04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

日本三大花火大会が開催される大曲の老舗料亭 ~花よし 本店 秋田県大仙市大曲 

みちのく弾丸ツアーです。

 茨城県土浦市、新潟県長岡市とともに、日本三大花火大会の開催される大仙市大曲で老舗と呼ばれる料亭である
花よし 本店さんにお邪魔することにしました。

花よし 外観

つい最近花火の国際大会が開催された様子がテレビで紹介されていましたね。

 大曲駅から南に向かう花火通りの途中から西に向かった静かな場所にそのお店はありました。

花よし 玄関

 ちょっと田舎の料亭といった感じもありますが、玄関の兜に老舗のおもてなしを感じました。

花よし 店内

 部屋に通されましたがすでに立派な宴席が設けられていました。

花よし お膳

 大曲は山岳地帯とは言えないものの、秋田県の中では山に近く、海からは少し遠い場所にありますが、山のものと海のものでバランスをとったお膳の揃えとなっていますね。

花よし 前菜

 前菜は蟹と山菜のコラボです。山陰地方にいると右のかには勢子ガニかと思いましたが、モクズガニでした。左側はウドの辛子酢味噌和えに秋田の森のキャビアといわれるとんぶりがトッピングされた、まさに山の幸の前菜でした。
 素朴でよかったですよ。

花よし たにし

 こちらはたにしのあっさりとした煮物。久しぶりにタニシをいただきましたね。癖もなくさっぱりしていました。

花よし こしあぶらのお浸し

 こちらも山菜です。おそらくコシアブラのおひたしですね。山の幸のオンパレードがいいですね。勿論この辺りから地酒を飲みまくっておりました。

花よし スズキの塩焼き

 焼き物は今が旬の海の幸、スズキの塩焼きです。なんだか山陰と似ていますね。慣れ親しんだ味です。

花よし 山菜の天ぷら

 ここでまた、山の幸にもどりますよ。8種類ほどの山菜の天ぷらです。山間の高級店では、山にありながら海のものを中心にしてしまうお店が多い中で、山菜にちゃんと向き合う姿勢が素晴らしいですね。

花よし 刺し身盛

 こちらが刺し身盛です。なじみのあるバイガイとマグロ、そして左側がアブラガレイです。これは山陰ではあまり見ないカレイですね。調べてみると東北以北で獲れるカレイのようです。山陰ではこのカレイを見たこともないですし、カレイはそもそも刺し身にしないのでびっくりです。皮も付いていることもありますが、エイのような感じの刺身でした。

花よし きりたんぽ鍋

 そしてこれが魚介もたっぷりのきりたんぽ鍋です。

花よし きりたんぽ鍋

 宴席はこれで終わりでした。最後にご飯ものや汁、デザートがつくのが一般的だと思うのですが、きりたんぽ鍋がご飯と汁に当たるということなんでしょうね。デザートはほしかったかな。

 山菜を中心としたお料理に、土地の特徴を感じられてよかったですよ。


ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←秋田の内陸にある山菜をしっかりと使われる老舗料亭に応援クリックお願いします。励みになります!

花よし 本店



関連ランキング:懐石・会席料理 | 大曲駅


[edit]

« 東北独自の文化を開いた奥州藤原氏の至宝 中尊寺を訪ねる ~中尊寺 岩手県平泉町  |  歴史薫る武家屋敷の街並みと枝垂桜、穏やかな流れと古木の桜が美しい秋田の名所 ~秋田県仙北市角館町 »

コメント

おいしそうですね~

秋田って言えばやはり「きりたんぽ」ってなるんでしょうね。
ほんまもん食べてみたいです!

栄治 #- | URL | 2017/05/05 13:26 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

お店も風格を感じます。
料理も見事ですね。
そして、やっぱり、鍋は、きりたんぽ・・・
う~ん、羨ましい(^^)

ひびき #vQU5PwVA | URL | 2017/05/05 13:35 * edit *

ご無沙汰してます。
アブラカレイの「身」を刺身でというのは、確かに珍しいですね。
回転寿司で回っている「エンガワ」は、このアブラカレイのそれが
使われているそうですが。
初めて両方を味わった時は、あまりにも味わいが異なるので
ビックリしたものです。

コシアブラはこないだ天ぷらを食べましたが、おひたしにすることも
あるんですね。

煮豆の欠片 #2E5QY1Po | URL | 2017/05/05 17:27 * edit *

栄治さんへ

> 秋田って言えばやはり「きりたんぽ」ってなるんでしょうね。
> ほんまもん食べてみたいです!

これまでもち米の焼いたものというイメージで、あまり好きではなかったのですが、本場のおいしい店で食べるきりたんぽは最高です。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/05/05 21:39 * edit *

ひびきさんへ

> お店も風格を感じます。
> 料理も見事ですね。
> そして、やっぱり、鍋は、きりたんぽ・・・
> う~ん、羨ましい(^^)

いいお店でした。
きりたんぽはドライブインとかで食べたらだめです。
美味しいお店で本場の味を楽しんでくださいね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/05/05 21:40 * edit *

煮豆の欠片さんへ

> ご無沙汰してます。

ごぶさたです。
ブログはよく拝見させていただいておりますよ。

> アブラカレイの「身」を刺身でというのは、確かに珍しいですね。
> 回転寿司で回っている「エンガワ」は、このアブラカレイのそれが
> 使われているそうですが。

おおっ。確かにそうですね。

> 初めて両方を味わった時は、あまりにも味わいが異なるので
> ビックリしたものです。

全く違いますね。
>
> コシアブラはこないだ天ぷらを食べましたが、おひたしにすることも
> あるんですね。

東北に行くと山菜ときのこによく出会えますよ。
この辺りと食べ方も全く違います。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/05/05 21:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/2717-14f21509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)