09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

身近なお店からプロの技、知恵を学ぶ『街ゼミ』に参加してきました ~第3回とくまるゼミナール~割烹 高砂 

 前回も参加しましたが、いつもお世話になっている割烹 高砂さんで開催された

第3回とくまるゼミナールに参加してきました。

高砂 とくまるゼミナール 

 とくまるゼミナールというのは岡崎市で始まった、地域の御店や企業が小規模なゼミを行って、プロの専門的な技術、情報、知識、コツを地域の人々に教えることで信頼関係を築き、「お客様」「お店」「地域」の三方よしの関係を築くことを目的とした『街ゼミ』の豊岡市日高町版です。

 今回のイベントは下のチラシのとおりです。

第3回とくまるゼミナール チラシ1
第3回とくまるゼミナール チラシ2
(クリックして拡大してご覧ください)
 
 Web系、美肌、工作、スポーツ、園芸など多岐にわたったゼミが3週間にわたって開催されています。


 今回の高砂さんのテーマは「まかない飯を公開します」というものでした。なかなか楽しみですね。

高砂 とくまるゼミナール 開会

 手洗いなど衛生には気を付けて高砂さんの厨房で開催されました。高砂さんの若旦那2名が進行と調理を分担して行います。素人のゼミなので進行が初々しくていいですね。

高砂 とくまるゼミナール 包丁さばき

 しかし、そこは包丁を持つとさすがのプロの腕が発揮されます。さすがです。

高砂 とくまるゼミナール 万能たれ

 鶏肉を炒める前に、高砂さんのまかない料理で活躍する作り置きの万能たれが登場します。レシピも教えてくれましたので今日から使えそうです。

高砂 とくまるゼミナール 焼く

 そして一気に焼に入ります。まかない料理ということで手間はあまりかけずにスピードも大事なのですが、焼き方、脂抜きの仕方など、美味しく作るためのひと手間があり、これが大変勉強になります。

高砂 とくまるゼミナール 鶏のくわ焼き完成

 そしてあっという間に鶏肉のくわ焼きが完成です。御飯に合うこと間違いなしです。

 ところで「くわ焼き」ってなんでそんな名前かご存知ですか?

 むかし農作業の合間に食事をするために道具のくわを使って野鳥を焼いて食したのが始まりということです。こういう知識も教えてくれると更に楽しくなりますね。

 調理はさらに進みます。この後、さらにエノキダケと万能たれをつかったえのきの煮物もあっという間に完成です。

第3回とくまるゼミナール 高砂 えのき

 そして1時間でできる漬物のつくり方です。

第3回とくまるゼミナール 高砂 包丁さばき

 またも素晴らしい包丁さばきによりナス、キュウリ、ミョウガ、大葉が細かく切られてゆきます。

第3回とくまるゼミナール 高砂 漬物

 塩などの調味料を加えると1時間ほどでおいしい漬物の完成になります。

 途中も参加者の方々の質問にどんどん答えてくれます。素材を生かす調理法とか、キュウリの苦みの多い部分を取り除こうとか楽しいですね。包丁の研ぎ方もレッスンしてくれました。

第3回とくまるゼミナール 高砂 包丁研ぎ


 これで当初予定していたゼミの内容は終わりだったのですが、進行役の無茶振りから時間があるのでイカをなんか簡単に調理してみようってことになりました。

第3回とくまるゼミナール 高砂 イカの焼き物

 イカを繊維に直角にきれいにさばいて、口やそのほかの部位など利用できる方法とか調理法を解説してもらいながらあっという間に解体されてフライパンに移されます。イカの腑を調味料として加えられているのも楽しいですね。

第3回とくまるゼミナール 高砂 イカの焼き物

 こうしてあっという間に4品の品物が完成です。

 このあとは参加者の皆さんで試食会。皆さんとても楽しく役に立つ時間を過ごせたようで笑顔でしたね。


 今回も楽しいゼミでした。高砂さんに感謝です。今日の午後も開催されますが、昨日の段階ではまだ空きが2名ほどあったのでもしかしたらまだ間に合うかもしれません。

 また、高砂さん以外のゼミもとても楽しそうなのでちょっと出かけてみたいと思いました。



楽しい街ゼミに参加してみませんか?

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←プロの技を披露してくれた高砂さんに応援クリックお願いします。

寿司割烹 高砂




関連ランキング:懐石・会席料理 | 江原駅


[edit]

« 雰囲気も価格も時が止まったようなたこ焼き屋さん ~宮城たこやき 豊岡市  |  健康的に残暑を乗り切ろう! 冷やし豆乳蕎麦 ~寿楽庵 日高町十戸 »

コメント

但馬屋惣兵衛さんへ

実は、僕も参加予定です。
と言っても高砂さんじゃないですけどね(汗)
 
ところで、鋤や鍬でも、スコップみたいなものからフォークみたいなものまで有りますよね。
野鳥を焼いたのはどっちだったんでしょう?
フォークみたいなものに刺して焼くと綺麗に焼けそうですし、スコップみたいなもので焼くとジューシーに焼けそうですし…
って、余計な話でした(汗)
 
 
最後に…次回の街ゼミでは、油汚れの掃除方法も教えて欲しいですね~
炊事場って結構油汚れとかで大変ですよね。
調理も良いんですけど、その後の手入れの方法とか、汚れないテクニックとか?
例えば、酢でシンクを磨いたりしますよね?
そういった知識も教えてほしいな…と思います。

中村主水 #- | URL | 2013/08/28 06:39 * edit *

お疲れ様でした

なかなか楽しそうなそして美味しそうな。さすがは割烹高砂。安定感がありますね。どストライクです。他の講座にもぜひ足を運んでみて下さいね(o^∀^o)

栄治 #- | URL | 2013/08/28 07:05 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

ほほう。
これは、勉強になりますね。
このような企画があると、羨ましい。
これで、プロの技を覚えて、自分の料理に取り組む・・・

味のレベルアップ間違いなしかな?

ひびき #0tR8pBJg | URL | 2013/08/28 08:24 * edit *

中村主水さんへ

私もそんなことを考えていました。幅の広いスコップのようなくわでしょうね。
ちいさな鳥なら普通のサイズでも大丈夫かもです。

色々なアイデアを提供してあげてくださいね。
仕事の時間を外した夜に開催しようかとか、企画をいろいろと考えていらっしゃいます。

 どのゼミに参加されるのですか?

 私も悩んでいますが、暇を見つけてできるだけ多くのゼミに行ってみたいですね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/08/28 08:28 * edit *

ひびきさんへ

 これいいでしょう? とてもたのしいし、役に立ちます。

 隣では別の板前さんが鯛をさばいておられましたが、いろいろと教えてもらいました。

 脂抜きですが、少量の場合はキッチンペーパーで吸い取りますが、大量の時にはそれでは間に合わないので、お湯を少し入れてシンクに捨てるというやり方もあったり・・・。

 味はきっと上がると思います。きっとね・・・・・(笑)。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/08/28 09:00 * edit *

栄治さんへ

よかったですね。
ドストライクです。

次の企画もいろいろと案があるようです。

他の講座も見学するつもりです。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2013/08/28 10:54 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/2117-4c101dc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)