09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山のシンボルであり、徳川御三家 紀州徳川家の本拠地を散策 ~和歌山城 和歌山県和歌山市 

 出張で和歌山に行ったついでに和歌山城に行ってまいりました。

和歌山城 池越しに

 和歌山城といえば徳川御三家のひとつ中興の祖である徳川吉宗を輩出した紀州藩の本拠地であります。

 和歌山城の歴史を振り返れば、豊臣秀吉の紀州征伐により一帯を制圧し、弟 秀長を領主とし、虎伏せ山といわれたこの地に築城を命じたそうです。普請奉行は築城の名人といわれた藤堂高虎で1年で築城を完成させてしまいました。この時、この地は「若山」と言われていたそうですが、「和歌山」と名を変えたそうです
 しかし、豊臣秀吉は地域の名前をめでたいものに変えたいという思いが強い人だったのでしょうか。豊岡のお城も昔は「木崎城(城崎城)」だったものを「豊岡城」に変えています。
 その後の城主になった桑山重晴が城の改修を行い、浅井長政の時に現在の天守閣が作られました。江戸時代に入って徳川家康の十男である頼宜が55万石の大名となり、徳川御三家の紀州徳川家が始まり、大幅な拡張が行われました。
 そのせいで、戦国時代や安土桃山、江戸時代それぞれの石垣の積み方がここで全て見ることができます。

 さて、車を白の南で裏手に当たる不明門跡の駐車場に停めてお城を目指します。

和歌山城 忍者

 さあ登り始めようと思うと若い忍者の登場で驚かされます。お聴きすると和歌山市にあるバイトでやとわれた学生さんのようですが、これがまた面白いです。お城の説明やガイドはもちろん、パフォーマンスや絵本の読み聞かせなどを時折行ったり、体の不自由な方の援助をしたりする素敵な忍者さん達なのです。いいですね~。

和歌山城 不明門 からの上り口

 私たちは元気すぎるくらい元気なのでがんばって登ります。この新裏坂は結構きつい登りが続きますよ。

和歌山城 新裏坂

 でも、石垣の複雑な構造とか、咲いている花をめでながら楽しい登行となりました。

 ジワリと汗が出てきたくらいで一気に視界が開けます。

和歌山城 天守閣

 そうです。一気に天守閣にたどり着いたのです。

和歌山城 天守閣

 すらっとした彦根城のような天守閣の出現を想像していたので、ちょっと長く続く白壁に驚きました。これは姫路城などと同じように天守閣小天守、2つの櫓群渡櫓によって連ねられた連立式と呼ばれるものだそうです。姫路城と松山城と和歌山城は日本三大連立式平山城といわれているようです。

和歌山城 天守閣

 ここから先は有料です。入場料は大人410円、子ども200円ですが、入りたい~~。でも、次の予定がありそれを許してもらえません。
 
 ちなみに、現存する天守閣は鉄筋コンクリートの外観復元です。もともとの天守閣は明治まで存在していて国宝指定されていたのですが、第2次世界大戦時の和歌山大空襲によりすべてが灰になってしまいました。内部は様々な資料や貴重な道具などが展示されているようです。

和歌山城 天守閣 説明書き
(天守前にあった説明書きです。クリックして拡大してご覧ください)

 後髪を引かれる思いで天守閣を後にします。

和歌山城 天守閣

和歌山城 つづらおりの石段

 折角ですので、城の表面に当たる追手門方面から降りることにしました。つづらおりの階段を降りますが、足の不自由な方への配慮もあっていいと思います。そしてまた、攻めるには難しい堅牢な城であったこともわかりますね。その先には動物園もあってお子さんの喜ぶ笑顔も見えました。

 二の丸の庭園を見ながらお城を半周して元の場所に戻ろうとします。すると池の上に澁い建物があり、面白い渡り廊下のような建物がありました。これは鳶魚閣御橋廊下というそうです。

和歌山城 鳶魚閣と御橋廊下

 近くで見たいのでちょっと寄り道します。

和歌山城 大奥跡

 芝生の広場みたいになっていますが、ここは御殿があって、大奥もあったようです。

和歌山城 御橋廊下内部

 その先には橋のような廊下である御橋廊下があり、靴を脱いで渡ります。斜めの橋になっているのですが、板がだんだんに組まれていて、足の裏を刺激します。すりこぎの上を歩いているようでかなり痛いです。胃が弱っているようです・・・(涙)。

和歌山城 鳶魚閣

 池を中心とした日本庭園がその先には現れます。この辺りは城主が隠居した時に暮らした場所のようです。

 日本庭園を後にして帰路につく途中に護国神社がありました。ここも残念ながら寄れずじまいでした。

和歌山城 護国神社

 お城好きな惣兵衛にとってはちょっと残念でしたが、約2~3時間あればゆっくり回れるということが解りましたので、家族旅行などで和歌山に行った折には再訪したいと思います。


   

和歌山もいいですね!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←戦火で焼け落ちても和歌山市のシンボルとして親しまれる和歌山城に、応援クリックお願いします!

[edit]

« 和歌山ラーメンの醍醐味である”アレ”をラーメンと一緒に頂きました ~味丸 県体前中華そば 和歌山県和歌山市  |  懐かしい音楽が流れる喫茶店でおいしいランチをいただきました ~カフェレスト ランブル 豊岡市 »

コメント

ここは

ここはやはり徳川御三家のひとつという位置づけと
そしてなんといっても名君として名高い「吉宗公」
が頭に浮かびます。名城には違いありません!

栄治 #- | URL | 2015/07/28 07:16 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/08/02 16:40 * edit *

栄治さんへ

そうですね。

できればもう少し原型を復元すべく整備してほしいです。

最盛期はかなりすごいお城だったと実感できました。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2015/08/04 10:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/2788-4bbd4c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)