る大将とそのご家族に、応援のポチッ! おねがいします。励みになります。

おしまや



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 豊岡市その他


タグ: 豊岡市出石 

[edit]

« 香ばしいカレーと美味しいお肉に惹かれ再訪 ~カウボーイ★カレー 神戸市西区  |  寝不足と深酒はゴルフの大敵です ~大岡山ゴルフ倶楽部 »

コメント

但馬屋惣兵衛さんへ

夜の出石って良いんですけど…
 
帰ってくるバスが無いんですよね…
平日の最終が(出石~豊岡)20時30分、休日だと18時30分なんです…(^_^;)
 
江原や八鹿行きはもっと早くに最終が出るので…
出石の街に飲みに行くとなると、帰りが大変なんで行けないんですよね。
代行やタクシーだとエライ事になりますし(゚Д゚;)
泊まれば良いんでしょうけど…さすがに(^_^;)
 
是非、夜の出石に行きたいんですけど…
そういう理由で行けないんですよね(汗)
 
 
八重さんってお酒ですが…
お店で売っていたら、僕だったら買う気にならない部類のお酒です(笑)
 
パッケージもですし、いつも飲んでいるお酒が日本酒度+10なんで…(汗)

中村主水 #- | URL | 2013/07/22 06:31 * edit *

なかなか

なかなか腹いっぱいになりそうですね!
美味しそうです。
ひとつ愚問かもしれませんが雲丹ってけっこう椀物に使われませんか?
どっちかっていうと刺身系かと勝手に思うのですが。
しかし最後の写真は京都の先斗町に見えますね!!!

栄治 #- | URL | 2013/07/22 07:14 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

夜の出石か~・・・
行ってみたいですね・・・
昼間は何度でもお邪魔しているのですが、夜はないですね~
風情があって、素晴らしい。

美味しい料理を味わい、夜の城下町を散策する、
まさに、恋人同士の時間ですね(^^)。

ひびき #0tR8pBJg | URL | 2013/07/22 08:28 * edit *

夫婦水入らずで夜の出石でディナー・・とも違うマッタリと夕食・・良いですね~。
夫婦二人でランチはよくありますが夕飯を外でというのは最近ないので・・・。久しぶりに旦那に提案してみようと思います!

おばちゃん #- | URL | 2013/07/22 10:22 * edit *

おー!
但馬でドカは珍しい。
しかもパイパーモタードとはさらにマニアック。

こんど寄ってみよ~っと。

さめ #/W7q9YNI | URL | 2013/07/22 11:37 * edit *

中村主水さんへ

たしかにね~。最終のバスが早いですよね。
自転車って手もありますが・・・・。

帰り真っ暗だし・・・・。
遠いですよね。

日本酒度+10ですか。かなり辛口ですね。

私も辛口が大好きです。でも意外とこれくらいのものでもうまみがあって美味しいものが結構ありますよ。私は旅行に行くとその地の地酒を飲むのが大好きです。そこの水を使い、そこの料理とよく合いますからね。

 飲み過ぎないように気を付けましょうね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/07/22 17:03 * edit *

栄治さんへ

そうですね。

雲丹は生で刺身で頂くのがいいですが、こうしていただくのもまたうまい。

蒸した雲丹もかなり行けますよ。

あ~~食べたい!

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/07/22 17:05 * edit *

ひびきさんへ

恋人通しだなんて・・・・。

そうですね。なかなかいい風情でした。
ブラッシュアップすれば本当にいい街になるでしょう。
現在出石ではかなり力を入れて町並みの保存、再生に尽力されておられます。楽しみです。

 今度は旅籠に泊まってみようかと思っております。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/07/22 17:07 * edit *

おばちゃんさんへ

そうですよね。

今回は息子たちがいなかったので、ゆったりと贅沢するかとばかり出かけてきました。おしまやさんのおかげで楽しい食事会となりました。

おばちゃんさんもぜひ、そういう時間をつくてみてくださいね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/07/22 17:09 * edit *

さめさんへ

そうでしょう?

驚きました~。

ご主人だいぶ好きみたいです。
写真撮らせてくださいとお願いしたら、周りの邪魔のものをどけてくれました。

FBを見てもバイクツーリングがほとんどでしたね。

是非行ってみてください。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/07/22 17:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/2068-50cc6c73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)