09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

豊岡市にできた「豊岡鞄」の魅力にあふれたステキなセレクトショップ ~トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー 豊岡市 

豊岡市に以前紹介した菓子祭全日祭の日にいくつかお店がオープンしたのですが、私が最も惚れ込んでいるお店がこちらです。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 お店というか施設の名前はトヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 豊岡市は実は日本の鞄生産のシェアをピーク時で80%をしめる鞄の街なのですがそれに実にふさわしい施設ができたと感激しております。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 ご覧のとおり1階と2階がショップで、3階はスクールになっているのです。実はこの施設の名前「アルチザン」は「職人」を意味していて、この施設はショップだけでなく、様々な魅力と意義にあふれているのです。

 さっそくショップの中に入ります。入ってすぐには豊岡のカバンの歴史を語る柳こうりからハードバックになるまでの過程を示す歴史ある製品が展示されています。この演出もいいですね。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 そうそう、そういえば建物の外観を見てもらってわかるでしょうか。建物はその柳こおりをイメージして作られています。見上げれば天井の照明もそのイメージですよ。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 そして正面にはロードレーサータイプの自転車があります。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 これはこのお店のオリジナルブランドであるA&D27の作品が自転車の愛好家のために作った鞄を提案しているからです。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 自転車用のカバンなんてなかったっですね。しかもどれを見ても機能的ですし、かっこいいのです。私も東京にいたころはロードレーサーの愛好家だったのでうれしいですね。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 しかもこのブランドはデザイナーは一人ですが、製造は豊岡のカバン製造会社の何社かが分担して行っておられるとのことでした。鞄業界が利害関係を超えて手を携えて鞄の街をPRしてゆくのは素晴らしいことですね。このブランドは今回は自転車の愛好家のための製品のラインナップですが、定期的に別の視点での製品を投入してゆくという面白いコンセプトであることも素晴らしいですね。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 こちらが一階の奥のスペースです。男性目線なものですいません。この写真の奥のほうには女性の製品を扱うブランド BELCIENTO(ベルチエント) があります。職人の手で作られた繊細なフォルムのデザインが素敵です。手前と右奥には豊岡のいくつかのメーカーの製品のなかでセレクトされた鞄が並んでいます。色使いとか面白い鞄がいい感じです。価格も1万円台のものから3万円程度のものが多く、いいと思います。


 店の中央にある階段を上がって、ロフトのようになったスペースに上がります。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 これどうですか?素敵でしょう?

 これは伝統的な柳こおりを使った女性用のバックです。大きさは20センチくらいの小ぶりなものでとてもかわいいです。絶対にお勧めです。価格は5万円程度しますが、一生モノです。記念日に如何でしょうか。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 そしてこちらはそのフロアーの全貌。1階の奥にあったのと同じくセレクトショップ。カジュアルなものが中心で、女性も使えそうなユニセックスな感じのものもあります。


1階を観終わったので2階に向かいます。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 2階は今のところお店の都合で通常は締まっている状況ですが、空いているときには開けてくれます。建物の左側の階段を上がります。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 2階の奥には財布やベルト、ペンケースなど素敵な小物が並んでいます。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 ふと見るとペット用の首輪とかもあり面白いですね。でも本当のこのフロアーのユニークなのはこれです。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 そうです。鞄のパーツショップなのです。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー
トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー
トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー
トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 鞄に使う様々な形の取手やビス、見たことの無い鞄製造用の道具、色鮮やかな生地や皮のシート、見ていて楽しいファスナーなど。ぞくぞくしますね。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 こちらが製作体験コーナーです。お店の方にお聞きするとまだ準備中とのことで、これから休日を中心に鞄製作教室をしたいとおっしゃられておられました。これはたのしみです。


 ちなみにこちらが3階のスクールです。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー
トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー

