07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

高原の春を告げる春山開きと山焼き 

を告げるイベントが今週末各地で開催された但馬地方。惣兵衛は神鍋高原に行ってまいりました。

山開き

 山開きの神事とセレモニーが行われておりました。安全でありますように。

 セレモニーの最中に山に煙が上がっておりました。神鍋高原の山焼きが行われているそうです。そして、この後、神鍋山の噴火口で行われると聞いてさっそく山に登りました。

山焼き

 山を登ると噴火口が大きな口を開いているようです。まずは類焼を防ぐために噴火口の周囲をすこしずつ燃やします。周りには消防団員と地域の方々が類焼しないように煙の中、水をまきながら頑張っていらっしゃいました。同じ消防団員として本当にご苦労様と言いたいですね。

山焼き

 そして噴火口の一番底から火を放ち、一気に火口全体に炎の渦が巻き起こります。

山焼き

 この炎を見ると山火事の恐ろしさを感じます。その火の燃え広がるスピードの速さ。炎が竜巻の様になっているのですが、その火の勢いのすさまじさ。巻き込まれると致命的であることは容易に想像できます。

山焼き

 やはり消火用の水を用意するなど、野焼の際には万全の準備をお願いしたいものです。

山焼き

 しかし、この山の噴火は約2万年前のことなのですが、その時代にタイムスリップしたような気持ちになります。まるで当時の噴火している神鍋山を見ているようです。

山焼き

 とても壮大な雰囲気ですね。

山焼き

 最後はVの字を書いて一気に燃え尽きてくれました。吉兆と受け止めて神鍋山の商売繁盛を願います。とても見事な山焼きでした。地元の皆様と消防団員の皆さんのご苦労に感謝するとともに手際の良さに感心しました。

 噴火口から離れて山を下りるとほかの場所でも煙が上がっておりました。実は神鍋山の各地で別の地区の方々も山焼きをされていたのです。急斜面の北壁など真っ黒に染められていました。

山焼き

 美しい桜の花と黒い山肌のコントラストは何とも美しいものでした。

 
 来年もまた訪れたいものです。今回は少し花曇りでしたが、青空の下で見学するともっと素晴らしいことでしょう。


神鍋高原へ遊びに来てくださいね!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←すばらしい山焼きを安全に行っておられる地域の方々と消防団員の皆様に、応援クリックお願いします!

[edit]

« 海を眺められる素晴らしいホテルでの宴席 ~ホテル金波楼 豊岡市瀬戸  |  春はいかなご・・・じゃなくて曙ですね ~ご飯にあう「いかなごの炒り卵」 »

コメント

そうでしたね~

昨日は山焼きが行われたようですね。
火災も起きましたし・・・(^_^;)
山焼き、畦焼など気を付けましょう!
乾燥してますからね。

栄治 #- | URL | 2014/04/14 07:12 * edit *

栄治さんへ

そうですね。

この週末は疲れました。
消防団フル活動でしたからね・・・。

今日もちょっと疲れが残っています。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2014/04/14 08:21 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/2316-5c047f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)