09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

日本最古の石像が秘蔵される不思議な雰囲気のお寺 ~古法華寺 加西市 

 加西市の善防中学校にて次男のサッカーの試合があったのですが、近くに面白そうなお寺があるというので行ってまいりました。

 お寺の名前は古法華寺です。この近くにある多聞寺という曹洞宗の大きなお寺があるのですが、そのお寺の境外仏堂のようです。

 2方面から車で行けるのですが、北からのルートは舗装されているとはいえ、すさまじい道ですのでご注意ください。

古法華寺 宮元武蔵の碑

 細い道ですが、お寺のふもとには結構広くてきれいなトイレもある駐車場があります。そこにはNHK大河ドラマのロケ地になったことを示す記念石碑もありました。

 そしてその反対側にはこんな切り立った岩壁に掘られた仏像である磨崖仏(まがいぶつ)があります。

古法華寺 薬師如来

 これは薬師如来とのことです。このあたりの山は石の山で、大規模な石切り場もあります。その石は白くて掘りやすいもののようで、周辺の集落や街には石の仏像がたくさんあるようですね。

古法華寺 六地蔵

 お寺に向かう通路の右手にはかわいらしい六地蔵が鎮座しておられました

古法華寺 石仏

 左手にも個性的な仏像が様々な表情を浮かべて見守ってくれていました。

 石のトンネルをくぐってすぐ右手に境内には似つかわしくないような雰囲気の建物があります。

古法華寺 石彫アトリエ館

 これは石彫アトリエ館です。こちらの石を使って石造を作る体験施設のようです(要予約)。凝ったものは数日かかることもあるそうですのでご注意を。

古法華寺 観音堂

 アトリエ館の隣にあるのが古法華寺 観音堂です。境外仏堂ということもあって小さな可愛らしいお寺ですね。

 更にその奥に進むとコンクリートの頑丈な収蔵庫があります。

古法華寺 収蔵庫

 この中に白鳳時代に作られた日本最古の仏像である「石造浮彫如来及び両脇侍像(附:石造厨子屋 蓋)」(国の重要文化財)がおわします。

古法華寺 「石造浮彫如来及び両脇侍像(附:石造厨子屋蓋)」

 あらかじめ連絡をしないと開けてもらえないので見ることはできませんでしたが、看板で祖の姿をしのびます。


 収蔵庫の右手には仏像が2体たっておられました。

古法華寺 石仏

 片方は明らかに不動明王ですね。

古法華寺 不動明王

 何ともかわいらしい不動明王さんです。

古法華寺 ひげの像

 もう一体のほうはわかりません。ひげを生やしたご老人ですが、調べてみたところ、新羅明神でしょうか。確証はまったくありません。すいません。

古法華寺 石造の並ぶ小道
 
 その右手には石像が点々と並ぶ小道があります。もしかしたらここで大河ドラマの撮影をしたのかな。石造とは別に奉納者の気持ちを込めた詩が刻まれた石碑もあり、心を打たれるものがあります。

古法華寺 七福神

 その降りてゆく小道ではなく、登る方を見上げると大きな七福神が私を見下ろしておられました。

古法華寺 展望台への道

 七福神のさらに奥には、石がむき出しになった登山道があります。かなり登りたかったのですが、時間もなかったのと靴が革靴だったのであきらめました。標高こそ高くないものの周囲は海抜が低いので、360度見渡せる大パノラマの展望台があるようです。

 あきらめて下り始めると森の中にたくさんの石像が立っていました。

古法華寺 石彫の森
古法華寺 石彫の森

 これはアトリエの森といって先ほどの石彫アトリエ館で作られた作品が並べられているようです。それぞれの石像に個性があって楽しいですね。


 次にお邪魔する時は実際の「石造浮彫如来及び両脇侍像(附:石造厨子屋 蓋)」を見てみたいですし、石堀も体験したり、山頂の展望を楽しみたいですね。さらには、途中で上り口が見えたスリル満点のつり橋も行ってみたい気もします。

 詳細は多聞寺HPの古法華寺のページ古法華自然公園の公式HPをご覧ください。



兵庫県もいろいろあって面白いですね!

古法華寺 マップ




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←最近但馬の旅行記が少ないぞとお気づきの方は、応援クリックお願いします!


[edit]

« ラーメン屋さんでラーメンをいただかなくても満足できるって凄くないですか? ~かっちゃんラーメンSP 日高町  |  高原のホテルでおいしく楽しい宴席でした ~ブルーリッジホテル 神鍋高原 »

コメント

多いですね

中播、東播磨などはこういった史跡が多いですね。
京都にほど近いのでやはりいろんな豪族などが
活躍していたんでしょう。

栄治 #- | URL | 2015/06/08 07:35 * edit *

栄治さんへ

この辺りは石切り場が多く、柔らかい岩が多いのでこういった石仏がたくさんあります。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2015/06/13 10:27 * edit *

突然で失礼します

「古法華寺」で検索して、来ました。
不動明王と一緒にあった石仏は、役行者(えんのぎょうじゃ)ですね。
このお寺、行きたいと思います。

一炊舎Neo #- | URL | 2017/06/08 09:41 * edit *

一炊舎Neo  さんへ

> 「古法華寺」で検索して、来ました。
> 不動明王と一緒にあった石仏は、役行者(えんのぎょうじゃ)ですね。
> このお寺、行きたいと思います。

そうでしたね。
役行者でした。

ぜひ行ってみてください。
山頂からの展望や、吊り橋もすごいみたいですよ。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2017/06/23 08:35 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/2759-18868a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)