07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

約2万年前に大地を流れた溶岩流の跡をたどり歩いてみました ~前編 神鍋山周辺~神鍋溶岩流 日高町  

もともと山登りが好きだった惣兵衛です。久しぶりに休日に歩きたくなり、江原駅から全但バスに乗り込みました。

全但バス 

久しぶりのバスもいいものです。

全但バス 

5名ほどしか乗っておられず、快適な旅でした。他の皆さんの目的は友達のところから帰る学生と、道の駅「神鍋高原」のランチバイキングの方などがいらっしゃいました。

全但バス 

全但バスの神鍋線は上限 大人200円、子ども100円ですからとてもありがたいです。

神鍋溶岩流散歩 神鍋道の駅

30分ほどで道の駅「神鍋高原」に到着です。トイレを済ませてペットボトルの水を購入してさっそくスタートです。

神鍋溶岩流散歩 神鍋山

なんとなく歩くのでは気持ちが緩むので、今回の目的は「神鍋溶岩流の流れた跡を散策する」ということにしました。ということは溶岩流の源である噴火口を目指さなければなりません。神鍋山に向かって歩を進めます。

神鍋溶岩流散歩 クマよけ鈴

この時期は冬眠に向かう熊が出没する危険がありますので、クマよけの鈴は必ず持っていきましょうね!

神鍋溶岩流散歩 神鍋山林道

看板に従って歩くと、作業用車両の使う舗装された登山道になりました。つづらおりになっているので斜度はありませんが、その代わり距離があります。視界も開けないので、鈴を持っていないとクマに出合い頭に遭遇することになりそうです。

神鍋溶岩流散歩 道端の花

道端には綺麗な花も咲いていて、とてもきれいでしたね。

神鍋溶岩流散歩 噴火口

そうこういっているうちに登山道に到着です。道の駅から15分くらいの行程ですね。

神鍋溶岩流散歩 噴火口説明看板

この神鍋高原周辺には北西隣の大机山、南東の太田山、ブリ山、清滝山といった沢山の火山があり、神鍋単成火山群と総称されています。70万年前から噴火活動が続き、最も新しいのがこの神鍋山です。噴火口の周囲は750m、深さ40メートルのきれいなすり鉢状の噴火口で、研究者の方からは、これほど小規模の噴火口が木尾れいな形で残っているのは珍しいといわれたそうです。

神鍋溶岩流散歩 スコリア

この神鍋山は噴火口からの噴出物であるスコリアが積み重なった山です。

神鍋溶岩流散歩 展望

この山から眺める神鍋の展望は最高です。

神鍋溶岩流散歩 神鍋神社

噴火口の最も高いところには珍しい三角錐の形をした神鍋神社があります。手を合わせて無事を祈り、下山します。

神鍋溶岩流散歩 噴火口

一番低いところから見た噴火口です。この噴火口を見るには春の山焼の時もおすすめですよ。

神鍋溶岩流散歩 下山

下山はスキー場の敷地を通っております。ススキがとてもきれいでした。すでにスキーのオープンに備えてリフトの椅子も設置が始まっていましたね。

神鍋溶岩流散歩 スコリアの地層

そのまま道の駅に降りずに、すこし西側の斜面を利用すると、スコリアの地層がむき出しになった場所があります。幾層にもなっていて大規模な噴火が何度も繰り返されたことが解りますね。

神鍋溶岩流散歩 地層の説明書き

さらに歩を進めます。

神鍋溶岩流散歩 畑

神鍋山から下りると畑が見えます。この畑は真っ黒な土です。

神鍋溶岩流散歩 土

これは「黒ぼく」といわれる火山灰を大量に含む土で、野菜の栽培に抜群に向いているそうです。キャベツやスイカが名産で、とてもおいしいです。

神鍋溶岩流散歩 風穴

国道を西に少し行くと風穴があります。

神鍋溶岩流散歩 風穴

この穴の中はとても涼しい風が吹いていて、年中一定の温度だそうです。子どものころは、夏の神鍋で遊んだあとは、ここに来ては、涼んでいたことを思い出します。
すぐ近くに風穴庵という蕎麦と麦とろ飯と、田舎料理が食べられるお店があるので、時間があればどうぞ。

