07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

東京の下町の2大スターを訪ねる旅 ~その4 柴又めぐり 柴又七福神と帝釈天 前編 東京都葛飾柴又 

 お蕎麦をいただいてお腹がいっぱいになったところで柴又を歩くことにします。私は初めて知ったのですが柴又には七福神を祀る七つのお寺があり、それを巡るといいことがあるということで柴又七福神めぐりが盛んなのです。

 やぶ忠さんからさらに南下して京成北総線の新柴又駅まで歩きます。そのすぐわきに医王寺というお寺があります。

柴又七福神 医王寺 

 1407年に薬王寺として建立されますが戦国時代に戦火により焼け落ち、江戸時代初期に今の名前を名づけられ再建されます。中川の築堤工事のために大正時代に現在の地に再建されているそうです。七福神のうち、右手に釣竿を持ち、左手に鯛をかかえる航海と漁業の守り神である恵比寿天が祀られています。

柴又七福神 医王寺  柴又七福神 医王寺 

 山門の両脇には立派な仏像がにらみを利かせていていました。

柴又七福神 医王寺 
柴又七福神 医王寺 

 医王寺を離れて住宅街の細道を北に戻ります。するとまもなく法生院にであいます。

柴又七福神 法生院

 時代は浅く、江戸時代初期に建立され関東大震災の災禍を受けこの地に移設されたようです。米俵に載っている大黒天が祭られていますね。

柴又七福神 法生院
柴又七福神 法生院

 さらに北に歩き続けると赤い山門が印象的な万福寺にであいます。

柴又七福神 万福寺

 このおてらはさらに歴史が浅く昭和3年に創建されたもののようで、この地から人骨数柱が発見されたことから住民の依頼により開山されたそうです。

柴又七福神 万福寺

このお寺に祀られているのは短身長頭で白い髯がある福禄寿。 福は幸福、禄は高禄、寿は長寿をあらわし、三徳を兼ねた神様です。

柴又七福神 万福寺

 般若心経を書かれた石のドーナツ型の石碑を回します。惣兵衛はある程度は般若心経をそらんじておりますがまだまだ勉強したいものです。

柴又七福神 万福寺


 さらに北に行くと参拝者にあふれる柴又帝釈天にぶつかります。

柴又帝釈天

 立派な仁王門が迎えてくれました。

 実はこの近くに柴又七福神の題経寺があるとさがしていたのですが、じつはこのお寺の正式名称だったようです。近くの警備員の人も知りませんでした(汗)。もともとは日蓮宗のお寺として建立されたようですが、このお寺が信仰を集めたのが江戸時代後期に行方不明になっていた帝釈天像が発見され、基金に苦しむ人々に背負ってその像と対面すると霊験あらたかであったことから人々が集い、門前町が形成されるほどになったそうです。
 
柴又帝釈天

 これが帝釈堂ですが向かって右側が本堂であり、面白い造りになっております。

柴又帝釈天

 このお寺は緊迫や朱塗りなどの装飾は少ないものの彫刻の素晴らしさは目を奪うものがあります。

柴又帝釈天

 煙を頭にかけて受験生の長男とボケ防止の私はしっかりとお祈りしておりました。

柴又帝釈天

 初もうで客でそれほど広くない境内は人であふれております。とくにお寺が発行するおみくじにはすごい人が列を作っておりました。関西ではお寺でおみくじってあまり見ないのでおもしろいです。

柴又帝釈天

 右手の本堂に入ります。天井の作りや欄間の彫刻など目を見張るものがあります。毘沙門天は北方守護神。右手には財福を生む宝棒、左手には除災招福の宝塔をもっています。勝負事に御利益があるとされています。


柴又帝釈天

 そして帝釈堂への渡り廊下も見事な彫刻にあふれていました。

柴又帝釈天


 ここから先は撮影禁止です。彫刻ギャラリーおありますし、裏の庭も見どころがありそうですがあと3つの七福神周りがのこっていますのでそこそこにして帝釈天詣でをおえました。


すこし休憩もしたいですし、お土産も買おうかな~





(その4につづく)

  
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←歴史が大好きな惣兵衛に、応援のポチッ! お願いします。


より大きな地図で 但馬屋惣兵衛マップ を表示

[edit]

« 東京の下町の2大スターを訪ねる旅 ~その5 柴又めぐり 帝釈天 門前町 東京都葛飾柴又  |  東京の下町の2大スターを訪ねる旅 ~その3 やぶ忠 本店 東京都葛飾柴又 »

コメント

さすがは

さすがは江戸文化。
すばらしいですね~。
やはり京都大阪とは一線を画しますね。
寅さんが出てきそうですね!

栄治 #- | URL | 2014/01/06 07:37 * edit *

見どころ満載ですね!ひゃ~って感じです(笑)

おばちゃん #- | URL | 2014/01/06 10:05 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

楽しく拝見させていただいております。
両さんが凄いですね=
げげげのまで行かなくとも、コナンロードよりは充実してますね=
わくわくしてますよ。

ひびき #0tR8pBJg | URL | 2014/01/06 17:16 * edit *

栄治さんへ

江戸文化は江戸文化の良さがありますね。このお寺は江戸時代初期に開山しておりますが、現存する一番古い建物で江戸の末期。そのほかは明治から昭和初期の建立になっています。
 このお寺は震災や戦禍による消失は免れたようですが、ほとんどの建造物がコンクリートなのが残念です。
 泉岳寺は確か木造のままだったと思うのでまた行って確かめてみたいです。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2014/01/07 08:28 * edit *

おばちゃんさんへ

そうですよ~~。
是非行ってみてくださいね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2014/01/07 08:28 * edit *

ひびきさんへ

そうですね~。
葛飾区は東京なのでほかの地域都市とは違って、街の存亡をかけて町おこしをしている感じはなく、どちらかというと賑わいの創生的ですね。でもいいことだと思います。できれば亀有公園に派出所再建を希望します(笑)

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2014/01/07 08:30 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/2218-f33eb5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)