 この日はお休みで、講師の方が知り合いなので特別に少しだけ見せていただきました。素晴らしい鞄の職人さんが育ち、豊岡鞄に新しい風をふきこんでほしいものです。


 私も一つ鞄を購入しました。

アルチザン 買った鞄

 税込で26,352円でした。いいでしょう? 当たり前のビジネスバックでは面白くないので、少し変わった青い色のビジネスバックです。マチも広く書類がたくさん入りそうです。機能も使いやすいし、このクールな青の発色が素晴らしくて思わず買ってしまいました。




魅力的な鞄や関連商品がならぶセレクトショップをちょっと覗いてみてください!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←新しい試みに全力を尽くすスタッフと豊岡鞄に関わるすべての方々に、応援クリックお願いします!


より大きな地図で 但馬屋惣兵衛マップ を表示

[edit]

« 地元密着のチェーン店の塩ラーメン ~来来亭 豊岡店  |  伊豆の美味しい和菓子屋さんを見つけました ~石舟庵 湯の花店 静岡県伊東市 »

コメント

洒落れてますね

三宮、いや渋谷?いや福岡天神?などと
田舎にはない非常にあかぬけした感のある店舗ですね。
体験コーナー、スクールコーナーと、とても充実。
ふとんもこのくらいしなけりゃ、いけませんね。

栄治 #- | URL | 2014/05/07 07:24 * edit *

栄治さんへ

これは素晴らしいでしょう?

コンセプトがしっかりしているのがいいですね。
でも、ちゃんと見込み客のニーズに合わせたデザインのカバンをそろえているところがいいと思います。

ふとんでもチャレンジしてくださいね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2014/05/07 08:38 * edit *

惣兵衛さん、こんにちは^^。
いつの間にか、こんなになっていたなんて・・・。
すごいなーっと思いながら読んでいます。

鞄、すごくイイです!
確かに、グッチとか、そっちのブランドも悪くはないですが、
私なら、こっちを選びます。

使えば使うほど、味が出てきそうですね。

Lady Gabriella #- | URL | 2014/05/07 10:05 * edit *

素晴らしいの一言です。驚きました。
そして天井の灯りのデザインにも恐れ入りました!

おばちゃん #- | URL | 2014/05/07 14:38 * edit *

こんにちわ

自転車乗りとしては是非行ってみたいです。
ちなみに飾っている自転車はフランス風のロードです。
ストロングライトという昔のチェーンホイールがついています。
これを見に行くだけでも値打ちがありそう。
また、紹介されていたかばんにはフロントバッグという
サイクリング車のハンドルの前に装着するものが写真に写っていました。
カバンストリートの所ですよね。
ちょっと高価そうなのですぐには買えそうにないですけど
是非下見をして購入したいです。

いやあ、いい情報、ありがとうございました。

もりやす #LUZf.AOA | URL | 2014/05/09 12:51 * edit *

Lady Gabriella さんへ

かっこいいおみせでしょう?

いままでのカバンの直販のおみせは安さを前面に出していらっしゃいましたが、ここは豊岡鞄の魅力とかストーリーを売ってくれているのがいいです。

良い鞄を作っている産地である誇りが持てます。

そしてきっといい鞄に出合えると思います。私はブランドロゴがデザインになっているものはあまり好きではないですから、とても素敵だと思いました。

ガブちゃんもぜひどうぞ。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2014/05/12 00:22 * edit *

おばちゃんさんへ

すごいでしょう?

ようやくこれで鞄ストリートらしくなってきました。

ぜひおすすめしますよ!

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2014/05/12 00:23 * edit *

もりやすさんへ

そうですか。自転車愛好家でいらしたのですね。
確かに少し高いですが、シフトとかブレーキのパーツに比べたら安いでしょう(笑)。

かっこいいですよ。
内部情報によると自転車の雑誌に取り上げられたり、百貨店でも期間限定でブースを設けて販売するとか。

生産が間に合わないこともあるので早めに観に行ってくださいね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2014/05/12 00:35 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/2334-80009b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)