ここから東に後戻りして道の駅に戻ります。

神鍋溶岩流散歩 Pain de ”A”

これからトイレがしばらくないので、用を済ませて、パンをPain de ”A”さんで購入してさらに進みます。(ここまでスタートしてから50分程度)

但馬ドームの脇をかすめて国道を下っていきます。高原を一気に下るよの木坂の手前の角を右に曲がって、さらに別荘地に入ります。

神鍋溶岩流散歩 神鍋の別荘地

するとすぐに看板があり、急坂を下っていくと、このエリアで最大の滝である八反の滝に出合えます。

神鍋溶岩流散歩 八反の滝

すばらしい滝です。この滝壺は溶岩が流れていない堆積地層で、滝の上段や、滝壺に降りてきた斜面が溶岩の岩盤なのです。かなりの高低差がありますね。

神鍋溶岩流散歩 八反の滝でパン

小腹がすいたのでPain de ”A”さんのおいしいパンをいただきます。洋菓子かと思えるようなおいしいパンでした。つかれた体には最高ですね。

神鍋溶岩流散歩 八反の滝の滝壺

水がまた最高にきれいです! 思わず顔を洗ってみました。

神鍋溶岩流散歩 滝の下の流れ

滝の近くでしばらく休んだら、川に沿って下山していきます。かなり狭い渓谷ですが、山道がしっかり整備されているので安心です。

神鍋溶岩流散歩 国道に出る

渓谷から出ると、一気に視界が広がります。本当は田んぼの道を行きたかったのですが、動物除けの電機柵があり、断念して国道に戻ります。

神鍋溶岩流散歩 看板

すぐに看板があり、流れのそばを歩けそうだったので、行ってみますが、いまいちよくわからず元の道に戻ってしまいました。さあ、神鍋高原から下りました。さらに下りを続けます。(ここまでで約1時間半です)

神鍋山を歩くのは楽しいですよ!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村   ←火山活動のおかげでできた神鍋高原のステキな風景とグルメに応援のポチッ! お願いします。

神鍋溶岩流散歩 地図
タグ: 豊岡市日高 

[edit]

« 約2万年前に大地を流れた溶岩流の跡をたどり歩いてみました ~後編 山宮から江原駅~神鍋溶岩流 日高町  |  小さな漁港の魚直売所にある、おいしい魚料理が楽しい食堂 ~地魚料理 恵比寿 鳥取県大山町 »

コメント

いいですね~

理想の休日の過ごし方ですね。
しかしクマよけは。。。
さすがにアニキを見るとクマが避けていってしまうような気も(^_^;)

栄治 #- | URL | 2015/11/04 07:15 * edit *

くまよけの鈴を持った熊と間違われないで下さいネ(^-^;

A #- | URL | 2015/11/04 07:28 * edit *

栄治さんへ

熊に会わなかったのは、鈴のせいではなかったということですか・・・・。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2015/11/04 08:32 * edit *

Aさんへ

撃たれないように、鈴を持っているって感じですか・・・(汗)。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2015/11/04 08:33 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

バル、お疲れ様でした。
楽しませていただきました。

熊よけをもって登山とは・・・
さすが、自然にあふれた神鍋ですね。
神鍋でも、そちら側に行くことがほとんどありませんので、八反の滝、初めて拝見させていただきました。

ひびき #nmxoCd6A | URL | 2015/11/04 09:07 * edit *

熊よけの鈴があっても怖いですよ~!

おばちゃん #- | URL | 2015/11/04 17:49 * edit *

ひびきさんへ

ありがとうございました。

八反の滝はいいですよ~。
海もいいですが、山もお楽しみくださいね。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2015/11/09 13:36 * edit *

おばちゃんさんへ

確かに、1人で歩くと怖いです・・・。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2015/11/09 13:39 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/2914-a615cc3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)