09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

日本の産業と通貨を支えた銀山の街 「生野」 ~その③ 生野銀山 坑道内コース 朝来市生野町 

 さあ、登ってきた快適な山道を下って、坑道の入り口に向かいます。

生野銀山 坑道内コース 坑道入り口

 気持ちのいい冷たい風を感じます。外気温よりかなり涼しくなるので、一枚多めに着込む準備もあっていいかもしれませんね。

生野銀山 坑道内コース 坑道内部

 入ってすぐは、金属によって補強された坑道で安心感がありますね。高さも2メートル近くありますね。

生野銀山 坑道内コース 空気を送る手子

 人形が昔の作業の様子を再現してくれて楽しいですね。先ずは坑道の中に空気を送る手子のようすです。手子とはお手伝いの意味ですね。

生野銀山 坑道内コース 堀大工

 小さなのみと金づちで岩盤を掘り進む掘大工の様子です。ご覧のとおり、江戸時代までの坑道はとても狭く、人が這って進んだようです。その恐怖たるやすごいものがあったことでしょうね。

生野銀山 坑道内コース 樋引き人足

 坑道の地下深くから水をくみ上げる樋引き人足のようすです。逆に排水溝も木製の溝でしっかりと整えられていたようです。

生野銀山 坑道内コース 坑道

 この辺りから坑道の高さが一気に低くなります。私の身長でも頭が当たりそうな感じを受けますから、185センチくらいかな。

生野銀山 坑道内コース 下財

 江戸時代では抗夫のことを下財と呼んでいたようですね。かなり見下されていた存在だったようです。しかしながら、その役割は日本を支えていたといっても過言ではなく、6歳くらいから働き始めて、20歳頃には肺の中が煤塵で傷つき、亡くなる方も多かったようです。後に生かされているものとして、感謝の念がうまれます。

生野銀山 坑道内コース 日本酒

 坑道の中は気温が低く安定していることから、日本酒が少しだけ貯蔵されています。

生野銀山 坑道内コース 日本酒

 成人の時に開けるタイムカプセルではなく、乾杯の日本酒という趣向のものもありました。楽しいですね。

生野銀山 坑道内コース ワイン

 こちらにはワインもありました。

生野銀山 坑道内コース 近代の作業の様子

 坑道の奥に進むと近代の掘削の様子が再現されています。

生野銀山 坑道内コース 近代の作業の様子

 こうなるとかなり効率がよくなりますね。

生野銀山 坑道内コース 狸穴

 今の私たちが歩くところはフランスの技師が入って、拡大された坑道ですが、その脇には並行して狸穴といわれる人が這ってやっと通れる狭い江戸以前の坑道があります。

生野銀山 坑道内コース 木組みの坑道

 坑道の落盤を避けるために、金属を使ったり、様々な補強がなされています。こちらは木組みの補強が入った坑道ですね。

生野銀山 坑道内コース 鉱脈

 一番奥には実際に掘った鉱脈の跡があります。なんと深さが30メートル以上あるとか・・・・。坑道外にあった露天掘りの鉱脈の続きで、こうして山の表面から、地下かなり深くまで縦に鉱脈が続いていて、これをずっと掘り進めていったのですね。すさまじいです。

生野銀山 坑道内コース 巻き上げ機

 このほかにもダイナマイトを仕掛ける様子とか、豊臣秀吉が使った水とか、神社とか、いろいろありましたが、出口付近に向かいます。そこにはこんな大きなものがあります。

 巻上げ機といって、大量の鉱石を地上に運び出す機械です。

生野銀山 坑道内コース 地上へ

 すごい迫力だ~~~!

生野銀山 坑道内コース 作業の様子

 再び江戸時代の作業の様子です。女性もたくさん鉱山で働いていたようですね。

生野銀山 坑道内コース 作業の様子

 さて、いよいよ鉱山の見学は終わりです。

生野銀山 坑道内コース 坑道出口

 出口の上の岩盤にも、抗夫の姿を再現した人形がいました。




さて、お土産ものとか見てみますか!


(その4 につづく)


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←素晴らしい生野銀山の歴史に、応援クリックお願いします!

タグ: 朝来市生野 

[edit]

« 日本の産業と通貨を支えた銀山の街 「生野」 ~その④ 生野銀山 エピローグ 朝来市生野町  |  日本の産業と通貨を支えた銀山の街 「生野」 ~その② 生野銀山 坑道外コース 朝来市生野町 »

コメント

ここには

ここには何度か入らせていただきましたが、
けっこう涼しくて暑い日はいい避暑地ですよね。

栄治 #- | URL | 2015/10/02 07:03 * edit *

初めて行った小学5年生当時は説明の表示より人形に興味がありました。一緒に行ったいとこたちと人形見て笑ってました。
アホまる出しですね~(笑)

改めてまたきちんと勉強して行きたいです。

おばちゃん #- | URL | 2015/10/02 12:01 * edit *

栄治さんへ

本当に涼しいです。
中はあまり気温変化がないとすると、冬場はさほど寒くないのかな?

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2015/10/03 21:04 * edit *

おばちゃんさんへ

まあ、子どものころはそうかもしれませんね~(笑)。

いい思い出ではないでしょうか?

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2015/10/03 21:05 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/2876-d6170521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)