09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

冬の但馬の名物の一つ、岩津ねぎの名物ラーメン ~生野飯店 朝来市 

  惣兵衛が冬にたべたいものをいくつか紹介していますが、但馬の南の冬の食 岩津ねぎの名物料理をいただくことにしました。

生野飯店 外観

 お店は何度もご紹介している生野飯店さんです。

生野飯店 幟

 この幟がお店にあるときにそのメニューはあります。と申しますのも、岩津ねぎは11月下旬から翌年の3月下旬までの4か月程度しか販売されていないので、この間しかこのメニューが登場しません。

生野飯店 メニューボード

 お店に入るとメニューボードがありますよ。何にしようかな・・・って、すでに決まっているのです。

生野飯店 店内

 一人なのでカウンターに座らせていただきます。

生野飯店 おしぼりとお冷

 小さく丁寧に丸められたおしぼりで手を拭きながらメニューを拝見します。

生野飯店 メニュー1

生野飯店 メニュー2

  中華なのに種類の多い札幌ラーメンや、食べたことの無いバンバン飯がいつも気になるのですが、ここは鉄板です。中華鍋の迫力ある炒める音のを楽しんだ後に登場しました。

生野飯店 岩津ねぎラーメン 

 このブログでも2回目の登場かな。本場岩津 特製ねぎラーメン(税別 800円)です。

 とてもおいしそうなビジュアルですね。岩津ねぎが大量に入っていますね。いわゆる岩津ねぎを使った広東麺といったらわかりやすいと思います。

生野飯店 岩津ねぎラーメン スープ

 スープをいただきます。スープのとろみはちょうどいい感じ。餡かけだと餡が硬いものが多いですが、こちらは餡ではなく、ちゃんとスープとしての立場がしっかりとしています。しかも、ネギを主体としたさまざまな具材のうまみが凝縮して本当においしいです。

生野飯店 岩津ねぎラーメン ネギなど

 岩津ねぎがこれでもかってくらい入っています。他にもニンジン、白菜、キャベツ、もやし、きくらげ、豚肉が大量に入っていて食べ応えがあります。しかも、単純に煮込んだだけでなくて、出てくる前に中華鍋の派手な調理の音が聞こえるのですが、強火でいためられていて、その香ばしさが堪らないのです。

生野飯店 岩津ねぎラーメン いただきます

 麺は細めのストレート麺です。ちょうどいい柔らかさで、粘りのあるスープがちょうどいい感じに絡んでおいしいですよ。


 ものすごく熱いのですが、あまりにおいしいので一気にいただいてしまいました。あ~~~美味しかった。


 まだ、3月下旬まで日がありますから、また食べたいですね。



ご馳走様でした。またお邪魔します


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村   ←地元特産の岩津ねぎを使った美味しいラーメンを開発したお店への応援クリックお願いします。励みになります!

生野飯店




関連ランキング:中華料理 | 生野駅


タグ: 朝来市朝来 

[edit]

« 道の駅 神鍋高原で鍋パーティーを楽しみました ~道の駅 神鍋高原 お食事処かんなべ   |  全国の99%の金箔を作る金沢の老舗 ~箔座 石川県金沢市 »

コメント

それにしてもメニューほとんど1000円以下というのも嬉しいですね。

おばちゃん #- | URL | 2016/02/22 08:41 * edit *

但馬屋惣兵衛殿

おはようございます!

岩津ネギラーメン、ネギの甘みか、スープに溶け出して、想像するだけで、溜まりませーん(^o^)v

ひびき #mQop/nM. | URL | 2016/02/22 09:27 * edit *

あったまりそう・・・

あったまりそう・・・(^^♪
美味しそうですね!

栄治 #- | URL | 2016/02/22 17:26 * edit *

おばちゃんさんへ

いいでしょう?
まあ、関西だとこれくらいの値段でないと厳しいでしょうしね。

東京は高かったです。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/02/24 08:12 * edit *

ひびきさんへ

本当においしいですよ。

こうしたちゃんとした地元産の素材を使ったメニューは応援したいです。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/02/24 08:13 * edit *

栄治さんへ

とろみがついているから冷めませんからね。
この季節には最高です。

但馬屋惣兵衛 #- | URL | 2016/02/24 08:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tajimalibe.blog73.fc2.com/tb.php/3026-acc2cf4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)