10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

歴史薫る武家屋敷の街並みと枝垂桜、穏やかな流れと古木の桜が美しい秋田の名所 ~秋田県仙北市角館町 

ゴールデンウィークですね。みちのく旅行です。但馬は桜が散りましたが、東北は今がピーク。

 桜の時期に秋田に行ったらここに行きなさいといわれたので、いわれるがままに仙北市の角館町(かくのだてちょう)にお邪魔してきました。

角館の桜

 初めて角館に訪れたのですが、枝垂桜が歴史ある武家屋敷胃の並ぶ中で、花のナイアガラの滝のように咲き誇っている風景は感動的でした。

 久保田藩(秋田藩)は戦国時代に秋田氏から何度も支配者が変わります。猪苗代あたりの有力大名である蘆名氏(芦名氏)では後継者問題やお家騒動や内紛が重なり、常陸の国(今の茨城)の佐竹氏から養子を迎え領主とし、北の伊達氏と対峙していました。ところが関ヶ原の戦いにおいて、西軍の上杉軍と積極的な戦いを避けたために、徳川幕府により佐竹氏はこの地に転封されました。血縁の深い蘆名氏も1万余りの減封となって角館に移されたようです。

角館の桜

 蘆名氏が移り住んだ角館城の城下町は白の北側にあったのですが、狭いうえに水害や大規模な火災に見舞われ、現在の南に街を移し、街の真ん中に火除け地として東西に土塁を築き、北を武士の住む内町、南を町民が済む外町として整備したそうです。
 蘆名氏は結局世継ぎが産まれずお家断絶となり、佐武氏の分家がこの角館を治めたようですね。

角館の桜

 車が2台がすれ違っても歩行者もゆったり歩けるに十分な広さの道ですが、昔からこの通りであったかどうかは疑問です。しかし、広い道ですが両側から見事な枝垂桜が枝を垂れていて、空は広く感じないのがまたすごいですね。

角館の桜
(町の全体の概略図です。クリックして拡大してご覧ください)

角館の桜

 こちらは角館樺細工史料館です。この辺りでは樺の木の皮を用いた民芸用品が特産のようで、その資料が並んでいるようです。すでに5時を過ぎていたので見ることはできませんでしたが、門前の枝垂桜が見事です。

角館の桜

 空の青さと枝垂桜の美しさがとても素晴らしいコントラストを見せてくれました。

角館の桜

 こちらは周りの風景に溶け込んだような土産物屋さんです。こちらでも樺細工が売っていました。このほかにもカフェや物産売り場や当地の銘菓である秋田諸越の御店もたくさんありましたよ。

角館の桜

 武家屋敷のひとつを覗いてみます。こちらは青柳家です。

角館の桜

 茅葺の質素な建物ながら蘆名家の名門であった青柳家の屋敷の敷地は3千坪と広大です。

角館の桜

 もうすでに入館時間を過ぎていたので中には入れませんが、少しだけ見せてもらった内部の様子です。武具が表にあるのも武士の家らしいですね。

角館の桜

 角館にはたくさんのしだれ桜がありますが、そのうちの162本が国の天然記念物だそうです。とりたてこの北の橋にあるしだれ桜は見事ですね。

 もう一度南に歩いて武家屋敷を訪ねます。

角館の桜

 こちらは石黒家です。こちらは蘆名氏の後に入った佐竹氏の分家である佐竹北家の財務関係の有力武家で、現存する武家屋敷の中で最も家格の高い家のようです。

角館の桜

 簡素な造りがいいですね。しかもこの日は開館時間を延長しておられて、仲を見ることができました。

角館の桜

 玄関を入ると広めの土間があり、各部屋の中が見通せます。

角館の桜

 仏間の手前にある表の間には端午の節句を祝う、立派な節句の飾りが展示されていました。

角館の桜

 その右手には囲炉裏のある居間があります。家族でゆっくりと食事を楽しんだのでしょうか。

角館の桜

 その奥には書斎があります。当主が様々な業務をここで行ったに違いありません。歴史を振り返って当時をしのびます。

角館の桜

 もう一度土間に下りて、奥の建物につづく短い渡り通路を歩きます。そこには乳母車ならぬ乳母そり
 もしかしたら荷物を運んだかもしれませんが、車輪ではなくそりになっているのが当地の雪の深さを物語っていますね。子連れ狼も秋田ならそりだったのかな?

角館の桜

 隣りにはがありました。とても立派な装飾もされています。

角館の桜

 こちらは野菜を保管する地下収納庫です。このようなものは初めて見ました。

角館の桜

 その奥には石黒家の武具などを集めた資料館があります。

角館の桜

 刀のつばや当時の町割りの図面などもあり、見ごたえのある展示でした。

 石黒家を出て、さらに南に行くと小さな武家屋敷に出合えます。

角館の桜

 こちらは松本家です。番組、鉄砲組などの組の構成員である組下に属する武士の家だそうですが、とても

角館の桜

 夕暮れが近づいてきたので桜並木がきれいだといわれた桧木内川に向かいます。

角館の桜

 これは素晴らしい!!!

角館の桜

 約2キロの桜並木です。しかも昭和天皇がご誕生された時に記念に植えた桜を大事に育てて、ここまでに仕上げたそうです。見事としか言いようがないですね。何度か伐採の危機を迎えたそうですが、住民の皆さんの協力によりここまで残され、国の天然記念物にまでなったようです。

角館の桜

 この桜のトンネルもまた素晴らしい。市では桜を管理する部署を作って秋田の各地の桜を管理されているとか。驚くべきことですが、この角館だけでも年間80万人が訪れるといいますから、わかる気もします。

角館の桜

 角館を離れる前に川の対岸からも写真を撮りました。


 本当に素晴らしい場所ですね。しだれ桜と武家屋敷の風景。美しい川と両岸を埋め尽くすさくら。但馬にもこんな風景があればいいなと思いました。

 私が今回歩けたのは角館の半分くらいでしょうか。下町の町民街やのちに入ってきた佐竹氏の武士が入った田町を今度来た時にはお邪魔したいと思います。



秋田の皆さん、すばらしい桜の花をありがとうございました!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←桜を愛し、ここまで育まれてきた角館の皆さんに、応援クリックお願いします!

[edit]

« 日本三大花火大会が開催される大曲の老舗料亭 ~花よし 本店 秋田県大仙市大曲  |  京丹後市で京都の有名な漬物を購入できます ~京つけもの西利 風土食品 京都府京丹後市 »

コメント

但馬屋惣兵衛殿

秋田県だ!
これは、次の展開が楽しみだ❗
桜並木綺麗ですね!

ひびき #mQop/nM. | URL | 2017/05/04 09:26 * edit *

東北

東北、陸奥が今いいみたいですね。
きれいです!

栄治 #- | URL | 2017/05/04 09:52 * edit *

ひびきさんへ

> 秋田県だ!
> これは、次の展開が楽しみだ❗
> 桜並木綺麗ですね!

本当にきれいでした。
地元の方々が桜を大切にしている感じを受けましたよ。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/05/05 21:38 * edit *

栄治さんへ

> 東北、陸奥が今いいみたいですね。
> きれいです!

東北いいですね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/05/05 21:38 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/2719-9d6e8627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)